000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

荻野都 「おぎのおとのおと」

2009/12/07
XML
カテゴリ:音楽

あれ、もう、1週間きってしまった。

師走の月曜の夜!にライヴをやるなんて・・。

結構無謀な気もする・・。

☆12月14日(月)二子玉川 BAR LIALEH(バーライラ)

   RIQUO(ヴォーカル) + 荻野都(ピアノ)

RIQUO(vo+P)さん&澁谷盛良さん(b)のDUOの対バン(もう1つの出演ユニット)

として、登場します。出番は1stセット目を予定。

RIQUOさんが両方出演するので、

お店のHPのスケジュールには、RIQUO祭と銘打ってあります。スマイル

 星 星

クリスマスシーズンだけど、私達のユニットは、

クリスマスソングはやらないの(笑)。

ちょっとだけ風変わりな童謡をやります。

星スマイル星スマイル星スマイル 

 

歌とピアノ、というと、

歌が主体で、ピアノが伴奏。というのが相場。

「歌伴」、というと、

「歌手の前に、歌いやすいように、『さあどうぞ♪』と、

赤い絨毯をひいてあげるつもりで弾きなさい。」

などと言われながら、ピアニストは、歌の伴奏を勉強するものである。

歌の人がいかに気持ちよく歌えるようにピアノを弾くか、

が最重要事項なのである。

で、そういう風なピアノも弾けるようにならなくちゃいけないよな。

と思いつつも、元来、自己中心的な私は、正直言うと、歌伴にはストレスが溜まりがち。

しかし、である。他方で私は、歌詞のある音楽が好きみたいなのだ。

もっと、素質と努力と時間と容姿(?)に恵まれていたら、歌っていたと思う。

自分のライヴでも、ああ、本当は、ここで、歌がほしいんだよな、

と思ったりすることもしばしば。

歌って、楽器奏者からみると、特殊な音楽だ。

「言葉」という、音以外の要素が音楽に加わってくる。

言葉の意味 という、音以外の要素が音楽を左右することもある。

特殊だと思うけど、「歌」ならではの面白さもあると思う。

そう、私は、「歌伴」は、正直言って苦手だけど(きらいじゃないよ)

「歌のある音楽」はやりたいの・・・。「歌」と一緒に対等な立場で音楽を作っていきたいの。

星 星 星 星 星 星

そこに現れましたのが、 RIQUO様星です。

RIQUOさんとのDUOは、私にとって「歌伴」ではない。

「歌」+「ピアノ」 なの。

今は、結構、荻野が歌とやりたい事を提案して、

意見をRIQUOさんから返してもらって、

二人で、作っていく感じの曲が多いので、

普段と勝手が違い、

RIQUOさんには、ご負担をかけていると思いますm(__)mが、

きっと、DUOワールドを楽しんでもくれていると

楽観的に解釈しております。

そのうち、荻野も、RIQUOさんリクエスト曲をもっと自分のものできたら、

本当に「歌」+「ピアノ」の等価なDUOができるのではないかと

思ったりしています。

発展途上の 「歌」+「ピアノ」の世界を、

ちょっと風変わりな童謡の小世界を

アットホーム(?)な雰囲気のお店で

お楽しみいただけると幸いです。

 7.3chirashi.enomi.JPG

 


☆12月14日(月)二子玉川 BAR LIALEH(バーライラ)

  with RIQUO(ヴォーカル)



BAR LIALEH(バーライラ):世田谷区玉川3-9-1第三明友ビルB1
TEL:03-5491-1951
(都内二子玉川駅下車徒歩3分)


charge:1ステージお席代500yen+1drink+投げ銭

20時スタート:1ステージ約40分

ゲスト:手書きハート澁谷盛良(b)手書きハートshibuyasann06-07-25_00-52.jpg

対バンも、RIQUOさんと澁谷さんです。年末RIQUO祭。
楽器の方は、楽器をお持ちになると参加コーナーもあるそうです。歌の方もどうぞ♪。








最終更新日  2009/12/08 02:08:26 AM
[音楽] カテゴリの最新記事


PR

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.