694272 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

画材マニアのアートブログ

PR

X

プロフィール


OGAWILD

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

OGAWILD@ Re[2]:久しぶりに水彩画(05/03) 樹梨(juri)さんへ コメントありがとうご…
樹梨(juri)@ Re:とても勉強になります(05/03) 今、参考にしているのは、「画材マニアの…
樹梨(juri)@ とても勉強になります 全く絵画やデッサンなどには程遠い人生を…
OGAWILD@ Re[1]:三菱の高級色鉛筆・ペリシアが廃盤だそうです(11/15) めいっぴさんへ コメントありがとうござい…
めいっぴ@ Re:三菱の高級色鉛筆・ペリシアが廃盤だそうです(11/15) こんにちは。以前からブログ拝見させて頂…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.04.23
XML
カテゴリ:展示会準備
​​6月に『ふたり展 おくやまのりこ✖️オガワミチ』を開催します。
今回は、油彩・アクリルの他、鉛筆や
木炭でのドローイングも展示します。




●会期:2021年6月2日(水)〜6月7日(月)

●時間:11:00〜18:00(初日は13:00オープン、最終日は16:00クローズ)

●会場:並樹画廊(www.namikigallery.com)
    〒104-0031 東京都中央区京橋 2-7-12

●問合せ:style16kanri@gmail.com
●WebSite:​https://koten-navi.com/node/131186



実は最近、長く私の絵のモデルを勤めてくれている祖母が、病床に伏せっているので、今回はちょっと悲しい感じの絵が多いのです。
もう高齢なので、原因追及する検査さえもリスクが高く、病気も進行しているみたいなので、積極的に治療も難しいようで、今は、ひたすらに寝ています。

傍で、そんな祖母を描いている今日この頃です。

描き始めは、「ずいぶん痩せた」と思ったり、「輪郭がおじさんとそっくりなんだな」なんて思ったりしていましたが、集中してくると、人体の造形への興味が増してきてしまって、これまで見逃してきた小さいシミまで描きたくなります。

たまに顔の向きが変わる程度しか動かない祖母は「描きやすい」ので、マッサージしながら、頭蓋骨の形を確認したりしています。

そんなことをしていると、
「おばあちゃん、死にそうなのに、その姿をこんなに夢中になって描いていてもいいのかな?」と罪悪感を感じます。

これって不謹慎なのでは?


そんな感じです。

ところが先日、母に​「私も絵が描ければ、祖母を描くのに。描けることがうらやましい」​と言われました。
言われてみれば、そうかもしれません。

こうして傍にいて、祖母の体の隅々までを観察して、「描くこと」を通して、私自身の記憶に刷り込んでいくことができるのは、幸せなことなんだろうと思います。
そうゆう時間を与えてくれた祖母に、感謝。

​​






最終更新日  2021.04.23 02:31:46
コメント(0) | コメントを書く
[展示会準備] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.