おじなみの日記

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全6件 (6件中 1-6件目)

1

鉄道

2019年09月04日
XML
カテゴリ:鉄道
今年、発売された鉄道の写真集で気に入ってる2冊です。
あまり鉄道の事は書いてないけど、子供の頃から電車に乗るのが好きで、
自動車の方が楽な場所でも、鉄道で旅行するのが好きな子供だった。
今でも自動車やバスや飛行機よりも、なるべく鉄道でどこかに行くのが好きです。
小学生の頃は写真を撮りに行ったりもしてたけど、中学生以降は旅行の時に乗るのと、
写真集などを買う程度のマニアになった。

「国鉄型特急車両」
今の形のJRの特急はほとんど興味なくて、この「国鉄型特急車両」が自分が好きな電車にバッチリはまる。
前は金沢へ行ったりする時でも「サンダーバード」「スーパー雷鳥」じゃなく、
わざわざ古い車両の「雷鳥」に乗ったりしてた。
キハ81系「くろしお」や四国色になる前のキハ181系「南風」に乗るのが好きだった。381系「やくも」も懐かしい。

この写真集は痛いところに手の届く、欲しい写真が満載で大満足。
凄い写真量で2500円はかなり安く感じる。





「関西の私鉄 昭和30年代〜50年代のカラーアルバム」
この表紙を紀伊国屋で観た瞬間に手にとってレジに並んでた^^;
自分にとって一番身近かな私鉄は「神戸電鉄」「阪急電車」「山陽電鉄」「阪神電鉄」の4会社。
神戸電鉄に関しては、かなり少ないので不満ですが、観たことのない珍しい写真もあったので良しとする。
山陽電鉄に関しては、良い写真のオンパレードで大満足。
阪急は単体で多くの写真集も出版されてるので特に目新しい感じはなかったのですが、
オールカラーで懐かしい風景に溶け込んでる阪急電車の写真は感動でしまう。



子供の頃に自分で撮った写真

一番憧れてた特急「白鳥」 大阪から青森まで夜行じゃなく昼間に走る特急!
大阪から青森までこれに乗ってみたかった。一度だけ金沢まで乗ったことはあるけど^^;


これも同じ路線を走ってた特急。大阪から新潟まで。



「しおかぜ」と「あさしお」



急行「土佐」 これは高松駅かな・・・


これも多分、高松駅かな






最終更新日  2019年09月04日 00時08分49秒
2018年02月26日
カテゴリ:鉄道
新幹線0系が引退して10年。
0系が廃車に伴い多くの写真集やDVD、模型、Nゲージなどが発売されました。
全てを買うのは無理だけど、かなりいろいろ当時買いました。
0系は、一番思い入れのある新幹線です。
物心ついた頃に初めて乗せてもらって凄く興奮したのを覚えています。
家族で何年か続けて冬になると熱海に行ってたので、その往復は新幹線!
ひかり号で名古屋までいってこだま号に乗り換えて熱海まで行った事もあるし、
新大阪から熱海までこだま号だけで行った事もあった。
乗ってる時間が多い方がうれしかったのでこだま号で行く方が好きでした^^;
熱海温泉の旅館や温泉の記憶はほとんどないけど、熱海駅で通過するひかり号を見るために
何分も温泉に行かずに駅で新幹線を見てた事や、新幹線の中での思い出はかなり鮮明に記憶に残ってる。

今でも0系が一番好きです。乗り心地やスピードなどN700系に比べると雲泥の差ですが・・・。
少し前にN700Sが2020年から走り始めるとニュースになっていました。
デザインは今のN700Aと、そんなに大幅な違いもなさそうです。
新幹線はよく使うので、より速く、より軽快になるのはうれしい。
新幹線は好きだと言いながらも、新神戸駅出て1個目のトンネルでウトウト寝てしまってて、
新大阪にも気づかずに名古屋くらいまで爆睡してる事が多いけど^^;



このDVDは2枚組豪華版です。興味深い内容のインタビューなども多く、楽しめます。
凄いマニアックな人には物足りないのかもわからないけど、自分は見入ってしまいます。
このDVD買って、かなり久しぶりに2枚続けて観たけど、0系の可愛さやカッコ良さに引き込まれた。



山陽新幹線でこだま号として使われてた0系は、運転終了に伴い、オリジナルの色に塗り替えられた。
この色、デザインじゃないと・・・






 開業当初は先端の丸い部分も光っていました。




何度見ても、良いフォルムとカラー。


懐かしい0系の座席


今ほど、普通車とグリーン車の座席の豪華さの違いはなかったような気がする。
2×2と2×3はそのままですが。


ビュッフェも懐かしすぎる。松任谷由実さんの曲に「ビュッフェにて」ってタイトルの曲があるほどに
ビュッフェでも、いろんなドラマが生まれたんだと思う。
昔は「ビュフェ」と書かれてるものも多かった。


この紙コップも懐かしい。少しロウの匂いがするような簡単な作りの紙コップで
別に喉も乾いてないのに子供の頃、よく飲んでた・・・。
よく冷えた水が飲めるのも画期的だったような。


0系のドクターイエロー


ひかり号は超特急、こだま号は特急でした。






最終更新日  2019年06月15日 05時45分20秒
2014年07月02日
カテゴリ:鉄道
小学校5年生から中学1年まで限定で急に電車にはまって
電車の写真を撮りに一人でウロウロ遠出したりしてました^^;
家の写真を整理してたら、その頃に撮った写真がいっぱい出て来た。
でも、バカチョンカメラで撮ってるので限界があって、ぶれてるのやらモロ逆光やらで
まともなのは少なかった。

その頃から一番気に入ってた写真。
これは岡山駅まで一人で行って撮った写真。
この形の湘南型電車ってのに憧れてて、関西ではどこにも走ってなくて
一番近くに走ってるのが岡山から宇野までの宇野線でした。
岡山駅まで朝早くに行って撮った写真。
湘南電車
岡山
このちょっと流線型っぽい前面が好きだった。
これって南海電車の特急にも昔、同じようなのが走ってたけど(色違いで)別なのかな?

自分が撮った写真で一番気に入ってるのが、たぶん高松駅で撮った南風と急行が並んでる写真。
横のは列車名も付けてないので各駅なのかも
南風
高松駅

同じ日にここでいっぱい写真撮ってて、高知行き急行の「土佐」も撮ってた
急行土佐


うわ、もっと載せようと思ったら画像サイズが大きかったみたい。
「白鳥」「あさしお」「しおかぜ」「しなの」「北越」「なは」「彗星」「くろしお」「立山」
とか記憶にまったく残ってないような写真もいっぱい出て来た。

今もどこか遠出する時に乗った列車は写真に撮ってるけど、この頃のクセが抜けないのかも。
今でも旅行に行くなら車じゃなく絶対に電車の旅が好きです。
と言っても電車の中ではほとんど寝てるけど^^;






最終更新日  2019年06月17日 00時28分39秒
2013年03月24日
カテゴリ:鉄道
久しぶりにDVD10枚組の阪急電車のDVDを観てました。
10枚全部は通しで観る時間はなかったけど、
1910年〜阪急の歴史を追った最初の7枚はかなりしっかりと観てしまったので、
またまたこんな時間に・・・。
阪急電車は神戸に住んでる者にとっては一番なくてはならない電車。
阪神電車ももちろんそうだけど、自分は宝塚大劇場に年間平均60回近く行くので
阪急電車に乗るの事が一番多い。
梅田に行くのも阪急ばかり。梅田芸術劇場、シアタードラマシティは阪急じゃないとかなり遠い^^;
阪神もJR神戸線もその時々で使ってます。
阪神に関しては難波や奈良に行くときはすごい便利になったので、以前よりも
使うようになった。早く近鉄特急車両を三宮駅か新開地駅まで乗り入れさせて
指定席の特急を走らせてほしい!
三宮発名古屋行き特急とか、三宮発賢島行き特急とか、三宮発奈良行き特急とか
全指定席で走しらせてくれたら最高。
名古屋まで新幹線で行かずに阪神近鉄で行く事になりそう^^;
阪急も指定席やグリーン車的な車両を付けてゆったりと梅田や宝塚に行けるようになればうれしいんだけど・・・。
JRも昔は快速にもグリーン車があったのに・・・。


簡単に各Disc紹介

1枚目「1910年〜1929年」箕面有馬電気軌道開業から阪神急行電鉄へ
2枚目「1930年〜1949年」北大阪線開業から京阪神急行電鉄
3枚目「1950年〜1966年」戦後の復興から2000系の誕生
4枚目「1967年〜1974年」 神戸高速電気鉄道開業、大阪万博、9線10面の梅田駅
5枚目「1975年〜1994年」昭和の名車6300系登場、新車両大量投入
6枚目「1995年」 阪神淡路大震災 阪急電車全記録 復旧への1405日
7枚目「1996年〜2010年」9300系・9000系登場 そして阪急の新しい世紀へ
8枚目〜10枚目は阪急電鉄全駅の映像紹介


各ディスクのオープニング映像は梅田-十三間
阪急DVD 1.jpg

100周年を祝うプレート
阪急DVD 2.jpg
阪急DVD 3.jpg

須磨浦公園駅で山陽特急車両と並ぶ。今では阪急は西へは新開地までしか
乗り入れてません。須磨浦公園行きの阪急が懐かしい。
阪急DVD 5.jpg

大阪万博の時の車両 
阪急DVD 6.jpg

5200系に阪急初の冷房車登場!
阪急DVD 7.jpg

これは懐かしい車両。西宮北口から宝塚に行く時に昔、よく走ってたと思う。
その上666! ダミアンの数字!これは載せるしかないでしょ。
何でも666って数字を見るとOMENに繋げてしまう悪い癖^^;
阪急DVD 8.jpg

阪急DVD 9.jpg

一番思い入れの強い3000系。阪急の品のあるマルーンカラーと
座席のゴールデングリーン(だったっけ?)の完璧な品格が最高です!
今、一番新しい9000系は好きじゃない。窓も異様に長く大きく、日よけのカーテンも全面に一枚なので下ろしにくい。座席も窓も8000系のままでいいのに!
阪急DVD 10.jpg
阪急DVD 11.jpg

1995年1月17日地震発生からの記録をまとめたディスク6は感動巨編です!
阪急DVD 13.jpg

大劇場のすぐ近くのカーブの所で動けなくなった車両
阪急DVD 14.jpg

6月12日神戸線が全線開通!それまでは大阪に行くのにはハーバーランドから
船で大阪港まで行ってました。代替えバスとかは日に日に乗り場が変わったりで
分かりにくかったのと時間もかかるので船なら意外と早く大阪港に着いたと
思う。大阪港から地下鉄中央線で梅田や難波に行ってました。
阪急DVD 15.jpg

6月12日の始発電車
阪急DVD 16.jpg

震災後、神戸線開通と同時に登場した8200系!この車両は復旧の象徴のような
イメージを持っている。
阪急DVD 17.jpg

写真のアップロードが限界なのでもっといろいろ良い場面もあったけど・・・
またいつか。






最終更新日  2019年06月17日 02時07分01秒
2010年09月23日
カテゴリ:鉄道
昨夜、急に思い立って友人と玄武洞に行こうという事になって
今朝、10時神戸発の特急「はまかぜ1号」に乗りました。
この「はまかぜ」、あと1ヶ月ほどで車両が新しくなるとかで
車内も駅にもカメラを持った鉄道ファンがいっぱいでした。
細かく車両番号や座席表示など細かく写真撮りまくってました。
自分もそんなに貴重なら・・・^^;と数枚撮ったけど・・・。
電車は基本凄く好きだけど写真やビデオはそんなに欲しいと今は思わないかな。
(小さい子供の頃は写真も集めたりしてた事もあったけど)
懐かしい感じの特急で揺れも凄いけど楽しかった。
はまかぜ.jpg
はまかぜ 中 2.jpg
はまかぜ 中1.jpg

豊岡に着いて乗り換え。次の各駅列車が来るまで30分ほど駅の周りをウロウロ。
駅員さんが電車が車で外に出ていてもいいって言ってきてくれたおかげで
ホームでボォーと待つ事も無くうろうろできた。

各駅列車に乗って次の駅「玄武洞」に到着。
誰もいない・・・駅員もいなければ売店もない・・・
切符は改札にくくり付けてあった空き缶の中へ入れるシステム^^
駅を出て「玄武洞ミュージアム」に行くには目の前の川を渡らないといけない。
渡船があるとホームページに乗ってたけど、それらしきものはない・・・
川をうろうろしてると電話番号が書いてある看板発見!
そこへ電話すると「船頭さんを呼ぶのでそこで少し待ってて下さい」とのこと。
10分ほど待つと向こう岸から何やら少し不安をおぼえるようなボートが・・・・・・・・
釣りの時に一文字や防波堤に渡してもらうようなボート。
予想してた渡船とは違ったけど、これのほうが何か楽しかった。
玄武洞 駅.jpg

ここがJR玄武洞駅 側の船着き場
玄武洞 船着き場.jpg

このタイプのモーターボート。向こうに見えてるのが「玄武洞ミュージアム」^^;
玄武洞 船.jpg

天然記念物の玄武洞は迫力満点で素晴らしい自然が作り出した芸術でした。
玄武洞ミュージアムにも入館。世界の宝石や鉱物、化石などが所狭しと飾られてあって
興味深くゆっくり楽しんできました。初めてみるような鉱石もあって感動。
2階3階がミュージアムになってて1階は売店と食堂。
食堂でそばを食べたり売店でいろいろ買ったりしてあっと言う間に時間が過ぎて
帰りの渡船の時間になってしまいました。
帰りもそのモーターボートで川を渡って駅側の岸辺へ。
玄武洞 1.jpg

玄武洞 2.jpg

各駅列車で豊岡駅まで帰ってきて、特急はまかぜ6号が来るまで2時間近く時間があったので
また駅から外に出してもらって豊岡駅周辺を散策。
かばんストリートとかいうかばん屋さんが集まってる通りがあるのを駅の地図で見つけて
ぶらぶら歩いて行ったけど・・・店はほとんど閉まってました^^;
休日は休みなのかな。
往復で3キロくらい歩いたかな・・・それからまだ時間潰すために駅の反対側をうろうろしたり
今日はかなり歩き回ったイメージ。玄武洞でも洞窟巡りでかなり歩いたし・・・。

帰りの特急では車内販売がないとの事で豊岡駅の弁当売り場で「但馬牛ちらし」って弁当購入。
玄武洞のキャラクター「玄さん」のイラストの包装紙と八角形のプラスチックの容器のふたにも
玄さんのイラスト。

そういえば玄武洞の一番奥にお土産物屋と展望台と食堂が一緒になってるような建物があって
そこに入った時に店のおばあちゃんがやたらとこの玄さんのぬいぐるみやキーホルダーを
薦めてた^^;なぜか「これは軽いしいいよ」って・・・石のキャラクターだからそう言ったのか?
でも、そこで俺は玄武洞の絵はがきセットを友人はふくろうの置物を買ってました。
で、その玄さんです!
玄さん駅弁.jpg

玄さんプロフィール
玄さんプロフィール.jpg

玄武岩の名前の由来はここの玄武洞にちなんで命名したそうです。
玄武洞の方が先だったとガイドのおじさんが言ってたのは本当だったんだ^^;
(帰って来てからちょっと調べてみた^^;)
玄武洞は天の四方を司る四神から玄武洞、青龍洞、白虎洞、南朱雀洞、北朱雀洞に別れてました。

かなり肌寒いくらいで空気も気持ち良く、久しぶりにいいリフレッシュになった気がします。
たまに、自然の中にも入っていかないとね。






最終更新日  2019年06月18日 03時07分14秒
2009年10月11日
カテゴリ:鉄道
昨日の高知県民文化会館でのアリスのコンサートを見て
今日は一日ゆっくり高知観光しようと決めてたけど、何処に行くかとか
何をするかは何も決めてなかった。
昨夜のアリスのコンサートの後にコンビニで高知の観光ガイドの本を買って
居酒屋で呑みながら友人と行く場所を考えてました。
で、くろしお鉄道「ごめん・なはり線」っていう電車にとりあえず乗って何処かに行こうと
言う事になった。

1日乗り放題のフリー切符があるのを発見してそれを購入!
フリー切符.jpg

のいち駅って所で一度降りてみてブラブラして再び黒潮鉄道に乗って
終点のなはり(奈半利)駅まで行ってみる事に。
途中、阪神タイガースのキャンプ地の安芸を過ぎて約1時間でなはりに到着。
とにかく何か食べようと言う事になり駅を降りてうろうろ・・・。
何もない・・・。駅に直結してるイタリアンレストランは最初に見つけてたのですが
高知に来てイタリアンってのもどう?って思い
港の方へウロウロ歩いてみたり幹線道路の方へ向かって歩いてみたり・・・
その途中でこんな看板を発見!

轟組.jpg

宝塚ファンならちょっとウケそう。その轟組・・いや星組ドラマシティ公演を明々後日に観劇^^;

かなり歩いて結局、駅のイタリアンへ。高知ならではのパスタのメニューもあって
なかなか満足できました。

電車は1時間に1本くらいしかなくてホームに早めに行くと発車30分前なのに、もう電車が止まってました。
他の客は誰もいなくて駅のホームで写真撮ってました。
奈半利駅1.jpg

奈半利駅2.jpg

電車がやっと動き出すと自分たちと他に1名だけの客席。
電車の中.jpg

ちょうど海岸線を入ってる時に日が暮れかけてきました。
だんだん電車の中も人が増えて来てにぎやかな車内でした。
奈半利夕陽.jpg

夕陽は絶品でした。

高知駅に着いて「南風28号」の発車までまた1時間。
駅弁も何もなくコンビニで弁当を買って乗車。
ちょっと侘しい夕食><
岡山まで凄い揺れる南風列車の旅を楽しんで新幹線に乗り換えて帰ってきました^^

地方へ観劇やライブをよく観に行くけど、その土地を観光する事は年に一度あるかないか・・・。
コンサート会場とホテルと駅だけしか行かない事ばかりです。
札幌に行っても仙台に行っても浜松に行っても倉敷に行っても博多に行っても広島に行っても
駅とホテルとコンサート会場しか知らない土地ばかり。
たまには観光もいいかな・・・と思わせてくれる旅でした。






最終更新日  2019年06月20日 01時05分46秒

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.