6392702 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しろうと自然科学者の自然観察日記

PR

X

Category

Calendar

Profile


しろうと自然科学者

Comments

Favorite Blog

日本の野生蘭 エビネ New! himekyonさん

最悪! すべてレジ打… New! だいちゃん0204さん

菜園ニュース:エン… New! ★黒鯛ちゃんさん

ズイナ New! hiromomoさん

風薫るキラキラの五… M.KEIZOさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2016.07.22
XML
カテゴリ:山野草
☆6月末から、ウォーキングコースのいつもの場所でオミナエシの花が咲いています。草丈は、60センチから1メートル程度です。オミナエシは秋の七草の一つで、秋の七草とは、オミナエシ、オバナ(ススキ)、キキョウ、ナデシコ、フジバカマ、クズ、ハギで、「おすきなふくは」と覚えるそうです。
  • オミナエシ1.JPG

  • ☆オミナエシは、日本全土の日当たりの良い山野の草地に生えるオミナエシ科オミナエシ属の多年草です。オミナエシは黄色い花を散房状につけ、下部の花ほど柄が長いので、花序の上部は、ほぼ平らになっています。
  • オミナエシ2.JPG

  • ☆オミナエシの葉は対生し、羽状に裂けています。
  • オミナエシ3.JPG

  • ☆対生する葉の付け根から花茎が伸びています。
  • オミナエシ4.JPG

  • ☆花の上部でほぼ平らになって咲くオミナエシの散房花序。
  • オミナエシ5.JPG

  • ☆オミナエシの花のつくりは、黄色い花冠は5つに分かれており、雄蕊4本に雌蕊1本です。
  • オミナエシ6.JPG

  • ☆黄色い花冠の下の子房の上に萼片があるそうですが、確認できません。また、子房には小苞が接しているそうです。つぼみの付け根に小苞が見えるようです。
  • オミナエシ7.JPG

  • ☆花冠の筒部の下に子房があります。子房の上に接している花冠の筒部に小さな膨らみが見えますが、これが萼片なのでしょうか。
  • オミナエシ8.JPG

  • ☆こちらは、昨年初めて出合ったオトコエシの花です。オトコエシは、日本全土の日当たりの良い山野に生えるオミナエシ科オミナエシ属の多年草です。(2015年8月24日撮影)。
  • オミナエシ9・オトコエシ.JPG

  • ☆オミナエシ(女郎花)の名は、オトコエシより弱々しいから付けられたという説や、「オミナ」は美しい女性の意味で「エシ」は古語の「へし(圧)」で美女を圧倒する美しさから名付けられたというのもありました。オトコエシ(男郎花)の名は、オミナエシ(女郎花)に似て男性的であるので、オトコエシと呼ばれると言う説が一般的ですが、女郎花が先なのか男郎花が先なのかは明確ではなく、オミナエシ、オトコエシと呼ばれた名の由来もはっきりしていないそうです。

    ☆なお、まれにオミナエシとオトコエシの雑種があり、オトコオミナエシといい、花の色は淡黄色だそうです。






    Last updated  2016.07.22 05:33:16
    コメント(0) | コメントを書く



    © Rakuten Group, Inc.