6284205 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しろうと自然科学者の自然観察日記

PR

X

Category

Calendar

Profile


しろうと自然科学者

Comments

Favorite Blog

美容院と散髪行き!… New! だいちゃん0204さん

この花に逢いたくて… New! himekyonさん

お山のサクラ 2021… ジュラ2591さん

春になりました。野… さんだのいのししさん

用水路カワセミ日記… ★黒鯛ちゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2016.07.23
XML
カテゴリ:山野草
☆7月18日から21日まで、能登半島へ旅に出かけました。そこで、初めてコオニユリに出合いました。
  • コオニユリ1.JPG

  • ☆コオニユリは、北海道から九州の山地などの日当たりの良い場所に自生するユリ科ユリ属の多年草です。
  • コオニユリ2.JPG

  • ☆コオニユリ(小鬼百合)は、名前の通りオニユリに似ていますが草丈や花が小さいのが特徴です。
  • コオニユリ3.JPG

  • ☆花は橙赤色で、後ろに反りかえる花被片にはオニユリと同じように斑点があります。
  • コオニユリ4.JPG

  • ☆花被片は6枚、よく目立つ雄蕊が6本、雌蕊が1本です。
  • コオニユリ5.JPG

  • ☆コオニユリの葉は互生で、下部の葉は線形で茎に密についています。
  • コオニユリ6.JPG

  • ☆オニユリは葉腋にムカゴがありますが、コオニユリにはムカゴがありません。コオニユリは種ができますが、実生から花が咲くまでには6~8年かかるそうです。
  • コオニユリ7.JPG

  • ☆コオニユリ(小鬼百合)の名は、オニユリ(鬼百合)と比べて草丈や花の大きさが小さいことに由来しますが、全体の印象もほっそりと清楚な印象です。オニユリは中国から古い時代に朝鮮半島を経由して渡来し、古くから食用に栽培され人里近くに野生化していますが、コオニユリは日本の自生種です。
  • コオニユリ8.JPG

  • ☆オニユリについては、7月19日の日記で紹介しました。
    ◎オニユリの花(2016年7月19日の日記)。
    http://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/20160719/






    Last updated  2016.07.23 04:22:57
    コメント(0) | コメントを書く



    © Rakuten Group, Inc.