1557973 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

しろうと自然科学者の自然観察日記

PR

Category

Calendar

Rakuten Profile


しろうと自然科学者さん

自然をこよなく愛する定年男性

フォローする

Comments

Favorite Blog

デュランタに アゲ… New! 蕗のとうさん

京都府立植物園で見… New! だいちゃん0204さん

今年は会えました( ^… New! ドクターT9323さん

帝釈峡を歩く New! ビッグジョン7777さん

明日から夏休み New! hiromomoさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2017.07.20
XML
テーマ:楽天写真館
カテゴリ:山野草
☆7月3日から5日まで、宮城県の気仙沼大島に行きました。新たな植物との出合いもありました。気仙沼大島での自然観察を紹介しています。カワラマツバの花です。(2017年7月4日撮影)。
  • カワラマツバ01.jpg

  • ☆カワラマツバは、北海道から九州の日当たりの良い草地や土手に生えるアカネ科ヤエムグラ属の多年草です。
  • カワラマツバ02.jpg

  • ☆気仙沼大島の竜舞崎では、カワラマツバとともに花の色が黄色いキバナカワラマツバも見かけました。圧倒的に多かったのは、花の色が白いカワラマツバでした。カワラマツバをキバナカワラマツバの白花の変種とする考えもあるそうです。
  • カワラマツバ03.jpg

  • ☆カワラマツバの茎は直立しており、高さ30~80センチになるそうです。葉は、8~10枚輪生しています。一見してヤエムグラの仲間とわかる葉の付き方です。
  • カワラマツバ04.jpg

  • ☆カワラマツバは、茎の先や上部の葉腋から花枝を伸ばして、円錐状の集散花序を作ります。
  • カワラマツバ05.jpg

  • ☆この写真では、茎の先や上部の葉腋から花枝が伸びているのがわかります。
  • カワラマツバ06.jpg

  • ☆カワラマツバの花冠は直径約2ミリで4つに深く分かれ、基部から平開しています。
  • カワラマツバ07.jpg

  • ☆こちらはキバナカワラマツバの花冠です。花冠は4つに深く分かれ、基部から平開しており、黄色い葯がある4本の雄蕊が見えます。よく見ると、雌蕊の柱頭は2つに分かれているようです。
  • カワラマツバ08.jpg

  • ☆カワラマツバ(河原松葉)の名は、河原に生えており、葉の形が細く松の葉のようであることから名づけられたそうです。
  • カワラマツバ09.JPG

  • ☆カワラマツバの花言葉は、「活発」だそうです。「活発」は、「上部で枝分かれした茎に無数の小さな花が集まって咲く様子からつけられた」という説がありました。
  • カワラマツバ10.jpg






  • Last updated  2017.07.20 06:00:06
    コメント(0) | コメントを書く

    Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.