213837 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Whether you like it or not is a matter of taste...

PR

X

プロフィール


暇人たかし

カレンダー

2021.07.18
XML
カテゴリ:釣り日誌



ダイワ(Daiwa) 月下美人 アジングビーム 2インチ 蛍霧羅みかんコア

これから、少しの間、20センチ前後のアジが良く釣れるシーズンになる。
……なる、と思う。大体、この時期の二週間でパタパタと釣れ。
その後、10センチ前後の豆アジに変わる。
そして、簡単に釣れるアジングはまた次の秋までお預け、となる。
まぁ、経験則なので実際はどうかわからないし、
この時期を過ぎようが、釣れるには釣れる。

この日は、夕マズメに現地に到着し、
ひたすらカサゴを釣って、
次の満潮まで、ぼけっと海を眺めていた。

カサゴしか釣れないので、段々人気もなくなり、
22時には車止めの門が閉まるので、
それを境に、ほぼ無人になっていった。
釣り場の両端で、右にサビキ釣りの二人と、左に僕一人である。

23時前にアジのアタリが出始める。
この日は4,5メートルの向かい風が吹いていて、ラインが流され、ジグヘッドをうまく操れない。
なのでひたすら潮に流すという釣り方をとる。
ただ、風に向かってまっすぐ投げても、左に流れる潮に押されて、ジグが左に移動し、ラインも左側にたわみ、もはやどうなってんだ状態。
ロッドティップからラインが左に出ているのに、アジは斜め左から浮き上がってきたり、右からきたりもする。
しかし、ここであえて重いジグを使おうものなら、即ボトムについて全然食わない。軽すぎても、ダメ。
なので、ラインテンションを感じながら、ひたすら待つ。底についたら(ついたと思ったら)、ちょんちょんとリフトしてやる。
そんなことを繰り返していると、なんだかんだ結構釣れた。

たぶん、それなりに大きな群れが入っていたから、イージーに釣れたのだと思う。
群れが抜けてなければ、まだまだ釣れそうだ。






最終更新日  2021.07.20 11:52:38



© Rakuten Group, Inc.