おじなみの日記

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019年10月21日
XML
テーマ:今日聴いた音楽
カテゴリ:ゴスペル・ソウル
アメリカの R&B、Soul「Blue Magic」の4枚目のアルバム。
「Blue Magic」で多くの人が知っている一番有名な楽曲と言えば1stアルバムに収録されてる
超絶カッコいいスローナンバー「Sideshow」です。
優しく美しけど突き抜けるようなファルセットボイスは一度聴くと癖になってしまう歌声です。

1st「Blue Magic」、2nd「The Magic of the Blue」、3rd「Thirteen Blue Magic Lane」と
名盤を立て続けにリリースしての、この4枚目。
1曲目から突然の変身を感じさせられる曲で始まるアルバムです。

1曲目「Freak-N-Stein」
2曲目「To Get Love (You Must Give Love)」
3曲目「See the Bedroom」
4曲目「Mother Funk」
5曲目「Summer Snow」
6曲目「Rock N Roll Revival」
7曲目「It's Something About Love」
8曲目「Making Love to a Memory」
9曲目「Spark of Love」


6年前、世界初CD化されました。




ノリが最高に気持ち良いファンクナンバーの4曲目「Mother Funk」がとにかく一番気に入ってます。
1曲目「Freak-N-Stein」のハードなブラスロックなノリもめちゃくちゃカッコ良い!
でも、日本では「踊れ!フランケンシュタイン」って妙な邦題に妙なジャケットで発売された。
「フリークンステイン」→「フランケンシュタイン」 似てるけど・・・。
いやいや、この曲のカッコ良さは強烈です。

やや異色に感じる、6曲目「Rock N Roll Revival」は完全なロックなダンスナンバーですが、
この曲なんかシングルカットしてたらヒットしたんじゃないかと思えるほど良い曲です。
シングルカットしたのはバラードナンバーの「Summer Snow」でした。
甘いバラードのイメージが強いからか、リードトラックはバラードナンバーになる事が多い印象。
「Summer Snow」も、本当に気持ちいいミディアムスローなバラードです。
伸びやかなファルセットボイスが堪能できる、7曲目「It's Something About Love」も
夜中のバーで流れててほしいような曲です。
Blue Magicは、バラードのハーモニーはやっぱり最強ですが、ノリのいいPOPな曲や
ややハードな曲にも名曲が多いと思ってる。
1stアルバム「Blue Magic」でも、2曲目のPOPな「Look Me Up」は最高すぎます!
ま、1stアルバムに収録されてるバラード全曲、異常なクオリティーの高さですが・・・。

今までほとんど書いてなかったR&BやSoul、Funkなアーティストが最近多いのは、
今、R&BやSoul、Dance & Houseの懐かしいアルバムがちょっとだけマイブームっぽいからかも。ほとんど60年代〜80年代前半の物ばかりですが・・・^^;







最終更新日  2019年10月21日 22時24分42秒

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.