1738084 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

喜多山栄の乗って、歩いて、湯に浸かり…

PR

Profile


喜多山栄

Calendar

Category

Freepage List

Comments

Favorite Blog

鉄道駅間歩き JR 中… New! いわどん0193さん

【鉄道スケッチ】天… New! jiyma21さん

残された3203 New! 翌檜機関車さん

近鉄南大阪線、吉野… ひくまさんさん

パッケージも中身も… mama-gooseさん

2008.11.22
XML
カテゴリ:温泉
 愛知県蒲郡市の西浦は古くから大型温泉旅館が立ち並ぶ地域で、海岸べりの狭いところに旅館が密集して立っています。西浦では今月初旬に「ホテルたつき」の運営会社(たつき荘)が経営破たんしたことが報じられ、厳しい現実が突きつけられています。

 (東日新聞2008年11月6日付け記事より)
 「蒲郡市の西浦温泉で「ホテルたつき」と「たつき別館葵」を経営するたつき荘(征矢野信次社長)が、経営不振で民事再生法を申請し、名古屋地裁から保全命令を受けていたことが分かった。国内経済の低迷で支援先探しが難航するとみられ、敷地のすべてを貸している市に戸惑いが広がっている」


西浦温泉銀波荘外観
西浦温泉銀波荘外観 posted by (C)喜多山栄

 西浦の温泉街にはほかにも旅館が何軒かあります。雑誌「温泉博士」11月号に「旬景浪漫銀波荘」(愛知県蒲郡市西浦町大山25)の温泉手形が掲載されたので行ってきました。名古屋から1時間半くらいのドライブです。西浦温泉街に入ると急坂で道も狭くなり迷いやすいので案内看板に注意して進みます。海岸べりに大きな建物が見えてくると到着。建物裏手の駐車場にクルマを止めて中に入ります。

西浦温泉銀波荘入口
西浦温泉銀波荘入口 posted by (C)喜多山栄

 フロントでは快く対応していただきました。温泉手形の該当部分にスタンプを押してもらいます。

西浦温泉銀波荘 露天
西浦温泉銀波荘 露天 posted by (C)喜多山栄

 ガラス張りオーシャンビューの大浴槽と、同じくオーシャンビューの露天風呂です。無色透明、無味無臭、加熱、循環ありで使用されています。脱衣所に張ってある表示を見て「あー、やっぱり」という感想を得ました。源泉名は「美白泉」という蒲郡市三谷町、すなわち三谷温泉のお湯で、14キロの距離をタンク輸送されてきたものでした。源泉温27.1℃、PH9.6のアルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)でいわゆるつるつる系のお湯に分類されます。浴槽に入っていて、タンクローリーによる運び湯にしてはオーバーフローが多いので不審に思い、もう一度表示を見ると「毎分3.5リットル加水、新湯毎分11リットル投入(加水含む)」との表示。「お湯の入れ替えは14日に1回」とまで表示されていました。

 運び湯を使用しているということは、西浦の独自源泉は枯渇してしまったということなのでしょうね。情報公開はよいことです。一連の温泉偽装の件もあって消費者に正確な情報を伝えることはかねてからも言われていたことです。

西浦温泉 銀波荘から見る三河湾
西浦温泉 銀波荘から見る三河湾 posted by (C)喜多山栄

 海の眺めのよい、さっぱり系の大浴場を割り切ればゆっくり入れます。お湯そのものは温泉といわれなければ分からないようなものでした。目の前は海水浴場ですからシーズン中はにぎわうのでしょうね。

 湯上がりは浴場入口で係員が冷たいお茶をサービスしてくれました。


 「お湯を楽しむよりも宿泊して三河湾の海の幸に舌鼓を打つ」ことに重きを置いた施設のように感じました。

 帰りに「ホテルたつき」の前を通過してみました。既存の予約を消化するためでしょう。営業は継続されていましたが、今後は予断を許せない情勢です。有力なスポンサーがつけばいいのですが…。


 11月21日、19:30からNHK総合テレビで放送された「ナビゲーション」という番組を見ました。「温泉旅館再生ビジネス」の話で石川県の加賀温泉郷で廃業したホテルを異業種の会社が買い取って、低価格を武器に集客しているという話でした。NHKですから社名までは出しませんが映像から「湯快リゾート」と「大江戸温泉物語」の2社であることは明らかでした。


 巨大ホテルの価格破壊は今後も進むのでしょうね。実際私も昨年の5月連休に群馬県・伊香保温泉を訪問した際に「2食付バイキングブラン7800円」の宿(ホテル金太夫、伊東園グループ)2007年05月02日の記事を参照を利用したことがあるだけに、非常に実感が湧きます。

 東海地方では岐阜県恵那市の恵那峡国際ホテルが運営会社の会社更生法申請により湯快リゾートに譲渡されることも報道されています。

 (岐阜新聞2008年11月15日記事より)
 「会社更生手続きが進められている恵那高原開発(本社恵那市長島町)、オースタット(同)の恵那峡カントリークラブ(CC、同市)など4事業について、更生管財人は14日、4事業とも事業を引き継ぐ受け入れ先が決まったことを明らかにした。いずれも営業は継続され、従業員の雇用も継続される。
 恵那峡国際ホテル(同市)は、近畿・中部地方などで温泉旅館・リゾートホテル14館を保有する湯快リゾート(本社京都市)に事業譲渡。オースタット国際ホテル多治見(多治見市)は、リバーサイド古窯など多治見市と岩手県に三つのビジネスホテルを所有する山積商店(本社多治見市)に事業譲渡される」



 大型温泉旅館は今後「超高級路線」か「格安大衆路線」の両極に別れるような気がします。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


西浦温泉 銀波荘



西浦温泉 銀波荘












Last updated  2008.11.22 08:42:17
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.