おじなみの日記

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020年10月26日
XML
カテゴリ:映画
Ennio Morricone(エンニオ・モリコーネ)が今年の7月6日に亡くなられました。
エンニオ・モリコーネと聞けば真っ先に思い出す映画音楽は人によってかなり違うと思う。
「ニュー・シネマ・パラダイス」の人もあれば、「死刑台のメロディ」の人や「夕陽のガンマン」の
人もあれば、「海の上のピアニスト」、「バグジー」、「シシリアン」・・・きりがない。

自分は好きな映画の映画音楽がEnnio Morriconeの事が多かったように思う。
「シシリアン」は小学生の高学年の時に一人で3本立ての映画館で観て衝撃を味わったフランス映画でこの音楽は子供の頃からずっと好きだった。
初期のダリオ・アルジェント作品「4匹の蝿」と「わたしは目撃者」の2本にも心に残るような
印象的な楽曲を提供しています。
「バグジー」も好きな映画です。作品も音楽も最高です。

でも、自分にとってエンニオ・モリコーネが作った曲の中で一番好きなのが、
「エクソシスト2」の「Regan's Theme」と「Magic And Ecstasy」です。
「エクソシスト2」は、1977年公開の作品。
ロードショー初日に神戸の聚楽館という古いけどスクリーンも客席も巨大な映画館で観た。
感動でその日の夕方まで4回連続で昼ごはんも食べずに観ていたのを思い出す。
駄作だとよく言われる映画ですが、内容も構成も音楽も役者も全て大好きです。
サントラ盤をすぐに買って毎日のように聴いて場面を思い出していた。
まだ子供だった自分だけど、この映画で3カ所必ず泣けるシーンがあった。
今でもこの映画を観るとその場面で泣けてくる。
音楽も気持ちを昂ぶらせて凄い相乗効果になっています。





アルバムもシングル盤も買って、部屋にはエクソシスト2のポスターを飾ってた。
今でもポスターは額に入れて飾っていますが^^;
10代前半でどっぷりと深みにハマった映画でした。

公開当初のサントラ盤と現在CD化されて発売しているものと、タイトルが入れ替わってる
不思議な事がおきてる。
1977年発売のアナログ盤EPでは「PAZUZU」とタイトル付けられてた曲が、
今では「Magic And Ecstasy」になっています。
アナログ盤LPにも「Magic And Ecstasy」というタイトルの曲はありますが、それはまた
違う曲です。
現在のCD盤では「PAZUZUのテーマ」はラモント神父がアフリカの埃っぽい街を彷徨う時に
流れる変拍子と民族楽器の凝りまくってる楽曲です。
この曲ももちろん大好きなのですが、子供の頃から「PAZUZUのテーマ」は
あのハードロックな曲の「PAZUZUのテーマ」だと思い込んでいる。
日本盤シングルが間違っていたのだと思うけど、こっちの方が「PAZUZUのテーマ」らしいと思う。

A面「リーガンのテーマ(Regan's Theme)」
    作 Ennio Morricone

この曲は映画の中で数回流れますが、やはり一番印象的で感動的なのは、
リーガンが通院している病院で自閉症の女の子と出会う。
リーガンは自分の持ってる力でその少女の心を開いていき、言葉が発せられるようになる場面。
その場面のカメラワークも照明も大好きです。
この曲は美しく哀しい女性のソロスキャットがメロディーを奏でる名曲です。


B面「悪魔のテーマ/パズズ(PAZUZU)」
    作 Ennio Morricone

完全なハードロック曲で、それも洗練された構成、アレンジの名曲です。
20代の頃にやってたメタルバンドのオープニングにこのインスト曲を演奏していた事があった。
この曲が好きすぎて歌詞つけて歌おうとまでした事があった^^;
Ennio Morriconeはどんなジャンルの映画でも、B級、C級映画でも本当に良い曲を書いています。
1作目の「エクソシスト」よりも「エクソシスト2」の方が好きな理由の一つに
音楽の要素が大きい。

LPジャケ




全ての映画の中で一番回数を観た映画はひょっとして「エクソシスト2」かも知れない。
「終電車」と「インドシナ」も凄い回数観てると思うけど・・・。
「ひまわり」「冒険者たち」「ハスラー」「天国から来たチャンピオン」「パリの灯は遠く」
「バグジー 」「スティング」「シャレード」「カッコーの巣の上で」「ノスタルジア」「鏡」
「ボルサリーノ」「Profondo Rosso」「レッズ」「アンドレイ・ルブリョフ 」「サスペリア」
「サクリファイス 」「フェノミナ」「ホーリー・マウンテン」「サンタ・サングレ」「デアボリカ」
「ゴジラ2000」「大巨獣ガッパ」「ゴジラ対ヘドラ」「モスラ対ゴジラ」「地球最大の決戦」
「ガメラ対バルゴン」「ガメラ対ジャイガー」「ガメラ対ギャオス」「ゴジラ対メガギラス」
「ゴジラvsビオランテ」「ゴジラvsデストロイア」「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』」・・・・は、数えきれないほど回数を観てる映画。

「GODZILLA 2014」と「ゴジラ キングオブモンスターズ」は確実に上の仲間入りする映画^^

サントラ盤聴いてたら、映画観たくなってくる。
明日は「エクソシスト2」を日本用編集とアメリカオリジナルを続けて観る事になりそう。


リマスターされてCD化されたサントラ盤が発売された時に詳しく書いたように思う。


LP裏ジャケ


レーザーディスク。帯の色との色合いが凄く好きです。ほんのり緑がかってるジャケットも最高






最終更新日  2020年10月26日 06時36分05秒
[映画] カテゴリの最新記事


PR

X

© Rakuten Group, Inc.