4448553 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

Kobe ozzyの日記

2017年04月28日
XML
テーマ:今日聴いた音楽
カテゴリ:カテゴリ未分類
橋幸夫さんの80枚目のシングル。
デビューが1960年の「潮来笠」だから6年の間に80枚のシングルを発売している。
畠山みどりさん等もそうだけど、本当に人気のある歌手は年に5枚以上のシングルを発売するのも
当たり前だった時代です。
橋さんは1966年だけで7枚のシングルを発売しています・
1965年は15枚のシングルを発売!1ヶ月に3枚発売してる月もあります。


A面「汐風の中の二人」
作詞 宮川哲夫さん  作曲 利根一郎さん  編曲 一ノ瀬義孝さん

映画「汐風の中の二人」の主題歌。
陽が沈む頃の砂浜が浮かんで来そうなアレンジと歌詞です。
60年代青春歌謡の名作です。
200曲近い楽曲の中から橋さん本人が選曲したベストにも収録されています。


B面「恋のアウトボート」
作詞 白鳥朝詠さん  作曲 利根一郎さん  編曲 寺岡真三さん

この曲を初めて聴いた時は衝撃を受けた^^; 
もちろん発売当時じゃなく、60年代の洋楽、邦楽のレコードを集め始めた
20年前頃に初めて聴いた。
橋さんにハマったのは、この前にも書いた「ゼッケンNo.1スタートだ」と「恋をするなら」の
2曲を立て続けに知った時から。
その頃は中古レコード屋で60年代の歌謡曲は意外に安く買うことができたので、レコード屋に
行くとまとめて何枚もジャケ買い、タイトル買いで買ってた。
そして、しばらくして橋さんの青春ロック歌謡ばかりを集めたミニアルバムがCDで発売され、
世間でも話題になってきた。
最初は、ロック歌謡系ばかり集めてたけど、演歌や歌謡曲の橋幸夫さんの良さにも次第に
ハマってきた。青春ロック歌謡はもちろん演歌曲にも当然名曲は多い。

「レッツゴー!」の橋さんの叫びから始まるこの曲は、当時きっと最先端の
邦楽ロックだったのかもしれない。歌の出だしからインパクト大!
「♪本気だぜ〜 GO~ GO~ GO!GO!GO!  好きなんだ〜 GO~ GO~ Let'sGO!GO!」
「Let'sGO!GO!」の部分は食い気味に勢いが凄い。

「♪二人でアイラブユーラブ 二人でアイラブユーラブ」の歌い方も1番ではセリフにしてたり、
3番まである中でいろんなパターンで聴けます。
そして、この部分を聴くと、レコーディングでは一気に歌入れしてるのもよくわかる。
オーバー・ダブして繋げていない。きっと、60年代は歌は一発録りのみだっただろうな。
本当に歌が上手くないと、バレてしまう時代です。













楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年04月28日 23時11分53秒
コメント(0) | コメントを書く
原発ひまわりおじなみ3.jpg

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.