000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みつみつの台所~いとおしくおいしい毎日~  . 

2010.02.04
XML
カテゴリ:食べる

お野菜をたっぷり添えて食べます♪

GABANのドレッシングモニターレシピ、第2弾。
(第一弾はコチラ、「香味ゆず胡椒」を使用)

また・・・蒸し鶏です、鶏の胸肉を使った冷たいお料理。
私はこの鶏肉の食感が大好きなのです。
今回はセロリの葉、人参の皮、ハーブで蒸しました。
いつもは耐熱容器にお肉や香味野菜、酒をセットして。
容器ごと蒸すのですが・・・。
せっかく「蒸し料理が得意な鍋」を手に入れたので、それで蒸しました。

スパイスドレッシングレシピモニター参加中!

*【GABAN黒胡椒シーザードレッシング】で食べる、洋風蒸し鶏*
(2人分)

                 鶏胸肉・・・1枚(250g)
                  セロリの葉・・・1本分程度
                  人参の皮・・・1本分程度
                  パセリの茎・・・4本
                  ローズマリー(生)・・・10cmくらい
                 ●塩・・・小さじ1/2弱くらい
                 ●酒・・・大さじ2
                 ●白ワインビネガー・・・小さじ1/2

                白菜・・・3枚
                紫キャベツ・・・1/2枚
                ミニトマト・・・3個
                かぼちゃ・・・100g

                GABAN黒胡椒シーザードレッシング・・・大さじ4~

真ん中を厚みの半分まで切り込んで 両側に水平に切り込んでから開きます 楊枝で穴を開け、塩をまぶし


   1)鶏胸肉は真ん中に切り込みを厚みの半分まで入れ、
     包丁を水平に動かして左右に開きます。
     包丁のみね(背)を使って満遍なくたたきます。
   2)皮の方から楊枝やフォークを使って穴を開け、両面に塩をまぶします。


酒大さじ2と白ワインビネガー小さじ半分

   3)ビニール袋に入れて酒とワインビネガーを注ぎます。
     「肉に酒が沁み込め」と願いながら密閉し、30分ほど置きます。

セロリの葉、人参の皮、ローズマリー、パセリの茎 お肉の上にも香味野菜 強火で10分

   4)蒸し器のすのこに、香味野菜を敷き詰め、肉を広げます。
     肉の上にも香味野菜をのせます。
   5)蒸気のあがった蒸し器に入れて蓋をし、強火で10分間蒸します。


熱いうちにラップで包んで、皮を上にして冷まします アツアツのフライパンで皮に焦げ目(しなくても可)

   6)熱いうちに、香味野菜ごとぴっちり、ラップに包みます。
     完全に冷めるまで、皮目を上にして放置します。
   7)私は皮が得意ではないので、アツアツのフライパンで皮目を焼きます。
     肉に火が通ると硬くなってしまうので、皮の表面だけをサッと!

お野菜をたっぷり添えて食べます♪

千切りにした白菜と紫キャベツ、グリルしたかぼちゃ、ミニトマトなど。
好みの野菜と一緒に、器に盛り付けて~。
GABAN黒胡椒シーザードレッシングで頂きます。
お肉にはもちろん、野菜にもすごく合うドレッシングです。
かぼちゃのグリルはもちろん、千切りにした白菜との相性もグッド!
白菜は繊維を断つよう横に細く切り、水気をしっかりきるのがポイント。

胸肉ですが、ジューシーです

熱いうちにラップで包み、ゆっくり冷ますことでジューシーなお肉に。
香味野菜の香りが洋風のドレッシングにマッチします。

今回のモニター、「テーブルコーディネート写真掲載」が条件。
第一弾では、忘れてしまいました)

かぼちゃと白菜は実家の、ハーブはベランダの、ドレッシングはモニター商品

そもそも、コーディネートは苦手なのでした。
これで、許して下さい・・・。

 にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
上矢印
お料理ブログチェックサイト「レシピブログ」&「ブログ村二人暮らし料理」に登録中。
只今、ランキング参加中です。
クリックしていただくと、このブログに投票いただいたことになります。
(クリック後、別ウィンドウで「レシピブログ」「ブログ村」が開きます)
いつも応援、ありがとうございます。


レシピブログOH!みつみつのマイページはコチラ

**************************

雪雪雪雪雪大雪ッ雪雪雪雪雪

車を掘り出すのが、大変でした~。
朝6時30分、まずオットのワンボックスを掘り出す。
続いて、自分の軽自動車も掘り出す。

駐車場から道路までの数メートルを、スノーダンプで除雪。



↑これ、スノーダンプね。手動です↑

実家も、最初の勤務地も、雪深い場所だったから。
毎朝の雪かきなんて、当たり前だったのだけれども。
(しかも、その後片道4キロを歩いて通学してたし)
新潟市は、あまり大雪ってことがないので、体がなまり。
50cmの積雪に「ギャーーーッ」となります。
しかも、今年はこういうの、もう3度目だし・・・。

降り続いているので、午後からもう1度雪かきかも。

だんだん・・・マゾっぽい気分になってきました。
「雪の中寒さに耐えて雪かきをする自分」に快さを感じたり。

ま、すぐに飽きると思うので、もう止んで欲しいです。
スキー場の雪も、もう十分だと思うし。
降りすぎると、経済活動が滞るので・・・。






Last updated  2010.02.04 12:28:55
コメント(26) | コメントを書く


PR

Freepage List

Free Space


●ランキング参加中●




にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
にほんブログ村


●レシピUP中●

Cpicon みつぞうのキッチン


オレンジページnet


レタスクラブネット投稿レシピ

献立に困ったら 楽天レシピ

Archives

2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.