4476770 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しろうと自然科学者の自然観察日記

PR

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

昆虫

2017.12.13
XML
カテゴリ:昆虫
☆9月25日から28日まで、静岡県富士宮市へ行きました。田貫湖周辺などで自然観察をしました。静岡県富士宮市での自然観察を紹介しています。ハイイロチョッキリの仕業(しわざ)と子孫を残す知恵です。(2017年9月26日撮影)。
  • ハイイロチョッキリ01.jpg

  • ☆田貫湖周辺を歩いていると、台風などの強風が吹いた後でもないのに、コナラの木の下に枝がたくさん落ちています。しかも、不思議に思ったのは、今日落ちたばかりのように葉がしおれていないこと、そして、どの小枝にも実がついていることでした。昨年調べて、ゾウムシの仲間の昆虫ハイイロチョッキリの仕業であることを知りました。
  • ハイイロチョッキリ02.jpg

  • ☆インターネットで、とてもわかりやすい記事を見つけました。ハイイロチョッキリの仕業、ご覧ください。
    ◎どんぐりとハイイロチョッキリ(NHK for School)。
    http://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005401434_00000
    「夏の雑木林、突然ドングリが枝ごと落ちてきました。実はこれ、ある生きもののしわざです。ドングリの実に並んでいるのはゾウムシの仲間、ハイイロチョッキリ。枝をちょっきり切り落とすことからこの名前がつきました。ハイイロチョッキリは、長い口の先に丈夫なあごを持ち、このあごでドングリに穴を開けて、そこに卵を産みつけます。産卵が終わると、今度は枝を切り落としにかかります。ドングリに穴を開けてから枝を切り落とすまで、3時間以上もかかる大仕事です。」
  • ハイイロチョッキリ03.jpg

  • ☆とにかく鋭い切り口です。
  • ハイイロチョッキリ04.jpg

  • ☆よく見ると、コナラのドングリの殻斗の縁付近に、卵を産み付けたと思われる小さな黒い傷が見えます。ハイイロチョッキリは、クヌギやコナラの実に卵を産み付けて、その後に実を枝ごと切り落とすのです。
  • ハイイロチョッキリ05.jpg

  • ☆植物は、虫に食べられたり傷つけられたりすると生体防衛反応として、卵や幼虫の成長を阻害する物質を分泌するそうです。そこで、ハイイロチョッキリは、卵を産み付けた実を枝ごと切り落として、クヌギやコナラが卵や幼虫の成長を阻害する物質を分泌しないようにしているそうです。
  • ハイイロチョッキリ06.jpg

  • ☆ハイイロチョッキリは、卵を産み付ける時に、殻斗の縁付近の薄い部分に穿孔しているのが特徴だそうです。
  • ハイイロチョッキリ07.jpg

  • ☆この穴の奥に、ハイイロチョッキリの卵が入っているようです。幼虫はドングリを使用の中心から食べて成長します。
  • ハイイロチョッキリ08.jpg

  • ☆ハイイロチョッキリの成虫は、ドングリが緑色の時期の8月20日ごろから10月下旬ごろまで、ドングリの実の成長にあわせて生きているそうです。クヌギやコナラの実が柔らかく、穿孔して卵を産み付けやすいからでしょう。ハイイロチョッキリの成虫は、10月には全部死んでしまい、幼虫が冬越しするそうです。
  • ハイイロチョッキリ09.jpg

  • ☆昆虫が進化の過程で身につけた知恵、素晴らしいですね。
  • ハイイロチョッキリ10.jpg






  • Last updated  2017.12.13 05:00:09
    コメント(0) | コメントを書く


    2017.08.08
    カテゴリ:昆虫
    ☆ウォーキングコース(玉川上水)で、今年もハグロトンボを見かけました。(2017年7月24日撮影)。
  • ハグロトンボ01.jpg

  • ☆ハグロトンボは、本州・四国・九州の河川の岸辺で見られるカワトンボ科アオハダトンボ属の昆虫です。体長は、53~68ミリです。平地や丘陵地の、水生植物のはえたゆるい流れを好み、住宅地の周辺でも見られるそうです。
  • ハグロトンボ02.JPG

  • ☆ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)は、名前の通りの黒い翅をひらひらさせながら蝶のように飛びます。体色から判断するとオスのようです。
  • ハグロトンボ03.jpg

  • ☆ハグロトンボのオスは、体に青い金属光沢があります。羽に紋様がうすく見えます。(2012年8月27日撮影)。
  • ハグロトンボ04.JPG

  • ☆ハグロトンボのメスは、体の色が黒褐色です。オスよりも、黒い羽に褐色の紋様がはっきりとわかります。(2012年8月27日撮影)。
  • ハグロトンボ05.JPG

  • ☆ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)の名は、既婚の婦人が歯を黒く染める「お歯黒」に翅の色が似ていることから「オハグロトンボ」と呼ぼれていたことに由来するそうです。また、歯を黒くすることを鉄奬つけ(かねつけ)といったので「カネツケトンボ」と呼ぶこともあるそうです。
  • ハグロトンボ06.jpg

  • ☆今年は、ハグロトンボと同じカワトンボ科アオハダトンボ属のミヤマカワトンボに初めて出合いました。ミヤマカワトンボは、北海道から九州まで広く分布しており、丘陵地や山地の渓流に生息しているそうです。体長は64~78ミリで、日本のカワトンボの中では最大の大きさです。(2017年7月7日撮影)。
  • ハグロトンボ07・ミヤマカワトンボ01.JPG






  • Last updated  2017.08.08 06:00:21
    コメント(0) | コメントを書く
    2017.07.12
    カテゴリ:昆虫
    ☆埼玉県の毛呂山町にある宿谷(しゅくや)の滝を訪れた時、ミヤマカワトンボに初めて出合いました。(2017年7月7日撮影)。
  • ミヤマカワトンボ01.JPG

  • ☆毛呂山町のホームページによると、宿谷の滝は落差12メートル、周囲を苔むした岩壁に囲まれ、真夏でも暑さを忘れさせてれるほど涼しいところです。宿谷の滝は別名「信太の滝」ともいわれ、古くは修験の場でもあったそうです。
  • ミヤマカワトンボ02.JPG

  • ☆滝の周りで休憩していると、どこからか比較的大きなトンボがひらひらと優雅な姿で飛んできて、水辺をゆるやかに飛び回り丸太にとまりました。
  • ミヤマカワトンボ03.JPG

  • ☆丸太にとまったまま、飛び去って行きません。ウォーキングコース(玉川上水)で見かけるハグロトンボに似ていますが、大きさが違っています。調べてみると、ハグロトンボと同じカワトンボ科アオハダトンボ属のミヤマカワトンボということがわかりました。腹部は青味がかった金属光沢色なので、これはオスです。
  • ミヤマカワトンボ04.JPG

  • ☆ミヤマカワトンボは、北海道から九州まで広く分布しており、丘陵地や山地の渓流に生息しているそうです。体長は64~78ミリで、日本のカワトンボの中では最大の大きさです。写真のように、ミヤマカワトンボのオスは、翅が半透明の深みのある褐色で濃褐色の帯模様があり、腹部は青味がかった金属光沢色をしています。
  • ミヤマカワトンボ05.JPG






  • Last updated  2017.07.12 06:00:21
    コメント(0) | コメントを書く
    2016.12.09
    カテゴリ:昆虫
    ☆毎年11月から12月にかけて、ウォーキングコース(玉川上水)で雪虫を見かけます。手袋の先にとまったので、観察してみることにしました。
    • 雪虫1.JPG

    ☆故郷の北海道で子どもの頃、毎年10月に入って冷え込みが増す時期に、この雪虫を見ると、もうすぐ初雪が降ると感じたものでした。科学的な根拠はありませんし、実際も異なるようですが、「雪虫を見かけると、1週間から10日間で初雪が降る」といわれているそうです。なお、雪虫というのは北国の方言で、東京では「オオワタ」や「シーラッコ」と呼ぶそうです。
    • 雪虫2.JPG

    ☆雪虫は、アブラムシ科のトドノネオオワタムシが正式種名です。羽が生えて飛ぶことができるアブラムシの仲間です。
    • 雪虫3.JPG

    ☆雪虫は、白くふわふわした蝋物質を身にまとっているのがわかります。この白く見える繊維状の蝋物質は、体内から分泌され、地面にいる時は雪虫の身を土や水分から守り、空を飛ぶ時にはふわふわ漂いやすくするためにあるそうです。
    • 雪虫4.JPG

    ☆ウィキペディアフリー百科事典には、次のように書かれています。「アブラムシは普通、羽のない姿で単為生殖によって多数が集まったコロニーを作る。しかし、秋になって越冬する前などに羽を持つ成虫が生まれ、交尾して越冬のために産卵する。この時の羽を持つ成虫が、蝋物質を身にまとって飛ぶ姿が雪を思わせるのである。」
    • 雪虫5.JPG

    ☆初雪とは関係ありませんが、ここ東京でも、雪虫は季節の変化を知らせてくれる風物詩となっています。ちなみに、今年は雪虫が飛び始めた直後の11月24日に初雪が降りました。
    • 雪虫6.JPG

    ☆なお、株式会社ウェザーニューズの2007年から2011年の北海道エリアの調査では、5年間の平均で「雪虫を見かけてから21日後」に初雪になったそうです。
    • 雪虫7.JPG

    ☆雪虫は短命で、1週間ほどの命です。北海道では大量発生などの被害があるようですが、ウォーキングコース(玉川上水)では、晩秋から初冬への季節の移り変わりを感じさせてくれる自然界の小さな使者です。落葉樹の葉が紅葉(黄葉)し、ウォーキングコース(玉川上水)の遊歩道は落葉で被われ、小春日和の中で葉が落ちた樹の幹にコゲラなどを見かける季節です。






    Last updated  2016.12.09 17:20:28
    コメント(2) | コメントを書く
    2016.08.24
    カテゴリ:昆虫
    ☆8月も下旬になりました。セミの鳴き声も、少し弱々しくなってきたように感じます。何といっても、夏に一番身近で多く見かけるのは、アブラゼミです。関東の大都市では生息数が減少してきているそうですが、ここ立川ではどこでも多く見かけますし、生息数が減少してきているようには思えません。
    • アブラゼミ1.JPG

    ☆サクラの木の幹に、2羽止まって鳴いています。アブラゼミは、サクラ・ナシ・リンゴなどのバラ科の樹木を好むので、バラ科の樹木に多く見られるそうです。サクラの木でよく見かけます。アブラゼミはミンミンゼミと違って暑さに強いのか、日に当たるところで手に取れるような近くで見かけることができます。
    • アブラゼミ2.JPG

    ☆アブラゼミは、北海道から九州、屋久島など日本全土に分布するセミ科アブラゼミ属の昆虫です。市街地や山地まで、幅広く生息しています。アブラゼミの体は黒褐色で、翅は不透明の褐色です。セミの多くは羽が透明ですが、アブラゼミは翅全体が不透明という珍しいセミです。
    • アブラゼミ3.JPG

    ☆桜の幹に長くとがった口をストローのように差しこんで、木の汁を吸うというので、横に移動して観察することにしました。
    • アブラゼミ4.JPG

    ☆セミと言えば、樹液を吸う長い口(口吻:こうふん)が特徴なのですが、観察できませんでした。
    • アブラゼミ5.JPG

    ☆地面で見かけたセミの幼虫。ミンミンゼミの幼虫は緑色が目立つそうなので、アブラゼミの幼虫でしょうか。幼虫期間は6年から7年だそうです。
    • アブラゼミ6.JPG

    ☆ケヤキの木に、セミの抜け殻がたくさん残っていました。これは、やはりアブラゼミの抜け殻なのでしょうか。羽化は夜に行われるそうですが、まだ観察したことはありません。
    • アブラゼミ7.JPG

    ☆暑さや湿度に強いアブラゼミですが、環境の変化やヒートアイランド現象などにより、生息数が減っている地域もあるようです。アブラゼミ(油蝉)の名は、鳴き声が鍋で油を熱した時のジリジリという音に似ているので名づけられたそうです。「ジジジジジ…」とも「ジリジリジリ…」とも聞こえます。






    Last updated  2016.08.24 02:23:24
    コメント(2) | コメントを書く
    2016.08.19
    カテゴリ:昆虫
    ☆ケヤキの木でミンミンゼミが鳴いているのを見つけ、何とか撮影できました。(2016年8月5日17時22分撮影)。
    • ミンミンゼミ1.JPG

    ☆アブラゼミは暑さに強いようで、日に当たるところで手に取れるような近くで見かけることができますが、ミンミンゼミはアブラゼミなどに比べると暑さに弱いそうです。ミンミンゼミは日陰で鳴いているため、「鳴き声はすれど姿は見えず」でなかなか観察できません。
    • ミンミンゼミ2.JPG

    ☆ミンミンゼミは、日本全土に分布するセミ科ミンミンゼミ属の昆虫です。東日本ではおもに平地~丘陵地に、西日本では低山地~山地に見られるそうです。ミンミンゼミは、翅を含めるとアブラゼミと同じくらいの大きさですが、他のセミに比べて腹部が短いのが特徴です。黒地に緑色の斑紋があり、日本のセミでは比較的鮮やかな体色です。
    • ミンミンゼミ3.JPG

    ☆ミンミンゼミは、毎年見かけますが、シャッターチャンスに恵まれて撮影できるのは毎年1回程度です。2012年、曇りの日に比較的明るい木の幹にとまって、体を震わせながら鳴いていました。ケヤキの幹で鳴くミンミンゼミ。(2012年8月18日8時9分撮影)。
    • ミンミンゼミ4.JPG

    ☆2013年、日陰でコナラの木の幹にとまって体を震わせながら鳴いているのを見つけました。コナラの幹で鳴くミンミンゼミ。(2013年8月4日14時4分撮影)。
    • ミンミンゼミ5.JPG

    ☆2015年、ミンミンゼミが、弱ってしまったのか地面に下りてきました。こんなに間近で見るのは、初めてでした。(2015年8月23日17時27分撮影)。
    • ミンミンゼミ6.JPG

    ☆ミンミンゼミ(ミンミン蝉)の名は、その名の通り鳴き声「ミーンミンミンミンミンミーーー」に由来するそうです。「ミーンミンミンミンミンミーーー」を4回から20回繰り返すそうです。ある調査では、東京では平均12回程度だそうです。






    Last updated  2016.08.19 03:18:08
    コメント(2) | コメントを書く
    2016.06.30
    カテゴリ:昆虫
    ☆ウォーキングコース(玉川上水)で、今年もハグロトンボを見かけました。
  • ハグロトンボ1.JPG

  • ☆ハグロトンボは、本州・四国・九州に分布するカワトンボ科アオハダトンボ属の昆虫です。
  • ハグロトンボ2.JPG

  • ☆ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)は、名前の通りの黒い翅をひらひらさせながら蝶のように飛びます。体色から判断すると雌のようです。
  • ハグロトンボ3.JPG

  • ☆ハグロトンボのオスは、体に青い金属光沢があります。羽に紋様がうすく見えます。(2012年8月27日撮影)。
  • ハグロトンボ4.JPG

  • ☆ハグロトンボのメスは、体の色が黒褐色です。オスよりも、黒い羽に褐色の紋様がはっきりとわかります。(2012年8月27日撮影)。
  • ハグロトンボ5.JPG

  • ☆ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)の名は、翅が黒いことに由来すると思っていましたが、調べてみると、既婚の婦人が歯を黒く染める「お歯黒」に翅の色が似ていることから「オハグロトンボ」と呼ぼれていたことに由来するそうです。また、歯を黒くすることを鉄奬つけ(かねつけ)といったので「カネツケトンボ」と呼ぶこともあるそうです。






    Last updated  2016.06.30 04:31:02
    コメント(0) | コメントを書く
    2015.08.26
    カテゴリ:昆虫
    ☆猛暑日が1週間続いた東京の夏ですが、最高気温が30度を下回るようになりました。夏も終わりです。セミの鳴き声も、弱々しくなってきたようです。団地内の木の幹で、たくさんのアブラゼミが鳴いています。
  • セミ1.JPG

  • ☆アブラゼミは、日本全土に分布するセミ科アブラゼミ属の昆虫です。
  • セミ2.JPG

  • ☆アブラゼミの羽を見ると、先端が欠けています。最後の力を振り絞って鳴いているのでしょうか。アブラゼミ(油蝉)の名は、鳴き声が鍋で油を熱した時のジリジリという音に似ているので名づけられたそうですが、そう言われれば「ジリジリ」「ジージー」と聞こえ、そんな気もします。
  • セミ3.JPG

  • ☆ミンミンゼミが、弱ってしまったのか、地面に下りてきました。ミンミンゼミは、日本全土に分布するセミ科ミンミンゼミ属の昆虫です。ミンミンゼミ(ミンミン蝉)の名は、その名の通り「ミーン、ミンミンミンミンミーン」と鳴くからでしょうか。
  • セミ4.JPG

  • ☆ミンミンゼミは夏の暑さによって体の色が変わるそうで、涼しい北海道のミンミンゼミは黒地の割合が多い黒化型、ロシアのミンミンゼミは全身が真っ黒になっているそうです。このミンミンゼミの体の色は、黒と緑が適度に混じった標準型のようです。
  • セミ5.JPG

  • ☆ツクツクボウシの鳴き声も目立つようになりました。ツクツクボウシは、日本全土の森林から地域によっては市街地にも分布するセミ科ツクツクボウシ属の昆虫です。8月下旬には、ツクツクボウシやヒグラシの鳴き声が次第に目立ってきます。姿が見えません。3年前、ケヤキの幹で鳴いていたツクツクボウシです。(2012年8月27日撮影)。
  • セミ6.JPG






  • Last updated  2015.08.26 05:53:28
    コメント(0) | コメントを書く
    2014.08.22
    カテゴリ:昆虫
    ☆ウォーキングコースのクヌギの木で、以前から樹液が出ている木があります。昆虫がたくさん集まってきます。アカボシゴマダラもきています。動きが激しく、ピンぼけ写真です。
  • アカボシゴマダラ.JPG

  • ☆「ブーン、ブーン」という大きな羽音を出して、次々と集まってくるのはカナブンです。カナブンには近縁の種が数種あるそうですが、「しろうと自然科学者」の知識では、そこまでは見分けがつきません。
  • カナブン1.JPG

  • ☆カナブンは、本州以南に生息するコガネムシ科カナブン属の昆虫です。カナブン(金蚉、金蚊)の名は、全身に緑色や銅色の金属光沢があり、ブーンと羽音をたて飛び回ることに由来するそうです。
  • カナブン2.JPG

  • ☆カナブンと一緒に樹液を求めてきたのはカブトムシです。カブトムシは、コガネムシ科カブトムシ属の昆虫です。カブトムシ(甲虫、兜虫)の名は、大きな角がある頭が兜の形に似ていることから。
  • カブトムシ1.JPG

  • ☆樹液が出ているクヌギの大木、上を見上げるとカブトムシ(?)がいました。コンパクトデジタルカメラで、最大限(20倍)ここまででした。
  • カブトムシ2.JPG

  • ☆樹にカナブンと似た昆虫が止まっています。背中の斑紋から、コガネムシ科シロテンハナムグリ属のシロテンハナムグリと判断しました。同じ属のシラホシハナムグリとは背中の斑紋が微妙に違うようです。シロテンハナムグリ(白点花潜り)の名は、背中に白い斑紋があり、花に潜って蜜や花粉を食べることからきているそうです。
  • シロテンハナムグリ.JPG

  • ☆これは、2009年11月に撮影したスズメバチです。スズメバチもクヌギの樹液を求めてやってきたのでしょうか。
  • スズメバチ.JPG






  • Last updated  2014.08.22 05:47:43
    コメント(2) | コメントを書く
    2014.08.21
    カテゴリ:昆虫
    ☆チョウトンボが飛んでいます。縄張り意識が強いので、他の雄と空中で争い、動きが激しい中で、何とか撮影できた1枚。左上を飛んでいるのは、羽に金属光沢があり虹色に光って見えるので、オスでしょう。左下の池の水面に、影が映っています。
  • チョウトンボ1.JPG

  • ☆のんびりと蓮の葉に止まって、写真撮影に応えてくれたのは、羽の色が黒いメスのようです。チョウトンボは、前翅は細長く後翅は幅広いのが特徴です。
  • チョウトンボ2.JPG

  • ☆チョウトンボは、本州・四国・九州の平地から丘陵地の池沼などに生息するトンボ科チョウトンボ属の昆虫です。チョウトンボ(蝶蜻蛉)の名は、蝶のように羽をひらひらさせて飛ぶことに由来します。羽に金属光沢があり虹色に光って見えるのは、ハグロトンボで紹介した「構造色」によるものなのでしょうか。






    Last updated  2014.08.21 06:24:14
    コメント(0) | コメントを書く

    全21件 (21件中 1-10件目)

    1 2 3 >


    Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.