2902454 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

しろうと自然科学者の自然観察日記

PR

Category

Calendar

Profile


しろうと自然科学者

Comments

Favorite Blog

森林植物園訪問 百… New! ジュラ2591さん

元同僚との食事 New! himekyonさん

ツルバギア・ビオラ… New! だいちゃん0204さん

昨年8月15日に亡くな… ★黒鯛ちゃんさん

トウダイグサ科のナ… さんだのいのししさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.04.20
XML
カテゴリ:樹木
☆3月29日、植物観察入門講座で八王子市・高尾山での植物観察を行ないました。その内容を順次紹介しています。イヌブナの花です。(2018年3月29日撮影)。
  • イヌブナ01.jpg

  • ☆イヌブナは、本州(岩手県以南)・四国・九州(熊本県以北)に分布するブナ科ブナ属の落葉高木です。樹高は25メートル、幹は直径70センチにもなります。樹皮は灰黒色で、多数のいぼ状の皮目があるそうです。
  • イヌブナ02.JPG

  • ☆イヌブナは、雌雄同株・雌雄異花で、雄花序は新枝の下部の葉腋に数個つき、雌花序は新枝の上部の葉腋について上向きにつくそうです。下向きに3本ぶら下がっているのが雄花序で、上部に上向きについているのが雌花序のようです。
  • イヌブナ03.jpg

  • ☆イヌブナの雄花序は、新枝の下部の葉腋から垂れ下がり、長い軟毛が密生する長さ2.5~4.5センチの柄があります。苞は、線形です。
  • イヌブナ04.jpg

  • ☆イヌブナの雄花序は、6~15個の雄花が頭状に集まってつきます。雄花の花被は長さ5ミリほどの円錐形で、淡褐色の長毛が密生し上部は6つに分かれるそうです。葯が花被の外に出る雄蕊は、12個あるそうです。
  • イヌブナ05.jpg

  • ☆茶褐色の苞に包まれて下に伸びているのが、イヌブナの雌花序のようです。雌花は、花柱が3本で、柱頭は2つに分かれて反り返ります。写真の下に、柱頭が2つに分かれて反り返る3本の花柱が見えます。
  • イヌブナ06.jpg

  • ☆イヌブナ(犬椈)の名は、木材の質がブナ(椈)より劣るため名づけられたそうです。ブナの幹が灰白色なのに対して、イヌブナの幹が灰黒色なので別名クロブナと呼ばれるそうです。
  • イヌブナ07.jpg






  • Last updated  2018.04.20 05:00:19
    コメント(0) | コメントを書く

    Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.