220577 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

お星さまのひとりごと・ブログ

PR

Calendar

Category

Archives

November , 2019
October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019

Comments

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
YF@ 「お星さまの贈りもの」お久しぶりですね  お星さまの贈りものではお久しぶりのU…
京都人@ 昭和12年・京都・琵琶湖の絵葉書 本文中の「京都二條離宮」と「京都西本願…
日高政治@ 「みずあそび」忘れてました。 「みずあそび」を東くめさんと作詞されて…
よねざわ@ 鞠村奈緒さんファイト! 訂正 ごめんなさい。 再開→再会に訂正です お…

Keyword Search

▼キーワード検索

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

カテゴリ未分類

November 11, 2011
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

明治43年頃 跡見学校

写真は今から100年以上も前の明治42年末から明治43年初めに撮影されたもので、跡見学校(現跡見学園)の前で撮られたものです。
既にHPに掲載していたものですが、この写真が先日フジテレビ系『その顔が見てみたい』に掲載されました。

番組によると、明治40年頃に日本で初めてのミスコンテストが開催され、それ以降女性のオシャレが流行したとの事で、女学生の頭につけてるリボンがそうした流行だったとの事でした。

明治43年頃跡見学校女学生のリボン 明治43年頃跡見学校女学生のリボン

写真を拡大すると、確かに女学生の頭にはさまざまなリボンが付けられているのが判ります。

そしてこの写真が今月11月いっぱい、跡見学園の車内中吊広告として山手線を走っています。
跡見学園の依頼で写真をお貸ししましたが、100年前と現在の女学生たちの写真が並んだ好感の持てるポスターで。

詳しくはHP内《明治43年頃・跡見学校》をご覧下さい。

昭和からの贈りもの 


 







Last updated  November 11, 2011 12:48:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 7, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

G011fuji.jpg

写真は昭和17年の北富士演習場です。
写真の面々は伯父の同期で、皆さん星★★★3つで伯父は真ん中に立っています。

随分とにこやかですが、同期ならでは笑顔かもしれません。
が実際には
「丁度幹部候補生の教育期間の時で、3、4ヶ月の間にゴシゴシやられたから大変だったよ!」
との事でした。

足にはゲートルを巻いていますが、靴の裏の鋲が今では見ないタイプです。
思えばこの少し前の写真には下駄や雪駄が多く写っていた位ですので、この頃には現在の靴の溝などは全くなく、こうした鋲で歩行を安定していたのかも知れませんね。
G900902fuji.jpg

下の写真裏には《佐倉六四部隊酒保前ニ於テ 十七.七.五》との記載がありました。
G012sakura.jpg
知人の写真のようですが、階級章が星★ひとつですので入隊まもない方のようです。
佐倉64部隊とは、千葉県佐倉市にあった陸軍の部隊で、東部第64部隊=近衛歩兵第5連隊の事です。

佐倉市の江戸時代には佐倉藩11万石の城下町があり、江戸の東の要害として佐倉城がありました。
その後明治時代になって鎮台が置かれ、後に陸軍歩兵第二連隊が駐屯することになります。
以来佐倉には数々の連隊が駐屯することになりますが、近衛歩兵第5連隊は昭和14年に新たに佐倉にて編成された部隊です。

現在はこの場所は国立歴史民族博物館が建っていますが、近辺には戦時中の遺構も数多く見られます。
 
その他写真や詳細はホームページ内【昭和からの贈りもの】 昭和17年・北富士演習場をご覧下さい。

お星さまの贈りもの
www.ohoshisama.info







Last updated  December 7, 2009 11:09:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 27, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

11月3日に私の宝塚生活で、一番数多く一緒の舞台に立たせていただいた、紫苑ゆうさんの宝塚バウホールでのリサイタルを観に行ってきました。
09091126takarazuka.jpg

退団して、15年経つのに舞台での体型、容姿変わらず、スーパーマンいや…、スーパーウーマンとでも言ったら良いのでしょうか…

思い出の曲が次から次と出てきて、自分の現役の頃が思い出され涙と鼻水でぐちゃぐちゃになりました。
どの曲も、何十回何百回となく、稽古場で、舞台で、着替えながら、袖から見ながら聴いていた曲でした。

思えば星組の組子になった時から、退団まで、ずーっと同じ舞台を踏んでいたことになります。
だからといってベタベタとお互いの領域に踏み込む事なく、相手が困れば助ける、をしていました。
今、思うと、お互いの体調だけは, 手に取る様分かっていた気がします。
人間ですから精神力にも限界があるし、 体調が良くない時だってありました。
今日は、よく一日舞台にこの身体で立てたな, と思う日が何度もありました。
トップスターという恐ろしい魔力以外の何者でもありませんでした。
終演後は抜け殻のようになっていましたが、それでも、思いやりは忘れない人でした。

一緒にヨーロッパ旅行にも行き、ノイシュバンシュタイン城のふもとのホテルに泊まり、
朝、ホテル前の湖から白鳥が飛び立つの見て大興奮をしたのは、ついこの間のことのようです。
実際は、25年前位(笑)昔のことのほうがよく覚えています。年のせいかも?

アキレス腱を切った時の事は、昨日のことのように鮮明です。
劇団近くの整形外科に行き、私が連絡のため、赤い公衆電話を持ち上げたのを見て、
痛いのを忘れ、2人で大笑いをしたこと。
火事場のバカ力とは、あの事です。
あの頃、携帯は持っていませんでした。
その後、神戸の病院に着くまで気が遠くなるほど長く感じ、何と道路とは、でこぼこ道なのかと思ったか!
その間、私の手のひらの上のアキレス腱が何度繋がったらいいのにと思ったか…
車中2人で何もしゃべらなかったことは忘れません。
入院中、皇太子の御成婚の日、たまたまお見舞いに行き、うたかたのダンスの曲がバックに流れて、二人でこれまた無言でテレビを見たこと、17年前…

思い出はキリがない。
そしてリサイタルを観に集まった現役時代の仲間たち。
なんて素晴らしい仲間たちだったのであろう…
みんなお互い生活は違えど、集まるとその頃にタイムスリップする。
リサイタルの最後に、「宝塚我が心のふるさと」をアカペラでシメさんが歌うのですが、自分の中から湧き上がる想いと同じ、と心の底から感じました。

今回、リサイタルを観て欲しいと連絡を頂きました。
私が退団し、二回ほどしか会っていないし、10年は話をしていなかったのですが、会っていない期間、お互いを心配する気持ちは一緒でした。

バウホールでは、空間まで全て、宝塚を愛する紫苑ゆう、に染め上げていました。
ただ一人の共演者ウルさんも絶賛です。
「我が心のふるさと」での素晴らしい時間を感謝します。09091127takarazuka.jpg

「我が心のふるさと」があるから、今を生きられるのかもしれません。
また、みんな自分の生活に戻っています。

わたしも童謡コンサートやお話をしながら、これからのお子さんの元気のため、微力ながら、努力していきたいと改めて思いました。

お星さまの贈りもの
www.ohoshisama.info

鞠村奈緒







Last updated  November 27, 2009 08:43:33 PM
コメント(2) | コメントを書く
September 19, 2008
カテゴリ:カテゴリ未分類

写真は昭和11年の上野公園前と平成19年の同じ場所です。
昭和11年上野公園前 平成19年 上野公園前

撮影場所は、上野公園の西郷隆盛像がある高台から、上野広小路方面を見渡す所です。
写真には70年以上の差があり、当然ながらビルもすっかり変わっていますが、古い上野を偲ばせてくれます。

昭和11年 京成上野公園駅 現在の京成上野駅
まず写真右手に見えるのが、昭和8年開業の京成電車、上野公園駅入り口です。
現在は京成線の上野駅として、広い入り口になっていますが、この頃は随分と小さい入り口だったのがわかります。

仁丹塔と野村時計店 現在の上野広小路
中ほどに見える高いネオンは、【仁丹塔】のようです。
独特のマークに、最上部には日の丸も見えますが、上野以外にも浅草や大阪にも建っていました。
この仁丹塔は、創業者の森下博氏が考えた広告塔で、森下氏はその宣伝手腕から、日本の広告王とも言われた方です。

道路反対側には、何やら輝いていますが、ここにはかつて野村時計店があり、光り輝く下には大きな時計も見えます。

昭和11年 上野 080932.jpg
随分とふるいタイプの車が並んでいますが、タクシーのようです。
この頃はまだ国産自動車は少なく、写真のような外国の自動車が多かった時代です。

このタクシーが止まっている場所には、牛なべ料理【米久】の看板も見えます。
現在も浅草に構えるお店ですが、この頃は上野にもあったようです。

これ以外にもカフェーという文字や、高島屋の看板も見えますが、今では隣のようにビル街に変わってしまいました。

そしてこちらは昭和11年より少し前の上野公園前の同じ通りです。
昭和初期の上野公園前

撮影場所も同じようですが、こちらは昼間の写真です。

仁丹塔が建ち、野村時計店の大時計も見えます。
米久のお店も高島屋も見えますが、違うのは両端の、京成本社ビルと京成電車の入り口がない点です。

京成ビルは昭和11年落成で、京成電車は昭和8年開業ですので、少なくても昭和8年よりも前ということになります。

これ以外にも掲載しておりますので、詳しくはホームページ内《昭和からの贈りもの》からご覧下さい。

お星さまの贈りもの
www.ohoshisama.info







Last updated  September 19, 2008 07:41:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 6, 2008
カテゴリ:カテゴリ未分類

どうも最近地震が多いようです・・・
昨日も日立で地震があったようですし、その前では岩手宮城で大きな地震がありました。

大正12年の関東大震災の様子もホームページ内【昭和からの贈りもの】に掲載しましたが、いろいろ調べると怖いですね・・・。
とにかく大きな地震は来て欲しくないものです。

娘と話をしましたら、金曜日に教室で飼っているカメがいつもと違う行動をし、暴れていたそうです。
「どうしたんだろう?」
と、お友達と不思議そうに話をしていたそうですが、その次の日に日立の震度5弱です。
動物は何かしら予知する能力を持っているのでしょうか?

そう言えば、今朝も我が家の水槽のエビが出てきません・・・
今も少ない・・・
「地震が来なければ良いが・・・」と思って改めて防災グッズの点検をしました。
水よし!防災箱よし!簡易トイレよし!ライトよし!
おっと・・・風呂の水は早めに汲んでおこう・・・
と日頃からの防災意識も大切ですね。

事務局







Last updated  July 6, 2008 09:04:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 8, 2008
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日の深夜に地震がありました。
東京23区は震度3でしたが、栃木県や水戸では震度5弱を記録したようで、結構ゆれの時間が長く感じました。
そしてすぐに思ったのが我が家のエビです。
以前地震の前にエビが姿を消す…と書いた事がありましたが、実は2日前からエビが姿を消していたのです。

今回の連休中、3日間家を留守にしていた為、6日の夜に帰ってすぐに水槽に餌を入れてあげたのですが、魚は泳いでいるもののエビがいない…
外出前にいつもより餌を多めにしたものの、やはりお腹が空いてしまい、3日間の内にエビを食べてしまったのかも?と思って家族で話をしていたところでした。
昨晩は何匹かエビが出てきたものの、いつもと違った激しい行動をしているエビもいて???と思っていました。

そして深夜の地震です!
今朝も餌をやったら、いつも通りにエビたちは這い回っていますので、地震の前に隠れていたのかもしれません…
えび

やっぱりエビは不思議です!!

事務局






Last updated  May 8, 2008 06:50:37 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 14, 2008
カテゴリ:カテゴリ未分類
写真は現在飼育中のエビです。
東京湾のエビ

かれこれ10年以上も前から海水魚を飼っており、当初はペットショップで買ってきた魚やサンゴ中心でしたが、ここ最近はもっぱら採取モノが多くなっています。

写真のヒレナガハギは500円硬貨ほどのサイズだったのですが、4年で20cm以上にもなりました。
沖縄の海で出会ったナマコもかれこれ3年程になります。
因みに写真はナマコの口です。
ヒレナガハギ ナマコの口

そんな中現在水槽を賑わしているのが東京湾で採取してきたエビです。
モエビとかスジエビ等と称され、釣りえさにされる事が多いエビですが、現在水槽には150匹以上のエビが泳いでいます。
昨日の夜も水槽を見ていたら、なにやら体を以上に曲げ震えているエビがいると思ったら、脱皮の瞬間でした。
写真のエビのお腹が茶色っぽいのは卵で、いつも足を動かして、卵に酸素を送っています。
卵をもったエビ

さて、このエビたちですが、どうも地震の予知をしてくれるような気がしているのです。
いつも朝に餌をやるのですが、数年前のある日、エビが全くいなくなってしまいました。
前日までたくさん動き回っていたのですが、餌をあげても2,3匹しか見当たりません。
死んでしまったのだろうか…?または皆食べられたの…?
と思っていた2日後位に起こったのが、4年前の新潟県中越地震です。
そして翌年も同じようにエビがいなくなる事があり、この時起こったのが、東京でも震度5を記録した千葉県北西部地震です。
その後エビは岩陰から出てきて、今までどおり動き回っていましたが、こうした事はその前にもあり、飼っていたイセエビとサメが水槽で突然暴れ始めたこともあり、この時も2,3日後に大きな地震がありました。
昔から動物たちは地震を予知するとか言われていますが、エビにもそうした能力があるのでは?と思ってしまいます。何しろ過去3度も同様のことが起っているので…

そんな事から毎朝“エビは元気に動いているのか?”が日課でもある毎日です。
そしてエビが全くいなくなった…という日が来ない事を願っています。
東京湾のエビ

事務局






Last updated  April 15, 2008 06:35:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 5, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
猛暑が過ぎ、9月になりましたら台風がやって参りました、
今年も、宝塚時代にお世話になりました、金元先生が指導していらっしゃる
お子様方のピアノボーカル発表会、すみれ会 にゲスト出演させていただきます。

    日時 9月 8日   午後1時から4時すぎくらいまで
    
    場所  横浜開港記念会館 講堂
          (みなとみらい線 日本大通り駅 下車1分)

  今年は宝塚の大先輩、笹潤子さんも出演されるので、お目にかかれるのが  
  楽しみです。
  私の出演時間は3時半ごろです。

  鞠村 奈緒






Last updated  September 5, 2007 12:59:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 1, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
新年おめでとうございます。
昨年はさまざまなところで、たくさんの子供たちと接してきました。
そして歌う笑顔や楽しそうな表情をたくさんみてきました。

今年もどんなキラキラした瞳に出会えるか楽しみです。
また『お出かけコンサート』に興味がおありの方は、遠慮なくお問い合わせください。

さて、お正月を迎えるにあたってお供えの餅を搗きましたが、いつもの小さいサイズに加えて、一升の鏡餅も作ってみました。
さすがに2キロを超えるとずっしりきます。
0103.jpg

雪だるまも、昔は目はタドンだったな~と思い出しながら、子供たちと一緒に作りました。
0102.jpg

お星さま事務局
www.ohoshisama.info






Last updated  January 1, 2007 05:53:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 30, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日、世田谷でのコンサート「3歳だよ!親子で集合 童謡コンサート」の主催者の方より
コンサートのアンケート結果のお手紙を、いただきました。
その中には、
『歌と話、楽器が好奇心旺盛な年齢にフィットしていた。』
『親子で生の演奏が聴けて良かった』
など嬉しいご意見をいただきました。
ありがとうございます。

今年も、子育て支援グループ、保育園、幼稚園、小学校の元気の良いお子さん方と、
楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。
来年も、たくさんの歌、お話、楽器などを通じ、楽しい時間を創り、皆様と過ごしていきたいと
思っております。
来年もよろしくお願いいたします。
皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ!

鞠村 奈緒
www.ohoshisama.info







Last updated  December 30, 2006 07:58:35 PM
コメント(0) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.