882195 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

楽天売れ筋 お買い物ランキング

2019年11月16日
XML
カテゴリ:映画
​​​​「ジュリアン」(原題:Jusqu'à la garde)は、2017年公開のフランスのサスペンス&ドラマ映画です。 グザヴィエ・ルグラン監督、トマ・ジオリア、ドゥニ・メノーシェら出演で、11歳の息子の親権を妻と争う夫が、息子と面会する度に妻の電話番号や住所を聞き出し、やがて妻の家に乗り込む様を描いています。第86回アカデミー賞短編映画賞にノミネートされた「すべてを失う前に」(2013年)の長編版で、第74回ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞した作品です。

 「ジュリアン」のDVD(楽天市場)

【スタッフ・キャスト】
監督:グザヴィエ・ルグラン
脚本:グザヴィエ・ルグラン
出演:ドゥニ・メノーシェ(アントワーヌ・ベッソン、ジュリアンの父)
   レア・ドリュッケール(ミリアム・ベッソン、ジュリアンの母)
   トマ・ジオリア(11歳の少年、ジュリアン・ベッソン)
   ジョゼフィーヌ・ベッソン(マティルド・オネヴ、ジュリアンの姉、18歳)
   マチュー・サイカリ(サミュエル、ジョゼフィーヌの恋人、ミュージシャン)
   フロランス・ジャナス(シルヴィア、ミリアムの妹)
   マルティーヌ・ヴァンドヴィル(マドレーヌ、アントワーヌの母)
   ジャン=マリー・ヴァンラン(ジョエル、アントワーヌの父)
   マルティーヌ・シャンバッハー(ナニー、ミリアムの母)
   ジャン=クロード・ルゲー(アンドレ、ミリアムの父)
   サディア・ベンタイエブ(裁判官)
   ソフィー・パンスマイユ(ミリアムの弁護士)
   エミリー・アンセルティ=フォルメンティニ(アントワーヌの弁護士)
   ほか

【あらすじ】
  • 夫アントワーヌ(ドゥニ・メノーシェ)と別居、離婚調停中のミリアム(レア・ドリュッケール)は、ジョゼフィーヌ(ジョゼフィーヌ・ベッソン)とジュリアン(トマ・ジオリア)の二人の子供を引き取っています。ミリアムは夫を子供たちに近づけたくありませんでしたが、夫アントワーヌの弁護士はアントワーヌと息子ジュリアンの関係をミリアムが断ち切ろうとしていると離婚調停で主張します。結局、アントワーヌはジュリアンの共同親権を得て、隔週の週末ごとにジュリアンと過ごすことになります。
  • 一方、アントワーヌのDV癖を恐れるミリアムは、決してアントワーヌに会おうとせず、電話番号を頻繁に変えて新居の住所も教えません。ジュリアンに面会する度にアントワーヌはミリアムの居場所を聞き出そうとしますが、ジュリアンは母親を守るため必死に嘘をつき続けます。アントワーヌの不満は徐々に膨らみ、ジュリアンの嘘で怒りに火が点き、燃えさかる怒りとともにミリアムの家に乗り込みます・・・。

【レビュー・解説】
DVの本質である怒りの暴走を徹底した調査と選りすぐりの俳優による迫真の演技でスリリングに描き、配偶者のみならず子供にも悪影響を与えるDVの恐怖を観る者の感性に強く訴えるサスペンス&ドラマ映画です。

DVの本質をスリリングに描く
冒頭、裁判所での息子の親権をめぐる夫婦の離婚調停のシーンから始まります。双方の弁護人が陳述しますが、この段階でどちらに非があるのかわかりません。ドメスティック・バイオレンス(DV)と言っても夫婦関係ではどちらかが一方的に悪いということはないだろう、果たしてこの先、どのように描いていくのだろうかと、少々、意地の悪い視点で見始めたのですが、物語が進行するに従って、完全に意表を突かれました。夫が妻にDVを振るうようになった経緯をドラマ形式で描くのではなく、日常的な状況の中で夫の怒りが徐々にエスカレートしていく様がスリリングに描かれています。余計な要素を削ぎ落とし、DVの本質的な原因である怒りの暴走に絞り込んいるので、突っ込みようがありません。さらに、妻や子供を肉体的に傷つけることになしに、DVの恐怖を描いているのも見事です。

因みに、DVはプライベートな世界で繰り広げられる大変な悲劇ですが、外からはほとんど見えません。本作は裁判所という社会的な視点から始まり、プライベートの世界に入ってDVを描き、最後に再び社会的な視点に戻って終わるという構成で、こうしたDVの構図を印象づけています。

徹底した調査に裏打ちされた説得力
スリラーと言うと一般に娯楽映画の要素が強いのですが、本作は冒頭の離婚調停のシーンからリアルで無駄のない展開を見せます。グザヴィエ・ルグランは、物語を作り込んでいく前に長い時間をかけて様々な人々から話を聞くなど、綿密に現場調査をしています。彼はDVについて書かれた数多くの著作、体験談や各種資料、フィクションを読むだけではなく、実際にDVの被害者となった女性たち、そうした家庭で育った子どもたち、家庭裁判所の裁判官、判事などに聞き取りをしています。また、警察にも行き、実際にどのような状況が緊急事態が発生しているかについても様々な事例を取材しています。こうした本作の緻密な裏付けが、一般的なスリラーにはないリアリティを醸し出し、同種の作品には類を見ない説得力を生み出しています。

長女のジョゼフィーヌはあまり物語にかかわらないのですが、本作には彼女が妊娠検査をする場面が挿入されています。実は、これも調査に基づいたエピソードです。
ジョゼフィーヌは成人に達しており、年の離れたジュリアンとは異なって彼女に親権が及ぼす影響は大きくありません。しかし、両親の関係や家庭環境は彼女にも同様に深く影を落とす。彼女のその後の人生に大きな影響を与えるのです。私が取材したところ、こうした環境で育った子どもたちはしばしばいくつかの選択肢を押しつけられることになる。男子の場合、自分もまた父親と同じように暴力的な夫になるか、あるいは暴力に過敏に反応することで、注意深く慎重な性格が醸成されていきます。女子の場合は、様々な手段を使ってできるだけ早く家庭から出ていこうとする。自分自身の家庭を築いたり、自立を急いだりするわけですね。この作品でも、彼女が自ら妻となり母親となることで、なんとか早く家庭から出ていこうとする姿が描かれています。(グザヴィエ・ルグラン監督)
https://i-d.vice.com/jp/article/wjm8m9/interview-xavier-legrand-julien

DVの本質は原因ではなく怒りの暴走
結局のところ、夫婦関係ではどちらかが一方的に悪いということはないのでは?という意地の悪い視点は、見事に肩透かしを食いました。DVにおいて重要なのはどちらが原因を作ったかではなく、怒りの暴走による過剰な反応であると、素直に納得せざるを得ませんでした。また、過去の肉体的危害を暗示するシーンはあるものの、本作は肉体を傷つけることになしにDVの恐怖を描いており、心理的な暴力もDVであることを実感できます。ともすれば、肉体的な危害がなければDVではないと短絡的に考えがちですが、心理的な暴力もDVであることは強く認識しておいた方が良いと思われます。

迫真の演技を見せる俳優陣
レア・ドリュッケールとともに本作の短編版の「すべてを失う前に」(2013年)に出演しているドゥニ・メノーシェの演技が白眉です。本作は彼の行動を中心に展開しますが、冒頭の離婚調停のシーンでの夫、妻、どちらに非があるのかわからない抑えた演技から、クライマックスの感情の爆発まで、徐々に怒りが昂じていく様を正確に演じています。一見、強面の彼ですが、撮影の合間にはお笑い系の冗談ばかり飛ばす、とても面白い俳優です。彼は、「イングロリアス・バスターズ」(2007年)、「危険なプロット」(2012年)などの著名な作品にもちょっとした役で出演していますが、ジャン・ギャバン(1904年~1976年)、リノ・ヴァンチュラ(1919年~1987年)、ジャン=ポール・ベルモンド(1933年~)、ジャン・レノ(1948年~)、ティエリー・トグルドー(1959年~)、マチュー・アマルリック(1965年~)、ヴァンサン・カッセル(1966年~)といったフランスの個性派俳優の後を追える人材ではないかと期待しています。

息子ジュリアンを演じたトマ・ジオリアも、父の怒りに涙ながらに耐えるなど迫真の演技を見せています。内気な性格の彼ですが、二人の兄に刺激されて演劇を始め、先生に勧められるままにオーディションを受けて、本作に抜擢されました。子役専門の演技コーチが撮影に同行し、最大のパフォーマンスが得られるよう子どもの立場に立って助言していはいますが、やはり、彼自身の資質が大きいようです。オーディションで彼を発掘したグザヴィエ・ルグラン監督は、彼には聴く力と俳優としてやっていきたいという成熟した感性があり、非常に珍しい才能の持つ逸材だと直感したと、絶賛しています。

余談:DVの加害者にならない為に
DVは怒りの暴走であるというシンプルなメッセージに、いろいろと考えさせられました。以前、米国のDVやストーカーの加害者に対する更生プログラムに関するテレビ番組を見たことがありますが、
  • 相手の間違いは正さなくてもいい
  • 相手に固執しなくていい
  • 怒りをコントロールすることが大切
などといったセラピーをやっていました。恐らく、DVやストーカーには、
  • 自分が正しいと盲信し、
  • 相手を支配しようとする傾向が強く、
  • 粘着質で怒りのスイッチが入りやすい
といった傾向があるという、心理学的なプロファイリングに基づくものだと思います。もちろん、自分が正しいと信じること、自分の意にかなう行動を相手に期待すること、一貫性をもって物事に臨むこと、むやみに感情を抑圧しないなどといったことは、一概に間違いとは言えませんが、オール・オア・ナッシングの二元論ではなく、TPOやバランスの問題と言えます。DV傾向があるかもしれないと思う人は、このような視点で自制してみるのも良いかも知れません。

余談:ハラスメントの拡大解釈と冤罪
もともと、自分は女性の権利拡大には好意的だと思っていましたが、#MeToo運動の過熱やセクハラ、パワハラ、モラハラという各種ハラスメントの拡大解釈に直面して、少し懐疑的になってきています(冒頭の夫婦関係ではどちらかが一方的に悪いということはないのでは?という意地の悪い視点も、そうした心境の変化の影響)。受けた側がハラスメントだと感じれば、それはハラスメントだと信じて疑わない女性がいます。確かにハラスメントは受け取る側の問題ではありますが、受け取る側がハラスメントだと感じればすべてハラスメントと認定されるわけではありません。むしろ、認定されないケースの方が圧倒的に多いのです。しかし、痴漢の冤罪と同様、女性がハラスメントと思い込んで騒ぎ立てるだけで、男性は社会的信用などにダメージを受けるという、男性にとっては非常に迷惑千万な話です。DVやハラスメントの加害者にならないのはもちろんのこと、冤罪を被せられないよう男性は言動に注意を払う必要があります。

余談:男と女の交戦規定
男性と女性、いつでも、誰とでも信頼しあって生きていければ良いと思うのですが、信じられる時もあれば裏切られる時もある、信頼できる人もいれば裏切る人もいるというのが現実でしょう。裏切られても信じ続けるのが美徳かも知れませんが、これは必ずしも現実的ではないでしょう。ゲーム理論によると、信頼には信頼を、裏切りには裏切りをという、しっぺ返しの戦略を採った際に得られる利得が最大になるそうです。止むえずしっぺ返しをしなければならない時もあるでしょう。しかし、裏切りの行動をとる女性に対してしっぺ返しをする際には、細心の注意が必要です。例えば、
  • 女性に殴られたかと言って、男性が女性を殴り返すのは得策ではない。社会的な心証を損なう。
  • 女性に傷つくことを言われたからと言って、女性を傷つけることをストレートに言い返すのは得策ではない。倍返しなど論外。PTSDの口実になりかねない。
  • 非論理的な主張を繰返す女性を睨みつけたり、強い口調で反論するのは、賢くない。恫喝、脅迫、パワハラといった冤罪の口実にされかねない。
  • 女性の非倫理的な言動に対して、倫理を諭したり、気づきを促すのは必ずしも賢くない。モラハラという冤罪の口実にされかねない。
このように、些細な問題に対するしっぺ返しの失敗で問題が深刻化するケースも少なくないと思っています。じゃあ、どうすれば良いのかと言えば、ケース・バイ・ケースだとは思いますが、例えば殴られたら殴り返さずに傷害だと警告する、非論理的な主張には同意できないと穏やかに伝えるなどの対応があるかと思います。いずれにせよ、怒りにまかせて反射的に行動するのは禁物です。深刻な攻撃でない限り体よくかわすのが基本かと思いますが、しつこいようであるならば、冤罪の口実を与えないような対応を熟慮するのが良いでしょう。

因みに本作の場合、裏切りの発端は描かれていませんが、子供を連れて逃げた妻とよりを戻したい一心で、夫が怒りを爆発させ、過大なしっぺ返しとなっているのが最大の失策です(妻の裏切りに対して、力ずくで妻を服従させようとした)。頭を冷やし、妻とよりを戻すことにこだわらず、どのような条件で別れるのが得かなど、幅広い選択肢の中で最大の利得が得られる様に行動すべきです。

ドゥニ・メノーシェ(アントワーヌ・ベッソン、ジュリアンの父)

ドゥニ・メノーシェ(1976年〜)は、フランスの俳優。2003年にテレビ・ドラマでデビュー。その後、長編映画に出演するようになり、「La Moustache」(2005年)、「イングロリアス・バスターズ」(2007年)、「危険なプロット」(2012年)、「Grâce à Dieu」(2019年)などに出演している。レア・ドリュッケールとともに本作の短編版の「すべてを失う前に」(2013年)にも出演している。

レア・ドリュッケール(ミリアム・ベッソン、ジュリアンの母)

レア・ドリュッケール(1972年〜)はフランスの女優。舞台からキャリアを始め、1991年に映画デビュー。「女はみんな生きている」(2001年)、「青の寝室」(2014年)などに出演している。ドゥニ・メノーシェとともに本作の短編版の「すべてを失う前に」(2013年)にも出演している。

トマ・ジオリア(11歳の少年、ジュリアン・ベッソン)

トマ・ジオリア(2003年〜)は、フランスの子役俳優。内気な性格だが、二人の兄に刺激されて演劇を始め、先生に勧められるままにオーディションを受けて本作に抜擢された。オーディションで彼を発掘したグザヴィエ・ルグラン監督は、彼には聴く力と俳優としてやっていきたいという成熟した感性があり、非常に珍しい才能の持つ逸材と直感したとと絶賛。

ジョゼフィーヌ・ベッソン(左、マティルド・オネヴ、ジュリアンの姉、18歳)

ジョゼフィーヌ・ベッソン(1995年〜)は、フランスの女優。幼い頃から演技に親しみ、高校卒業後は演劇学校で学ぶ。女優を続けながらソルボンヌ大学に通い、現代文学の学士号を取得した才媛。16歳の時にグザヴィエ・ルグラン監督に出会い、本作の短編版「すべてを失う前に」(2012年)のジョゼフィーヌ役をオファーされた。その後、映画やテレビシリーズでいくつもの役を獲得している。

【撮影地(グーグルマップ)】

 「ジュリアン」のDVD(楽天市場)

【関連作品】
ドゥニ・メノーシェ出演作品のDVD(楽天市場)
  「La Moustache」(2005年)
  「イングロリアス・バスターズ」(2007年)
  「危険なプロット」(2012年)
  「Grâce à Dieu」(2019年)

レア・ドリュッケール出演作品のDVD(楽天市場)
  「女はみんな生きている」(2001年)
  「青の寝室」(2014年)​​​​






Last updated  2019年11月16日 05時00分06秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ツルノカミ

Freepage List

お買い物ランキングの楽しみ方


楽天的カメラ選び(デジカメ売れ筋)


ライカ


ハッセルブラッド


コンタックス(ツァイス)


キャノン(デジタル)


ニコン(デジタル)


フォクトレンダー


ミニチュアカメラ


防湿庫


マック(パソコン)


ツァイス Mマウントレンズ


中古カメラ レンズ アクセサリー


デジタル一眼レフカメラ


バレンタインチョコレート


バレンタインギフト 腕時計


バレンタインギフト 財布


バレンタインギフト ネクタイ


バレンタインギフト ベルト


プレミアム(エルメス・バーキン)


ロレックス・デイトナ


フランク・ミュラー


ランドセル(天使のはね)


学習机(10万円以下)


学習机(10万円以上)


新入学用品(上履き、文具セット...)


ランドセル(土屋鞄製造所)


ランドセル(ミキハウス)


ランドセル(ララちゃん)


ひな人形(七段飾り)


ひな人形(三段飾り)


ひな人形(親王飾り)


ひな人形(ケース飾り)


ひな人形(木目込み飾り)


ひなあられ 甘酒 スイーツ ケーキ グルメ


五月人形 鯉のぼり


五月人形 子供大将飾り


五月人形 兜飾り


五月人形 鎧飾り


五月人形 ベランダ用鯉のぼり


ホワイトデーのプレゼント お菓子 スイーツ


ホワイトデーのプレゼント お花


ホワイトデーのプレゼント 宝飾


ホワイトデーのプレゼント ハンドバッグ


ホワイトデーのプレゼント トートバッグ


ホワイトデーのプレゼント ショルダー


ホワイトデーのプレゼント 財布


新生活応援 ベッド・寝具


新生活応援 収納家具


新生活応援 家電


新生活応援 キッチン用品


新生活応援 家具・インテリア


新生活応援 防災・防犯グッズ


ゴールデンウィーク 人気の旅行先


ゴールデンウィーク 人気の高級ホテル 旅館


ゴールデンウィーク 人気の温泉宿


ゴールデンウィーク キャンプ バーベキュー


ゴールデンウィーク 家族に人気のホテル


楽天的自転車選び マウンテンバイク


楽天的自転車選び 折りたたみ自転車


楽天的自転車選び 電動アシスト自転車


楽天的自転車選び シティサイクル


楽天的自転車選び 子供用自転車


楽天的自転車選び アクセサリー・グッズ


楽天的自転車選び ロードサイクル


楽天的自転車選び クロスバイク


母の日プレゼント特集 カーネーション


母の日プレゼント特集 花束 アレンジ他


母の日プレゼント特集 ジュエリー他


母の日プレゼント特集 生活・美容家電


母の日プレゼント特集 ホテル・旅館(北)


母の日プレゼント特集 ホテル・旅館(南)


お花見 日本酒 グルメ バーベキュー...


父の日プレゼント特集 日本酒


父の日プレゼント特集 焼酎


父の日プレゼント特集 赤ワイン


父の日プレゼント特集 白ワイン


父の日プレゼント特集 ビール・日本茶..


父の日プレゼント特集 シェーバー


父の日プレゼント特集 ネクタイ1


父の日プレゼント特集 ネクタイ2


父の日プレゼント特集 作務衣・甚平


梅雨対策 エアコン(空調機)


梅雨対策 除湿機


梅雨対策 布団乾燥機(ふとん乾燥機)


夏のダイエット・健康 売れ筋商品 注目商品


夏のダイエット・健康 ジャンル別売れ筋


夏休み 国内 海外 旅行 テーマパーク...


夏休み 優良ホテル 旅館宿泊(中部以北)


夏休み 優良ホテル 旅館宿泊(近畿以南)


夏休み 厳選 海の見えるホテル 旅館宿泊


夏休み キャンプ バーべーキュー用品


お中元 グルメ(タラバガニ 和菓子...


お中元 花王 エコナ ギフトセット


お中元 日清ヘルシーギフトセット


お中元 味の素健康サララギフトセット


夏に欲しいモノ特集(プラズマテレビ...


夏に欲しいモノ特集(売れ筋浴衣...


夏に欲しい物特集(日傘 パラソル)


夏に欲しいモノ特集 花火セット


人気のブランドアイテム コーチ


人気のブランドアイテム ルイ・ヴィトン


人気のブランドアイテム グッチ


人気のブランドアイテム ディオール


敬老の日プレゼント グルメ(海鮮)


敬老の日のプレゼント 和菓子 日本茶


敬老の日のプレゼント ホテル旅館 中部以北


敬老の日のプレゼント ホテル旅館 近畿以南


敬老の日のプレゼント リビング 健康 家電


敬老の日のプレゼント 花束 鉢花 アレンジ


敬老の日のプレゼント 日本酒


敬老の日のプレゼント 焼酎


敬老の日のプレゼント 作務衣


秋のお彼岸特集(花束、おはぎ)


十五夜(お月見)特集(花、月見だんご...)


秋の味覚特集(松茸、葡萄、梨、洋梨...)


秋の旅行特集 国内外ツァー 温泉...


秋の旅行 ホテル・旅館宿泊(中部以北)


秋の旅行 ホテル・旅館宿泊 (近畿以南)


秋の旅行 顧客評価の高いホテル・旅館


秋の旅行 キャンプ・バーベキュー


2006年カレンダー・手帳


冬物家電(ストーブ ヒーター こたつ...)


お歳暮 日本酒


お歳暮 焼酎


お歳暮 スイーツ(和菓子)


お歳暮 スイーツ(洋菓子)


お歳暮 グルメ(海鮮)


お歳暮グルメ(肉・肉加工品)


お歳暮グルメ (フルーツ・果物)


お歳暮 グルメ(ドリンク)


2006年 おせち特集


2006年 新春福袋特集


クリスマス特集 クリスマスケーキ


クリスマス特集 クリスマスツリー


クリスマス特集 クリスマスリース


クリスマス特集 ワイン


クリスマス特集 花とケーキ


クリスマスプレゼント ハンドバッグ


クリスマスプレゼント トートバッグ


クリスマスプレゼント ショルダーバッグ


クリスマスプレゼント 財布


クリスマスプレゼント ブランド小物


洋画映画特集


コーエン兄弟が制作した主な作品


料理映画ランキング・トップ10


群像劇映画ランキング・トップ10


Calendar

Category

Comments

ツルノカミ@ Re[1]:「ハワーズ・エンド」(1992年)(06/11) 和希ちゃん8383さん こんばんは。 >一瞬…
ツルノカミ@ Re[1]:「オデッセイ」(2015年、アメリカ)(06/16) 和希ちゃん8383さん こんばんは。この映画…
和希ちゃん8383@ Re:「ハワーズ・エンド」(1992年)(06/11) こんにちは。 一瞬、画像を見て「日の名残…
和希ちゃん8383@ Re:「オデッセイ」(2015年、アメリカ)(06/16) こんにちは。 この映画観たかったんですよ…

Favorite Blog

アフィリエイト成果… 楽天ブログスタッフさん

ペンギンさんの南極… penguin3.comさん
ホテルウーマンの雑… 朱夏0708さん
映画DVDランキング TOM2000さん
2008年新春福袋セー… ななせ♪さん
☆Comfortable Cafe☆… よめよめさん
楽天通販お買得広場… みゅーたろーさん
テンプレート配布-ろ… ろすとあ〜てぃくる☆すずさん
あやしいふるほんや… はるる!さん
虎キチこまちゃん こまちゃん1118さん

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.