593467 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

MILANO‘S REVIEW

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

フリーページ

一般コミックス感想


『テニスの王子様』


『氷の魔物の物語』24


『花ざかりの君たちへ』


『天然コケッコー』


『NARUTO』


『グラビテーション』


『残酷な神が支配する』


『のだめカンタービレ』


『げんしけん』


『叫んでやるぜ!』


『ハチミツとクローバー』


『山田ユギ』作品


『国枝綾香』作品


『NANA』


おおきく振りかぶって


ドラマCD感想


『フジミシリーズ』JUNE版


『フジミシリース』SONY版 他


『渇愛』&『縛恋』


『やまねあやの』作品


『タクミくんシリーズ』


『パパミラ』シリーズ


『LOVE MODE』


『秋月こお』作品


『N大付属病院シリーズ』


『お兄さんは生徒会長サマ』


『ストロベリー・デカダン』


『久能千秋』作品


高口里純 作品


『みずき先生、危機一髪!』


『赤の神紋』Ⅰ、Ⅱ


『まほデミーv 週番日誌』シリーズ


『ごはんを食べよう』シリーズ


『ツインズ』&『ナイト』シリーズ


『危ない修学旅行』シリーズ


『Pretty Baby』


『崎谷はるひ』作品


『水島忍 (胸騒ぎシリーズ)』


『西洋骨董洋菓子店』


『過激に』シリーズ


『桜蘭高校ホスト部』全プレ


藤原万璃子作品


『アナリスト』&『銀行員』シリーズ


『僕の声』


『世界のすべてが敵だとしても』


『ずっとあなただけ』


『パール』シリーズ


『百合ヶ丘』シリーズ


『谷崎 泉』作品


『バイトは家政婦』1,2


『虜にさせるKISSをしよう』


『山田ユギ』作品


『伊郷ルウ』作品


『BL裏話』1~7


こうじま奈月作品


『剛 しいら』作品


『少年舞妓 千代菊がいく』


『名も無き鳥の飛ぶ夜明け』


『罪な約束』


『ブレックファーストクラブ』1,2


『高岡ミズミ』作品


『遠野春日』作品


『法律事務所に恋が咲く』


『水森しずく』作品


『森本あき』作品


『遥かなる時空の中で』


小説感想


『富士見二丁目交響楽団』


『旦那さまお手をどうぞ』シリーズ


『真夏の被害者』


『三千世界の鴉を殺し』


『崎谷はるひ』作品1


『テンペラ』シリーズ


『GENE』


『君が好きなのさ』


『毎日晴天』シリーズ


『目眩』


『しあわせにできる』


『炎の蜃気楼』


『黒崎あつし』作品


『吉原理恵子』作品


『高岡ミズミ』作品


『藤崎都』作品


『水城薫』作品


『崎谷はるひ』作品2


『少年舞妓千代菊がいく』


『鳥城あきら』作品


秋月こお3(『王朝』『要人』)


『和泉 桂』作品


『月村 奎』 作品


『樹生かなめ』作品


『赤の神紋』


頂いたイラスト


ひろむー姉様の総司


泊さんのゾロサン


ひなちゃん1号さまの『忍跡』


鈴音 巽さんの『エドロイ』


羅威9199さんの『土方さん』


PEACEMAKER感想


『第一話 桜』


第弐話 『志』


『第参話 紅』


『第四話 影』


『第伍話 月』


『第七話 鈴』


『第八話 恋』


『第九話 竜』


『第拾話 幽』


『第拾壱話 企』


『第拾弐話 兄』


第拾参話 『眼』


第拾四話 『想』


第拾伍話 『歌』


第拾六話 『偽』


第拾七話 『虚』


第拾八話 『雨』


第拾九話 『空』


第弐拾話 『刃』


第弐拾壱話 『陣』


第弐拾弐話 『戦』


第弐拾参話 『誠』


第弐拾四話 『鐡』


鋼の錬金術師感想


第1話~5話


第6話~10話


第11話~15話


第16話~20話


第21話~25話


第26話~30話


第31話~35話


第36話~40話


第41-43話


第44-46話


第47~49話


第50~51話


管理項目・その他


作品名別 CDレビュー INDEX


水無月GET!(&予定)CD 作品名別索引


更新記録


BL食物連鎖


イベント等感想


水無月書庫(小説)


水無月GET本(コミックス)


『今日からマ王』


CD感想


小説感想


アニメ1、2、3話(工事中)


アニメ(4)、5、6話


アニメ7、8、9話


アニメ10、11、(12)話


アニメ13、14、15話


アニメ16、17、18話


アニメ19,20,21話


アニメ22~ 24話


アニメ25~27話


アニメ28話


アニメ30~32話


アニメ33、34話


アニメ56話


『のだめカンタービレ』


1、2巻


3,4巻


5,6巻


7,8巻


9巻


10巻


11巻


コミックス未収録


声優さんデータBOX


子安武人


神谷浩史


遊佐浩二


アニメ感想


桜蘭高校ホスト部


NANA


プリンセス・プリンセス


彩雲国物語


ハチミツとクローバー


BLコミックス感想


2005年01月06日
XML
カテゴリ:その他BOOKS
え~~~と、1月8日の日記には『マ王』感想を書くだろうということで、小説と映画の比較は『期日に関係なし』ということでご容赦下さいませ。

加えて、映画も小説もどっぷりネタバレ(しかも白抜きなし)ですので、ご注意下さいませ。




よござんすか???




では行きまっせ!

*赤系=登場人物
*青系=映画だけの現象
*緑系=共通な設定と展開
*黄色系=小説だけの現象


■まず、主人公のソフィー(帽子屋の長女。地味めな18才)が、荒地の魔女に呪いをかけられておばあさんになってしまう大筋は同じです。

違うのは、小説では、ソフィーにも力があるとはっきり書かれている事ですね。
帽子に話しかけながら作っていると、その帽子に言われた通りの
『お金持ちと結婚できる』とか『高貴な人に見初められる』などの効力が出るのです。
他にも、彼女が話しかけたいろいろな物が、命を吹き込まれています。杖とかも。

それから、映画ではハウルと最初に出会ったお祭りの時に、
二人寄り添って空を歩いたりして、ソフィーは既にときめいていますよね。
最初に貴方も私もドキドキするシーンです。

小説ではハウルはソフィーをからかうだけで、
お祭りの時はちょっとしか顔をあわせてないし
ソフィーも
『自分を同情してちょっとからかった男』
としか思っていません。

■姿の変わったソフィーが、家にいられなくなって荒地に出かけ
カカシを助けたあと、ハウルの動く城に着き
噂の魔法使い『ハウル』があの男だとは知らないまま中に入り
知った後も居ついてしまうところは両方とも同じです。

ソフィーが城を掃除しまくって、
室内はきれいになれど、ハウルのまじないを損なって
ハウルがヘンな髪になり、美しさが何より大事なハウルが嘆いて
スライムを出しまくるところも同じ(笑)

ハウルの城の扉が、『4ヶ所どこでもドア』で
それぞれ25%ずつに塗られた円グラフ状&時計状のもので出口を示しているのも同じですね。
赤が首都、青が港町、緑がソフィーの町の近くの荒地、黒が不明。
(この辺りが、ファンタジーの面白いところで、好きだー)

でも、小説では、ハウルはその頃、ソフィーの妹を口説くのに必死らしいです。これが大きく違いますね。
その上、ソフィーには妹がふたりいて、最初は次女が街のパン屋へ、3女が谷の魔女のところに行っているのが
後で母親にナイショで入れ替わっている(3女が次女に化けて)設定。ちょっと複雑で映画にしにくかったらしい。

そして、ハウルの弟子は、映画ではまるっきりコドモでしたが
小説では15才くらいの設定で、パン屋にいる3女の恋人。
ハウルが口説き落とそうとしているのは、魔女の谷にいる次女というわけです。口説いたら満足して捨てるサイテーな奴らしい。
なのでソフィーは妹がハウルの餌食にならないように
忠告しに行っては、仲良さげな二人を見てジェラシ~~~。
(でも実は、妹には他に好きな人がいて、途中から、ハウルはソフィーのことばかり次女に訪ねていたらしいけど)

黒い扉の先にあるのは、ハウルの故郷(小説でははっきりと『ウェールズ』と設定)だったわけなのですが、
映画ではハウルの憩いの家があるだけなのに、
小説では姉さんと会ったり、ラグビークラブのOB会で飲み明かしたり、甥っ子の先生に一目ボレしたりしています。

ハウル・・どーしようもない女好きらしいです。(笑)
(映画では、ハウルが『女性の心臓を食べる』というくだりの種明かしがなかったから、少々『??』だったのでした。
小説では、それが、弟子の流したデマだとわかりました。恋人や女の子達を守るために流したらしいです。弟子のくせに・・笑)
女好きというか、恋愛ゲームばっかりしてるのですね。

■それから大きく違うのが、
映画では、荒地の魔女は早々とあっけなく無力化されてしまい
ハウルは、国王の魔法使いや軍隊と戦いすぎて、
人間に戻れなくなる危機を迎えるのですが
小説では最後まで、敵は荒地の魔女だということです。

私は小節の方がツジツマが合っていて好きかも。
映画では、国王の魔法使いが突然ハウル攻撃をやめたりして
ちょっと突飛な印象だったのですよね。

■映画のいいところは、ハウルが大体いつも王子様然としていて
魅力がわかり易く、ソフィーに優しいところでしょうか??

小説では、最後にソフィーが荒地の魔女におびき出される頃でないと
ハウルが本当にソフィーを大事に思っていることがわかりません。
大体いつも、『おせっかい屋さん』などと言ってますし、
ソフィーも、ハウルがいつもウェールズの美人先生のところに行ってると思っています。
(その分、荒野の魔女のトコロに現れたハウルがお風呂にも入れないくらい切羽詰ってソフィーを心配している様子が、ぐっときます←まだソフィーは、それが美人先生の為と思っているケド)
(気絶から気がついた後の
「こうしちゃいられない、間抜けなソフィーを助けなきゃ」←実は自分がソフィーに助けられた
という科白も、映画で言って欲しかったかもしれません。)


■ハウルと火の悪魔を結びつけている契約をソフィーが解いて
それと同時に火の悪魔『カルシファー』から、自分の呪いを解いてもらうくだりは同じです。
その契約の種明かしは・・・これだけは言えねぇな~。言えね~よ。

■ということで、私としては
筋は小説主体で、戦争や国王の魔法使いは重点を置かず
荒野の魔女がラスボスのままで
でも恋愛面は映画くらいスゥイート風味
小説の良い科白は残す・・・
で行くと一番好みです。ストーリー・オン・デマンドして下さい!←それが同人誌だ・・

宮崎さんは、軍隊のメカとか、平和主義とか、イロイロ深い事をやりたかったのでしょうけどね。

と、いうことで、ハウル原作は、岩波の本で育った人も納得の
・・・多分・・指輪よりは易しいけど、ハリーポッターほど
大衆的でない典型的イギリスファンタジーなのでした。
そうそう、トルーキンの生徒だったらしいです。

指輪も早く読まなくちゃですね。
その前に、映画1と2見ないと
というか・・明日朝リミットの『パイレーツ』見ないと・・






最終更新日  2005年01月08日 05時59分14秒
コメント(0) | コメントを書く
[その他BOOKS] カテゴリの最新記事

カレンダー

お気に入りブログ

これも、出来てるよ… kaorin215さん

ヒビコレ。 MOILAさん
なおーんざうるすの… hiromuh3450さん
一心堂 一 葉菜さん
しーくれっとらば~’S 結城まりもさん
こちら25643 ヒロランさん
あぁ人生って Blue Bunnyさん
カフェ『るのりあ』 るのりあさん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
クルマの中でドラマ… ランラン101さん

コメント新着

fire365@ フリーワーク募集 私はやっているフリーワークを紹介しま…
口でチュパチュパ@ 口でチュパチュパ 口でチュパチュパ口でチュパチュパ口でチ…
お礼出せます@ お礼出せます お礼出せますお礼出せますお礼出せますお…
優しさ重視します@ 優しさ重視します 優しさ重視します優しさ重視します優しさ…
私と、どう?@ 私と、どう? 私と、どう?私と、どう?私と、どう?私…

バックナンバー

・2017年11月
・2017年10月
・2017年09月
・2017年08月
・2017年07月

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.