おじなみの日記

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


kobe-ozzy

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

2018年06月22日
XML
テーマ:今日聴いた音楽
カテゴリ:カテゴリ未分類
シンディ・ローパーの初来日公演のブート。
1986年9月〜1987年3月まで続いた「True Colors World Tour」の初日は日本武道館でした。
9月10、11、12、13日が日本武道館、 16日静岡、17、18日大阪城ホール、19日愛知県体育館
22日が追加公演の武道館。
このライブ盤はフジテレビで放送された物が音源です。
それをデジタルリマスターしたらしいのですが…。
元々、音が良いので問題なくオフィシャルのライブ盤レベルで聴けます。
ただ、テレビ放送した曲のみなので、来日公演セットリストから5曲カットされています。



自分は9月18日大阪城ホールで、このライブを観ました。
シンディ・ローパーの来日はこの初来日から多分、全て行ってると思う。
初来日はもちろん感動しましたが、1989年「A Night to Remember World Tour」の方が
初期のライブとしては好きです。
ダントツに一番好きなツアーは1996年「Sisters of Avalon Tour」です。

1曲目「Change of Heart」
2曲目「I'll Kiss You」
3曲目「The Goonies 'R' Good Enough」
4曲目「What's Going On」
5曲目「Iko Iko」
6曲目「Calm Inside the Storm」
7曲目「911」
8曲目「One Track Mind」
9曲目「True Colors」
10曲目「Maybe He'll Know」
11曲目「She Bop」
12曲目「Time After Time」
13曲目「Money Changes Everything」
14曲目「Girls Just Want to Have Fun」
15曲目「True Colors」

カットされたのは、「The Goonies 'R' Good Enough」の後に「Boy Blue」と
「All Through the Night」の2曲。
それから、「One Track Mind」の後に「The Faraway Nearby」
「Maybe He'll Know」の後に「Yeah Yeah」「He's So Unusual」の5曲。
「Boy Blue」をカットするのは信じられない。めちゃくちゃカッコいい曲なのに。
「The Faraway Nearby」もカットしてほしくなかった。
アルバムも「She's So Unusual 」よりも「True Colors 」の方が好きだなので、
「True Colors」からの曲はカットしてほしくなかった^^;
どの曲も完成度は素晴らしいのですが、「Calm Inside the Storm」と「One Track Mind」の
ライブバージョンが聴けるの事はそれ以降もあんまり歌ってないので一番貴重に感じる。
この2曲はめちゃ好きな曲だし。

客電が落ち「Change of Heart」がスタートすると客席の温度が一気に3度くらい上がったような
興奮を思い出す。
初来日の興奮は、それ以降では体感できないもので、シンディもそうですが、
Bruce Springsteen の初来日の興奮も異様だった、OZZY、ACCEPT、METALLICA、SAXON、
などの初来日も強烈なインパクトだった。
個人的にはBelphegorの初来日の興奮は凄かったけど^^;

初来日のパンフレットの中とチケット




初めて生で観る、聴く、シンディはPVなんかで観たり聴いたりするよりも遥かに存在感もあって、
歌唱力もスタジオ盤以上の強力な声で鳥肌立ちまくりの2時間でした。
初めて生で観るのに、人柄の良さが溢れ出ていて、それまで以上に一気にファンになった。
それで、それ以降も来日するのを楽しみにしてる。
とにかく、可愛くてカッコ良くて性格良くて歌がとんでもなく上手いって印象が強く残った初来日公演でした。

バックバンド
David Rosenthal – Keyboards
Sue Hadjopoulos – Percussion & Vocals
Aldo Nova – Guitar & Vocals
Rick Derringer – Guitar & Vocals
Sterling Campbell – Drums
Kevin Jenkins – Bass & Vocals

キーボードのDavid Rosenthalは、一番自分が好きな時のRainbowのキーボードでした。
ギターのRick Derringerは超有名ギタリスト。1970年代前半から活躍してた。
ギターのAldo Novaもハードロックファンに有名なギタリスト。何枚もアルバムを出してます。
ドラムのSterling Campbellは、このツアーをきっかけに世界的なドラマーになった。
大きなライブは1986年のシンディのバックバンドが初めてだった。
ベースのKevin Jenkinsは、それまでにも多くのバンドのサポートしていて、その後
シンディのアルバム「A Hat Full of Stars」でもベースを弾いています。
パーカッションのSue Hadjopoulosは有名な女性パーカッション。
数多くの大物アーティストのバックで叩いています。



ツアーパンフの裏表紙








最終更新日  2018年06月22日 01時12分34秒
コメント(0) | コメントを書く
原発ひまわりおじなみ3.jpg

PR


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.