3138027 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

プラモ作成・塗装・おいさまと模型の部屋

全4502件 (4502件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

June 7, 2018
XML
カテゴリ:雑記

明日からようやく塗装に入れそうです。







最終更新日  June 7, 2018 10:56:03 PM
コメント(0) | コメントを書く


June 5, 2018
カテゴリ:雑記

塗装ブースの必要性をすご~く簡単にお話ししましたけど、塗装ブースだけあれば良いの??

いやいや・・マスクと手袋も是非用意しましょう!!

有機溶剤を吸引するだけが健康被害があるわけで無く、当然肌に付着したりするのも良くありません。
この辺りは薄め液などの有機溶剤に含まれる各成分毎に毒性や対処法が公開されています。
各社溶剤毎に成分が異なるために、成分を列挙すると凄い数になってしまうので省きますけど・・

まぁ乱暴な言い方すると、IPA(イソプロピルアルコール)が主成分の溶剤が多いですね。

IPA100%であれば、そこまで問題ではないのですが、60%程他の成分が多種多様に含まれています。
その中の成分に所謂毒性があるもの、発がん性がある物が含まれています。

それらを取り扱う場合、工業界では【防毒マスク】と【手袋】の使用が推奨されています。

3M 防毒マスク 有機溶剤作業用マスクセット 1200/3301J-55

マスクなら何でも良いわけじゃなく、防毒マスクが売っていますのでこれらを購入しましょう。
そんなに高い物でもないので安心してください。

エステー/ニトリル手袋 耐油薄手 M ブルー/NO.340
手袋は、ニトリル製の手袋を僕は使用しています。

できれば

GREATTOOL/グレートツール 作業ゴーグル FM-101
作業ゴーグルで目も保護できるとより安心ですね。

ホビーショップで購入できる模型メーカーの溶剤は、基本的にはかなり安全性を考慮した製品ばかりです。なので大きな健康被害は考えにくいのですが、底は転ばぬ先の杖
そうは言っても有機溶剤ですからね、自分の身は自分で守る!!過剰なくらいで丁度良いのかも知れません。







最終更新日  June 5, 2018 09:41:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:雑記

プラモデルの塗装を楽しんでおおられる全国の皆さん!!
皆さんは、どんな塗装環境で塗装されてますでしょうか?

イリイ エアブラシ用スプレーブース排気ダクト付き塗装ブース

最低限、塗装ブーストかスプレーブースは使っていただいてると思いますけど、「え?使ってない?窓開けてるだけ?」

​なんて方がおられるようでしたら、ちょっと今すぐ塗装ブース買いに行きましょう。
​​【何故塗装ブースが必要だと思いますか?】

・シンナーを使うから?
​​
正解!!なんですが、どうしてシンナーを使うから塗装ブースが必要なのでしょうか?
【中毒が心配!!】【ラリっちゃう!!】
ちょっと、古い人・・・私みたいに40代より上だとこう言う認識かも知れません。
しかし、一時社会問題になったアンパン遊びによって、模型店で購入できる溶剤は基本的に【中毒性のある溶剤】は含まれなくなっています。
タミヤさんクレオスさんガイアノーツさんの発売している、通常の薄め液や溶剤には含まれていないのは確実です。
その為に、昔の所謂シンナーに比べると、遙かに安全になっていて安心して使用できます。

それでも、やはり塗装ブースは必要です。
​中毒性​がないからと言って​【毒性】​がないわけじゃないんですよね、ミストが充満した密室に長時間居れば気分が悪くなったり健康を害する可能性は格段に向上します。
どうしても有機溶剤の一部は【発がん性物質】として認定されています。

【水性塗料なら大丈夫じゃないの?】

臭いもすくなくて、水性と聞くと凄く安全なイメージありますよね。
確かに溶剤系有機溶剤に比べると遙かに安全性が高いですが、やはり毒性がゼロではないので換気するのが良いのではないでしょうか?
水性塗料を水ではなく専用の薄め液などで希釈する場合、あれ半分はエタノールですしね。吸引して酔うなんてことはないとは思いますけど

健康以外にも、部屋にミストから生じるホコリを軽減できるとか、メリットは沢山ありますので安心安全な快適模型生活のためにも、塗装ブースを是非導入しましょう。







最終更新日  June 5, 2018 09:20:04 AM
コメント(1) | コメントを書く
カテゴリ:雑記









フジミ模型1/24ダイハツリーザターボは窓枠の塗り分けが完了しました。

明日辺りにクリアーパーツの塗り分け出来るかな?







最終更新日  June 5, 2018 01:23:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 30, 2018
カテゴリ:雑記

フジミ模型 集めつ装備シリーズ 1/200 装備品1 戦艦大和九四式46センチ3連装主砲塔(機銃Ver)

8月発売予定の新製品を今回先行で製作させていただきました。

まさに大和の主砲!!って感じです。
従来キットに砲塔外装及び機銃関連が新規金型で追加されます。
所謂、終焉時の大和の主砲になりますね。

非常に少ないパーツ数で、揚弾設備から砲塔内部に至るまでモデル化されています。
組み立て自体は容易で、どなたでも迫力ある戦艦大和の主砲が手に入ります!!

1/200スケールだけ有り、二五ミリ三連機銃の造形も申し分ないです。

砲塔内部もこんな感じで造形されています。

サイズは丁度良い感じで、机の上に飾ったりすると良い感じですね。
ちょっとした空き時間でも組み立てが出来るキットなので、週末モデリングなんかにお薦めですよ。
このシリーズで大和型の艦橋も発売されるとのことで、今から大変楽しみですね。














最終更新日  May 30, 2018 11:00:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 28, 2018
カテゴリ:雑記

タミヤ1/350戦艦大和ストレート製作 2018年3隻目完成しました。
今回は想像以上に手こずったというか、2隻同時進行が無理だったのか?手すり有り版も近日中に完成予定です。

エアーブラシの分解掃除を行いました。
常日頃、通常の洗浄は行っていますが、汚れ自体はやはり取り切れずにどんどんと蓄積して言ってしまいますね。
なので、どうしても定期的に分解して洗浄する必要性があります。

少し空いた時間に調色の練習なども行います。
今回目指した色とはほど遠い物が出来てしまいましたけど、OD色としてはありなのか?
コレが似合うキットは何?と問われても思い浮かびませんけど、どこかで使用してみたいと思います。









最終更新日  May 28, 2018 08:33:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:雑記

さくっと耕耘機F90から製作を開始しました。

ハンドル部分は実機はメッキぽいので、後ハメ加工を行って塗り分けることにしました。

GSIクレオスのシルバーとガイアノーツのプレミアムミラークロームで各パーツを塗装

プラグコード追加してみました。

で、さくっと形になっちゃう!!
塗装入れても4時間弱で出来ちゃうので、これは本当にお薦めキットです。
一部ランナーは離型剤の残りがあるようで、一度洗浄されると良いと思います。

いや、本当にこのキット楽しいです。
次はみのりフィギュアを製作進めたいと思います。

現在、やり直し中のリーザターボはデカール貼りが完了しました。















最終更新日  May 28, 2018 12:10:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 26, 2018
カテゴリ:雑記

数日遅れになりましたが、購入できました。
マックスファクトリー みのりwithホンダ耕耘機F90

これだけ見ると何なの??って思うかも知れませんが、このブログで取り上げるってことはつまり、これはプラモデルです。

そう、耕耘機のプラモデル!!
え?どこ向け?とかの声が聞こえてきそうですが、おっきな子供向けだということは確かですw
耕耘機のプラモデルは実はこれが初めてというわけではなく、過去には発売されていたのですが時代に対して早すぎたのか、流行らずに終わってしまいましたね。
さて、そんな余談はおいておいて中を見ていきましょう。

箱の大きさの割に、中は比較的スペースの余裕があります。

台座と耕耘機の刃っていうんですかね?なんて言うのか知りませんけど回転して土を掘り起こす箇所のパーツですね。

耕耘機の外装やらエンジンなど

耕耘機のパーツにみのりの下半身
一つの一つのランナーにパーツが余裕を持って成形されています。

見ての通りカラーランナーで成形されており、無塗装組み立てのみでも、雰囲気がある完成品になりそうです。

最後にタイヤとか・・・

パーツは全部でこれだけ!!組み立てやすさと精密さのバランスが最高にとれたパーツ構成です。
正直なところ、もう少し細かなパーツ分けされて、ちょっと作るのがしんどうなキットかと思っていましたので、これは嬉しい誤算です。
このパーツ数であれば、初めての人手も組上げれるんじゃないかな?

その理由が下記のインスト画像

説明書がカラーで、しかもスペースに余裕がある構成で非常に見やすい


みのりパートと耕耘機のパートをきっちり見開き同士で分けてくれてあるので、凄く親切な構成だと思います。
都会の方にしてみれば、未知の機械【耕耘機】を興味深く楽しんで貰えると思いますし、農業が身近な方は慣れ親しんだ【耕耘機】として楽しんで貰えるかと思います。

パーツ構成・説明書など、非常に好感度が高いキットです、後は実際に製作してみてどうかですが、正直言ってこれをキット化していただけで、万が一ちょっと組みにくいところがあったとしても些末な話ですよ。

なんでも、女性フィギュアが付属してきて・・・極一部に対するダイレクトマーケティングに危機感を覚えないわけじゃないのですが、「かわいいは正義」なので

正直、ライトナユーザーさんにこそ手にとって貰いたいキットです。
耕耘機というニッチなモチーフが面白いと言うこともあるのですが、キャラクターメカやミリタリーモチーフにない

なんというか、ふんわりした雰囲気と言えばいいのか、ゆるい感じと言えばいいのか・・今の模型業界に確実に一石を投じる名キットだと思います。
ぶっちゃけ!!流行れ!!このシリーズ!!

やや殺伐と凝り固まってきた、模型界の土壌を今一度耕し健全なやわらかい土壌にしてくれそうなプラモデルです。







最終更新日  May 26, 2018 02:00:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 24, 2018
カテゴリ:雑記
残りの検査結果は25日に出ますけど、熱も下がり動けるようになりましたので作業再開いたしました。

さぁ調子を取り戻していきたいと思います。







最終更新日  May 24, 2018 09:29:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 23, 2018
カテゴリ:雑記

たいそうなタイトル付けましたけど、単なるキットレビューです。
先日の静岡ホビーショー及び各地のタミヤファクトリーで先行販売されたキットです。
フォロワーさんのご協力もあって入手することが出来ました。
本当に感謝感謝

それでは、早速中を見ていきますけど
タミヤらしい分割とランナー構成となっていますので、タミヤキットを作り慣れた人なら、さほど時間がかからず形に出来るのではないでしょうか?


砲塔周辺なんかは10式と似た雰囲気の分割になっていますね。
Cal.50も昔のような一体物ではなく、モールドを優先した分割で組み立てるだけで雰囲気が出そうです。
砲身もパーティングライン処理だけでいけそうなので、この辺りも作りやすさに貢献してそうですね。

このパーツ群は何だ!!
シャーシ下面の駆動系のパーツになります。
モールドもシャープで良い感じですね。
どおしても、戦車に比べると駆動系が露出する走輪車なのでパーツ数が多くなるのは仕方がないところですが、タミヤらしい設計の妙で組み立て自体は割とスムーズに行けそうに見て取れます。

最後にホイルやタイヤ・ペリスコープのパーツ等です。
めちゃ、ディスクブレーキなんですね!!この重量を支える足回りも凄いですが制動するブレーキも実際の所凄いですよね。
製品版は、さらに作りやすさに磨きがかかるかも知れませんけど、まずはこれを製作してみたいと思います。

【16式機動戦闘車】
とにかく、驚いたのが静岡ホビーショーでも実車が展示されていましたが、富士の駐屯地からツインメッセまで自走してきたこと!!無論帰りも自走です。
陸上自衛隊富士学校から来たとすれば、片道95K位になります。確かに戦車でも自動車でも95Kは無給油で移動できる距離ですが、基本的に戦車は足回りなどの負担や道路への負担など色々考慮して、長距離移動はトレーラーを使用します。
それは有事の際でも同じです、各駐屯地からトレーラーで前線地殻の集積所に集まり、そこから作戦行動に移ります。
それって、戦車の数だけトレーラーも必要で積み卸しなどの手間や割かれる人員の数は大変な物になります。
それが、こうやって「すいっと」自走してこれるというのは、有事の際も迅速な即応が出来、有効な防衛活動が出来るって事で、この戦闘車の意義は大きいなと感じるわけです。
無論、不整地の走破性などは戦車に劣りますので、活動できる地形に限りは出ますけど
10式戦車があるわけで、互いに補完し合う関係で作戦遂行していくのだと思います。
頼もしい装備ですね!!








最終更新日  May 23, 2018 08:50:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全4502件 (4502件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.