1695293 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ママチャリライフ

PR

全90件 (90件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

読んだ本

2014.07.17
XML
カテゴリ:読んだ本

■商品名:暗殺教室(10) [ 松井優征 ]
■レビュアー:oj-otamama ※投稿時

■レビュー内容

 もっと詳しく見る


実写化するんですね…驚きです。アニメでいいのに。

どれも良かったですが、
個人的には、巨大プリン作成への熱意ほとばしる「茅野の時間」と
イトナとE組男子のやりとりを描いた「紡ぐ時間」のお話が特に面白くてお気に入り。

作者の学問への熱いメッセージを拝読し、殺たん(英単語集)も買ってみようと思いました。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】暗殺教室 殺たん [ 久麻當郎 ]






最終更新日  2014.07.17 20:45:16
コメント(0) | コメントを書く


2013.05.18
カテゴリ:読んだ本
マギ17巻今日買いました。

【送料無料】マギ(17) [ 大高忍 ]

読み応えありましたね~…。
何書いてもネタバレになりそうなので控えますが、マグノシュタット編もいよいよクライマックスか…というラストだったので次巻が今から待ち遠しい。

巻末のおまけ漫画は男のヒゲに執着するヤムライハさんとシンドリア男性陣のコミカルなやりとりが非常に面白くて笑わせてもらいました。
シャルルカン最高ww


ネタバレとは関係なく一番衝撃的だったのが、少し成長したアリババ君の変貌ぶり…

美しすぎるwwwww (アリババ君に一体何が…)

何か変な方向に目覚める人がどっと増えそうな予感(笑)。






最終更新日  2013.05.18 23:50:00
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.03
カテゴリ:読んだ本
黒子の22巻、楽天で注文しました。楽しみ。早く届くといいなぁ…

【送料無料】黒子のバスケ(22) [ 藤巻忠俊 ]

これを記念して、ジャンプ公式カメラアプリ「ジャンプカメラ!!」では、5月2日から5月23日までの22日間連続で、限定アイテム「VSタッグアイテム」を無料配信…

らしいです。いいねえ。私はガラケーなので…残念。






最終更新日  2013.05.03 09:21:20
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.02
カテゴリ:読んだ本
壮絶なネタバレ巻だという噂は家族から聞いていたので、アニメ終わるまで買うのを待つべきかと散々迷ってた「進撃の巨人」10巻。

少年マガジンKC進撃の巨人 10巻著:諫山創

でもやっぱり知りたい…という誘惑に負けて結局購入したわけなんですが(笑)…それが昨日届きました。

覚悟はしてたんですが、確かに驚愕の展開でした。
うわ~そうだったのかー…と驚いてたら、
最後に最もぶったまげるネタバレが待ってた……ぎゃー…

うーん…
これまでにも「マジですか…」と目がテンになる衝撃展開がちょくちょくあったけど、10巻読んだら今までと同じ視点でアニメを見るのが難しくなるのは確かですね。

アニメ終わってから読むべき本だったかなー…という気がしないでもないですが、あらすじ知ってても進撃のアニメはクオリティ高くて面白いからいいか…。


結論:ネタバレが怖くてアニメ終わるまで10巻見るべきかどうかすごく迷ってるなら、やはり少し待つ事をオススメします。

(うっかり知ってしまっても毎週楽しく見てますが)
     

アニメほんとすごいよね…。

絶望感と悲愴感に満ち満ちた初回も圧巻でしたが、
訓練兵時代の話になると個性のはっきりしたキャラ達がかなり笑わせてくれる…
こういう息抜きもいい感じ。

そしてついにリヴァイ兵長がお目見えですよー。
わーテンション上がる上がる~♪

最新話も立体機動シーンがかっこよすぎて何回も再生してしまったw

バトルものは色々あれど、ロボットや戦闘機に乗って宇宙で華麗な戦闘を繰り広げたり、超能力や魔法や召喚獣でかっこよく戦ったりする作品より、非力な人間が鍛え抜いた体ひとつで無謀ともいえる強大な敵に立ち向かっていくシンプルな肉弾戦の方になぜか強く惹かれてしまう…不思議なものです。


キャラクター万能ラバーマット 進撃の巨人【6月28日発売予定 予約商品】






最終更新日  2013.05.02 14:17:29
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.28
カテゴリ:読んだ本
先日るるぶ薄桜鬼買いました。

【送料無料】るるぶ薄桜鬼

今年は京都の新選組関連史跡を巡る予定なので、それまでに何かよさげなガイドブック買わないとなー…なんて思ってたらちょうどいいタイミングで出たんですよね。
1300円…この表紙の本を果たして京都で持ち歩く勇気があるだろうか…という点がネックでやや迷ったんですが、新選組の史跡巡りガイドブックとしては内容も最新のものだろうし、持ち歩くなら家で必要なとこだけコピーして行けばいいか…と購入。

届いて実際に手にとってみると、意外としっかりしてて分厚い。驚き。
(背表紙7mm。るるぶだからホチキス綴じだと思ってた)

表紙をめくると本の倍サイズのとじ込みポスター有り。
ポスター表面が表紙イラスト、裏面がカズキヨネさんのイラスト(既出)。
裏面は主だった幹部がズラッと揃ってるのでより嬉しいですね。

局中法度をもじった「旅中法度」がまず最初に掲示されていて、背く者には切腹を申し付ける、と書いてあり思わず笑ってしまいました。
で、史跡巡りでのマナーや禁止事項について幹部キャラが説明。
冒頭からファンを楽しませようというサービス精神が感じられていいね。

薄桜鬼はアニメもゲームも種類が多いためか、それらの舞台がどの土地だったか一目でわかる解説ページ、人物相関図もあり。
(函館なら碧血録、日野なら黎明録…といった感じ)

アニメのあらすじを辿りながら進む、京都・日野・会津・函館のガイドブックになっています。

薄桜鬼のストーリーに沿って進むため、当然史実とは異なる点があります。

あらすじはその土地ごとに分割して掲載されています。
スチル絵やキャラ達の台詞、実際の史跡の写真と一緒に詳しく書かれているので、薄桜鬼全く知らん人でも、知ってるけど見たの大昔であんまり覚えてないという人でも、その土地で起きた一連のストーリー(アニメの土方ルート準拠)がわかるよううまくまとめてあります。
美麗スチルと各史跡のカラー写真をふんだんに使用してあり、ビジュアル的にも嬉しい。これはいい。

あとは通常のるるぶ同様、地図、交通情報、モデルコース、観光スポット、食事、宿泊、土産…等について詳細な情報が掲載。
そのあちこちに薄桜鬼のキャラクター(あるいはちびキャラ)がちょろちょろ登場して説明を補足したり、キャラ同士で会話したり。

例えば、とある縁起物のお土産紹介の項目の横では婚活鬼・風間が──

風間千景「家族の数より一個多く買って子孫繁栄を願うそうだ。俺たちも…」

千鶴「嫌です!」

…こんなやりとりを見せてくれます。

本の最後には、声優の鳥海さんと津田さんとの対談、新選組関連おみやげ、隊士の墓地情報、新選組関連のお祭りカレンダー、史実との対比表が収録。

薄桜鬼は、特殊能力をもつ日本古来の鬼、羅刹(薬で吸血鬼化した人間)、千鶴との恋愛…といった創作要素が組み込まれた新選組ストーリーなわけですが、かなり史実には忠実に話が進むので、その点をうまく活かして楽しくわかりやすい新選組史跡巡りガイドに仕上がっています。

ただ「新選組は好きだけど薄桜鬼は知らん…」という一般人の方がこの目立つ表紙の本をレジに持って行くのは相当勇気いるよね……

ガイド本としても充実した内容の良書で個人的にはオススメなんですが、「すごく気になるけどあんまりオタクっぽかったらちょっと引くし買うかどうか迷うわ~…」という方は書店で一度どの程度か内容を確認されるといいかと。
乙女ゲー的な華やかなスチルの多さにちょっとたじろぐかもしれませんが、写真掲載数も多いので、読むだけでちょっと旅行した気分になれる…(かも)。

薄桜鬼と新選組…両方好きで、いつか史跡に行ってみたいと思ってる人なら1冊持ってて損はない。おすすめです。

実際使うガイドブックとは別に、保存用としてもう一冊欲しくなる…というのも頷けます。

薄桜鬼ファン視点でのおすすめポイント。

★本文に使用されているスチルやキャラクター(ちびキャラ、表紙のぞく)はカズキヨネさんのイラスト(正直ここが一番ポイント高い)

★アニメ版のあらすじをゲーム版美麗スチルでおさらい出来る

★2つのゲームの主要なスチル(ガイド本なので恋愛要素の強いスチル、及び土方ルート以外のスチルは除く)とキャラクター全身像がフルカラーでこの一冊に
まとまっているので、史実に沿った見所のみをコンパクトに凝縮したイラスト集としても楽しめる。

(フルカラーの設定資料集買っても下端が見切れてて足をどう描いたらいいのかわからん…とか、試衛館時代の設定資料が載ってない…と頭抱えたことがあるので足先まで見える全身像や黎明録の過去編スチルの掲載はありがたい)


★あちこちに出てくるデフォルメされたちびキャラの表情や台詞が楽しい
(イケメン攻略キャラだけじゃなく、源さん、島田さん、伊東さん…あたりまでちびキャラで登場)


「プライズ」 薄桜鬼 MDF 斉藤一 (照れ) セガ [7月分]
コレクトイズ

驚いたのは電子書籍版があったこと。

るるぶ薄桜鬼-【電子ブック版】
小説ならまだいいんですが、
こういうビジュアル本の電子ブック版ってあまりお買い得感を感じないなぁ…
フルカラーだったら納得するけど、うちのkoboじゃ白黒だし…

ガイドブック見てるとあちこち旅行してみたくなりますね。






最終更新日  2013.04.28 14:46:44
コメント(0) | コメントを書く
2013.02.17
カテゴリ:読んだ本
雑誌買うついでにこれ買ってみました。


【送料無料】 楽しく回すだけ! エアなわとびダイエット ヒットムックダイエットカロリーシリーズ / 鋳山和裕 【ムック】

これは楽しいかもしれない。かなりきついけど(笑)。

ただ、私のエアなわとびが不良品なのかどうなのかよくわからないのですが、なわとび回してもタイマーが作動しないしカウントもされない…
デジタル表示はされてるから電池切れってことはなさそうなんだけどな。

まあ、タイマーなくても壁掛け時計みながらやれば済む話なんで別に問題はないんですが…買っていきなり不良品はさすがに凹む。

ちょっと体重がやばいことになってきたので(いやマジで)
真面目にダイエットに取り組むつもりです。

久々にこのブログを利用して毎日何やったか記録してみようかなと。
(そうでもしないと最近自分にどんどん甘くなってだめだわ)






最終更新日  2013.02.17 08:07:14
コメント(0) | コメントを書く
2013.01.12
カテゴリ:読んだ本
湊かなえさんの本が気になっていろいろ読んでます。
どんでん返しのラストが多いので
「そうだったのかー…なるほど~」…なんて唸ることもしばしば。

最初に読んだのは「告白」だったかなぁ…。

面白かったので子供にも勧めたところ、一緒にハマってくれました。

読み終えて、まだ気持ちが冷めやらぬうちに
熱く感想を語り合う相手がいるのって嬉しいものです。

で、先日読んだのが「往復書簡」。

【送料無料】往復書簡 [ 湊かなえ ]

タイトル通り、往復書簡…手紙のやりとり…という形式で綴られた3つのミステリーが収録。他の本と同じぐらいのぶ厚さですが、行間わりと広くてあっという間に読めました。

(その中の「二十年後の宿題」が、映画「北のカナリア」の原作になっているんだそうです)


高校時代の放送部の仲間同士の結婚式に招待されて久しぶりに帰国した悦子。

式に来なかった新郎の元彼女・千秋(これも元放送部員)が、以前、同期会で顔に大怪我をして音信不通になってしまった事を知り、一体何が起きたのか知るために、事故現場にいた元放送部員のメンバー達と手紙のやりとりを始める……というのがひとつめのお話。

何度も手紙のやりとりを重ねるうちに、次第に明らかになってくる彼女たちのドロドロとした本音。
そして最後に明かされる衝撃の真実……これには思わず私も「エッ…?!」と驚いて声が出てしまいました(笑)。なるほどね…そうきたか。


二つ目のお話が、北のカナリアの原作ですね。

高校教師の淳史は、既に定年退職している小学校時代の尊敬する恩師から、
「ずっと気になっている6人」の教え子たちが、今幸せにしているのかどうか、一人一人会って調べてほしいと頼まれ、その依頼を快く引き受ける。

依頼の際には明かされなかったが、
実際に会って話を聞くうちに、恩師と教え子6人は20年前に不幸な事故に巻き込まれていたことが判明。

さらに教え子達が恩師に対して、それぞれ異なった複雑な感情を抱いていることや、その感情を今も重く引きずって生きている事が浮き彫りになってくる。

だが最後の6人目の教え子への手がかりがぷっつり途切れてしまうのだった…。

いろんな偶然が積み重なって起きた、あまりにも不幸な事故。
その偶然に関わってしまった教え子たちが、贖えない罪の意識に苛まれ続ける…

そんなお話だったので、謎解きが面白いな…と感じた1話目と違って雰囲気はかなり重いです。


3つめは、国際ボランティア隊員として危険な発展途上国へ旅立った純一と、15年来の恋人である万里子との往復書簡。

遠距離恋愛を始めたばかりの恋人同士の往復書簡ですからね~。
そりゃもう1、2話とはテンションが違います(笑)。
特に2話が重かったのもあって、最初は愛し合う二人の微笑ましいやりとりにちょっとホッとしたもんです。最初は。

ただこの二人、15年前(高校時代)に学校で起きたある事件に巻き込まれているんですよね。そして万里子にはその事故の際の記憶がない。

事故の詳細は、二人が手紙のやりとりを重ねるうちに次第に明らかになってきます。同級生の火災死亡事故と、その子をいじめていたとされる生徒の自殺。
その火災現場から万里子を救い出したのが純一でしたが…

素敵な二人だったので、幸せになって欲しいなあ…と思いながら読んでたんですが、これは切ない…やるせない気持ちになりました。


この本も贖罪、赦し…といったあたりがテーマかな。

ひたすら手紙だけのやりとりという構成で
見事にまとめておられるのはさすが。面白かったです!

今度は「母性」を読んでみたいな…。

【送料無料】母性 [ 湊かなえ ]






最終更新日  2013.01.13 01:31:58
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.01
カテゴリ:読んだ本
最初、アマゾンで見つけてすごく欲しくなったんですが既に在庫切れ。
数日前まではまだ楽天ブックスにもあったので安心してたんですよね…。

12月初旬に買う予定のものがあったので、その時まとめ買いした方がポイントもたくさんつくしオトクかな~…なーんて悠長に構えてたら、なんと翌日在庫切れに。

焦って近所の書店に見に行っても売り切れてたので、これはヤバイ…と、とりあえずネット書店で在庫残ってるところを見つけて大慌てで取り寄せたといういわくつきの本(笑)。一昨日たのんだのが今日届きましたー♪


e‐MOOK 宝島社ブランドムックアネモネ おしゃれスタッフが教える簡単ヘアアレンジ【RCP】

付録に、アネモネの黒いリボンスリーピン(タテ7×ヨコ11センチ)と、ベージュのフェイクスエードの編み込み飾りにゴールドのチェーンが上品にからんだポニークリップ(幅1.8センチ×ヨコ6センチ)付き。

どちらも上品で可愛い♪

付録だけで既にテンション上がり気味ですが
おしゃれなヘアアレンジ満載の本誌の内容もすごくいい!

私はロングで(腰より20センチぐらい上かな…かなり長いです)毛先にゆるいパーマをあてています。
パーマも実はかなり取れてしまってて、ホットカーラーで巻きを復活させてしのいでいる状態。(←行けよ美容院…)

夏はコームを使ってほぼ毎日アップにしていました。
夜会巻きをちょっと崩して、毛先を散らすような感じ。

でも冬にアップは…ぶっちゃけ寒い。

バレッタでハーフアップにしたり、ひとつにまとめたりしてみましたが、なんか可愛くないので(笑)、もう冬はまとめ髪をやめてばっさり切ろうかなー…なんて思ってたんですが、この本を読んだら毎日いろいろアレンジ変えて楽しめそうですごくワクワクしてきました。

まず付録のアクセを使った詳しいヘアアレンジが4つ載ってます。
どれも素敵。
ただ、全部ロングヘアのモデルさんです。
ロングの方ならオススメなんですが。

あと、ショップスタッフの方がこのアクセを使ったアレンジが4点掲載。
こちらの解説はさきほどのヘアアレンジほど詳しくありませんが、一応手順はきちんと文章で示されており、正面とバックの写真があるので、冒頭の4つのアレンジができるなら、こっちも同様にできそうです。

どれもいいなー。明日から色々試してみよう♪

引き続き、クリップ、バレッタ、ゴム、リボン…という人気ヘアアクセのヘアアレンジがくわしく紹介されています。

あと、レングス別の1週間ヘアアレンジ案とかもどれも素敵でうっとり。

当然全部アネモネのヘアアクセを使っているんですが、モデルさん全員店員の方
なんですよね。しかも美人ばかり。やばい。このお店にめっちゃ行きたくなってきた…(←洗脳されるの早すぎw)

その他、編み込み、ゆる編み、おだんご…といった基本テク、
店員さん愛用のヘアスタイリング剤等のグッズ紹介が掲載。

最後のページには、店舗で3,000円以上購入時に使用可能な500円引きクーポンがついてます。(2013年2月16日まで)

帰省した時にぜひ使おう…♪

付録を使ってみたいという衝動に負け、
さっそくアレンジ1を試してみましたよー。
手順の写真もわかりやすくてあっという間にできました。
おおお…いい感じ♪
私は髪の量が多いので、まとめ髪にするとボリュームがすごいんですが、ポニークリップはいいね。可愛い上にホールド力も高いし、使い方も簡単で気に入りました。

明日からこの本のいろいろなアレンジをあれこれ試せると思うと嬉しい。
ミディアムなどのヘアアレンジももちろんありますが、やっぱりロングのアレンジの方が多いかなぁ。

ちなみにどのアレンジでも、ピン数本とシリコンゴムが必要になる事が多いです。

ロングなら買いです。






最終更新日  2012.12.01 19:25:44
コメント(0) | コメントを書く
2012.11.09
カテゴリ:読んだ本
月刊コミックジーン連載中のオカルティックサスペンス
「新次元アセンション」の1巻が先月末に発売されました。

【送料無料】新次元アセンション(1) [ 渡辺瑞樹 ]

(あらすじ)
聞くだけで頭がよくなる…という謎のCD「トリガー」。
しかしトリガーには、聞いた者が次々失踪したり、気がふれたりする事もある、という危ない噂もつきまとっていた。
主人公の友人はこのCDをどこからか入手し聞いていたのだが、直後に一家全員が失踪してしまう。
そしてトリガーとは無関係と思われた、周囲で次々に発生する人体と無機物の融合事件。

消えた友人を探そうとトリガーの謎を追ううちに、主人公は恐るべき真実を知ってゆく……



超常現象を科学的に謎解きしながらすすんでいくので、これまで見えていなかった事実がなんともいえない現実味を帯びて迫ってきます。

右脳と左脳に違う周波数のCDを聞かせることで脳に影響を及ぼす…とか怖いよね。知らないうちにこんな細工をしたCDを聴かされる事になったら…


もともとホラーやオカルト、ミステリーといった系統が好きなので、こういう猟奇的な事件の謎を暴いてゆく展開は大好き。
非常に続きが気になる…。

絵もきれいで読みやすく、オカルトやミステリーが好きな方にオススメの漫画です。

1巻紹介PVはこちら






最終更新日  2012.11.15 21:27:03
コメント(2) | コメントを書く
2010.10.06
カテゴリ:読んだ本
P> /P> P> /P> P> /P> P> emoji code h030 />楽天ブックスの「ブログネタ」をブログで紹介して10万ポイント山分けに参 しよう emoji code h002 /> A title 楽天ブックスの「ブログネタ」をブログで紹介して10万ポイント山分け! href http://rd.rakuten.co.jp/s/?R2 http://plaza.rakuten.co.jp/inc/tieup/books/20100928/index.html&D2 1272.0.19573049.0.10131185.2&C3 749101bc130ea9ddba85550648bd6b73e0abf3b1 > IMG height 49 alt 楽天ブックスの「ブログネタ」をブログで紹介して10万ポイント山分け! src http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/06/0000000006/38/img5535305ezik8zj.gif width 380 border 0> /A> /P>

この秋読んだオススメ漫画を紹介…との日記テーマだったので、先日楽天ブックスから届いた「07-GHOST CHILDREN」をご紹介。

07-GHOST CHILDREN

07-GHOSTの番外編数話を収録した内容ですが、多分本編を知らなくてもそれぞれ完結しているお話なので楽しめると思います。

フラウの少年時代、アヤナミと新人ベグライター、ヒュウガとコナツの出会い…など色々なサイドストーリーがあって面白かったです。
特に良かったのがクロユリとハルセの出会いを描いた作品。

本編で謎めいた絆の深さを感じる二人でしたが、この出会い編を読んで、なるほどなぁ~…と思いました。クロユリの一挙一動がすべて可愛い♪

最新刊の10巻も先日楽天ブックスで購入。
一冊から無料でポイントがつくし、何より綺麗な状態ですぐ届くので本の購入はいつもここを利用しています。

07-GHOST(10)
10巻の表紙でテイトが謎の服を着てて何だろうなあ…と首をかしげてたんですが(笑)、内容読んで理解しました。
10巻ではひとつの別れが描かれています。
ホロっと感動させてくるけど、読後感は暗くない(いやむしろ笑うとこの方が多い)…とても好きな作品です。






最終更新日  2010.10.06 18:32:29
コメント(0) | コメントを書く

全90件 (90件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.