おじなみの日記

全656件 (656件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 66 >

カテゴリ未分類

2020年09月30日
XML
テーマ:お勧めの本(5267)
カテゴリ:カテゴリ未分類
あまり本の紹介はしていないけど、今日は2冊目。
著者の古川誠一さんはキックボクシングジム「POWER OF DREAM」の会長。
この会長が自分の生い立ちから、ジムを設立して紆余曲折ありながら
K-1スーパーバンタム級王者とフェザー級王者の二人とKrushバンタム級王者を一人を
育て上げるドキュメントなども書かれています。





キックボクシングジム「POWER OF DREAM」を知ったのは、5年ほど前のKrushの試合。
CSで観ていた時にQUEENの「I Was Born To Love You」を入場曲にして、まだ子供のような
若い選手がリングに上がった。それが武居由樹選手だった。
(「I Was Born To Love You」は元はFreddie Mercuryのソロ曲)
今ではQUEENの映画の大ヒットで若者もQUEENを聴いたり歌ったりするのは当たり前のように
なっていますが、5年前はそんな事はまったくなかった。
子供みたいだけど鋭い眼光の武居由樹選手に一気に興味を持った。
(鋭い眼光は試合の時と練習の時だけで、いつもは超天然のおもしろい性格に思う)
入場曲がQUEENの曲じゃなかったら多分、他の選手と同じ感覚で観ていたかも知れない。
ここから武居由樹(たけいよしき)選手を応援しはじめ、
あっという間に2016年初代Krush -53kg王者となり、その翌年にはK-1の王者に登りつめた!

武居由樹選手は子供の頃から壮絶なドラマがあり、悪ガキからキックボクサーになっていく
ドキュメント番組が作られた。
フジテレビ「ザ・ノンフィクション」の「悪ガキ ガチンコ物語」。
その4年後にも7年後にも「ザ・ノンフィクション」で武居選手を追いかけた番組が制作された。
そのあたりの武居選手の生い立ちなどもこの本に書かれています。

古川会長と武居選手の微笑ましくおもしろい関係は、試合終了時にもよくわかる。
凄い勝ち方してKO勝ちしてるのに、コーナーに戻ると犬が飼い主に叱られてる時のような目の
武居選手を何度か見た^^;
実際、試合終了すぐに怒られてた事が多かったようです。


いつもは音楽と映画の事ばかり書いていますが、格闘技もかなり好きです。
昔は格闘技通信を毎号必ず買ってました^^;
立嶋篤史さん、前田憲作さん、吉鷹 弘さんらが盛り上げてた時代の立ち技格闘技から
グレイシー柔術や骨法が話題になってきた時期のMMAとかもおもしろくて
格闘技通信を毎号買うようになった。

今はCS「FIGHTING TV サムライ」に加入してプロレス、女子プロ〜DEEP、パンクラスなども
いつでも観られるようになった。
それとあとGAORA SPORTSにさえ入ってれば格闘技の7割ほどはカバーできるように思う。

ケーブルテレビやAbemaTVで観るばかりで実際の生の試合は最近まったく観に行っていない。
会場で生で聴く打撃の音の迫力は生でしかわからない事はよくわかってるんだけど。
 
『下克上トレーナー』はおもしろくて一気に読みきった。
古川会長の魅力もより強く感じられるようになった。
そして「POWER OF DREAM」所属選手を前より贔屓目に観て応援してしまう事になりそう^^;








最終更新日  2020年09月30日 05時07分47秒


2020年08月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
アイルランドのバンド「U2」の2ndアルバム。
U2の中でも最初に聴いたアルバムなので思い入れが強い。
U2は当時ポリスターレコードで取り扱われていました。
その頃ポリスターに知り合いがいたので、いろいろ洋楽の情報なども教えてもらっていました。
時にはサンプル盤をもらったりして聴いてました。
 
最初にU2の曲を聴いたのはポリスターの洋楽の推奨アーティストをまとめたカセットテープ。
U2の他にもWAS No't WASやウルトラボックス、スティーブ・ウィンウッド、ドナ・サマーなどが
一緒くたにまとめられて収録されてるプロモテープ。
その中にU2の曲は、たしか「Gloria」「Fire」「I Fall Down」の3曲が収録されてたと思う。
気に入ったので梅田のDaigaレコードに買いに行ったのを覚えてる。

今でもU2のアルバムの中では一番よく聴くアルバムだし、一番好きなアルバムかも知れない。
このアルバムと「WAR」「The Unforgettable Fire」の3枚が好きです。





A面
1曲目「Gloria」
2曲目「I Fall Down」
3曲目「I Threw a Brick Through a Window」
4曲目「Rejoice」
5曲目「Fire」

B面
1曲目「Tomorrow」
2曲目「October」
3曲目「With a Shout」
4曲目「Stranger in a Strange Land」
5曲目「Scarlet」
6曲目「Is That All?」

1983年11月22日大阪フェスティバルホールでの初来日公演を観た。
自分はこの「October」からの曲を多く聴きたかったのだけど、多分3曲ほどしか
演奏されなかたったように思う。
本編ラストが「Gloria」だったのは最高だった。
この曲がなければU2を好きにならなかったと思う。


1983年11月22日大阪フェスティバルホール公演のチケット購入整理券と「WAR」予約特典のステッカー
友人と始発で梅田行って並んで65番だったので、まだまだ人気はそこまでなかったと思う。
OZZYとかなら前日の昼過ぎからウドーの前で並んだりしてた。それでも50番以内に入るのは
なかなか厳しかった。3日前ぐらいから徹夜してる人も多かった。
整理券は当時コレクションしてたので、友人たちも全員受け取って1枚使わずにもらってました。
他にもいろいろ整理券出てきたけどボロボロになってた^^;




初来日公演は3rd「WAR」から楽曲の時だけ特に盛り上がってた印象。
確かに自分も「WAR」から楽曲で興奮した。
1stからの楽曲をまとめて前半に演奏したのもあったし…。
来日直前でシングルカットになった「Two Hearts Beat As One」が特に好きだったので
生で聴けた時は鳥肌だった。
そのB面の「Endless Deep」も物凄く好きだった曲。この曲はセットリストに入らなかった。
「October」からなら「Rejoice」「Stranger in a Strange Land」「Is That All?」の
3曲が聴けなかったのが残念すぎた。
関係ないけど、そういえば「Is That All?」のGリフを聴くと
Soilworkの「Stabbing The Drama」のイントロリフを思い出す。その逆も。
Soilworkの誰かがU2のファンなのかも^^;

何年かぶりにこのアルバム聴いたけど、「October」が一番良かったかも。
美しく寒々しいバラード。前から好きだった曲ですが、このアルバムの中で一番響いたかも。









最終更新日  2020年08月04日 23時12分15秒
2020年03月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類
シカゴのレコーディングスタジオAtlasのオーナーでもあるMatt Allisonの1989年発売のEP
最近、Indie Rockの事を何度か続けて書いてるけど、Matt Allisonもそこのジャンルに入るかな。

7", Single




A面「Hard Look At Perfect」
リズム隊はVelvet CrushのPaul Chastainがbassで、Ric Menckがドラムです!
あとの歌と演奏は全てMatt Allisonです。
キラキラした8ビートの爽やかなロックです。
Velvet Crushもまだ本格的に活動する前の演奏なので貴重かも。
超シンプルなカッコ良さを楽しめる。
Velvet Crushの事は凄い前に一度書いたと思うけど知らない間に昨年、来日もしてたようで
ちょっと生で聴いてみたかったと思ってる。

B面「Heyday」
全てMatt Allisonの演奏です。
B面も心地良い軽快な8ビートロックです。
こっちの曲の方は哀愁を感じて、学生時代を思い出すようなサウンドです。

この2曲はアナログ盤でのみ発売されました。







最終更新日  2020年03月05日 04時18分39秒
2020年01月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は兵庫・柳原蛭子神社にお参りしてきた。
「十日えびす」には、物心付いた頃から毎年必ずお参りに行ってる。
1月9日の宵えびす、1月10日の本えびす、1月11日の残り福の3日間のうち、その時の都合で
行く日はまちまちですが、今年は久しぶりに本日の本えびすに行く事ができた。
ここの神戸のえべっさんはあまり知られていないかも知れないけど、
それなりに規模も大きく人出も毎年凄い。
20年間ほど大阪に住んでてた期間も、ここの柳原蛭子神社には毎年必ずお参りしていた。





境内や参道にもかなり多くの出店が並んでいます
お祭りの出店の食べ物があまり好きじゃなくて、買う事はまったくなかったのですが、
唯一、十一の奈良漬がメーカー直で出店してる店があって、そこで必ず白瓜と守口大根、きゅうりなどの奈良漬を買うのが毎年の楽しみだった。
それが、今年出てなかった。毎年同じ場所で出店してたのに・・・。
その場所は違う店になってた。それでその店の人に聞いてみた^^;
すると、十一の奈良漬の会社自体がなくなったと知らされた。
そういえば、昨年らっきょうで何か問題になってたのは知ってたけど会社自体が倒産するとは
思ってもなかった。
子供の頃から奈良漬が好きでその中でも十一の奈良漬は1,2を争う好きな味でした。
それがなくなったのは寂しい限り。

えべっさん行った事をブログに書くなんて初めてだけど、十一の奈良漬の事があったので
書きたくなってしまった。


竹札が入ってた袋
  






最終更新日  2020年01月10日 21時54分49秒
2019年10月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
アメリカのテクニカルデス「Revocation」の7枚目のアルバム。
1年前に発売された、現在ではこのアルバムが最新アルバムです。

バンド構成
David Davidson    Guitars, Vocals
Dan Gargiulo       Guitars, Vocals
Brett Bamberger        Bass
Ash Pearson        Drums





Revocationのアルバムは2nd「Existence Is Futile」と4th「Revocation」の2枚が
一番よく聴いたアルバムですが、このアルバムの前の5th、6thも今頃になって再びよく聴き出した。
少し前はあまり好きではなかった「Fracked」のようなタイプの曲がやたら好きになってきて
よく聴いている。

1曲目「Of Unworldly Origin」
2曲目「That Which Consumes All Things」
3曲目「Blood Atonement」
4曲目「Fathomless Catacombs」
5曲目「The Outer Ones」
6曲目「Vanitas」
7曲目「Ex Nihilo」
8曲目「Luciferous」
9曲目「A Starless Darkness」

このアルバムの中で今、自分がハマってる曲は
2曲目「That Which Consumes All Things」
5曲目「The Outer Ones」
8曲目「Luciferous」の3曲。

発売当初は、まず1曲目の「Of Unworldly Origin」のカッコ良さや、
「Fathomless Catacombs」のノリの良い疾走感にハマってました。

タイトル曲「The Outer Ones」は、やっぱり完璧。どのパートもカッコいい!
2曲目「That Which Consumes All Things」の邪悪度の高さや、凝った構成、アレンジに
惹かれてしまう。
ブラックメタルっぽさを感じる8曲目「Luciferous」も、聴くたびに好きになる曲。
最近、1st「Empire of the Obscene」のデラックス盤が出たみたいだけど、
まだ買ってなかった。

Revocationはどのアルバム買っても損しないように思う。
どれも聴きやすさもあるし、エグさもちゃんとある^^







最終更新日  2019年10月16日 23時45分19秒
2019年06月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ポール・ウェラーの2012年発売のシングル。
11枚目のソロアルバム「Sonik Kicks」からのシングルカット。
「Dragonfly」と、この曲の2曲がシングルカット

A面「That Dangerous Age」
アルバムも大ヒットして、シングルカットされたこの曲もヒット。
タイトルもキャッチーだし、曲自体もキャッチーでPOPです。
がっつりハマった時期はなかったけど、The Jam、The Style Council、ソロと
満遍なく聴いてきた。
スタイル・カウンシル時代が一番よく聴いてたように思う。
発売当時にCDショップのアナログコーナーでこのシングル見つけて買った。
2012年ってちょうどアナログ盤を再び集め始めだした頃でした。
「Sonik Kicks」はCDでしか持ってないけど・・・


B面「Green」Motorik Version
この曲が凄く気に入ってた曲。「Sonik Kicks」の1曲目です。
エレクトロニカ色が強めな曲で、アレンジも構成もかなりカッコ良い。
シングルのロングバージョンも良いけど、アルバムのシンプルなバージョンの方が好きです。
最近のシングルなら2015年発売の「Pick It Up」が大好きでよく聴いてました。
「Pick It Up」もアナログ7インチ買った。

B面曲違いの2種類
もう一つのB面は「That Dangerous Age (Matt Helders (Arctic Monkeys) Remix)」















最終更新日  2019年06月13日 22時52分22秒
2019年06月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
イギリスの二人組のロックユニット「ユーリズミックス」の1984年シングル。
1983年11月発売の3rdアルバム「Touch」のリードトラックです。
かなり前に「Touch」か「Be Yourself Tonight」の事を書いたと思うけど、
最近、まったくEurythmicsを聴いてなかったので「Touch」を聴いてた。
「Freddie Mercury Tribute Concert」でのボーカルのAnnie Lennoxの存在感は特別な物でした。
Queen & Annie Lennox & David Bowieで「Under Pressure」のフレディのパートを歌った。

A面「Here Comes The Rain Again」
イントロを聴くだけで、その頃、遊びに行ってた街や店を思い出したりしてしまう。
この曲は3rdアルバム「Touch」の1曲目です。
ハイトーンの女性ボーカルよりも、テノールからコントラルト辺りを響かせて聴かせる声が好きで
Annie Lennoxはモロにその声域がカッコいいボーカリスト。
日本なら松任谷由実さんや中島みゆきさんも、その辺りの声域がカッコいいので好きです。
高音パートも歌うけど、女性にしたら低めの声のカッコ良さに昔から惹かれる。
(中にはKate Bushのようなソプラノを美しく響かせるボーカルで好きな人もいますが…)
年をとるに連れて、男性ボーカルもハイトーンシャウトが少ない人の歌を中心に聴くようになった。
メタルでも高音で歌ってるのを聴くのは疲れる。それなら低音グロウルやガテラル下水系の方が
聴いてて落ち着く^^;

「Here Comes The Rain Again」のMVも、異様な存在感とカッコ良さで大好きな映像です。
Eurythmicsのライブに一度も行かなかった事が、後悔してる事のひとつです。
この「Here Comes The Rain Again」はロングバージョンもあります。
日本盤シングルは4分54秒でアルバムと同じ。
10秒長い5分5秒バージョンで収録されてる7インチEPを出してる国もあります。


B面「Paint A Rumor」
この曲は3rdアルバム「Touch」のラストに収録されてる曲です。
アルバムと同じ7分30秒バージョンです。
この曲もロングバージョンがあって8分超えるのに7インチに入れてる国もあります。
多分、33回転なんだと思うけど…。12インチシングルなら45回転でも収録できると思う。
QUEENの「Machines (Or Back To Humans)」を初めて聴いた時に、
ロジャーはEurythmicsの事をきっと気に入ってるんだと思った。
「Touch」の1年後くらいだったし、頭の片隅に「Paint A Rumor」が残ってたのかも。
「♪ Living in a new world Thinking in the past (humans)
   Living in a new world How you gonna last? (humans)」
この部分を初めて聴いた時に「Paint A Rumor」が真っ先に浮かんだから・・・。

「Paint A Rumor」も本当にカッコいい曲です。



7分30秒の「Paint A Rumor」はギリギリまで溝があるので、曲が終わるとすぐに自動で針が上がり
戻って来ます^^;






最終更新日  2019年06月08日 23時43分48秒
2018年12月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類
クロアチアのブラックメタル「The Frost」の2006年Demoの再編集版。

一人BLACKです。
Gorgor All instruments, Vocals, Programming



1曲目「Under A Spell Of The Stellar Night」
延々とオオカミの遠吠え…冷たそうな水のせせらぎ…クリーントーンのギターアルペジオ。
いい感じです。インスト。
2曲目「In The Name Of Eternal Darkness」
高速ブラストのファストナンバー。音質も悪くなく、ボーカルも前面に出ててクリアです。
ボーカル前すぎるかもわからないけど^^;
よくあるけど、一人ブラックなのにハイハットでカウント取るのは何でだろ?^^;
ドンカマ使ってないって事なのかな。
3曲目「Damned & Forgotten」
このタイトルナンバーは名曲です。この曲はギターにゲストプレイヤーのVoidが参加。
この曲もファストナンバーです。
4曲目「Lost In The Valley Of Death」
リズム打ち込みアレンジも自分の好きな感じです。
この曲はミディアムナンバーで少し落ち着いた感じ。この曲もゲストプレイヤーのVoidが参加。
5曲目「On The Winter Paths Of Solitude」
この9分13秒の曲までが「Damned & Forgotten」のDemoです。
かなりの長尺ナンバーですが、聴きやすく構成されてるので飽きずに聴けます。

6曲目「Ravens On The Bloodred Sky」
ここからの3曲は1st Demo「In Conspiracy with Nature」のナンバーです。
「Damned & Forgotten」の音質とは違っていて、全体のバランスはこっちの方が良いような…。
生々しさを楽しむのは1st demoの3曲です。
7曲目「Through The Snowy Forests Of Old」
ファストナンバーです。
取っつきやすいキャッチーな部分のある曲が多いので、クセの強いボーカルに抵抗なければ
かなりハマる人もいるような気もする。自分はこのクセのあるボーカルは大好きです。
8曲目「...Where The Wolves Paths Lead」
キャッチーでPOPなイントロに一瞬引くけど妙にあとで耳に残る楽曲です。
どの曲も良いフレーズが多くて埋もれていくのは勿体ないような気もする。



一人ブラックだけど、なぜか4人。
ライブメンバーなのかも知れない。






最終更新日  2018年12月05日 23時49分36秒
2018年12月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
1989年発売の森進一さんのシングル。
アナログからCDへ移行真っ最中でCDが出回った枚数も多くない。
企画盤っぽい雰囲気だったのもあって、あまり知られていない曲です。

1曲目「夢をつづけて」
作詞 荒木とよひささん/梶賀千鶴子さん  作曲 三木たかしさん  編曲 青木望さん

劇団四季オリジナルミュージカル「ユタと不思議な仲間たち」のテーマ曲だったこの曲を
森進一さんがカバーしたものです。
森さんと編曲の青木望さんの組み合わせはなかなか珍しいような気がする。
青木望さんと言えばアリスや谷村新司さんの楽曲の中でも、クラシカルでスケールの
大きい楽曲で編曲を担当する事が多いように感じる。
劇団四季のこのミュージカルはまったく知らないけど、森さんの歌唱とこの曲の相性の良さを
昔から感じてました。青木さんのストリングスアレンジとホーンの使い方が感動的です。


2曲目「恋しくて」
作詞 売野雅勇さん  作曲 関口俊行さん  編曲 川口真さん

このカップリング曲も演歌色はほぼないバラードナンバーです。
ブルースハープソロを効果的に入れてて物悲しさを強めています。
森さんの歌唱はクセを極力抜いたサラリとした唱法を使っています。

このシングルの次が名曲「移り香」です。
「移り香」はもっとヒットしてもいいと思った曲。
名曲「東京物語」よりもさらに好きなんだけどな・・・。


 

1978年秋の森進一さん





これも1978年秋の森進一さん






最終更新日  2018年12月04日 23時44分01秒
2018年11月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
アメリカのブラスロックバンド「チェイス Chase」の1971年シングル。
ブラスロックの新しいスタイルを確立したバンドと言われています。
日本ではこの曲がヒットすると1970年代〜1980年代前半までロックバンドや歌謡曲のブラスアレンジに
大きな影響を与えてると思う。
チェイスの1stアルバムを聴いてると、1973年〜1975年辺りの歌謡曲のブラスアレンジをは
かなりフレーズを真似てる物が多いと思える。

9人編成で、リードボーカルとギター、ベース、パーカッション、キーボード、トランペット4人編成。

A面「Get It On(黒い炎)」
「GET IT ON」と聞いて最初にT.REXを浮かべるか、Chaseを浮かべるか・・・
自分は確実にChaseのGet it onを浮かべる。
T.REXのGet It Onと同じ年に発売されました。
両曲とも日本のロックシーンや歌謡曲には大きな影響を与えた曲だと思う。
チェイスの「Get It On」は欧陽菲菲さんの「恋の追跡(ラブチェイス)」を聴けば
楽曲アレンジのほとんどに影響があったとわかります。
例えば1stアルバムに収録されてる「Boys And Girls Together」に西城秀樹さんの
「激しい恋」のアレンジはかなり影響が強い。
アリスの1979年限りなき挑戦ツアーのブラスアレンジもチェイスのブラスアレンジの多くを
意識してる部分がある。「夢去りし街角」のB面「逃亡者」のブラスアレンジも
チェイスの影響は大きいと思ってる。
他には関西でのバラエティテレビ番組の楽曲なんかは完全にそのままフレーズ使ってるような
物が多かった。あの頃は歌メロに関しては盗作という事はあったけど、イントロやアウトロ、
楽曲アレンジに関しては特に盗作という概念はなかったからいいんだけど。
完全なパクリではないけど「ラブアタック」なんかもチェイスのブラスアレンジの影響が
かなり大きいと思う。

B面「River」
この曲はアルバムからのカットですが、アルバムでは14分に及ぶ組曲の最後のパートとして
収録されています。この曲だけじっくり聴くにはシングルバージョンで聴くのが一番。
この曲はA面とは真逆な感じでLed Zeppelinの「Houses of the Holy」に入ってそうな前半が
印象的です。この「RIVER」の部分が特に好きなのでEPで聴きたくなる。
 
チェイスが発売した3枚のオリジナルアルバムをリマスターして2枚組のCDにした物が出ています。
値段も安いのでブラスロック好きは感涙だと思います。











最終更新日  2018年11月11日 23時55分19秒

全656件 (656件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 66 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.