354965 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

BLOG!てきぱき収納大辞典

2007.06.14
XML



部屋の印象を決める要素はたくさんあります。


たとえば、


部屋自体の奥行・幅・天井の高さ。


窓の種類・大きさ・高さ・場所。


天井・床・壁の色調・素材・面積比。


家具やカーテンの色調・素材・大きさ・高さ・幅・配置。


絵や時計、グリーンなどのアクセサリーの種類・数・配置。


照明の種類・配列・照度・輝度・色温度 などなど。


挙げればキリがありませんが。。


限られた条件の中で、どうやって部屋の印象を自分好みにしていくのか。。


今回は、『家具の配置』について紹介したいと思います。


ごはん


6帖の洋室に窓がひとつの部屋を例にしてみますね。


ここに1.6m幅のソファと、90cm幅のチェストを配置したとします。


md070614-1.jpg
こんな感じ?


「なんか狭くない?」  「狭いね。。。」


おそらく、こんな会話になると思います。


何故? それは、


行き先をふさいでいるから。 つまり“通せんぼ”。


そこで、


部屋の入口から奥壁の窓へのルートを空けてみます。


md070614-2.jpg
こうします。


空きました。


上から見ると、

md070614-3.jpg
こんな感じ。


圧迫感はなくなりますよね。


でも、なんか物足りない = つまらない。


そこで、アクセントに植栽が登場。


md070614-4.jpg
こんな感じ。 (鉢の色を床や幅木に合わせる事も重要です。)


このようにすれば、お部屋に奥行きとメリハリが生まれますよねウィンク


おにぎり


別のレイアウトもご紹介。

↓ ↓ ↓

md070614-5.jpg


目立つグリーンが、視線を存在感のあるチェストから離してくれたり、同じく


視線を窓の外まで導いてくれるので、部屋に奥行き感を出すことができます。


チェストとソファを直角に配置した事も、部屋の“のっぺり感”を軽減してくれています。


ラーメン


家具の配置を少し変えてみるだけで、お部屋の印象がガラッと変わるかもしれませんね^^


是非トライしてみてねスマイル



□■


てきぱきの公式サイトです。収納ネタ満載。

よろしかったらどうぞ♪

topima.jpg

てきぱき収納大辞典



□■


たりきほんがん命!(たりきほんがんいのち) 応援してちょ♪
↓ ↓
banner_03.gif
(いつもありがとうございます♪)









最終更新日  2012.04.18 20:31:58
コメント(5) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.