1590362 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

喜多山栄の乗って、歩いて、湯に浸かり…

PR

Profile


喜多山栄

Calendar

Category

Freepage List

Comments

Favorite Blog

久しぶりのテツ活動 New! mama-gooseさん

桜ダイヤ New! 翌檜機関車さん

久し振りに里山ウォ… New! 4820さんぽさん

--< 農業専用道 >--… New! いわどん0193さん

【バススケッチ】ユ… New! jiyma21さん

2008.10.17
XML
カテゴリ:温泉

 雑誌「温泉博士」10月号の温泉手形を利用して、蒲郡市・三谷温泉「松風園」(愛知県蒲郡市三谷町鳶欠14-4)へ行ってきました。

三谷温泉 松風園 正面
三谷温泉 松風園 正面 posted by (C)喜多山栄


 名古屋市内から高速道路で1時間強。音羽蒲郡インターから有料道路「オレンジロード」を通っていきます。蒲郡市内に入って東よりに進路を取ると三谷温泉の旅館街です。


 昨今、個人旅行や小集団旅行の浸透、普及とともに旧来型の団体宴会対応の大型旅館が苦戦を強いられているとの報道もされ、実際に経営破たんするようなところもあるのですが、この松風園をはじめ三谷温泉のホテルは完全に開き直っているようで「三谷温泉・宴会空間」と大見出しを立てたチラシを配布。「御予約30日前、30人以上団体様のご宿泊のお客様へは名古屋駅から貸切無料送迎バス運行」をしており、実際に名古屋市内で「三谷温泉」と大書した貸切バス(運行しているバス会社は豊田市内に拠点を持つ地場の貸切バス会社・香恋バス)が走っているのを見ることもあります。

 「会議研修プラン」10人以上であれば会議室、ホワイトボード、スクリーンつき、お茶、おしぼりサービスでお一人9800円からとのこと。二次会プランや芸妓さんの値段まで紹介されています。


 恐れ入りました。ここまで団体様に特化して堂々と商売しているのですから何も文句言われる筋合いもないでしょう。すごいの一言でした。

浴場へはエスカレーターで下へ
浴場へはエスカレーターで下へ posted by (C)喜多山栄

 というわけで、お湯に関してはあまり期待していなかったんです。数年前から源泉の枯渇や運び湯の導入などが蒲郡市内の温泉ホテルでは話題に上っていたわけですから数稼ぎのつもりで入ったんです。

浴室からは三河湾が一望
浴室からは三河湾が一望 posted by (C)喜多山栄

 フロントで雑誌にスタンプを押してもらって中に入ります。現金入浴は1500円です。立ち寄り入浴時間が11:30~14:30と限られているので注意。浴場はフロント階からエスカレーターを2本使って下におりたところにありました。広々とした脱衣所でした。独占浴です。

露天から海が見える
露天から海が見える posted by (C)喜多山栄

 窓からは三河湾の風景がよく見えます。全室オーシャンビューとのこと。三河湾でもこの辺りまで来ると工場地帯が近くなるので水が余りきれいではありませんが。

 浴室はさらに階段を下りたところにありました。大きなタイル張りの2連式の主浴槽と、露天岩風呂です。うかつだったのはこのホテルは独自源泉を所有しているということを頭に入れていなかったことでした。「千歳の湯」という源泉温33.9度のカルシウム・ナトリウム‐塩化物泉(等張性弱アルカリ性低温泉)で無色透明、強い塩味、苦味を感じます。主浴槽と露天風呂は当然、加熱循環あり、塩素消毒ありですが、びっくりしたのはかけ湯(あがり湯)が非加熱生源泉だったこと。加熱浴槽では感じない臭素臭というかいわゆる磯臭さまで感じるすごいお湯で何杯もかけ湯してしまいました。パイプからは新鮮な源泉が常に注入されていました。


ロビーには足湯が
ロビーには足湯が posted by (C)喜多山栄

 先入観に惑わされてはいけませんね。すごい掘り出し物に出会った感触でした。

 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


三谷温泉 松風園




三谷温泉 松風園











Last updated  2008.10.17 07:57:18
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.