227065 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音の棲む場所より

子供ミュ珠玉の言葉集(1987~9)

むかしむかし・・・

そう。もう10年以上?うっかり20年近くもたつのね。

とある子供ミュージカル制作の団体がありました。
いろいろあったらしく
今は、活動がどうなっているのか・・・(ため息)


でも、その活動の中から珠玉の歌曲集が発売されています。

テーマ曲集CDが 2枚。
VTR(DVDとかにもなっているのかなぁ・・)もあるような。

もちろん、今、見たら古びているところ、未熟なところ
たくさんあると思います。
なにしろオーディションで選ばれた精鋭とはいえ、子供ですからね。
でも、この珠玉の歌詞には、「挿入歌・主題歌」というワクをこえて
普遍的に「伝えたい・伝えなければいけない」ことがつまっています。

だから、あえて、ここに記しておきます。

なにか「こりゃまずいか?」というご連絡がくるまでのひと時。
こころやさしい言葉をお楽しみください。

最初の「あなたが美しいのは」はYou Tubeで検索されると
発足当時の子供たちと作者さまの映像がUPされてます!(感涙!)
では。


             あなたが美しいのは

きっと はじめてのそらを 
飛ぶ鳥の心 映して
だれの胸にも ひたすら 
待ち望むときが あるはず
いつか
心をかくす 重ね着を みんなはがして
惑い(まどい)ひとつもない 
汗をかいてみたいはず

あなたが美しいのは 
愛されようとするときでなく
あなたが美しいのは
ただ 愛そうと するとき


きっと 霧深い海に
沈ませた 宝の ように
誰の胸にも 必ず
色あせぬ夢が あるもの
いつか
心の底に、輝きをひとつ見つけて
抱いて
思いのまま
泣いて 笑ってみたいもの

あなたが 素晴らしいのは
愛されようと するときでなく
あなたが 素晴らしいのは
ただ
愛そう とするとき。

(1987:アルゴはじめての冒険 1992:アイスクリーム応援団)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          光の橋をこえて

素晴らしく 熱い涙を
人は 心に 溜めて(ためて)いる

生きていて 

よかった・・と。
ほほをぬらして 喜べる日に

出会いたいんだ!

待っているんだ!

つらさ 悲しさに耐えて

小鳥のはねの弱さに似てる「夢」 抱きしめて


光の橋を越えて!

心をはだかにして!

光の橋を越えて・・・

涙と愛を 解く離し(ときはなし)て・・・・


素晴らしく 大きな愛を
人は心に持ってる

できるなら 誰かれなしに
素直な扉 開け放す日に 捧げたいんだ!

待っているんだ・・・

ずるさ みにくさに 耐えて

寄せる嵐に 壊されそうな「夢」 抱きしめて・・・

光の橋を越えて!

心をはだかにして!

光の橋を越えて・・・

涙と愛を 解き離して・・・・

(1988:光の橋をこえて)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            宝は心の中に

黄金(おうごん)は 誰にも見える 宝もの

けれども それよりも 大切な宝が

ある・・・(ある?)「ある!」

見えない宝を 信じてみようよ
黄金(おうごん)を はるかに超えてる「光」が
ある・・・(ある?)「ある!!!」

宝は 心の中に あるのさ
やさしい 心の 中にあるのさ
宝は 心の中に あるのさ
素直な 心の 中にあるのさ

君なら!
きっと 君なら!
やれるさ!できるさ!君なら!

感じる力・・
考える力・・・
夢見る心・・
そして 愛する心

君ならば 
その、すべてを持っているはずだもの!

ひとりじゃ・・・

きっと ひとりじゃ、つらいさ・・

きついさ・・ひとりじゃ・・。

強すぎる風 大きすぎる波
寄せてくるとき 
立ちはだかるときには
君ならば 
友達が、飛んでくるはずだよね?

宝は 心の中に あるのさ
やさしい心の 中にあるのさ
宝は 心の中に あるのさ
素直な心の 中にあるのさ

(1989:黄金の島 )




Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.