000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々是気付

冬のソナタ ラストに関する一考察

私は初めて見た年末、本当に心から
チュンサンが死んでしまうのだけは、やめて欲しいと思ったのです。
そんな結末だけは許せない~って。
だから、20話のラストは納得がいかないまでも
まあ、チュンサンは死ななかったから
きっと二人は幸せになったに違いないわ、と思っていました。
「幻の21話」を読んだ時は、それはそれは喜びました。
でも、そのあとに、本当の結末は
チュンサンが死ぬんだったと知り、衝撃を受けたのですが・・・。
改めて今回、冬ソナ&ミニョンさんにどっぷりとは
ちょっと違う角度で見たときに、
20話のラストに納得できない気持ちが浮かんできたのです。

18話を思い出してください。
兄妹だと分かっても、結婚式を挙げようとしたほどの
チュンサンが、身を引き裂かれるような思いで
ユジンとの別れを決意するところ。
何もかも、捨てたんですよ~。
ポラリスのネックレスを捨てるってことは
「ぼくはユジンのポラリスじゃない」ってことなんですよね。
あれほどのつらい別れがあったのに、
チュンサンがたとえ失明したからって生きていたら
あの別れは、嘘になってしまうと思うんです。
何も残さない別れは=永遠の別れを暗示していた。
そうでなきゃ、あのチュンサンの苦しみはいったいなんだったの?
生きているんだったら、あんな別れかたしなくたって・・・。

韓国で、ラストに関して「チュンサンを殺さないで」という
声がたくさんあがり、ラストを変更することになった
20話「冬の終わり」
やはりそこに、本来ユンソクホ監督が考えていた
ストーリー、チュンサンの生き様とは違いが出てしまったのかな?


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.