4875793 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

Kobe ozzyの日記

2017年07月27日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
待ちきれずにDVDまで買って楽しみにしてた作品。
初演の東京公演観られなかったので、やっと生で観られた。
DVDも何度も観たのですが、DVDの時より何倍もパワーアップした「オーム・シャンティ・オーム」に
感動でした。

本当に心底楽しめた3時間。インド音楽もずっと前からすごく好きで良く聴いてるので
宝塚の舞台で全編通してインドポップスが流れてるのも妙にうれしかった。
もっと、もろインド民族音楽も数曲あっても良いかとも思ったけど。
このブログでも何度も書いてるラヴィ・シャンカルのようなバリバリのシタールとタブラ、ガタム、
バーンスリーなどの民族楽器のみの演奏の楽曲があってもよかったと思う。

今回は録音演奏だけど、インド楽器の音(サンプリングかも知れないけど)は多く使用してた。
「もし例えるなら」って曲の冒頭部分はほぼインド楽器のみの演奏だったと思う。
でも、宝塚版の歌い出しはオリジナルの展開部分からだったんじゃないかな。
この部分はタブラが前に出てメロディ楽器がほぼコード感を無くしてる所で
紅さんと綺咲さんはかなり苦労したと思うけど、歌えてるのは凄いと思う。
不協和音のようになってしまう所なので難しい部分です。ここが一番インドの民族音楽チック。
DVDの収録の歌唱は「うわっ大変そう」って思ったけど、今日はインド感満載の
アレンジの格好良さも感じながら二人の歌唱を楽しめた。
オリジナルの映画でも、この場面は美しくて微笑ましいすごく好きな場面。



紅ゆずるさん・・・
めちゃくちゃ良い!大劇場のお披露目でも凄く惹かれたけど、
「オーム・シャンティ・オーム」を生で観て、更に紅さんの個性に惹かれた。
1幕のパワーアップっぷりは強烈でした!まずは髪型!
藤山寛美さんの「親バカ子バカ」を彷彿させる髪型!(東京公演の時は普通だったのに^^;)
目線や見得の切り方も寛美さんの隙のない芝居を思い出させる素晴らしさでした。
藤山寛美さんの舞台は何度も生で観たけど、表情一つ一つを見逃さないのよう必死に観入って
観客を芝居の中にのめり込ませていく凄さでした。
それに近い物を感じる紅さんは、これまでに絶対いなかったトップスターだと確信した。
汀夏子さんがコメディの時にそれに近い感じの時もあったけど、紅さんは突き抜けてる!

生まれ変わってからの2幕の芝居はシリアスに二枚目の演技が中心。
芝居の振り幅の広さも良い!歌も良いし、芝居もダンスもいつもフルスロットルに
頑張ってる姿が凄くカッコ良い!
書いてるとベタ褒めになってしまう・・・。とにかく紅さんの舞台は楽しい!
そして、また観たくなってしまう。

東京公演


綺咲愛里さん・・・
紅さんのパワーに引きずられるように相手役のトップ娘役も妙に惹かれるようになった。
トップ娘役っていつもほとんど興味ない感じになってしまうけど、まれに惹かれる人がいる。
(花總まりさんは別格中の別格なので少し違いますが)
自分は「南太平洋」のリアット役は印象に残って好きでしたが、
他には特に印象に残る役はなかった。
紅さんとの並びも凄く合ってて、久しぶりに自分の好みのトップコンビ誕生です。

七海ひろきさん・・・
これは当たり役。無機質な冷酷さを凄く感じられた。
七海さんはバウ公演「UNDERSTUDY」の時から認識してずっと観てきてるけど、
紆余曲折あって今の安定感や存在感にたどり着いてる。
驚いた役は多くあったけど、一番驚いたのは「バレンシアの熱い花」新人公演でのホルヘ役。
何でこのキャスティング?って思ったけど、本公演とは違ったアプローチで良かったと思う。
「バレンシアの熱い花」は本公演も10回近く観たと思うし、新人公演ももちろん観た。
あの頃は七帆ひかるさんにハマりまくりだったので宙組は異常な回数観てた。

美稀千種さん、天寿光希さん、十碧れいやさん、麻央侑希さんらの存在感も
この作品をより楽しい物にしてた。
初演と今回の違いは、紅さんと綺咲さん二人がパワーアップした事が、作品をより盛り上げたと
思いますが、今回からのキャストの頑張りもかなり大きい。
インドの文化や食べ物が好きな自分にとって、宝塚でボリウッド物を上演された事はうれしい。
いつか大劇場でインドの民族楽器をフルに使ってインド物のショーをやってほしい。
その時はまた今の星組で。

芝居の中で南インドって何度も出てきて、宝塚の宝来橋渡ってすぐにある南インド料理出してる
店に行きたくなった。(もう1軒あるインド料理屋は南インド料理ではない。)

今日は終演後は四川料理を食べに行ってた。
紹興酒の熱燗を友人と6合飲んで良い気分で帰ってきた^^;

「オーム・シャンティ・オーム」は、まだまだ観に行くので楽しみです!



東京公演のDVD








最終更新日  2017年07月27日 04時12分58秒
コメント(0) | コメントを書く
原発ひまわりおじなみ3.jpg


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.