1682844 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ママチャリライフ

PR

プロフィール


tama@sanuki

楽天カード

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

ランキング市場

ニューストピックス

全227件 (227件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

妄想ダイエット。ジョギング編

2020.02.14
XML
今年の丸亀ハーフは大変いいお天気でとても走りやすかったです。
練習はそこそこしたので、去年と違いなかなかの好タイムで完走できました。

今年は車で競技場付近まで送ってもらったので
特に問題なく競技場に到着したのですが
ちょうど当日の朝JRで人身事故があり、
電車の運転見合わせがあったと聞いてます。
(そのせいなのか、帰りの電車のダイヤ乱れてた)

受付時間に皆さん間に合ったのでしょうかね…。
私なら多分一番ギリギリ遅い時間の電車に乗ってたと思うので
危なかったかもしれません。

会場到着してすぐ、混んでない女子トイレを発見!
冬に嬉しい温かい便座です…(感涙)。着いて早々ラッキーです。

日の当たる場所はぽかぽかあたたかく、走ったら暑いかも?という気候。
それでも一応お腹には薄い腹巻き&貼るカイロを装備しました。
(日差しは暑かったけど、お腹あたためたのは正解だった)

私は当日受付。今年のTシャツは何色かしら……

あ、うーん…そうですね…
去年はピカチュウのようなイエローでしたが
同じくポケモンで例えるならまさにグラードン。
目の覚めるようなレッドでした。

まあピカチュウよりはマシかな…
(イエロー実はまだ着る勇気がでず未開封)

着替えや荷物預けのあと、
スタート前に再度トイレを済ませます。
ありがたいことに今年はトイレ全然並ばなかったなぁ…
なんでだろう?数が増えたのかな?

今年は短距離ですがわりと毎日走り、5日前に20キロ試走していることもあり
去年のような悲惨なタイムにはならない…はず!多分!

競技場内でウォームアップする時は
毎年お世話になってる、あの「特大透明ゴミ袋」を被っていましたが
スタート地点への移動時には温かかったので畳んでポーチにしまいました。

今年驚いたのはペースランナーの方の装備がガラっと変わってたこと。
例年派手な色のプカプカ浮かぶ風船だったのでよく目立ってわかりやすかったのですが
今年は小ぶりの固定のぼりを背中に装備。カラーが地味だ…
これは遠くからだと絶対発見しづらいだろうなー…。

予想どおり、スタート地点で一度目撃したっきりでした。

往路で必ず前後のペースランナーの方とすれ違ってるはず…なんですが
残念ながら私は認識できなかったです。
みんなカラフルなウェア着て走ってるから
相当目立たないと埋もれちゃうんでしょうね。

風船は遠くからでも目視しやすいというメリットがあるけど
強風時には煽られて邪魔になるしこれも仕方ないのかな。

来年はどこからでも目立つような蛍光か金ピカといった
ド派手カラーののぼりだといいな。


今年はQちゃんがスタート地点で声援を送ってくれました。
あとから一緒に走ってくれて、スタート地点で出迎えてくれるとのこと。
(しかしゴールが遅いと、オークションイベント参加予定のQちゃんには出会えないのだ…)

ゴールでQちゃんに会えるようがんばるぞーーー!

スタート直後は団子状態であまりスピードが出ません。
まあいつものことです。仕方ない。
そして今年もスマホを落としている人を目撃。
あそこで物を落とすとスマホに限らず悲惨です…気をつけましょう。

密集するランナーによる振動でボヨンボヨンと揺れる橋?っぽい坂を登ります。
酔いそうな気持ち悪い振動が発生し、「うわあ…」という変な声があちこちであがります。

あたたかく、風もないので気持ちよく走ることができ
徐々に周囲もペースが上がっていきます。
印象的な熟語が背中にプリントされたTシャツを着た背の高い白髪のランナーが
私よりやや速いペースで快調に力強く走っておられるので、
その後ろ姿をマークしながら走ることにします。

(目標にする人をいつも数人見つけて走ってる。今回はこの人をメインに追って走った)

5キロ…とても気持ちよくいいペース(6分/キロ)で走る。給水はアミノバイタル。

※5キロ過ぎてたかどうか不明だけど、
 Qちゃんが「みんな頑張ってねー」と応援しながら笑顔で華麗に駆け抜けてゆく。
 息まったく乱れてないし、楽しげなのに不思議。追いつける気がまるでしない(笑)。

※5キロ過ぎてたかこれも不明ですが
 先頭集団とすれ違うのが例年よりやや先だった気がする。
 設楽選手を見つけ、ガンバレー!と心の中で声援を送りつつ黙々と走る。

10キロ…ペース落ちない。知人の応援に手をふって応える。いい感じ。

折返し…今年はこのままいける気がする。持参したアミノバイタルのゼリー飲料を飲む。
    ちっさいひとくちようかんを食べる。

15キロ…例年ペースが落ちてくるところだが、
    ちょうどウォークマンから水樹奈々リストの数曲が流れ始めたためペース全然落ちない(笑)。
    水樹奈々とアップテンポのEGOISTがかかり、逆にペース上がる。音楽の力すげえww
    給水所でその都度アミノバイタル補給しつつ走る。快調!

17キロ…私がここまで背中を追ってきたランナーが
    ここでラストスパートをかけた模様。
    どんどん引き離される。頑張ってもついていけない。うああああ…
    さよならおじさん…ここまでいいペースで引っ張ってくれてありがとう…(涙)

20キロ…目標としてた白髪ランナーを見失い、気づくとペースが7分台に落ちてる。
    曲リストが遊佐さんの「io」になり、慌ててランニング用CDに早送り。
    ごめん遊佐さん…
    (IOは面白いんやけど、真剣なレース中に聞くとペースだだ落ちになるwwww)
    あと少し…あと少しがんばれ自分!
    ペース落としたくなくて、最後の給水所をスルー。

ゴール地点…なんとQちゃんがゴール直前でお出迎え!!!
      ハイタッチできた喜びと、お出迎えに間に合った嬉しさとで感激ひとしお。


いやぁ…楽しく気持ちよく走れた最高のハーフマラソンでした!



・ゴール後…アミノバイタル2杯飲む(おかわり可能)

・手荷物受取…とりあえず上着を着たいしね…このままだと寒い。

・記録証発行…今年はいいタイムなので嬉しい。

・うどん…ああ~あったかい…癒やされるううう…うどん最高!



・にぎやか村ステージ…チャリティーでかなりの高額落札が。
           日本記録出たとかで盛り上がってましたね!

           以前買ったおいでまいは売り切れてました。残念。
           最後の一個だという揚げたてコロッケを無事購入。おいしかった!




・シャトルバス乗り場の長蛇の列…
           列の最後尾がこれまでで一番競技場近くまで伸びててビックリしました。
           相当待った。めっちゃ長かった。
           いつも並ぶけど、今年はこれまでで一番長く並んだ気がする。
           ここでウォークマンの曲目を「io」に変更し、遊佐さんワールドに浸る。
           耳の遠くなった鳥海じいさんの「エロい声」にほっこり癒やされます…(笑)。
           今年は寒くないのが救いでしたね。寒かったらあの待ち時間だと凍えてた。

え?100歳を軽く超えた鳥海じいさんのエロい声が聞きたい?
だったら…買うべし
(念の為言っておくがBLCDではない。抱腹絶倒系)

50th Anniversary CD「io」 (初回限定盤) [ 遊佐浩二 ]​  
     



・まさかのJR丸亀駅でも…
           電車遅れてるとかでまさかの丸亀駅でも待ちぼうけww
           もう待つの疲れた…
                                自転車ならとっくに帰宅して風呂入ってる頃だなー…
           来年晴れてたら自転車にしようか悩む。

今年も楽しく完走できた丸亀ハーフマラソン。
運営やボランティアの皆様、沿道で応援してくださった皆様ありがとうございました!

いい感じで完走できたので、来年は久々にフルマラソン狙ってみます。






最終更新日  2020.02.14 15:58:03
コメント(0) | コメントを書く


2019.02.03
練習不足で去年より不安を抱えながらの参加になりましたが、
丸亀ハーフマラソン、無事に完走しました。

今にも雨降りそうな曇天。

風もなく、気温は高く、日差しがない→汗かかない、喉乾かない、という絶好のコンディション。
復路でパラパラっと雨を感じる事はありましたが、本降りにならなくて本当に良かった。
自己新を出した方多いんじゃないでしょうか。
私は残念ながら自己ワーストでした。
日頃の練習は大事ですね…。やっぱ3キロ以上は走っておくべきでした。
毎日買い物に行くついでに荷物抱えながら1~2キロだけ走るようにしていましたが
荷物の重量がちょっとは効果あったのかな?
とりあえず完走できてよかった。

今回のコースレポ

バス到着…ゼッケンと参加賞のTシャツもらう。
     まるでピカチュウのかぶりものが似合いそうなほどに鮮やかで目に突き刺さるイエロー。

出走前…トイレ、ストレッチ済ます。アミノバイタル顆粒スティックを一本飲む。

    テイコクファルマケアさんのブースで​オムニードスターテープ​無料体験をしていたので
    頂くことに。
    「腰か膝用で、お好きな場所に貼らせて頂きます」
    「え……………じゃ、腰…でお願いします…」
    背中出すのもクッソ恥ずかしいけど、膝はもっと無理や…。
    ランニング用の強力サポートタイツって結構生地硬いし、
    私の脚太いから裾からめくりあげて膝を出すとか不可能。
    でもこれめっちゃ良かったよ。
    最近走ったあと時々腰にくることがあったけど、今全然大丈夫。
    邪魔にならない上に腰をしっかり守ってくれてる感じが凄かった。
    色々ネットで探したけど、上記の公式サイトしか販売してる所を見つけられなかったわ。
    思ったよりお手頃価格だし、気軽にそのへんのドラッグストアで買えるようになるといいな。
    
    競技場内に整列し、三ヶ所に穴を開けたゴミ袋を被って寒さをしのぐ。

スタート地点…有森裕子さんによるいつもながらのハイテンションな「フォー!」という雄叫び混じりの出走見送り声援で空気ほぐれる(笑)。

5キロ地点…1キロ6分台でまずまずのペース。
     しかし普段なら10キロ地点で感じるレベルの疲労を既に感じ始め、焦る。
     一口ようかんを一個消費。

大納言羊羹
同じく佐藤製菓さんですが、「食べやすいスティックタイプようかん」って名前で普通のスーパーのお菓子売り場に300円前後でおいてます。結構固いランナー用ようかんよりも量少なくて、みずみずしくてするっと食べられて喉つまらないとこが好き。

7キロ地点…左足裏アーチに激痛走る。歩道に何度かコースアウトしストレッチ。
      痛みがとれない。一気にペースが8分台に落ちる。

9キロ地点…左足をかばう走り方のせいか、右太もも前の筋肉に違和感。
      こんな早い段階で足をやられるとか完走に黄信号ともる。変な汗がでる。
      予定よりちょっと早いがゼリー飲料を一本飲む。

味の素 アミノバイタル ゼリードリンク SUPER SPORTS 100g


折り返し地点…つらい。左足痛いけど、かばわずに走ることにする。
       痛くない着地方法はないのだろうか(涙)。
       今まで同じ速度で走っていた人との距離がどんどん離れていく。

12キロ地点…3時間の風船を持ったタイムランナーを往路側に発見し超絶焦る。
      このままだと自分も関門に引っかかる…しかし足が痛くて全くスピードが出ない。

13キロ地点…なぜかわからないが、左足の痛みが遠のきはじめる。奇跡か!
      嬉しくて一口ようかんをまた一個食べて元気をチャージ。甘味は元気でるわ!
      
15キロ地点…通常ならこのへんからが地獄なんだけど、
      ここまでが異様にきつかったので
      「足の痛みがないだけ自分はマシだ幸せだ!」と言い聞かせて
      止まらないよう走り続ける。走ってるというより足を動かし続けてるという感じ。
      しかしペースはなかなか上がらずずっと8分5秒台が続く。7分台にどうしても戻せない。

17キロ地点…ペースが8分50秒台までずるずる落ちる。
      自分では必死に走っているつもりだけど、歩いている人をなかなか抜かせずもどかしい。
      雨がぱらついているが沿道からはたくさんの声援や楽器での応援。ありがたい。
      しかし沿道に手を振る元気はもうなかった…すみません。

20キロ地点…9分台にまで落ちたペースを最後の気力で8分台に戻す。
      坂でもないのに腕を振らないと前に進まない。
      時折歩いている面白Tシャツのおじさんを目標に走る。
      おじさんが歩くと追いつきそうになるが、また走り出すのでなかなか追いつけない。
      そして目標のおじさんがラストスパートをしたのかどんどん遠ざかる。
      お腹すいてきたが、一口ようかんを取り出すのも億劫なのでそのまま走る。

ラスト1キロ…「あとちょっとやー!」「ゴールはすぐそこやで!!」「最後の力を振り絞れ!」
       既にゴールして帰路についてる方々から修造ばりの熱すぎる声援を浴び、
       死ぬ気でペースを上げた(つもり)。
       来年はちゃんと練習して参加しようとしみじみ思う。
       最後の給水所で久々にアミノバイタルを発見し飲む。
       (この前の給水所二箇所にはもう水しか残ってなかった)

ゴール後…速攻ストレッチ。今しっかりやっとかないと明日やばい。
     右腕がもげそうに痛い。
     ペットボトル水もらう。
     アミノバイタルを2杯飲む。(おかわり可能)
     
     記録証発行は長蛇の列なので後回し。手荷物受け取り、またストレッチ。
     
     頭がぼんやりしてそのまま帰りのバスに向かいそうになるが、記録証を思い出し引き返す。
     うどん、まだあるかな~?とついでに二階を覗いたら運良くあと少し残っていた。
     あったかくて体の芯までうまみが染みてゆく。幸せ。
    
     階下で記録証を発行してもらう。もうランナーはほとんどいない。
 
     出店コーナーをさーっと見て回る。
     JA香川がおいでまい(讃岐の米ブランド)を2kg500円で販売してるブースを発見。
     エコバックに入った米にマグネットつきはさみがおまけでセット。
     ちょうどお米が切れかけてたし激安なので思わず4kg購入。
     両方に抱えたら大した重さじゃなかったので引き返し、もう2kg追加購入(笑)。

疲労困憊のマラソン帰りにどんだけ米抱えてんねん…


送料無料 精米 おいでまい2kg 香川県 平成30年産 おいで米

県外の方にはおそらくピンとこないでしょうが
讃岐弁で「いらっしゃい」という意味です。
高松空港の飛行機から空港に繋がる通路にもこの台詞がバーンと書いてあります。

逆に出発する方には「またきまい」(また来てください)と
書いてあったような気がする…うろ覚えですが。

丸亀駅行きのシャトルバスに並んでいると弱い雨が降ってきました。
折りたたみ傘を出していると後ろの人がボソッと
「傘かぁ…みんな準備周到やなぁ」と呟いてました。
私も前日に傘の準備はしてなかったけど、
今日玄関出たらあまりにも空が暗かったので思わず傘取りに戻りました。

自宅に着き、しばらくしたら土砂降りに。いいタイミングで帰ってこれてラッキーでした。

きき湯を入れたお風呂で存分にマッサージをし
完走のご褒美ケーキを食べ、今めっちゃ満ち足りて幸せ気分。

あとは明日やってくる筋肉痛が大したレベルじゃありませんように…と祈って寝るだけ。






最終更新日  2019.02.03 20:13:41
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.07
2月4日に開催された丸亀ハーフ、今年も無事に完走しました。
数ヶ月全然走ってなかった割に、タイムはそんなに悪くなかったことに驚き。

10キロ地点まではキロ6分10秒キープでなんとか頑張りましたが
15キロ超えたあたりで7分台に落ち、
平均ペースは6分57秒でした。

去年はめちゃくちゃ走り込んだのに
タイム大差ないやん…どういうことやねんw

でも体は正直。
筋肉痛は練習不足な分、すごかったです。久々にすごいのきたw

今年の丸亀は珍しく朝から雪が降ってて
競技場周辺もうっすら積雪。


競技場中央の芝生部分やベンチの白いのが雪

シャトルバスが会場に着く頃には結構な吹雪に。

どないしよう…
いや、こればっかりはどないしようもないんですがね。

はたけば落ちるサラサラの粉雪とかならまだしも
じっとり重くて冷たくて濡れるだけのボタ雪だし…

頼む、雪やんでくれぇ~!!

…という参加者の強い念が天に届いたのでしょうか。
スタート地点集合時間になると雪がやみました。
ありがたい!

それにしても今年の丸亀ハーフはとにかく寒かった!

スタート地点までは透明ゴミ袋に穴をあけた簡易ポンチョで風を防ぎ
走ってる最中もずっと手袋してましたが、
手や足の指先が冷えきってたまらなく寒い。

走ってもあんまり汗かかないし、
体が思ったほどあたたまらない。
あたたまるどころか、前から強風を受けてお腹が冷えてくる始末。

★今回の装備(?)の総括

・45リットルの透明ゴミ袋一枚
手荷物を預け、スタートするまでの長い時間を耐え抜く
簡易カッパがわりの防寒必須アイテム。

以前は頭と腕を通す3ヶ所に穴をあけてましたが
少しでも風がはいるのを防ぐため今回は頭部分しか穴開けませんでした。
でもこれが良かった。手を通す穴はいつでもすぐ開けられるので。
スタート地点のゴミ回収でこのゴミ袋は捨ててしまいましたが、
ゴール後にもあれば体の冷えを防げてもっと良かったなぁ…と今回しみじみ痛感したので
次回からはゴミ袋を2枚持参し、一枚は体のどこかに装備しておきたい。


・いつものキャップ(多分こんな感じ?)

【即納】ナイキ(NIKE) エアロビル ランニングキャップ (レディース ウィメンズ 帽子 キャップ トレーニング マラソン ブラック ホワイト ネイビー) 828617 【RCP】

前方からの強風で一度吹き飛びそうになったが、
後ろから出したまとめ髪のシュシュに引っかかってくれたので
足を止めずに済んだ。
シュシュは今後も必須。

・サングラス

偏光サングラス 偏光 サングラス メンズ レディース 10303+u21釣り ゴルフ ドライブ ツーリング 自転車 テニス に最適 バネ蝶番 軽量サングラス スポーツ ルアーフィッシング 夜用(黄色) 夜 曇り ナイト ナイター

5年以上愛用してきたサングラスの塗装がはげてきたので
偏光サングラスというものを初めて購入。
軽い。視界がよい。偏光レンズって見やすい。すごくいい。
ただ目にフィットする形状なためか
ビューラーで巻いたまつ毛の先は当たってしまうのがちょっと気になる点。

・長袖インナー

2/13(火)23:59まで【全品送料無料】【送料無料】 ワコール CW-X スポーツ レディース 柔流レボリューション 丸首ロングスリーブシャツ JAY401 wcl-cwx-wt セール
これと同タイプでグレーの柄が全面に入ったホワイトを着用。
暑い日にはコレとてもいいんですが、寒い日だと丸首はちょっと冷える。
特に今回はお腹が冷えた。
ランニング中にお腹を冷やさない腹巻きとかあるかなぁ…


・タイツ

60%OFF【送料無料】 (ミズノ)MIZUNO バイオギア BIOGEAR BG8000EX レディース ロングタイツ ランニング スノボー ゴルフ
だいぶ昔に買ったので同じものはなかったのですが、こんな感じの。

大会の時はミズノのロングタイツか厚手で強力サポートのワコールのCW-Xかのどちらかを着用してます。
今回は薄手で伸びの良いミズノを選択。個人的には腿の上がりやすいミズノの方が好き。
ただこんなに寒いなら厚手のワコールの方が良かったかも。


・ネックウォーマー

国産 パイル ネック ウォーマー(2個セット)在庫限り【ゆうパケットで送料無料(配送日時指定 不可)(代引き不可)】
これは在庫処分品でなんか異様に安かったので楽天で購入したもの。
マフラーは手荷物になって邪魔だな、という時に重宝するかさばらないネックウォーマー。
ぶっちゃけ見た目はかなりダサいです(笑)。ただ小さい割にあたたかい。

ある程度体があたたまるまではこれをつけて走り、
あたたまってきたらくるっと二重にして手首に巻きつけて走りました。
コレ巻いてると手首があたたかかったので良かった。

・ソックス

FOOTMAX(フットマックス) ロードレースモデル ソックス 日本製ユニセックス高機能靴下(男女兼用モデル)

これは3Dソックスで履く前から足の形になっています。
アーチはサポートしてくれますが
つま先部分は厚手なのに締めつけ感がなく、中で指が自由に動きます。
窮屈なのが嫌いなので気に入ってます。

私の足の指は、人差し指と中指がやや長めなためか、
五本指ソックスで走るとあんまり気持ちよく走れないのです。
どこかの指が窮屈で辛くなってくる。
五本指が足に合う人が羨ましい。



【全品送料無料★〜2/9 9:59迄】【TABIO SPORTS】 レーシングラン足袋ソックス23〜25cm / 靴下屋 靴下 タビオ タビオスポーツ Tabio くつ下 メンズ スポーツソックス ランニング マラソン 日本製

五本指はダメでもタビオの足袋ソックス・二本指タイプならギリギリ大丈夫です。


・シューズ
asics レディゲルカヤノ スリム26cm

二年ほど前の大会でシューフィッターの方に見繕ってもらったシューズで
私の幅狭なのにデカ足という変な足に見事フィットする希少なレディースモデル(笑)。
超お気に入り。ぼちぼちもう一足同じの欲しい。
(でもサイズがない)

・ワンピース
かなり昔に買ったフード付きチュニックワンピタイプのランニングウェア
夏用で冬に着たことはないが、
なんかたまには違ったタイプのウェアで走るのも気分転換になっていいかなと。

・アームポーチ
フルの時はウエストポーチに色々入れてましたが
今回は小さなアームポーチにゼリー飲料とスティックようかん一本。
ウエストポーチより身軽で良かった。

スマホを道路に落としてしまうランナーをたまに見かけるので
持っていきたいなら専用のアームポーチを買った方がいいと思います。
ネックストラップがちぎれてスマホを落下させてる人を
以前フルマラソンで見たことあるけど悲惨でした。

・GPSウォッチ
GARMINのフォーアスリートとかいう比較的安価なGPSウォッチ。
自分の今のペースがすぐわかるし、走ったデータをPC上で管理できるしとにかく便利。
スマホでもランニングデータは取れるけど
二の腕に貼り付けたスマホを走りながら見ることはできない。


・いいなと思ったもの

カイロを体に貼ってるランナーをちらほら見かけました。
あれいいなぁ。
私も来年はカイロ携帯しておこう。

戦隊もののコスプレしてる三人組(青レンジャーなど)の方がとっても面白かった。
沿道の子どもたちに飴配ったりww
沿道に子どもを見かけると鮮やかな空中宙返りを決めたり。
(正式名称なんていうのかな…バック転じゃなくて前方向に飛ぶの)
しかも18キロ地点でそんな荒業を何度も繰り出すとか
サービス精神と体力が尋常じゃない。
すごいわww
中の人誰か知らんけどファンになってしまったw

帰路15キロ付近で親切な沿道の方に飴とチョコを頂きました。
ありがとうございます。めっちゃ元気出ました。
この極寒の中、沿道で声援を送って下さった多くの香川県民の皆様ありがとうございました!
寒かったけど楽しく走れました。


・ゴール後

記録証もらってからあまりに寒いので手荷物もらって更衣室へ。
凍えそうな更衣室でガタガタ震えながら着替えたら
もう遠い飲食コーナーより
目の前のシャトルバスに向かう方が順路的にいい気がしたので
今回はうどんを食べずに帰宅する羽目に。

順序的に失敗だったかなぁ…。

手荷物受取→更衣室→記録証→うどん食べる→出店でなんか買って食べる→シャトルバス

だと順路的にベストだった気がします。
ああ…うどん食べたかったなぁ。
でも寒すぎてもうとにかく早くあったかいバスに乗りたかった…


あ、去年のとくしまマラソンのレポート、まだ日記の下書きに残ったままだったわ…
近いうちアップします。






最終更新日  2018.02.07 00:50:20
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.02
先月丸亀ハーフを完走しました。

前日ゼッケンをもらいに行った時はポカポカの晴天だったんですが
大会当日、朝からとんでもない土砂降りだったんですよね。

(行くのやめようかなー…)とマジで悩みました。
小雨ならまだしも土砂降りっていうのはさすがにね、
寒いし風邪ひくよな…

でも次第に小降りになってきたんで、
時間ギリギリでしたが
このぐらいの雨ならば行こう!と決意。
もう丸亀駅からのシャトルバスも終わってる時間でしたが、
タクシーで競技場まで向かいました。

ただ一番新しいお気に入りのシューズが泥泥のビショビショになるのは避けたいので
使い古した練習用シューズをはいていきました。

やっぱり朝の大雨のせいか例年より人が少ない感じ。
トイレも全然混んでません。
45lの透明ゴミ袋を三箇所くりぬいて作った使い捨てポンチョをかぶって整列。
雨はもうほとんどやんでいます。よかった。

今年は久しぶりにQちゃんがスタート地点に応援にきてくれていました。
「最高のコンディションなので自己ベスト目指して頑張ってくださいー!」
「2時間半までならゴール地点で待ってますからねー!!」というQちゃんの声援に
テンション上がりまくりです。
よし、ゴールでQちゃんに出迎えてもらえるよう頑張るぞー。

みんなもそれで私同様テンション上がったのかもしれません。
あと例年より人ごみが少なくスイスイ進めたからかもしれません。
なんだか…全体的にハイペースのまま進んでいきます。やばい…
5km過ぎてもキロ5分のペース変わらず。
(私は通常キロ6分~7分ペース)
2時間15分のペースランナーを見失わないようついていってました。
前半はいいんだけど後半がこわい。

途中、Qちゃんが私たちランナーと応援ハイタッチを交わしながら
颯爽と駆け抜けていきました。
笑顔でみんなに声をかけながらなのにめっちゃ速い。
さすが~ダブルハート


10km過ぎるとさすがにキロ6分台にまでペースが落ちてきました。
2時間15分のペースランナーからかなり距離があきましたが、
2時間30分のペースランナーに追いつかれることもまだない。
うん、なかなかいい感じ。
もう一度2時間15分のペースランナーに近づくことができれば
自己ベスト狙えるかもしれない。

18kmを過ぎたあたりでペースがキロ7分台に落ちてきます。
ペースをなんとか上げて巻き返したいが上がらない。
このへんの「あと3km」が一番長く苦しい。練習不足だろうなぁ。

ゴール地点には約束どおりQちゃんが笑顔で待っていてくれました。
最後の力を振り絞ってゴールする私たちランナーとハイタッチ。感動です。

自己ベストには数分届かなかったけど
去年よりは15分もいいタイムでゴールできて大満足。
雨上がり直後で湿度が高いおかげなのか、かなり走りやすかったです。
(ちなみにサングラスは湿度のせいか曇って使い物にならなかった)

ゴール後は預けた所持品を受け取ったあと
とりあえずランナー割引のあるうどんの列に並びます。
去年はゴール遅かったせいでもう終わってたからなぁ…(遠い目)

お金を払うと割り箸がもらえます。
具はこうして順番にのせていってもらいます。


ゴール後のうどんはあたたかくておいしくてほんとに生き返る!



やっぱり参加して良かった~。


屋台の出ている広場では
ちょうどQちゃんのチャリティーオークションを開催しているところでした。


Qちゃんのレースシューズが25cmだと知ってちょっと親近感わいた。
残念ながら現金の持ち合わせがオークションに参加するほどではなくて
見ているだけでしたが面白かったです。

(ちなみに私のサイズはQちゃんよりもまだ大きい)

悪天候の中、早朝からいろいろと準備して下さったスタッフの皆さま、
おかげさまで気持ちよく走ることができました。
ありがとうございます!


さー次はとくしまマラソンです。
フル走るのは年一回ぐらいでいいかな。
完走めざして頑張るぞ。天気に恵まれますように。






最終更新日  2017.03.02 13:37:04
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.18
インテックス大阪のゴール地点を通過すると、
大勢のスタッフのみなさんがあたたかく出迎えてくれます。

肩には完走バスタオルを、首には完走メダルをかけてもらいます。
完走バスタオル、なかなかかっこいい。
これを羽織って満面の笑顔で記念撮影してるランナーの方もちらほら。

ああ、私もすべて終わった喜びと達成感で胸がいっぱいだよ…

だがしかし!
急激に押し寄せてくる疲労感と筋肉痛で
歩き方がギクシャクし始めます。
うおお早い。今回足にくるのがなんかめっちゃ早い。なんだこれww

どこかで一回座ってストレッチをしたいところですが
「立ち止まらないでそのまま先へ進んで下さい~」と誘導され
仕方なくギクシャクと前へ進みます。つらい。

アクエリアスの500mlペットボトル、
小さいあんぱん、
エアサロンパススプレーの試供品を受け取ると
すぐそばの荷物受取所で
預けていた荷物を受け取ります。

受け取った荷物の重さに思わずヨロヨロ。
その瞬間、左足の甲にグキっと嫌な痛み。

あああーやっちまったぁ~(涙)

捻挫とか大げさな怪我じゃないので、
翌日にはすっかり良くなっていましたが、このあと歩くの痛かった。
走ってる時じゃなくて良かったよ。

歩き方がさらにギクシャクした事は言うまでもないw

更衣室に移動してゆっくり着替えようと最初は思ってたんですが
一度荷物置き場の横のスペースに座り込んだら
もう移動したくなくなってしまいました。

ふぅ…一旦座ってしまうと、動くのが予想よりしんどい。
着替えるより先にまず風呂入って汗流したいわー。

とりあえずその場で足のストレッチをし、
アクエリアスをがぶ飲みしつつ、落ち着くまで20分ぐらい休憩。
その後、重い荷物を背負ってギクシャクと移動を開始。
(来る時はそれほど感じなかったんだけど、
 疲労困憊の今、めっちゃ重く感じる)

昨日配ってたノンアルコールビールもランナーに配っていましたが
かなりの行列だったのでこれはスルー。

というか、並ぶ元気もなかったし
これ以上荷物を重くしたくはなかったのです。
とにかく疲れてた。

チームカラーの勝負の結果も帰り道に掲示してありました。
各チームごとの平均タイムも掲示されてたけど、みんなめっちゃ速い…!
足引っ張ってすみません~。

インテックス大阪を出てコスモスクエア駅に向かう途中、
ゴールに向かって走るランナーの人たちが見えました。
みんな苦しそう…だけどあと少しだよ、がんばれ~~と心の中で応援。

コスモスクエア駅への帰路ですが
まだランナーが走っていて道路が封鎖されているため、
迂回路へ誘導されている模様。
どこへ向かっているのかよくわかりませんが
ぞろぞろと道幅いっぱいの人の流れに身をゆだねます。

大きく迂回したため、
コスモスクエア駅より先になんと、大阪南港ATCが見えてきました。

コスモスクエア駅まだまだ遠い…
それにきっと駅に着いてもこの人ごみなら
トイレ大行列、電車も満員。
このまま三ノ宮まで座れる気がしない…

この重い荷物を置いて一回休憩したいし、トイレも一回行きたい。
それになんかめちゃめちゃお腹減ってきた…

そうだ、確かATCから三ノ宮直通の神姫バスが出てたはず。

それを思い出した私は
人の流れからフラフラと離脱し、ATCへ。

階段の上り下りがいっぱいある電車の乗り継ぎより、今の気分は断然直通バス!

バスの時間までは1時間半ぐらいあったので、ATCで食事(オムそば)を済ませました。
めっちゃ美味しかった。枯れ果ててた元気が少し復活。
(あんだけ給食所で食べてなんでまだ腹減るのか謎やけど、お腹減るんです)

トイレもすいてたしウォシュレット付きだったし、
ATCに寄ってゆっくり休憩できて良かった。

しかしいざバス乗り場に向かってみてビックリ。
とんでもない大行列。

(ぐああ…これはおとなしくコスモスクエア駅に行くべきだったかーーーー)

一瞬ATCに寄ったことを後悔しかけましたが
実は人が殺到してるのは難波行きのバス停で
三ノ宮行きのバス停は数人しか並んでいませんでした。

やってきたバスはすいており、
余裕をもってゆったり座れました。
もちろんすぐにシート倒して寝たよ~。あああ極楽~。
清算にSUICAが使えるってのもありがたい。

三ノ宮に向かう途中、USJで一度お客を拾いますが、
そうたくさん人が乗ってくるわけでもないので
空席は多いままでした。
人が増えたらリクライニング戻さないとやっぱ迷惑だよなぁ…と
危惧してたので、すいてて良かった。

ちなみにこのバス、大阪ベイサイドライン?とかいう
見晴らしのよい湾岸道路を走ってくれるので
三ノ宮に向かう際の夜景が素晴らしかったです。
ぐっすり寝るつもりだったけど、
途中から夜景が綺麗なので
うっかり見とれてしまったわw

三ノ宮近辺のスパを三ヶ所ほどリストアップし、
どこにしようか迷ってましたが
歩いて移動するのが超だるかったため
三ノ宮駅からシャトルバスの出てる神戸クアハウスにしました。

シャトルバスの乗り場はねぇ…
一応、信長書店の前なんですが
目印とかなんもないので
初めての人だとかなり不安になるかと思います。

神戸クアハウスは、この近隣の数件のきれいなスパと比較すると
施設や設備が古くて庶民的なので、
若い人や女性にオススメするのはちょっとなぁ…という面があるのは否めない。
温泉の階といろんなジャグジー系のお風呂の階が別になってるのも正直不便。
ロッカーの細いのはもうちょいなんとかならんのだろうか。
(リュックとか中身を出して分散しないと入らない)

メリットは
「バスタオル持って行くとスパの中ではかなりお得」
「あんまり混んでいないのでゆっくりできる」
「寝風呂の温度が低くて気持ちよくて最高」
「天然温泉」「0時まで無料で仮眠室つかえる」「三ノ宮駅までシャトルバスあり」
「食堂が安くて美味しくてボリュームある」

ってところかな。
この日は大阪マラソン後のランナーの方もちらほらおられましたよ。
(目立つ完走バスタオル持ってるので一目ですぐわかるw)

低い温度の寝風呂が気持ちよすぎて
かなり長時間風呂にいました。
高濃度炭酸風呂も低い温度でシュワシュワして気持ちよかったです~。
熱いお風呂だとすぐのぼせてしまうので、低い温度はありがたい。

仮眠室で休憩するためにここにしたんですが、
化粧室でまったりしてると、ちょうどバイオハザードの映画が始まったので
結局そこのソファーでテレビ見ながら出発までの時間を過ごしました。

やっぱり温泉はいいねー。
お風呂入るまでは体がバッキバキでしたが、めっちゃ癒されました。

大阪マラソン楽しかった~。
来年も走ってみたいけど、確率的に難しいだろうなぁ…






最終更新日  2016.11.18 02:56:19
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.05
私が普段走るのはだいたい10km。

夏は早朝、2kmごとに水分補給の休憩必須。
ギリギリ5時台ならまだ涼しくて走りやすいけど、
7時過ぎたらもう太陽が眩しくて汗だくのフラフラ。
帰宅したら速攻シャワーです。

涼しくなってからは休憩なしで一気に10km。
9月以降せっせと走りこみを続けた結果
10月に入るとタイムがじわじわ縮まってきました。
気がつくと10kmを最後まで6分台/kmで走りきれるように。
(大して早くもないタイムですが、ずーっと7分台だった自分には快挙)

本番前の練習では、結局12km以上走らなかったので
どこまでいつものスピードを維持できるかが不安な点でした。


★ウエストポーチに装備したもの


味の素 味の素KK 「アミノバイタル」ゼリードリンク SUPER SPORTS100g
これを一個。小さくて薄くてかさばらないサイズなので好きなんですよね。


アミノバイタル パーフェクトエネルギー 130g【RCP】【代引・カード払限定/同梱区分K】
で、これも1個。
前は上のスーパースポーツを二つ装備してたんですが、
それよりもパワフルそうなパーフェクトエネルギーを今回入れてみました。
でも上のよりずっしり重くてかさばるので、これ二個だと邪魔になりそうな予感。


【スポーツ・アウトドアに最適!】井村屋 スポーツようかんプラス(40g)[お菓子 おやつ]

前日受付のインテックスで購入したスポーツようかんを二つ。
かさばらないし走りながら食べやすいし腹持ちもいいので
三つ装備する予定だったんですが、
23km地点の給食所でスポーツようかんが提供されると知り、二本にしました。

あとは塩飴を二個と小銭。


大会当日は暑くも寒くもなく、まさに絶好のコンディション。
大阪マラソンはアップダウンのほとんどない平坦なコースでとても走りやすかったです。

スタート直後、いきなりトイレ発見。
え、もうトイレ? 早っ!!
待機列、長っ!!

マラソンコースに配置されているトイレはまだ利用したことがありませんが
自分もいつか利用する機会があるかもしれないし
どのぐらいタイムロスするのかちょっと知りたい。

給水所ではアクエリアスがあればアクエリアスを、水しかなければ水を補給。

普段走る前に食べてる粉末状のアミノバイタルを、
この日なんと持参するのを忘れてしまい、ちょい動揺。


アミノバイタル 2200mg(14本入)【アミノバイタル(AMINO VITAL)】[アミノバイタル 2200 アミノ酸]

ちなみにもうひとつお高いランクのアミノバイタルもあるけど
私はコスパのいい2200で十分満足。

これ飲むのと飲まないのとでは途中の疲労度が違う印象。
自分はあまり汗をかきにくい体質なんですが、
これ飲むと汗がよく出る気がする。
(ま、どっちも「気のせい。お守りレベル」といえばそれまでなんだけど)

これをポーチに入れ忘れてたことに当日気づき大ショック。
太陽の広場とかで売ってたら絶対買う!と意気込んでたんですが、
残念ながら販売してなかった。

仕方ない…
予定よりかなり早いけど
アミノバイタルのゼリー飲料(青い方)を
スタート直後からちびりちびりと摂取。
5km地点までに飲み干しました。

よし、これでいつもとおんなじ状態だー!(多分)


15kmまでキロ6分台のペースを維持。
2時間30分のペースランナーを抜き、2時間15分のペースランナーを探しながら走ります。

でもなかなか次のペースランナーに追いつけない…
時計を見るとじりじりとペースが7分台に落ちているのに気づき、
意識してペースを上げるよう心がけます。

小腹がすいてきたので、給水所の手前で持参したスポーツようかんを一本食べます。
食べると甘くてのどが渇くので
給水所の前で食べるとちょうどいいのです。

17.5km地点で塩タブレットをゲット。水で流し込みます。
昨日インテックスで試食したのと同じもの。
後半足がつりそうになるのを防ぐ効果があるんだとか。

やはりだんだんと疲れてきてるので
ふっと気を抜くとペースが落ちそうになります。

ただ20km過ぎてもまだ意識さえすれば
足はしっかりと動いてくれる感じ。

そうこうしているうちに
中間点(21km)を2時間29分で通過。
あああ嬉しい~、あと半分やでー!

さすがにこのへんからペースは7分台に落ちてきました。
しんどくない訳じゃないけど、体力的にはまだ余裕あり。
足もいまのところ大丈夫、しっかり前に動いてくれてる!

今日までたくさん走ってきた分、ちゃんと体力ついてるんだぁ…と実感。
練習量は裏切らない。がんばれ自分!

沿道の方があちこちで掲げてくれてる応援メッセージがどれも見ていて楽しいんですよね。

「ファイト!あと42キロや!」(←スタート地点付近でww)
「もっと辛いこといっぱいあったやろ…?」
「足が痛い?気のせいや」
「大阪マラソン6回落ちた。いつでも代わったるで」
「美味しいビールが待ってるで~」

パワーをもらえるものや
大阪らしくて思わずクスッと笑いそうになるようなもの等、いろいろ。
沿道のみなさん、素敵な応援ありがとうございました。


楽しみにしていた23km地点の給食所で衝撃の事実発覚。
スポーツようかんプラスがすでに品切れ…orz

うう、やっぱスポーツようかん3本持参しておくんだった…

スポーツようかんがない!と気づいたランナーがみんな
バナナを必死でゲットしようと群がっていた最初のバナナゾーンは
バナナの供給が需要に間に合わず修羅場状態でしたが
もう少し先のバナナゾーンはわりとまったりしててそこで無事にバナナをゲットできました。
よかった。

25km地点で、楽しみにしていたオレンジジュースを無事ゲット。
でも味覚まで疲れてしまったのでしょうか、
なんかもうオレンジジュースの味がよくわかりませんwww

持参してた最後のスポーツようかんをここで摂取。

そろそろ疲れがたまってきたので
道端で体全体のストレッチ。

するとその後右の肩に違和感発生。右腕が高く上がりません。
どうやら肩のストレッチでちょっと筋がおかしくなってしまった模様。
(なんという本末転倒…)

これ以降、腕が上がらなくて沿道の方とハイタッチができなくなりました…orz

27km地点で楽しみにしていた給食のうち
ウメパワプラス、ナンバーバナナがすでに品切れでした。
うん、まあ仕方ない。
あんぱんとバナナは無事ゲットしたので、水で流し込みます。

30km地点で残り少なかったコカ・コーラをなんとかゲット。
ふぁー!五臓六腑に炭酸がしみる。
ああ、コーラがこんなにおいしく感じるとは!
元気出たー!

ここで最後のアミノバイタル(赤い方)を飲みます。
これでウエストポーチも空っぽ。軽くなりました。
残り12キロ。普段走ってる距離と変わらん、がんばるぞ!

32.5km地点。待ちに待った給食所「まいどエイド」になんとか到着。

いなり寿司をね、食べたかったんです。
必死でいなり寿司を探す探すww

「はい、いなり寿司、あと残りわずかです~」という声がしたので、
すっ飛んでいきました。
無事いなり寿司ゲットできましたよ。
ああ幸せ~~いなりウマー。
きゅうり巻き?みたいなのとたこ焼きもゲット。
小さく切ったどら焼きももらいました。

立ち止まって全部をしっかりお腹におさめ、軽くストレッチをし
最後にもらった塩飴を口に放り込んで再スタート。
元気出ました。

わりとゆっくり休憩したせいで、
ここまで一緒だったペースランナーの人を見失いました。

その後、35km地点のスプライトはすでに品切れ。水のみ補給。

38km地点の給食所の月化粧は、まだ少し残っていたので無事にゲットできました。
このあと給食所はもうないので、一口バナナだけ食べ
月化粧は最終兵器としてウエストポーチに保存。

お前、そんだけあれこれ食ってりゃ流石にもう平気やろ?
…と思われるかもしれませんが、
私のようにチンタラしたペースで長時間走ってると
お腹へるんですよ…。

昔、初めてのフルマラソンで30km過ぎでガス欠になり
足が動かなくなる恐怖を味わったことがあります。
一旦動かなくなってから食べ物を補給してもダメで
もう全然スピードが出ない。
やっぱ「食べ物持ってる!」っていう安心感は大切。あなどれない。

40km地点でのファンタグレープも品切れでした。
(これはもうスプライト品切れの時点である程度予想はしてたけどさ…)

知人がこのあたりで応援しててくれたらしい。
ファンタグレープがなくてしょんぼりした顔してたかとw

疲れもかなりピークでまったく気づけなかった…残念。

ちなみに大阪マラソンではランナーズアイというカメラが途中何箇所かあって、
ゼッケン番号を入力すれば、そこを通過した時の映像を見ることができます。

15km地点ではめっちゃ元気にカメラに向かって手をふってますが、
25km地点ではかなりヘロヘロw
35km地点ではもう腕をあげるのもキツそう。さらに体幹ブレブレです。
アカンやんw

時間経過とともに崩れていく自分のフォームを
あとからじっくり映像で見られるのって面白いね。

自分では遅いなりにフォームだけはそこそこ安定してていい方だと
思いこんでたんですが
こりゃアカン、体幹もうちょい鍛えねば。

ゴールに近づくと、それぞれのチームカラーの応援団がダンスなどのパフォーマンスで
出迎えてくれます。
私は黄色組なので、
黄色チームの応援団のところに近寄り、痛い腕をがんばってあげてハイタッチしました。
あともうちょい。がんばれー!

40km地点からゴールまでは、残念ながらキロ7分台を維持できず
8.4分台にまで減速。

あとたったの2Kmなんですが、果てしなく長く感じる2km。
キロ9分台までは落ちてしまわないよう、必死で腕をふり、足を前に前に動かします。

もうこのへんは体力っていうより気力ですね。

(2km…。家から近所のスーパーに歩いて往復した距離か…すぐやん)
と脳裏にいつも歩いているコースを思い浮かべ、
(ホラ、あとちょっとや…)と自分を励まします。

でもやっぱりラストの2kmはキツイ。異様に長く感じますね。
インテックスに近づいてきて、
そろそろゴールが見えてくるはず…と期待しつつ
曲がって、曲がって、曲がって…

え、ゴールまだ見えへんの???(目ゴシゴシ)

みたいなw

なんとか無事に念願のゴールへ。
ただ大阪マラソンは記録証がその場で出ないので
あとで自分でネットを確認するまでネットタイムがわかりません。

GPS腕時計?
うちのは悲しいことに5時間しか電池がもたないタイプのため、
途中で二つ目の時計に切り替えましたが
切り替え時にすんなりGPSが作動せず、正確なタイム不明。

どうだろう…ネットタイム5時間半切れてたらいいな~…と思いつつゴール。

ゴールの瞬間も
左から&右からの2箇所のカメラでばっちり映像が保存されていて
ランナーズアイってすごいわ~と感心しました。






最終更新日  2016.11.05 19:34:50
コメント(0) | コメントを書く
当日朝はJR環状線で7時前に到着するよう大阪城公園駅に向かったのですが、
大阪城公園駅は混雑してる、とのことで
ランナーの方は森ノ宮駅で降りるよう車内アナウンスがありました。

これに従い、ほとんどのランナーが森ノ宮で下車。

割合でいうと、森ノ宮で降りるランナー8割、車内に残るランナー2割…って感じだったかな。
残るランナーの人がいるのを見て
大阪城公園駅まで行くべきかちょっと迷ったけど、
私も多くのランナーと一緒に森ノ宮で下車。

森ノ宮駅のトイレ、すでに長蛇の列です。いやもうすごい。
来る途中の乗り継ぎ駅で一度トイレに行っておいて正解でした。

森ノ宮駅から大阪城公園に入る際、
特に混雑はなくスムーズでした。
ウェアは上着の中に着てたので
更衣エリアは利用してません。

自分の手荷物預けトラックの近くに陣取り、そこでしばらくストレッチをして過ごし
預け時間の〆切前に上着を脱いだら、
まとめた手荷物をトラックへ。

確かにそこそこ冷えてはいましたが
真冬の寒さではないので助かりました。

「トイレはスタートブロックにもたくさんありまーす、
 そちらがすいてますので、そちらをご利用下さい」
というアナウンスがガンガン流れてました。

しかしまだ時間に余裕があるし、
「女子トイレ」があるため、やはり太陽の広場のトイレの列に並びます。
15分ぐらい並んだかな~。

トイレを済ませたら順路に従ってスタートブロックへ向かうランナーの群れに合流。

この時点でまだスタートまで40分あるので
天守閣をバックに記念撮影どうですか~?と写真屋さんに声をかけられ
とりあえず記念撮影。

やっぱお城を背景に写真撮れるって嬉しいよね~。
普段自撮りしない私ですが、久々に自撮りもしました。
近くにいた台湾人のカップルがシャッターを押して下さったので
いい記念写真が撮れました。ありがとうございます。

確かにこのあたりにトイレが何箇所かありました。
でも個数が少ない上に長蛇の列だったので
太陽の広場で並ぶのと大差ないな、という印象でした。

私はKブロックだったので、
途中で天守閣の方向(左)に折れて先へ進みます。

しかしここから大変なことに。
なんでかわかりませんが、全然先に進めないのです。



そこそこ時間には余裕があったはずなのに、
こんなとこでずっと止められてたら
スタートブロックに並ぶ時間に間に合わなくなっちゃうよ…。

気持ちは焦れど
ランナーの群れは
やはりちびりちびりとしか前に進みません。

前の人の背中にはりついて
間隔をあけないよう頑張ってじわじわ進むんですが
それでも横の人が割り込んでくる。
みんなも同じように焦ってるんですよね。
整列時間に間に合わないと、最後尾スタートになっちゃうし。

この「恐怖の牛歩ゾーン」でかなりの時間をロス。
なんとかゾーンから抜け出せそう?という所に到達し
やっと視界が開け前方が見えてきました。

警備の方が二名、出口に柵を持って立っていて
ランナーの群れから一人ずつしか外に出られないよう
出口を狭めていました。

前に進めない理由はこれか──そりゃ大渋滞おこすわww

どっと人が出たらマズイから
あえてこういう制限をしてるんだとは推察します。
それでもせめて出口は3~4人一度に出られるぐらいの広さにしてほしいわ…。

出口の向こうは広々空間なので、
牛歩ゾーンから抜け出たランナーはみんな
自分のスタート地点に向かって走ってます。
私も走ってKのスタート地点へ。
整列時間〆切ギリギリで、なんとか整列間に合いました。
良かった~…

私の後ろにまだまだいっぱいいた人達も
ちゃんと間に合っているといいんですがね…。

順路の途中で天守閣方面に曲がらず、
遠回りでも外周ルートを使った方が良かったんでしょうか。
(でもそちらも混んで牛歩状態だったら最悪だしなぁ…)

十分余裕をもって(40分以上前)スタート地点に向かったつもりでしたが
もっと早く向かっておかないとダメってことでしょうね。
初めて大阪マラソンに参加される方は気をつけて下さい。

K地点までは徒歩20分、とパンフには書いてますし
確かに20分ぐらいの距離ですが、当日はとても20分ではたどり着きません。
牛歩ゾーンで足止めをくらうとほんとに動かなくなるので
整列には相当余裕もって出た方がいいと思います。
ほんと焦りました。

整列地点はわりとスペース的に余裕がありました。
屈伸程度のストレッチなら可能。

スタート前に各チームカラーごとに気合の雄叫び?をあげるようなアナウンスが
あった気がするんですが
スピーカーが近くにないためか、
ぶっちゃけ私たちのいるスタート地点では放送の内容がはっきり聞こえないので
周辺のランナーも特に盛り上がってる様子なし。

(遠くで何か言ってる…?)って感じで
ぼんやりとしか放送が聞こえないからあんまり盛り上がらないのは仕方ないかな。
会場が広すぎるし、ヘリコプターが上空を飛び回ってるせいで
余計にアナウンスが聞こえにくいのかもしれない。

スタート後は特に混乱もなく、全員ゆっくり歩いてぞろぞろとスタート地点へと移動。
号砲と共に走り始めるトップ集団と違い
一般ランナーのいる後方集団は
実際のスタート時間から15分ぐらい遅れてスタート地点を通過するのが普通。

スタート前には森脇健二さんやら、
応援にかけつけた芸能人の方が車の上で手を振ってくれてたりしているので
多くのランナーがパシャパシャとその様子を撮影。


このスタート地点にたどりついた時点で、すでにスタートから18分19秒経過。
Kスタートでこのタイムなら最後尾スタートだとどのぐらいの時間差になるんでしょうね。

すでにかなり先を走ってるはずの5時間30分のペースランナーに
これから頑張って追いつくぞー!

(15分刻みでゴールする予定時間を記した風船や目印のゼッケンをつけて
 きっちりと平均速度で走り続けてくれる、ありがたいペースランナーの方がいるのです)

腕時計のGPSを始動させ、いざスタート地点通過。
スタート地点周辺は沿道もすごい人だかりでお祭りムード一色。

長年の憧れだった大阪マラソンのスタート地点に立てて感無量です。
無理せずケガせず、できれば5時間半以内に無事完走できますように。
行ってきます!






最終更新日  2016.11.05 09:19:11
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.01

10月30日の大阪マラソン、走ってきましたー!
快晴で暑くも寒くもない、まさに絶好のマラソン日和。

コンディションも良かったので自己ベストを7分更新。
最後まで全力で楽しく走りきることができました。

いつものごとく、まとまりのないだらだらと長~いレポです。

【フェリー&バス】

大会前の28日、29日のどちらか必ず本人がインテックス大阪に出向き
受付を済ませねばなりません。よって遠方からの参加者は前泊必須。

帰りは三ノ宮周辺のスーパー銭湯でゆっくり体の疲れと汗を流し、
ごろっと横になってラクな姿勢で眠りながら帰りたいので夜行フェリー。

行きもフェリーにしたいところだけど、残念ながらいい時間に到着する便がないので
本数多い上にゆったり座って乗り換えのない高速バスに乗りたい───

というわけで今回、「瀬戸内クルージング・バスセット券」(4300円)を購入。
片道フェリー、片道バスで関西~香川間の往復旅行を計画されてる方には
かなりオトクなきっぷです。

デラックスタイプのバスを初めて利用しましたが、
座席の間隔が広々としているおかげで足元のびのび。
ゆったりリクライニングも可能。嬉しいことに車内Wi-Fiまで完備。
充電用コンセントもついていて非常に快適な旅でした。
デラックスいいわ~。次乗る時も絶対デラックスにしよう。
途中、淡路島で一度トイレ休憩あり。

ジャンボフェリーも最近夜行便には追加料金が必要になったんですが
このセット券だと夜行便に乗っても追加料金が不要です。

ただしこちらは購入前にバスの事前予約が必須です。
いきなりフェリー乗り場に行ってセット券を買おう!
とかは残念ながらできませんので気をつけて下さい。

(ちなみにセット券購入時には、めぐりんポイント付与サービスはないそうです)


【前日受付・インテックス大阪】

お昼にバスで大阪駅到着。
学生時代からの旧友と合流して久しぶりにランチ。
バスには大阪マラソンに出られるっぽい方が
同じバスに何名かおられました。

「大阪マラソンEXPO2016?私も行ってみたい」という
友人を伴ってコスモスクエア駅へ。

「インテックス大阪?初めてきたわ~うわーすごい人やねぇ」と驚く友人。

実は私は割とよく来てるんよ、サークル参加で…と心の中でつぶやく私。

リアルでの知人友人身内にはオタクだとカミングアウトしていないので
もちろん口にも顔にも出しませんが。

でもオタクじゃない人だらけのインテに来たのなんて初めて。
めっちゃ新鮮やわ。

中に入っていくと3号館「ランナー専用入り口」に到着。

入り口周辺にイスがいっぱいあるので、
ランナーじゃない同伴者はここで待つって事かな?と
友人をそこに残し、私一人で入場。

順路に従いゼッケンや参加賞を受け取ると、2号館→どんどん先のブースへ誘導されます。
先へ先へ。まだまだごったがえの企業ブースは続くけど終わりは見えない。
ショップもあるし、森脇健二さんのトークショーとかやってるし…

あれれ…なんだこれ??
友人と合流せずにこのまま先に行くのは、かなりまずい気が。

係員の人に入り口に残した同伴者のもとに戻れるか尋ねてみると
「引き返すのは無理。全部通り抜けて出てからもう一度再入場して」との事。

ランナー入場入り口とは別に「一般入口」がちゃんと存在する事もわかったので
友人にその旨を電話で伝え、ようやく合流することができました。
良かった、ちょっと焦ったわ…

2号館の出展社エリアでは
参加すると粗品がもらえる楽しいイベントが多かったです。

入ってすぐ久光製薬のブースでは
ランナーに粗品進呈イベントをしてたんですが、長蛇の列だったのでスルー。

トヨタのブースでは20km地点に掲示する応援板に
応援メッセージを記入すると蓄光ブレスレットがもらえるイベントをやっていたので参加。
さらに抽選でもらえる2016大阪マラソンのタオルをゲット!
かっこよく今回のコースや大会ロゴがデザインされてて
目の覚めるような綺麗なブルーのタオルです。超嬉しい。
(たくさんの人が並んでクジ引いてたけど、見る限り当選率はあんまり高くなかった)

いくつかのブースでランニングフォーム診断をやっていましたが
どこも待ち時間が結構あるようなのでスルー。

第一生命ブースでは、フォーム診断、血管年齢診断、肌年齢診断をやっていました。
どれも人気でしたが、肌年齢診断の待ち時間がわりと少なかったので、友人と参加。

化粧品売り場で肌年齢診断やったら、
あれこれ化粧品を売りつけられて断るのが面倒くさいけど
こういうイベントでの計測は売り込みがないから嬉しい。(友人談)

私の肌年齢は実年齢より11歳若く、Aランクでした。
「オイリー肌の人は肌の老化が遅い」っていうけど
それはどうやらウソではないらしい。

まあニキビや早い化粧崩れというデメリットが多々あるんだから、
それぐらいの役得はあっていいよね。

ただもしシミの多さまで計測できる機械なら
年齢以上の肌年齢になってたはずです。シミ多いのが悩み。

あちこちに記念撮影スポットがあるんですが
撮影用グッズを貸してくれる日清製粉のブースで友人と記念撮影。
めっちゃいい記念になりました。
撮影してくださったブースの係員のみなさんに感謝です。

井村屋ブースでは「スポーツようかんプラス5個セット」を購入。

【スポーツ・アウトドアに最適!】井村屋 スポーツようかんプラス(40g)[お菓子 おやつ]

あ、ネットで買い忘れてた!と焦って前日に近所のドラッグストアとかまわってみたんだけど
置いてなかったんですよね~、ありがたいわ。
フル後半の空腹とガス欠を防ぐために
ゼリー飲料(アミノバイタル)も持参しますが
このようかんもコンパクトかつ走りながら食べやすいのでお気に入りのアイテムです。
腹が減っては戦はできぬのじゃ。
これがあると給食所まで距離があっても心強いんだよね。

アサヒビールのブースではキンキンに冷えたノンアルコールビールの試飲缶を配布中でした。
ここは準備数が多いのか手際がいいのか、ほとんど並ばずに商品をもらうことができました。

紀州田辺うめのブースで梅干の試食を堪能。美味しかった。

梅干ちょっとお土産に欲しいと思ったんですが
次第にあちこちで手渡されるパンフやチラシで手荷物がふえてきて
予定外のお土産を買う余裕がなくなってきましたww

月化粧というお菓子がもらえるという
青木松風庵のブースは大人気。
でも長蛇の列だったのでスルー。

そうこうしているうちにタビオ(靴下)のブースに人が群がっているのを発見。
みなさんめっちゃ靴下買ってます。まさに爆買い状態w
友人も珍しい形でビビッドな高級ソックスに興味津々な様子。
五本指ソックスはぶっちゃけ嫌いなんだけど、足袋型のソックスは私も気になる…

あ、こういうのね。


【靴下屋】 レーシングラン五本指ソックス27〜29cm イエロー 黄色 / 靴下 タビオ Tabio くつ下 メンズ 日本製 ¬

友人がノーマルタイプを一足購入。
私も親指だけ分かれてる足袋型の真っ赤なソックスをひとつ買いました。
土踏まずの締め付けがすごそうで楽しみ。

タビオでお買い物をして先へ進むと、
FOOTMAXという3Dソックスの靴下を扱うブースを発見。
3Dソックスの見た目のインパクトすごい。
あ、やべー…失敗したかも。先にこっちのブース見ておけばよかった~、とちょっと後悔。

人だかりはタビオほどなかったんですが、このブースのすごいところは
「靴下の試着ができる」点。

だって高機能とはいえ普段はくのと違ってかなりお高い靴下だもんね。
どのぐらいの締め付け度か知りたいし
どのサイズがぴったりかも試してみたい。

友人ともども試着させてもらった結果──

「買います、これと同じのください」


二人とも即答でしたw


100K ウルトラマラソン レース用モデルアーチサポート付きメンズ&レディスつま先立体設計 ショート ソックス FOOTMAX (フットマックス)3D sox FXR003全品 ポイント10倍

店員さんに「走るならこれが一番オススメです」と言われて買ったのコレ↑

フルやハーフ用のソックスもあるみたいだけど、ウルトラマラソン用だったのか…なるほど。

土踏まずの強力な締め付け感もいいけど、
指先が窮屈でなく、
足指が全部のびのび動かせるところも気に入りました。

結論から言うと、どっちの靴下も買って良かったです。

実は大会前夜に足の爪が一枚はがれてしまったので
大会当日には指まわりもがっつりホールドするタビオの足袋型ソックスを選択し、
温泉で入浴後に指先をふんわり包む3Dソックスをはきました。
どっちも履き心地がよくて大満足。

他にもソックスを販売してるブースがいくつかありましたが
すでにいいお値段のソックスを二足購入していたのでスルー。


小林製薬で足のつりをのんで直す薬の試供品をもらい

【第2類医薬品】コムレケア錠 24錠


ミドリ安全のブースで塩熱サプリの試供品をその場でおためし

塩熱サプリ くちどけ 40g(約12粒入) 5袋セット 【送料無料】 ミドリ安全 [レモンジンジャー 青リンゴジンジャー グレープジンジャー 携帯性に優れる 塩熱飴 タブレット 低コスト 熱中対策]


味の素ブースでバーフェクトエネルギーの試食をいただき…

味の素 アミノバイタル パーフェクトエネルギー (130g) アミノ酸 くすりの福太郎

※アミノバイタルは既に購入済みのためここでは買わず

大阪のブースでは、いちじくのお菓子の試食をいただきました。
食べてばっかりですなw

ちょっと変わってて面白かったのが、
名前は忘れたんですが
心臓マッサージの上手さを計測する体験マシンがあるブース。

以前PTAの講習会で
消防署員の方に心臓マッサージや人工呼吸、AEDの使用方法をひととおり教わったことがあるんですが
もうだいぶ忘れちゃってるんじゃないかな~と不安に思い久々にトライ。

もっしもっしかっめよ~かっめさんよ~~な感じでリズムを刻めばいいんですね、了解っす。

自分でもびっくりしたんですが、なんでかえらい高点数が出たようで
「すごいですよ!この点数は!もったいないから記念に残さなくては」といわれ、
その点数と一緒に記念撮影してもらいました(笑)。

なないろチャリティゾーンでは自分のチームカラーのブースに行くと
アイウエオ順に氏名が掲載されているので、
そこで記念撮影したりできる仕組み。
ちゃんと撮影用のアイテムもあれこれ用意してあって、
ランナーを楽しませよう、盛り上げよう、っていう熱いおもてなし魂が感じられました。

あと、mineoブースで玉入れと絶叫大会をやってたので、玉入れの方に参加し
携帯充電スタンドをゲットしてきました。

資生堂ブースではHAKUの試供品を配布してたので、ありがたくいただきました。
旅行中に化粧品の試供品をもらえるのはめっちゃ嬉しい。

いろいろ景品やパンフをもらいすぎて抱えづらくてヨロヨロしていた時に
UR都市機構のブースの方に
「荷物のおまとめにどうぞ~」とすべてを収納できそうな超ビッグなバッグをいただきました。

くぅっ、なんという絶妙のタイミング…!

このタイミングで大袋を差し出されたら
誰もがありがたく受け取らざるをえない。
やるなww

いろいろと企業ブースのイベントを堪能し、そのまま1号館のうまいもん市場へ。

さすがに足が棒なので、座りたい~。
というわけで、友人にはあいてた席で荷物をみていてもらい、
私はたこ焼きを買いに。

たこ焼きを二人で半分こし、さっきもらったつめたいノンアルコールビールで乾杯~。

【バラ販売商品】アサヒ ドライゼロ 350ml

おー…びっくり。
ノンアルコールビールなんて普段買わないので、
最近味がここまでビールに近づいてるなんてまったく知りませんでした。
ビールって言われても全然わからん味やわ。すごいな~。
友人と二人で「これめっちゃビールっぽいなーすごいー」とひたすら感心してました。

マラソン会場に初めてきたけど、
みんななんかめっちゃ楽しそうでいいなぁ~と友人が呟いたのを聞き、
5kmでも3kmでもいいから一緒に参加してみようよ!めっちゃ楽しいよ~と必死に口説く私。
(いろいろ友人知人にお誘いをかけてはいるものの、
 いまだラン友が旦那と子供しかいないという寂しい現実)

走るのなら3kmまで、
体力はあるからウォークラリーとか山登りなら一緒に行ってもいいよ~と言われたので
スイーツとかパンとか食べられる女子向けマラソンを探してみようかな。

インテックス大阪を出てコスモスクエア駅に向かう途中、
ジミー大西とすれ違いました。

それにしてもこの日は寒かった。
小さくたためるユニクロのダウンコートを持ってって正解でした。







最終更新日  2016.11.01 16:49:17
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.09
7日の香川丸亀国際ハーフマラソン、無事に完走しました。
いいお天気で風もなく、絶好のコンディションでしたね。

目標タイムにはちょっと及びませんでしたが、
日頃ちんたらスローペースで走っている自分にしては
上々のペースで最後まで気持ちよく走りぬく事ができ
満足の結果です。

これも大会運営スタッフの皆様や沿道で応援して下さった皆様のおかげ。
ありがとうございました。楽しかった!


最近身体がなまって(※太った、ともいう)
10kmぐらい走るとガックリとスピードが落ちるのが悩みでした。

これはいかん、もっと筋力をつけよう!と
エアなわとびを始めたのが効いたのかも。

例年丸亀ハーフの参加賞は質のいいTシャツで
どんなデザインかが楽しみでもありましたが、
今年は70周年記念大会って事でメダル+バスタオルでした。
個人的にはメダルなしでいいからTシャツの方が良かったなぁ。

でも過去大会のTシャツが3枚1,000円で売られていたので
持ってないデザインのをつい買ってしまいました(笑)。

来年の丸亀ハーフもお天気に恵まれるといいな♪






最終更新日  2016.02.09 09:12:46
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.07
色々とありまして、本年度初の投稿です。

新年明けてからもう随分経ちますが
今年もよろしくお願いします。


2/1の香川丸亀国際ハーフマラソン大会、完走しました。

大会エントリーしそびれたので
当初参加は見送るつもりでいました。
なので2ヶ月ほど練習もさぼりがち。

でも大会前日あまりにもいいお天気だったので、一念発起。
前日申込&前日ジョギング教室に参加するため
丸亀競技場に向かいました。

(ちなみに前日申込だと参加費1000円UP、最後尾スタート。
 でも天候や体調を考慮した上で参加できる点はありがたいよね)

ジョギング教室では
ストレッチをこなしたあと
コースのポイントごとの注意点の説明を受け、
目標タイム別ペースランナーと一緒に
ペース配分を確認しながら実際に走りました。

この日は午後から急に気温が下がり、
走る時には雪がばらばら降ってきて結構寒かったです。

スタート直後、周りに引きずられてオーバーペースになると
後半で失速する事が多いので、
次第に周囲がバラける2km付近で
自分のペースをしっかりキープするように言われました。

大会当日は最後尾スタートだったので、
号砲からほぼ10分遅れてのスタート。

今年は遅れてきたランナーも最後尾に回される事になりました。
そのせいか、スタート直後、最後尾に混じった足の早い人が
体当たりしながら無理やり暴走していく場面が何度か。
おめーらみたいな最後尾の遅いヤツと一緒にすんな!
俺は最後尾に甘んじる男じゃねーんだよ、オラオラどけどけ邪魔だ!
…って感じで怖かったです。

さすがに10分も差があると
目標ペースランナーの方の風船を見つける事はついに叶いませんでした。

スタート直後に周囲につられてオーバーペースになりかけるのを
阻止してくれたのはGPSウォッチでした。

これまでは腕に携帯とかスマホを巻いて走ってたんですが、
自分のスピードをその場ですぐに確認できるっていいね。

ラスト5kmは練習不足がたたって失速しましたが、
去年みたいにゴールしたあとしばらく動けなくなるような事にはなりませんでした。
(ジョギング教室の質疑応答でゴール後動けなくなる話がありましたが、脳貧血だとの事です)

タイムは去年とほとんど変わりませんでしたが
久しぶりに翌日ガチガチの筋肉痛になりました。
練習不足のせいだろうなぁ…。






最終更新日  2015.02.07 09:23:17
コメント(2) | コメントを書く

全227件 (227件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.