217682 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Whether you like it or not is a matter of taste...

PR

X

プロフィール


暇人たかし

カレンダー

2021.10.04
XML
カテゴリ:釣り日誌


9月26日は今年最後の放流日だったので奥多摩に行ってみる。

最初、昭和橋の下に入る。
川の降り方が分からず、親切なおじいちゃんの先導のもと、エントリー。
というか、まさかキャンプ場を突っ切って行くとは思いもしなかった。

んで、8時半ごろ、ニジマスが放たれる。
元気がないなぁ、と思いながら、ルアーを動かしていると1匹釣れる。

すると、隣のおじ様が、「まだ釣っちゃダメだよ。合図があるから」とのこと。
合図なんて聞いたことねぇんだが? 解禁日には、確かそんなのあったような、とか思うも、よく分からんので「合図って何すか?」とたずねる。
「漁協の人があそこまで行って戻ってきたら、いいよ」
あそこ、とは昭和橋の下あたりまでのところを指差していた。
なるほど、と思い、とりあえず釣ったニジマスを放して待つ。どうやら、まだ放流の途中だから待っててね、ということらしい。
んで、おじ様が網で足元をガサガサしてるから、何かと思い見てみると、岩の隙間に入り込んだ弱ったニジマスをアミで回収していたのだった。
「逃げるなよ。今晩のおかずになるんだから」
なるほど、網で掬っておくのは、良いらしい。

というよりも何よりも、昭和橋の放流が遅くて、かなり魚が弱っていた。
ルアーを追うだけの体力が残ってない感じ。
1時間ちょい、ちょこちょこ場所を変えて粘るも、釣れないし、人が多くて鬱陶しいので移動する。

午後も過ぎると餌釣りの人も帰るだろう。
氷川あたりをうろうろして、小さいニジマスと戯れる。

前回、封鎖されていた役場下が気になったので行ってみる。
丁度、階段のところで、若い二人組が先に降りて行くので、後に着いていく。二人組は下流の方に向かったので、上流に。
所々チェックしながら、堰のところまで行く。
D-ダイレクトで通すと32センチのイワナが釣れる。


スミス SMITH D-ダイレクト 55

丸々していて良いイワナだった。

それから下流に移動。
二人組はどこかに消えていた。
とりあえず、水に入らなくてすむところまで行って。今度はダウンで流すと33センチのイワナが釣れる。

何なんだろう。日曜日でしかも、すでに何人か入っているはずなのに。多少、雨が降るだけで、こんなにイワナという魚は活性が上がるのか。

それで、午後も過ぎたので海沢へ移動。
餌師もいないので、対岸まで投げてダウンクロスで流す。
岩の裏とかいい感じの流れのところにルアーが通るように、リトリーブで調整しながら、アクションをさせると、ヤマメが元気よく飛び出してくる。


スミス Dコンタクト 63

最初Dコンの63ミリで通して反応のいいところを探して、そこに50ミリを通すという戦略で、結構釣れた。


スミス SMITH D-コンタクト 50

それにしても、餌釣りの人が少ないとやり易いったらない。餌釣りの人もルアーマンがいなければ、とは思っているだろうが。






最終更新日  2021.10.04 00:11:49



© Rakuten Group, Inc.