146097 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ROAD TO VICTORY

2004年06月26日
XML
カテゴリ:過去日記(ぇ

 

(;´д`)ゞ アチィー!!

っと、のっけから失礼(笑)

ムカつくくらい蒸し暑いっすww

不快指数が上昇中ww

。。。ここで豆知識。。。

不快指数の計算方法は

不快指数 = (0.81×気温) + (0.01×湿度)×(0.99×気温 - 14.3) + 46.3

で算出されますww

~74までは「快適」

75~80までが「やや暑い」

81~85までが「暑くて汗が出る」

86~それ以上は「暑くてたまらない」

だそうです(笑)


 

では、昨日の続きを。。。。

俺の人生における最大のターニングポイント

「大学卒業、そして就職」です

やりたいことも見つからず、真面目に勉強もしていない

バイトに明け暮れた大学生活も終わり

就職しなければならない時期が来てしまった。。

高校2年間くらい、大学4年間も働いたバイト先に

「就職」も考えた。。(某ファーストフード店)

しかし、転勤が多いことも知ってたし

休みが不規則ってのも気になった。。

結局ここに就職することは止めた。。

(就職していたら違った人生だったかも。。。)

結局何も決まらないまま「卒業」。。

何もしないでいるのも嫌だったんで

とりあえずバイトを始めてみた。。

場所は「写真屋」。。。

どこの街にもある、ごく普通

いや、普通より「小汚い(ぉぃ)写真屋」だった。。

なぜ「写真屋」??って思った人もいるでしょう。。

理由は簡単!

たまたま求人広告の貼り紙が貼ってあった。。

そう!それだけなんです(笑)

それだけの「理由」で選んだバイト

「人生最大のターニングポイント」なんです(笑)

ただの「貼り紙一枚」で人生が決まってしまった(笑)

そんなこともあるんです。。

。。。。。

写真に興味は全く無し。知識も皆無。。

ましてや「カメラ」さえ持ってない。。

最初は全く興味ないもんだから、仕事も普通。。

もなく不可もなくって感じで淡々と過ごす毎日。。

店長(まぁ、俺は親しみを込めて「おやじ」と呼んでる)も

そんなに気さくな感じでもない。。

どっちかと言えば「寡黙なオッサン(ぉぃ)」って感じでした。。

しかし、しばらくすると不思議なもので、

カメラに興味を抱き始めたんです。。

(毎日、嫌と言うほど「写真」を見てるわけだし(笑))

生まれて初めて「カメラ」を買いました。。

使い始めると、これがまた「楽しい」んです。。

写真雑誌も読み漁りました。。

どんどん「レンズ」も欲しくなります。。

でも所詮は「素人」。。

知識もないのに高いカメラ(レンズ)

宝の持ち腐れ。。。

技術向上には何がいいんだろう??

悩みました。。(ってほど悩んではいない(笑))

おやじ(店長)に相談しました。。(って言うほど堅苦しくもない(笑))

そうしたら。。。

「お前は何が撮りたいんだ??」って言われた。。

何でしょう??(ぉぃ)。。

その答えを探してるうちに

「写真を撮る仕事がしたい」と、

漠然ながら思い始めた。。

そう「カメラマン」です。。。

自分が撮ったものを大勢の人が見てくれる。。

楽しいじゃないですか。。。

そのことを、おやじ(店長)に相談したら(今度は本当に相談。)

「こんなとこに居たってカメラマンにはなれんぞ?」

と言われてしまった。。。そりゃそうだわ。。

こんな「小汚い写真屋(まだ言うか)」に居ても

まったく縁のない世界です。。あきらめました。。。。

。。。。

しかし、おやじ(店長)が助け船を出してくれました。。

「写真館の知り合いのとこで働いてみろ。。」

そんなことを言ってくれるなんて思いもしなかった。。。

 

 

 

 

 

 

続く。。。。


人生は自分で導き出すもの。。。

正しい答えなんて誰も教えてくれない。。

答えは自分の中にあるのだから。。。

 







最終更新日  2004年06月27日 00時23分14秒
コメント(0) | コメントを書く
[過去日記(ぇ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.