3687161 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しろうと自然科学者の自然観察日記

PR

Category

Calendar

Profile


しろうと自然科学者

Comments

Favorite Blog

福島 田代山~帝釈山 New! himekyonさん

グラジオラスと ヤ… New! 蕗のとうさん

クレマチス一気載せ… New! だいちゃん0204さん

六月の白い花 ジュラ2591さん

ジャガイモ収穫日記… ★黒鯛ちゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.05.27
XML
カテゴリ:樹木
☆4月22日、八王子市・高尾山での自然観察会に参加しました。今後の自然観察のために、記録としてまとめ、その内容を順次紹介しています。キブシの果実です。(2018年4月22日撮影)。
  • キブシ01.jpg

  • ☆キブシは、北海道(西南部)から九州の雑木林や林縁などに生えるキブシ科キブシ属の落葉低木または小高木です。湿り気と日陰を好むそうです。ふつうは高さ3メートル程度ですが、ときに高さ7メートルにもなるそうです。写真は、5年前に撮影した花の時期のキブシです。(2013年3月26日撮影)。
  • キブシ02.JPG

  • ☆キブシは、雌雄異株・雌雄異花です。葉の展開前に開花し、長さ4~10センチの穂状花序が垂れ下がってつきます。(2013年3月26日撮影)。
  • キブシ03.JPG

  • ☆花の時期は終わっていましたので、花のつくりを5年前に撮影した写真で紹介します。雄花(両性花)・雌花とも雄蕊8個、雌蕊1個ですが、雌花の雄蕊は退化しています。中央に緑色の雌蕊、その周りに黄色い8個の雄蕊の葯が見えますので、雄花(両性花)です。(2013年3月26日撮影)。
  • キブシ04.JPG

  • ☆キブシの花は、花弁が4枚、萼片が4枚です。萼片4枚のうち、外側の2枚は小さく、内側の2枚は大きくて花弁状に見えます。(2013年3月26日撮影)。
  • キブシ05.JPG

  • ☆成長し始めたキブシの果実です。キブシの果実はかたく乾いた液果で、直径7~12ミリの楕円状球形になり、7~10月には黄褐色に熟すそうです。
  • キブシ06.jpg

  • ☆キブシ(木五倍子)の名は、キブシの実の黒い染料をヌルデの虫こぶから作るフシ(五倍子)の代用として使われたことに由来するそうです。江戸時代には、結婚した女性が歯を黒く染める「お歯黒」という風習がありました。お歯黒は、釘や鉄粉を食酢につけて酸化した液に、五倍子やキブシの実の粉末をつけて歯につけると、黒く染まるそうです。






    Last updated  2018.05.27 05:00:19
    コメント(0) | コメントを書く

    Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.