113638 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

荻野都 「おぎのおとのおと」

2019/10/06
XML
カテゴリ:ライヴ情報

9月28日 〇ひなうゆじ2019 

荻野都(p)藤井信雄(drs)duo セットリスト

1 「カランコロン カンウカウン カランコロンカン」
  工事現場で聞いた角材が落下?する音をモチーフにした「最初は6拍子」の即興。
  あとは、野となれ山となれのリズムに ドラムマイスター藤井が フォローしまくる。

2 「HOW MY HEART SINGS」
  サビが4拍子、それ以外は3拍子の曲を、藤井さんには、リズムに拘らず自由に叩いて頂きました。
  ハイ、三拍子~!四拍子!とかいう感じの演奏にしたくなかったので。

3 即興 (キメなしのいわゆる即興)

4 「砂山」
  RIQUOさんを ヴォーカルにお招きして、3人で。
  私のライフテーマになりつつある、海拍子の表現をいつか実現させたいです。

ご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。
みなさま おひとりおひとりに支えて頂いて、ライヴが成立しています。
本当に感謝しています。

小林マスター、ありがとうございました。コーヒーもおいしかったです。

共演の藤井さんには、プロってこういう人をいうんだ、としみじみ。。。
なんというか、幼児が高い高いをしてもらって、背が高くなったような気持ちになれる状況というか、
いや、その状況は自覚しています。
でも、どうせなら、その状況を意識するよりも、
もっともっと童心になりきってその状況を楽しむべきでした。
せっかく、高い高いしてもらってるのだから。もったいない。

そして、RIQUOさん、ありがとう!
今回のライヴはRIQUOさんがいなかったら、できなかったでしょう。
本当にありがとう!


なんか、しみじみ、もう若くないので、
これから先できることは限られている気がするけれど、
今までも、これからも、あきらめたら、その時点で終わりだ、
ということは、今までの人生で経験しているので。。

あきらめないこと、
続けること、
その中に新たなことを見つける喜びを持ち続けること

それから、今の環境・体力気力だと、わ~~~っと集中して最後の追い込み!
みたいなことができないので、

そうなのです!

日頃の地道な努力の積み上げ

しか、ないのでした。


とにかく、ライヴに関わってくださったみなさま、
本当にありがとうございました!




私の次の予定は、12月6日(金)19時位~「モルガナ実験室」@国分寺モルガーナです。
レジェンド、ヒゴヒロシさんが主宰する、壮大かつ混沌とした即興演奏の実験室!






最終更新日  2019/10/06 03:28:00 PM


PR

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.