5819347 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しろうと自然科学者の自然観察日記

PR

Category

Calendar

Profile


しろうと自然科学者

Comments

Favorite Blog

家内はデイ、私は皮… New! だいちゃん0204さん

鳥見ウォーク カワ… New! himekyonさん

庭の赤い実 その2 ジュラ2591さん

大きな鳥さん来ました hiromomoさん

蝋梅が見頃に!(1/1… M.KEIZOさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.06.01
XML
カテゴリ:山野草
☆4月22日、八王子市・高尾山での自然観察会に参加しました。今後の自然観察のために、記録としてまとめ、その内容を順次紹介しています。ツルカノコソウの花です。(2018年4月22日撮影)。
  • ツルカノコソウ01.jpg

  • ☆ツルカノコソウは、本州から九州の山地の木陰に生えるスイカズラ科カノコソウ属の多年草です。高さは、20~40センチです。林の中の木陰に生えていたので、携帯用のコンパクトデジタルカメラで撮った写真が鮮明でないことをお断りしておきます。
  • ツルカノコソウ02.jpg

  • ☆ツルカノコソウの葉は対生し、羽状複葉で、先端の頂羽片が大きく卵形から披針形、側羽片は1~3対あり、下に行くほど小さくなります。
  • ツルカノコソウ03.jpg

  • ☆ツルカノコソウの花は、茎先に散房状につきます。白い花冠は漏斗型で先端が5つに分かれており、花の直径は2ミリ程です。雄蕊は3本で、雌蕊の柱頭は3つに分かれるそうです。
  • ツルカノコソウ04.jpg

  • ☆ツルカノコソウ(蔓鹿子草)の名は、花を上から見ると染物の「鹿の子絞り」の模様に似ていることと、花が終わった頃に根元から細長い蔓のようなランナー(走出枝)を伸ばしていくことから名づけられたそうです。
  • ツルカノコソウ05.jpg






  • Last updated  2018.06.01 05:00:11
    コメント(0) | コメントを書く



    Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.