000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音の棲む場所より

ブックトーク(冬用) その3

影の声(上手で ・看護婦さんのように)
  「9番 島田さんのおたくの猫ちゃんで、キティーちゃん。 
   おはいりください。」
少女「(上手の方にむかって) あのわたし14番なんですけど、
   まだずいぶん まちますか?」
声「ごめんなさいねえ。いまは寒くて、犬さんも 猫さんも、
  風邪を引いたり、おなかを壊したり、たいへんなの。
  そうねえ、あと20分くらいは、かかるかもしれないわねえ。」
少女「20分・・・。(ためいきをついて) 
   ねえシロ、がまんできる? 苦しくない?
   かわいそうに(と、犬の背中をなでる) 
   そうだ! わたし。今日、図書館から犬の本
   借りてきたの。シロにもよんであげるね。
   この犬は黒い犬で、名前もクロっていうんだけど
   やっぱり、おまえみたいに 年寄りで、元気がないんだって。」

(本を開いて、朗読する) 

(本を開くのを合図にバリカーテンを開けて、映像を投影)

(スライド19~33「クロはぼくの犬」話にあわせてクリック )

(朗読終わりで、少女、本を閉じてシロに話しかける)

少女「ねえシロ、クロちゃんは、いったいどこに行きたかったんだろう。
   どうして じっとしていなかったのかな。ねえシロ、聴いてる?
   シロ? 眠っちゃったの? シロ?」

★(「眠っちゃったの シロ」を合図に暗転し、スライド34「黒背景」

(読み手、本と犬を持って、下手に退場―足取り重くゆっくりとー)

(音楽 静かにスタートしたら クリック「ほうきに乗った魔女」へ) 

★click
(魔女)「(下手陰で)よかったー! やっと追いついた。
      みんな まって、まだ もう一つ 謎が残っていたの。
      いま、女の子が読んでいた本にヒントがかくされているから 
      きっとすぐに答えられるわ。
      カード番号(   )から(  )の人に
      答えてもらいたいから、前に集まってください。
      お願いします。」

(キッズ 番号のひとが 集まれるよう お手伝いすること)
 
★click
(魔女)「それでは、第3のなぞに答えてね。
     どんなに お金持ちでも たったひとつしか 持っていない
     けれど あなたもわたしも 一つなら持っている
     野原の小さな花や、山の木々、海を旅するクジラやイルカたち
     もちろん ペットの動物や、ジャングルに住むゾウだって
     みんな一つずつ 持っている
     それは 誰のものとも 取りかえることは できない
     そして なくしたら もう もどらない
     あなたがいる というだけで 光かがやく 宝物
     だから けっして なくしてはいけない 大切な物」
  (マイク、エコーかけて(notホラー!よろしく!)
     
     それは、もちろん 今ここにいるみんなも 
     たった 一つずつだけど、もっているわ。 
  
     では、答えてください。 第3の謎の答えを!」

(キーボード メトロノーム音から ファンファーレへ)

(答えは「命」なので、何とかして回答者に答えられるよう、教えること)

(魔女)「もう待てません。第3の謎に答えを!」

回答者「答えは「命」です」

(キーボード 華やかに スライド35虹色背景へ)

(魔女)「正解です。 
     ほら、あえは絵本の国の勇者になったあなた自身の姿。
     あなたこそ、真の勇者です。
     勇者には剣が必要なはず。 
     さあ、これをお持ちください。
                    (↑click)
★(音楽はなやかに クリックして「勇者の剣」を出す。)

(魔女)「これは、「勇者の剣」 真の勇者だけが持つことを許された物。

    (魔法の剣のカードを配布してください)
    
     これであなたは、どんなものにも打ち勝つことができるでしょう。     もっと、大きくなったあなたに、またあえることを信じています。
     それでは、いつかきっと、また あいましょうね」

★(音楽 軽やかにスライド36エンディング・テーマ ) 

ゆきこ「(魔女の帽子をかぶり 勇者の剣をもって 下手から登場)
    今月の探険ツアーはこれで終わりです。
    この続きは、○月●日この時間にやってるよ。
    今日は、これから、図書館のかたのお知らせをはさんで、
    キッズと一緒に歌う 「今月の歌」のコーナーにつづきます。
    もう少し、おつきあいくださいね。」

★(チャイム音で、スライド37「インフォメーション」へ)

このあと、図書館担当者より、お知らせ・おねがい事項。
キッズ担当者より、「今読んだ本の紹介」

そして、このときの「今月の歌」は

★ あなたが美しいのは(アルゴ・ミュージカルキッズより)
★ 君とここで出会えたことが(イーハトーヴ夢より)

でした。

でも、ブログでは、これで、おしまい!です。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.