4476412 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しろうと自然科学者の自然観察日記

PR

全3051件 (3051件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020.03.28
XML
カテゴリ:樹木
☆3月21日、東京都八王子市の高尾山に植物観察(4回目)に行きました。その内容を紹介しています。キブシの花です。(2020年3月21日撮影)。
  • キブシ01.jpg

☆キブシは、北海道(西南部)から九州の雑木林や林縁などに生えるキブシ科キブシ属の落葉低木または小高木です。湿り気と日陰を好むそうです。ふつうは高さ3メートル程度ですが、ときに高さ7メートルにもなります。
  • キブシ02.jpg

☆キブシの花期は3~4月で、雌雄異株・雌雄異花です。葉の展開前に開花し、長さ4~10センチの穂状花序が垂れ下がってつきます。
  • キブシ03.jpg

☆雄花(両性花)・雌花とも雄蕊8個、雌蕊1個ですが、雌花の雄蕊は退化しています。中央に緑色の雌蕊、その周りに黄色い8個の雄蕊の葯が見えますので、雄花(両性花)です。なお、雌花序は短く、雌花は雌蕊が突き出ています。
  • キブシ04.jpg

☆キブシの花は、花弁が4枚、萼片が4枚です。萼片4枚のうち、外側の2枚は小さく、内側の2枚は大きくて花弁状に見えます。
  • キブシ05.jpg

☆キブシ(木五倍子)の名は、キブシの実の黒い染料をヌルデの虫こぶから作るフシ(五倍子)の代用として使われたことに由来するそうです。江戸時代には、結婚した女性が歯を黒く染める「お歯黒」という風習がありました。お歯黒は、釘や鉄粉を食酢につけて酸化した液に、五倍子やキブシの実の粉末をつけて歯につけると、黒く染まるそうです。
  • キブシ06.jpg

☆キブシの花言葉は、「待ち合わせ」「出会い」です。穂状に花が連なって咲くことから連想されて付けられたそうです。
  • キブシ07.jpg






Last updated  2020.03.28 05:19:06
コメント(0) | コメントを書く


2020.03.27
カテゴリ:山野草
☆3月21日、東京都八王子市の高尾山に植物観察(4回目)に行きました。その内容を紹介しています。2月25日に観察しましたが、それから1カ月咲き続けているハナネコノメの花です。今回も、裂開前の葯が紅色で目立つ咲き始めの雄蕊を観察することができました。(2020年3月21日撮影)。
  • ハナネコノメ01.jpg

☆ハナネコノメは、本州(福島県から京都府)の山地の渓流沿いの岩場や湿り気のある林のふちに生えるユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草です。
  • ハナネコノメ02.jpg

☆ハナネコノメ(花猫の目)の名は、ネコノメソウの仲間は目立たないものが多い中で、白色の萼片と紅色の雄蕊の葯の対象が美しいので名づけられました。
  • ハナネコノメ03.jpg

☆ハナネコノメについては、2019年4月15日の日記で詳しく紹介しました。
◎ハナネコノメの花(2019年4月15日の日記)。
http://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/20190415/






Last updated  2020.03.27 05:35:21
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.26
カテゴリ:山野草
☆3月21日、東京都八王子市の高尾山に植物観察(4回目)に行きました。その内容を紹介しています。セントウソウの花です。(2020年3月21日撮影)。
  • セントウソウ01.jpg

☆セントウソウは、北海道から九州の山野の林内や林縁に生えるセリ科セントウソウ属の多年草です。
  • セントウソウ02.jpg

☆セントウソウ(仙洞草)の名は、仙人が住む仙洞の近くに咲くとか、春の初めに先頭に咲くなどの説があるようですが、はっきりしたことはわからないようです。
  • セントウソウ03.jpg

☆セントウソウについては、2019年4月30日の日記で詳しく紹介しました。
◎セントウソウの花(2019年4月30日の日記)。
http://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/20190430/






Last updated  2020.03.26 05:33:19
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.25
カテゴリ:山野草
☆3月21日、東京都八王子市の高尾山に植物観察(4回目)に行きました。その内容を紹介しています。ミミガタテンナンショウの花が1株だけ咲いているのを見つけました。(2020年3月21日撮影)。
  • ミミガタテンナンショウ01.jpg

☆ミミガタテンナンショウの花については、本格的に開花した時に紹介することにします。
  • ミミガタテンナンショウ02.jpg






Last updated  2020.03.25 05:20:17
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.24
カテゴリ:山野草
☆3月21日、東京都八王子市の高尾山に植物観察(4回目)に行きました。その内容を紹介しています。カントウミヤマカタバミが咲き始めていました。(2020年3月21日撮影)。
  • カントウミヤマカタバミ01.jpg

☆カントウミヤマカタバミは、関東地方南西部から東海地方東部、および伊豆半島の山地の林の中に生えるカタバミ科カタバミ属の多年草です。カントウミヤマカタバミは、ミヤマカタバミの変種で、葉の裏にある毛がミヤマカタバミより少ないのが特徴です。
  • カントウミヤマカタバミ02.jpg

☆カントウミヤマカタバミ(関東深山片喰、関東深山傍食)の名は、関東地方の山地に咲くカタバミです。カタバミ(酢漿草、片喰、傍食)の名は、夜に葉を中央で折るように閉じ葉が半分なくなるように見える葉の就眠運動の様子から、「片方喰(は)む」→「片喰み」→「片喰」と転化してカタバミの名前になったという説があります。
  • カントウミヤマカタバミ03.jpg

☆カントウミヤマカタバミについては、2019年6月20日の日記で詳しく紹介しました。
◎カントウミヤマカタバミの花(2019年6月20日の日記)。
http://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/20190620/






Last updated  2020.03.24 05:36:28
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.23
カテゴリ:山野草
☆3月21日、東京都八王子市の高尾山に植物観察(4回目)に行きました。その内容を紹介しています。エイザンスミレが咲き始めていました。(2020年3月21日撮影)。
  • エイザンスミレ01.jpg

☆エイザンスミレは、青森県から本州・四国・九州の霧島山まで、太平洋側を中心に、山地の落葉樹林やスギ林の林内や林縁に生えるスミレ科スミレ属の多年草です。
  • エイザンスミレ02.jpg

☆エイザンスミレ(叡山菫)の名は、比叡山で発見されたことから名づけられました。
  • エイザンスミレ03.jpg

☆エイザンスミレについては、2019年5月13日の日記で詳しく紹介しました。
◎エイザンスミレの花(2019年5月13日の日記)。
http://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/20190513/






Last updated  2020.03.23 05:47:44
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.22
カテゴリ:山野草
☆3月21日、東京都八王子市の高尾山に植物観察(4回目)に行きました。その内容を紹介しています。石垣で咲いていたエンレイソウの花です。(2020年3月21日撮影)。
  • エンレイソウ01.jpg

☆エンレイソウは、北海道から九州の山地の林内のやや湿った場所に生えるメランチウム科(シュロソウ科)エンレイソウ属の多年草です。
  • エンレイソウ02.jpg

☆エンレイソウ(延齢草)の名は、中国では薬草として用いられていて、漢名を延齢草根(えんれいそうこん)という胃腸薬として用いられていたことから。
  • エンレイソウ03.jpg

☆エンレイソウについては、2019年6月18日の日記で詳しく紹介しました。
◎エンレイソウの花(2019年6月18日の日記)。
http://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/20190618/






Last updated  2020.03.22 05:50:51
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.21
カテゴリ:山野草
☆3月13日、東京都八王子市の高尾山に植物観察(3回目)に行きました。その内容を紹介しています。シュンランの花です。2月末に蕾が膨らんでいましたが、開花しました。(2020年3月13日撮影)。
  • シュンラン01.jpg

☆シュンランは日本各地で見られる野生蘭の1種で、本州から九州の落葉樹林内に生えるラン科シュンラン属の多年草です。シュンラン(春蘭)の名は、花が春に咲く蘭であることから。
  • シュンラン02.JPG

☆シュンランについては、2019年4月11日の日記で詳しく紹介しました。
◎シュンランの花(2019年4月11日の日記)。
http://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/20190411/
  • シュンラン03.JPG






Last updated  2020.03.21 05:36:33
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.20
カテゴリ:山野草
☆3月13日、東京都八王子市の高尾山に植物観察(3回目)に行きました。その内容を紹介しています。ヨゴレネコノメの花も開花し始めました。(2020年3月13日撮影)。
  • 01ヨゴレネコノメ01.JPG

☆ヨゴレネコノメの花は、雄蕊は4個または8個で、裂開直前の葯は暗紅紫色です。この花は雄蕊が8個あり、暗紅紫色の葯が見えます。
  • 01ヨゴレネコノメ02.JPG

☆ヨゴレネコノメ(汚れ猫の目)の名は、ネコノメソウの仲間で、灰白色の斑紋が葉についた汚れのように見えるため名づけられました。ヨゴレネコノメについては、2019年5月8日の日記で詳しく紹介しました。
◎ヨゴレネコノメの花(2019年5月8日の日記)。
http://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/20190508/
  • 01ヨゴレネコノメ03.JPG

☆こちらは、ヤマネコノメソウです。ヤマネコノメソウ(山猫の目草)の名は、山地に生えるネコノメソウです。ネコノメソウ(猫の目草)の名は、熟して裂開した果実の形が瞳孔を閉じた猫の昼間の目に似ていることに由来します。
  • 02ヤマネコノメ01.JPG

☆植物図鑑を見ると、雄蕊が4個あるものと8個あるものがあるというので、今回も観察してみました。やはり雄蕊が4個です。
  • 02ヤマネコノメ02.JPG

☆ヤマネコノメソウについては、2019年4月20日の日記で詳しく紹介しました。
◎ヤマネコノメソウの花(2019年4月20日の日記)。
http://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/20190420/






Last updated  2020.03.20 05:38:51
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.19
カテゴリ:樹木
☆3月13日、東京都八王子市の高尾山に植物観察(3回目)に行きました。その内容を紹介しています。フサザクラ科フサザクラ属の落葉高木のフサザクラの花です。3月3日は咲き初めでしたが、しっかり開花していましたので、再紹介です。フサザクラの花は、短枝に5~12個が束生し、萼や花弁はなく、雄蕊は数本ないし十数本あって垂れ下がり、葯は線形で暗赤色です。(2020年3月13日撮影)。
  • 01フサザクラ01.JPG

☆フサザクラ(房桜)の名は、赤く房状に咲く花をサクラに見たてたそうです。
  • 01フサザクラ02.JPG

☆フサザクラの花については、2020年3月13日の日記を参照してください。
◎フサザクラの花(2020年3月13日の日記)。
http://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/20200313/

☆高尾山口駅の近くでは、カンザクラと思われるサクラが満開でした。
  • 02カンザクラ01.JPG

☆カンザクラは、バラ科サクラ属の落葉高木です。カンザクラ(寒桜)の名は、早咲きの桜で早いものは1月頃から咲き始めることに由来します。
  • 02カンザクラ02.JPG






Last updated  2020.03.19 05:15:29
コメント(0) | コメントを書く

全3051件 (3051件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.