146405 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ROAD TO VICTORY

2005年06月05日
XML
カテゴリ:野球ネタ


こんばんわ♪


さすがに日曜は休みでした(^^;;

仕事な予感もしてたんだけど無事でした(笑)

予定も別になかったから仕事でもよかったんだけどねww


---------- キリトリ -----------


今日は書くネタもないんで、前に書くつもりだったネタです♪

プロ野球交流戦も折り返しを過ぎ、我が中日ドラゴンズも上向きになりつつあります。

そこで、立浪和義選手の偉大な記録を称えて、特集です♪



立浪 和義

1969年8月19日(36歳) 大阪生まれ。
(ちなみに同僚のタイロン・ウッズと生年月日が同一)

ポジション: 内野(外野)

背番号は3番。身長173cm、体重70kg。右投げ左打ち。


桑田真澄(巨人)、清原和博(西武ー巨人)の2学年下の代のPL学園主将として、

1987年甲子園春夏連覇を達成。この年の同期に現阪神の片岡篤史、元横浜の野村弘樹。

PL学園高等学校から1987年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。

1年目から遊撃手として抜擢され、守備での貢献を高く評価されて新人王。

高卒ルーキーとしては初のゴールデングラブ賞を受賞した。

2年目に肩を痛めるが二塁手として復活。

確実性のあるバッティングと野球に対する真面目な姿勢からチームのリーダー的存在。


2003年にPL学園の先輩清原に先んじて2000本安打を達成。
同年、史上初めて3ポジションでのゴールデングラブ賞を受賞。

2005年5月19日に450本目の二塁打を放ち、福本豊を抜いて通算二塁打の最多記録を更新。

2005年6月4日に2275本目の安打を放ち、高木守道を抜いて通算安打の球団記録を更新。

2001年12月より社団法人日本プロ野球選手会理事長に就任。
労働組合日本プロ野球選手会副会長も兼任、選手の地位向上や野球普及活動にも力を注いでいる。


主なタイトル

88年 最優秀新人賞・ゴールデングラブ賞

95年 ゴールデングラブ賞

96年 ゴールデングラブ賞・ベストナイン

97年 ゴールデングラブ賞

03年 ゴールデングラブ賞

04年 ベストナイン

月間MVP 02年6月、04年5月、6月

初出場 88.4.8対大洋(ナゴヤ球場)

初安打 88.4.8対大洋(ナゴヤ球場)

初本塁打 88.4.17対巨人(ナゴヤ球場)

その他 オールスター出場11回(90、91、94、95、96、97、98、00、02、03、04)


成績(6/4 現在)



 
所属球団
 

 

 

 







 

 

 
1988中  日110336617515141822.223
1989中  日3085102061283.235
1990中  日12851173155336114518.303
1991中  日13152087151352104510.290
1992中  日98379521141645428.301
1993中  日1285007314318316506.286
1994中  日12948990134271105312.274
1995中  日12648972147251115310.301
1996中  日1305119116539210622.323
1997中  日1334957713324314558.269
1998中  日134504601372418436.272
1999中  日123417541113214533.266
2000中  日126436581323039585.303
2001中  日139507521483029656.292
2002中  日1375066215334216924.302
2003中  日1355005214028213802.280
2004中  日134523681612505705.308
2005中  日5520623581113220.282
通 算212679141115227745236160914130.288



クリック希望!   クリック希望!







最終更新日  2005年06月06日 00時20分43秒
コメント(0) | コメントを書く
[野球ネタ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.