おじなみの日記

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019年09月20日
XML
カテゴリ:宝塚歌劇
宝塚歌劇花組公演「A Fairy Tale -青い薔薇の精- /シャルム!」2回目観劇。
今日は客席にカメラが数台入っての収録でした。
いつものカメラより一回り大きく、光漏れをしないように完全に黒い板と布で覆っていました。
休憩の時にカメラを見てみると、何と!8Kカメラでした。
8K収録なので、撮影隊のスタッフの人数もいつもより3倍以上いたように思います。
その分、客席もいつも以上に潰していたように思う。
音もNHK独自の22.2chサラウンドで収録してるのだろうか?
家庭では22.2chスピーカーを揃えるのは、よほど広い部屋がない限り無理なのように思う。
それ以上にスピーカーを24個も買うのが大変^^;完全に音も三次元の時代になっていくのか。
8Kで放映されても、まだ8Kモニター持っていないのでどんな高画質なのかわからないけど、
そろそろ4Kから8Kテレビに買い換え時かもと思うけど、まだまだ8Kテレビは各メーカー出揃ってない状態。
ことしの年末頃に各メーカーが出してくるのかも知れない。
今や、BSフジの演歌番組でもこの前から4K放送になった・・・・

終演後は久々に川向こうの居酒屋へ。
地酒メニューはほとんど変わりなかったけど、料理はこれまでになかったような物も増えていた。
日本酒呑みながら、ちびちび食べるようなあてが増えたのでうれしい。
鯛の酒盗は絶品でした。






「A Fairy Tale -青い薔薇の精-」
大スターの退団公演に相応しい作品だと改めて感じた。
芝居もショーもかなり退団仕様に作られてるのが、今回の退団公演。
極力、退団色を消してた印象なのが、この前の星組公演。
各トップスターに一番合っているラスト公演になってて2作品とも素晴らしいと思う。

「シャルム!」
大人っぽく妖艶なショー。明日海りおさんと柚香光さん2人で踊る場面がもっと欲しかった。
近年稀に見る、美しい並びのトップ&二番手の並びなので、
この2人でもっと作品を多く観たかったと今だに思ってる。本当の兄弟のように観える瞬間がある。
この2人のみ出演のショーとか観てみたい。

明日海りおさんと柚香光さんは文句なしに最高です。

羽立光来さんの活躍も多い2作品なので、その点でも満足。
ギルバート役の濃さは最高です!愛人の華雅りりかさんも良い味出してて、
もっと2人のシーンを長く観たいと思わせてしまう^^;
ギルバートから一転、妖精の庭セレモニーでは、ロイヤルジェントルマン役^^
貴族の鬘で優雅な微笑みをたたえ、ギルバートとの振り幅の広さを楽しめます。
ショーでの最大の見せ場はキャバレーの歌手の役。
動きも表情も素晴らしく、もちろん歌は当然素晴らしく、見入ってしまう。

ショーのオープニングから大活躍の若手6人。
この6人、誰もが華があってこれからの活躍が楽しみになる人ばかりです。
自分は特に一之瀬航季さんと飛龍つかささんをついつい目で追ってしまう。
妙な魅力を感じる2人です。

この公演はまだ観ます。明日海さんが宝塚歌劇からいなくなるのが、まだ現実味を感じない。



明日海りおさんのサイン入り2016年カレンダー




次期花組トップスターの柚香光さん






最終更新日  2019年09月20日 01時38分07秒
[宝塚歌劇] カテゴリの最新記事

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.