1680637 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ママチャリライフ

PR

プロフィール


tama@sanuki

楽天カード

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

ランキング市場

ニューストピックス

全2件 (2件中 1-2件目)

1

ドラマCD

2014.07.26
XML
カテゴリ:ドラマCD
北風VS太陽に引き続き、第二弾のラビットVSタートルズ、感想です。

名作文学(笑)VSシリーズ「ラビットVSタートルズ」

【楽天ブックスなら送料無料】名作文学(笑)VSシリーズ ラビットVSタートルズ [ (ドラマCD) ]

出演:諏訪部順一(ウサギ役)、平川大輔(カメ役)、鳥海浩輔(キツネ役)

・収録内容

原作編、作戦編、修行編、受験編、オーディション編
キャストトーク

・概要

名作文学(笑)VSシリーズ第二弾はイソップ童話「ウサギとカメ」!
ウサギとカメが足の速さを競う物語を、新解釈で綴ります。
なぜ、ウサギは途中で眠ってしまったのか…。
オリジナルエピソード、そしてキャストトークを収録予定!

(公式HPより引用)
--------------------------------------------------------------

このCDに登場するカメは、
柔和でおっとりした口調なので、
表向きすごくいい人っぽい印象を受けますが、実は策略家。
おっとり笑いながらもウサギに対しては結構腹黒ですw
(ちゃんとそれなりの理由があるんですが)

カメの表の顔にすっかり騙されている単細胞なウサギは、
自分が勝てないはずはない…と、何度もカメに競争を挑むんですが
そのたびに周到に準備されたカメの罠にはまってしまいます。

北風VS太陽と同様、勝負の結果は見えているんですが
二匹のやりとりが面白すぎて毎度笑わずにはいられません。

審判役として登場するキツネがまたいい味出してます。
審判役・その他を演じるのは鳥海さん。


そういえば北風VS太陽にはなかったんですが
鳥海さんによる「BLCDでよく使われるようなエロい攻め台詞」が
2ヶ所ほどあったかと思います。

もちろん全然いやらしいシーンじゃなく、
妙に色っぽく意味深な口調で甘く囁くだけ(※エコー付き)。
そんなサービスは別になくてもいい気がしたけど…まあとにかく笑えます。

どのお話も面白かったですが、
作戦編では平川さんが複数のキャラを見事に…それも微妙な差で演じ分けておられてます。
そこはさすがだなー…と感心しました。

受験編でツボったのは、試験終了までのラスト10分に
ウサギとカメの真逆な心の声が交互に聞こえてくる所。

受験生のカメは、ここまで登場してきたカメほど
ウサギを陥れようという悪意が見られず
ほんとにただのいいキャラでしたが、
結果的にちゃんとウサギを窮地に陥れてましたw

オーディション編は、
映画「走れメロス」のメロス役のオーディションに訪れたウサギとカメのお話。
監督じきじきにオーディションに来てくれと言われたウサギは
候補者の中では圧倒的優位のはずだったのに
実際の面接の場では、カメの巧妙な話術に誘導され、どんどんイメージダウン。
ここでのカメは容赦無いですね~。
次第に自信を失い、しょぼくれてくる諏訪部さんの声が
なんともいえない悲哀に満ちてて笑っちゃいます。


三人の掛け合いがとっても愉快なドラマCDでした。
声優さんに興味ないって人でも楽しく聞けると思います。おすすめ。






最終更新日  2014.07.26 20:22:45
コメント(0) | コメントを書く


2014.07.22
カテゴリ:ドラマCD
遊佐さん出演の「名作文学(笑)「注文の多い第六天魔王」」ドラマCDがあまりに気に入ったので、
他の関連作品で気になったものを聞いてみました。

(※男性声優のみで名作文学を妄想たっぷりの新解釈で展開するお笑いドラマCD)


三木さんが北風役…これは聞いてみたいなぁとw

名作文学(笑)VSシリーズ「北風VS太陽」(VSは名作文学の番外シリーズ)

【送料無料】名作文学(笑)VSシリーズ「北風VS太陽」

出演:三木眞一郎(北風役)、森川智之(太陽役)、藤原啓治(旅人役)

・収録内容

ホスト編、原作編、三国志編、取り調べ編、訪問販売編
キャストトーク

・概要

名作文学(笑)VSシリーズ第一弾はイソップ童話「北風と太陽」!
北風と太陽が旅人のマントを脱がせようとする物語を、新解釈で
綴ります。本編を含めた5つのシチュエーションで、
北風と太陽の名勝負が展開!
もちろん、キャストトークも収録!

(公式HPより引用)
--------------------------------------------------------------

何をやっても器用で策士な太陽にはかなわない、
残念キャラな北風を、三木さんがノリノリで演じておられます。
童話の設定は新解釈と斬新なシチュエーションでぶち壊しつつ、
キャラ設定だけはブレない。

これだけ面白いのはやっぱり脚本がいいんでしょうね…。

声優のファンとかどうとか抜きにして、
楽しく笑えるドラマCDとして純粋にオススメです。


ホスト編では、売上の芳しくないホストの北風と
売れっ子の太陽が口論になり、
次に訪れた客をどちらが落とせるか勝負する事に。
ところが店に入ってきた客は
ホストクラブにのめりこんだ娘を取り戻しに来た中年男で───というお話。

テクニックに雲泥の差がある北風と太陽のコミカルな接客が見どころ。

あと、太陽が本領発揮する時に「サンシャインアターック!!」という雄叫びと共に
郷ひろみが踊りだしそうなラテン系BGMが流れるところが個人的にお気に入り。

後半ではこの音楽が流れただけで条件反射で笑ってしまうほど。


原作編と取り調べ編は、内容がリンクしています。

原作編で、太陽のサンシャインアタック攻撃を食らって全裸になってしまった旅人が
取り調べ編では容疑者として登場。
太陽と北風、二人の刑事による取り調べが見事なほどに対照的で笑えます。

訪問販売編は、
浄水器の新人訪問販売員・北風と、
化粧品のベテラン訪問販売員・太陽が、一軒の家の前で出会い
どちらが先に契約を取れるか競うお話。

どのバトルも結果はわかりきっているんです。
北風と太陽のお話がベースなんですから。

ただ結果がわかっていても
そこに至るまでの二人の掛け合いや
旅人役を見事に攻略する過程が面白いので聞いてて飽きません。

笑える面白いドラマCDが聞きたい方にオススメ。






最終更新日  2014.07.22 11:33:25
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.