000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

お星さまのひとりごと・ブログ

PR

Calendar

Category

Archives

June , 2017
May , 2017
April , 2017
March , 2017
February , 2017
January , 2017
December , 2016
November , 2016
October , 2016
September , 2016

Comments

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
YF@ 「お星さまの贈りもの」お久しぶりですね  お星さまの贈りものではお久しぶりのU…
京都人@ 昭和12年・京都・琵琶湖の絵葉書 本文中の「京都二條離宮」と「京都西本願…
日高政治@ 「みずあそび」忘れてました。 「みずあそび」を東くめさんと作詞されて…
よねざわ@ 鞠村奈緒さんファイト! 訂正 ごめんなさい。 再開→再会に訂正です お…

Keyword Search

▼キーワード検索

June 24, 2008
XML
カテゴリ:童謡のおはなし
童謡のお話3でも述べましたが、明治14年に日本の童謡の出発点ともいえる《小学唱歌集 初編》が発行されました。

その中で、現在も歌われている童謡に『ちょうちょう』がある事は述べましたが、その他にも『むすんでひらいて』もあります。

発表当時は『見わたせば』という題名で発表されたこの曲は、フランスの哲学者ジャック・ルソーが作曲した外国曲です。
哲学者が作曲したとは驚きですが、もっと驚きなのは、ルソーが生きていたのは1712-1778年…ということは、250年も前の曲ということになります。
歌詞は現在のものとは異なりますが、旋律は《小学唱歌集 初編》掲載の譜面のように、現在と同じです。
みわたせば 小学唱歌集 初編 みわたせば

 見渡せば 青やなぎ、
 花桜 こきまぜて
 みやこには 道もせに
 春の錦をぞ
 佐保姫の 織りなして
 降る雨に そめにける。

また、明治14年に唱歌として発表される前は、賛美歌としても歌われていました。
その後唱歌として発表されたものの、歌詞が子供にとって難しく、歌われることがなくなりつつなると、時代を反映してか、なんと『戦闘歌』という軍歌として復活します。

 見渡せば 寄せて来(きた)る
 敵の大軍 面白や
 スハヤ戦闘(たたかい) 始まるぞ
 イデヤ人々 攻め崩せ
 弾丸込めて 撃ち倒せ
 敵の大軍 撃ち崩せ

と何とも凄い歌詞です。

明治大正昭和と、戦火に包まれた時代が終わり、昭和22年発行《1ねんせいのおんがく》の中で、私たちの知っている『むすんでひらいて』となりました。

 むすんで ひらいて
 手を打って むすんで
 またひらいて 手をうって
 その手を 上に

今では誰もが知っている童謡ですが、賛美歌~唱歌~軍歌~と数奇な運命を持った童謡とも言えますね。

www.ohoshisama.info






Last updated  June 24, 2008 08:16:13 AM
コメント(0) | コメントを書く
[童謡のおはなし] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.