1755913 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ママチャリライフ

PR

プロフィール


tama@sanuki

楽天カード

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03

ニューストピックス

2019.01.28
XML
カテゴリ:ドラマ・映画感想
映画刀剣乱舞、観てみました!

いやー…良かった〜

キャストも演技も脚本もアクションも全部がしっくり噛み合って素晴らしい作品に仕上がってて、
最後までワクワクしながら楽しめました。

実写版にありがちなガッカリ感や空々しさをまったく感じさせず、しっかり時代劇の世界観が成立していたのは、役に見事なりきった刀剣男士の皆さんの演技や殺陣の素晴らしさは言わずもがな、信長役の山本耕史さん、秀吉役の八嶋智人さん、このお二人の渋い演技と圧倒的な存在感が非常に大きかったと思います。信長の醸し出すオーラや、秀吉の機転の速さ、狡猾さといったものが見事に表現されていて、戦国武将たちが時勢を読んで立ち回った時代の臨場感がよく出ていました。

とうらぶのキャラ詳しく知らない人や、そもそも刀剣男士ってなんやねん?な人でも、記憶喪失の骨喰藤四郎に対して本丸のみんなが親切丁寧に状況説明や自己紹介をしてくれるシーンがあるので全然大丈夫。すんなり入っていける展開のおかげで、予備知識なくても十分楽しめると思います。

キラキラした美形刀剣男士のかっこいい殺陣も見どころのひとつですね。
いやーみなさん美しかったです!
そして時間遡行軍のアクションシーンもなんかかっこよかった(笑)。


注意!【以下ネタバレあり】

知りたくない人はここで戻ってね。



映画の予告編をぼーっと見てると
刀剣乱舞とコラボした「ノーモア映画泥棒」のムービーが始まって笑いました。
不動行光、鶯丸、あと、へし切長谷部が出てたと思います。
コラボ版映画泥棒は第二弾もあるとの事でした。ちょっと見てみたい。




ざっくりあらすじ


本能寺の変で死ぬ信長を生かそうと現れた時間遡行軍。彼等を阻止し正しい歴史を守るため、三日月宗近(近侍かつ隊長)、山姥切国広、へし切り長谷部、日本号、薬研藤四郎、不動行光といった刀剣男士からなる部隊は、審神者(さにわ)の命を受けて、今まさに燃え落ちんとする本能寺へと派遣された。

多勢の時間遡行軍を全て討ち果たし、自害する信長を炎の中に見送った三日月達は、使命を終え本丸へ帰還。

しかし全滅したはずの時間遡行軍の生き残りが自害寸前の信長の前に現れ、なんと彼を救出してしまうのだった。ここから歴史が変わり始めてゆく──


本丸に帰還した部隊を迎えたのは、留守番役の鶯丸と、新たに顕現し仲間に加わったばかりの骨喰藤四郎だった。

刀剣として昔共にあった三日月宗近や兄弟の薬研藤四郎は再会を喜ぶが、一度火事で焼けた骨喰には記憶がなく、過去の知り合いはもちろん、歴史を守るために時間遡行軍と戦うという理由すらも飲み込めない。

刀剣男士たちはそんな骨喰にそれぞれ自己紹介し、この世界の成り立ちや本丸の置かれた今の状況を説明するのだった。


その本丸では近頃三日月宗近に対し、皆の不信感がくすぶり始めていた。

刀剣男士たちの主である審神者が、なぜか三日月としか会わない、いや三日月が皆を審神者に近づけなくなっていたからだ。

不審に思った長谷部は、三日月にそのことを詰め寄るのだが、いつもはぐらかされるばかり。

実は老いた審神者は自らの最期がそう遠くない事を知っており、その事実を悟られないように三日月は気を遣っていたのだ。

そんなぎくしゃくした本丸に、信長存命という衝撃的な一報が入る。

慌ただしく審神者の前に駆けつけ、すぐに部隊を率いて信長暗殺に向かう事にした三日月。彼は正しい歴史を守りきれなかった事を謝罪するが、審神者は自分のせいだと詫び、三日月に今後の本丸を託す。

その話しぶりはまるで今生の別れのようだと、どこか寂しげに笑う三日月。

信長暗殺部隊には、主の配慮により、昔信長の短刀だった不動行光の代わりに骨喰藤四郎が入る事が決まった。

正しい歴史を守るために戦う、という事を一応自分なりに理解し、納得した様子の骨喰に対し「ひとつ頼まれてはくれないか?」と何か秘密めいた重大な頼み事をする三日月。それを承諾する骨喰。

新入りの彼にだけこっそりと、部隊の皆に内密に依頼したことは果たして何なのか?



本丸の留守を守る事になった鶯丸は、審神者と三日月が何か重要なことを隠している事を察知し、自分にだけはそれを明かすよう三日月に迫る。

三日月は審神者の代替わり(今の審神者の最期)が近いこと、その際手薄になる本丸を不動行光と二人だけでなんとしても守ってほしいこと、今回の出陣を最後に近侍を辞めるつもりでいることを鶯丸に告げ、本丸を託す。

(ここの近侍を辞めるつもり〜云々のところを日本号が立ち聞き)


こうして何か隠し事をしている部隊長・三日月宗近に抱いた不審感を拭えないまま、本丸に訪れようとしている危機も知らぬまま、部隊は信長暗殺へと向かうこととなる。
一方、信長が本能寺で討たれたと聞いた秀吉は、光秀討伐のため急ぎ戦場から引き返し、光秀を追い詰めていた。

本能寺から生き延びた信長は、秀吉に自分が生きていることと安土城で待つことを知らせる密書をしたため、時間遡行軍の兵に渡す。

この密書が秀吉の元にもし届いてしまえば、歴史が大きく変わってしまう。
だからこそすぐに密書を奪うべきだと主張する長谷部に対し、とりあえずは様子見だとなぜか悠長に構える三日月。

三日月の煮え切らぬ態度に激昂した長谷部は、ついにここで三日月と激しく衝突。
自分一人でも信長の密書を阻止する!と部隊を飛び出すのだった。

(このとき日本号は長谷部の単独行動を心配し、彼についていく)


秀吉に追われ、夜の山道を敗走する光秀。

本来ならここで野盗か何かに襲われて死ぬはずの彼の前に現れたのは、
時間遡行軍を引き連れた信長だった。

歴史が変わってしまう前にここで信長を暗殺しようとする刀剣男士と時間遡行軍がぶつかり合う。

だがここで三日月が信じられない行動に出る。
何故かピンチの信長を庇って逃がし、彼と馬で安土城へ走り去ってしまう。

あまりに突然の三日月の裏切りに、ただただ呆然とする刀剣男士たち。


なぜ三日月は信長を生かそうとしたのか?
守るべき「正しい歴史」を自ら変えようとしているのか??


時間遡行軍との死闘で深手を負った部隊一行は
河原で薬研に傷の手当を受けたあと
三日月と信長を追い安土城へ向かうのだった。


そのころ長谷部と日本号は──

秀吉の元に駆けつけたものの
信長からの密書はすでに秀吉の手に渡っていた。

時間遡行軍の伝令を切り捨て、
その密書は秀吉を安土城におびき寄せ、騙し討ちするための企みなのだと主張する二人。

秀吉は腕の立つ二人を家来に取り立てると
このまま騙されたふりをして安土城に向かい、待ち受ける敵を返り討ちにしようと言い出す。

こうして長谷部と日本号も秀吉と共に安土城へ向かう──


そのころ
鶯丸と不動行光、たった二人で留守を守る本丸の結界が弱まり、崩れ始めていた……
時間遡行軍の真の狙いは、この機会の本丸襲撃だったのか?!



部隊を裏切ってまで信長を生かした三日月の真意とは?

信長、秀吉、時間遡行軍、刀剣男士、彼らの集まる安土城で歴史はどう変わってしまうのか?


そして三日月が骨喰に密かに依頼した事とは一体……?




相当ネタバレしたあらすじで今更なんですが、
三日月が裏切った理由である「最大の謎」だけは伏せておきます。


その謎が明らかになった瞬間、「うあああーそうだったのかー!!!」と
思わず心の中で叫びましたね、マジで。


続きは映画館でぜひご覧になってください!


映画刀剣乱舞公式フォトブック [ 映画刀剣乱舞製作委員会 ]


★個人的にグッときた点

・もともと骨喰と三日月推しなので、二人がふんだんに登場する内容の映画ってだけで大満足で、もう脳内幸せホルモン出っぱなしでした。

(逆に上記の刀剣男士以外はラストにちらっと姿が見られる程度しか出番がないので、推しが今回メインキャストじゃない人は期待して見に来ると切ないかも。映画終わったあと「宗左さんが最後にちらっと出てきた…う、嬉しい…」と泣いてる女の人が近くにいたので。ほんとにチラっと一瞬なんだよなぁ…せっかくだからもうちょい一人一人エンドロール中でもいいから映してあげてもよかったかも)
 
・どの刀剣男士も皆よくキャラを研究されて、役柄になりきった自然な演技は本当に素晴らしかったです。キャラの声色や表情、自然な仕草等の演技は見事でした。終盤で三日月の目がアップになるシーンでは青い目の中にちゃんと三日月が美しく浮き出ててうっとり。

・薬研藤四郎の短パンからすらりと伸びた筋肉質な脚線美。
 「骨喰兄さん…」と心配そうな表情の薬研も素敵。弟なのに溢れ出るアニキ感たまらん。

・山姥切国広のかぶってる白い布の再現度。特に顔の周りのヒダが見事としか言いようがない。
 動いてもあんま崩れないし、あれどうやって作ってるんだろう…。
 もうヒダの見事さに見惚れるばかり。
 (もちろんヒダより山姥切役イケメンっぷりを語るべきなんだけど、
 ヒダの完璧さが個人的にツボでぐっときた)

・私の中で日本号の株が急上昇。
 部隊から外されて不満げな不動くんをさりげなく励ましたり、三日月が何か大切な事を皆に隠している事を察しつつ、三日月に不審感を抱いて荒れる長谷部をこれまたさりげなくフォローするとか素敵。
「無骨に見えて実はさりげない気配りが自然にできる大人」って、薄桜鬼の原田さん以来私のどストライクゾーンなんで(笑)彼のそんな一面にグッときましたね。

・審神者と三日月の「じじいVSじじい」な枯れた会話。笑いました。

・河原で怪我の手当をするため服を脱いだ刀剣男士たちのサービスショット。
 おおお骨喰の上半身、白っ!眩しいっ…
 (ここであんまり肌が白いと騒いだら、黄色人種を差別する差別主義者!とか叩かれるんだろうか?…でも包帯ぐらい白く見えたのは間違ってないよ)

・熱い戦闘シーンにグッときました。
 演出が美麗でかっこいい!それぞれの刀剣らしさをいかした戦いぶりに見とれます。
 石垣を駆け上がって空中で一回転!なんて演出も熱くてよかった♪
 詳しく状況を説明することはラストのネタバレになってしまうので控えますが、
 三日月が負傷する(ダメージ的には多分瀕死の重傷ってとこかな…)シーンはとにかく美しかった。
 スローモーションであの青い衣装の袖が空を舞い翻る様子はまるで芸術作品。
 三日月がやられるというショックで泣きそうな場面だけど
 あまりにも美しすぎて見惚れてしまい逆に涙どっかいってしもたわー…
 あああなにこれ美しい~~~…みたいな(笑)。
 とにかくラスト間際の三日月の死闘、三日月ファンなら必見です。

・秀吉の入浴シーン。
 背中からの全裸シーンが出てきます。いやぁプリっとした見事なお尻です♪
 ここで信長の密書に関わる重大な鍵がひとつ解き明かされ、
 観客は「ええええーっ!?」と衝撃を受けることに。
 
 映画の中で多分3回ぐらいはこういう衝撃を受けたかと思います。
 その度に、この映画の脚本家の人マジすごい!うますぎる~と唸ったのは言うまでもありません。


 

見応え十分、見終わったあともハッピーエンドで気分爽快。
ラストのほっこりした演出でより一層幸せな気持ちになれるという
最初から最後まで大満足の映画でした。

ひとつ悲しかったのはパンフレットが売り切れていたことかな…欲しかった。


映画 刀剣乱舞 オリジナルサウンドトラック [ 遠藤浩二 ]


小説 映画刀剣乱舞 [ 「刀剣乱舞ーONLINE-」より(DMM GAMES Nitroplus) ]


映画刀剣乱舞 (小学館ジュニア文庫) [ 「刀剣乱舞ーONLINE-」より(DMM GAMES Nitroplus) ]






最終更新日  2019.01.28 17:24:01
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.