おじなみの日記

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020年11月23日
XML
森進一さんのシングル盤は全シングル127枚、ほとんど書いたように思ってたけど、
こんな超名曲をまだ書いていなかったみたいです。何を書いたのかもわからなくなってきた^^;
楽曲「さざんか」の事はライブ盤やコンサートを観に行った時に何度も書いてるので
書いた気になったのかも。

今朝、玄関先に植えてる「さざんか」の写真を撮ってる時に、この曲が頭の中にイントロから流れてきた。
毎年、この時期「さざんか」が咲き始めると毎朝、森進一さんの「さざんか」を口ずさんでしまう。
玄関先に「さざんか」を植えたのも森進一さんの「さざんか」って曲が凄く好きだったから。
(庭に金木犀を植えたのは「君にひとみは10000ボルト」の影響です^^;)



玄関先の今年の「さざんか」
まだまだ蕾が多く1月終わり頃まで毎年、次々と咲いてくれる。




A面「さざんか」
作詞 中山大三郎さん  作曲 猪俣公章さん  編曲 小林仁三さん

この曲はスタジオバージョンよりもライブで聴くと感動は倍増する曲です。
10種類リリースされてるライブ盤の2種類にしか収録されていないのは残念です。
コンサートでは比較的よくセットリストに入る曲なのですが。

1976年発売「オリジナルコンサート1 愛と涙のオンステージ」
1977年発売「オリジナルコンサート2 男と女の季節」

この2種類のライブ盤に「さざんか」のライブバージョンが収録されています。
カセットテープのみで発売された「オリジナルコンサート3 まぼろしの…」には収録されなかった。
  (ライブ盤で残念なのは2番を飛ばして1番と3番のみしか歌わない所。フルコーラス聴きたい)
「オリジナルコンサート」シリーズはオリジナル曲のみのはずなのに、「3」だけカバー曲が多くて
少しがっかりです。やっぱりオリジナル曲だけを聴きたい。
「3」の凄い所は「雪よおまえは」が聴けるのがかなり貴重です。あと「うさぎ」も歌っています。
多分「雪よおまえは」は、カセットのみ発売の「オリジナルコンサート3」でしか聴けないと思う。

映像作品なら2005年に開催された40周年記念のコンサートのライブDVDにも収録されています。
この時のライブは「さざんか」「雨の桟橋」「ゆうすげの恋」と中山大三郎さん作品を
3曲連続で歌うという感動的なセットリストでした!この曲は名曲中の名曲です。

「さざんか」は小学生の頃に初めて聴いた時から大好きな曲です。
この時期、さざんかの花がいろんな場所で咲き始めるの見ると必ず聴きたくなる1曲です。
普通子供なら「♪さざんか さざんか 咲いた道 焚き火だ 焚き火だ 落ち葉焚き」が
頭に浮かびそうですが、この曲が発売されてから「さざんか」を見ると森進一さんのこの曲です。
大川栄策さんの「さざんかの宿」もかなり好きな曲ですが、やはり森さんの「さざんか」の方が
好きです。


B面「いのち燃やして」
作詞 中山大三郎さん  作曲 猪俣公章さん  編曲 小林仁三さん

このB面ですが、想像するにどっちをA面にするかギリギリまで考えたんじゃないかと思う。
「さざんか」に負けていない名曲です。
タイトルのインパクトなら「いのち燃やして」の方があったと思う。
「さざんか」は男の悲哀を歌っていますが、このB面は悲しい女歌です。


この「さざんか」の次のシングルも中山大三郎さんが作ったド演歌の「雨の桟橋」です。
この曲は強烈なドラマチックな構成で「さざんか」以上の名曲だと思ってる。
「雨の桟橋」は作詞、作曲とも中山大三郎さんです。
「雨の桟橋」もライブで聴く方が何十倍も凄い。

DVD「森進一 輝きの軌跡 - 森進一 歌手生活40周年記念リサイタル -」
   「さざんか」を歌ってる所。










最終更新日  2020年11月23日 22時38分42秒
[森進一 ・畠山みどり ・水前寺清子] カテゴリの最新記事


PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.