5281559 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オホーツクからのちょっとおすすめ

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

オホーツク

2019年09月17日
XML
テーマ:友人と一緒(729)
カテゴリ:オホーツク




柳さんとの出会いはもう十年前ぐらいにFacebookで北浜から浜小清水まで歩いているという記事に出くわしたときでした。


そのときはコネクトできなかったのですが、その後、オンラインでの交流が生まれました。柳さんは若いときは、この近くの牧場で仕事をしていたことがあるそうです。


冬にはいいたび@オホーツクのガイドツアーに参加していただき、知床や神の子池を歩きました。


また、柳さんのお住まいが元僕が住んでいた東京の世田谷区の三軒茶屋に近いということがあって、僕が東京に行ったときに、三軒茶屋ツアーを実施したこともあります。


そんな柳さんが仕事で札幌に来たので、網走や小清水によってくれたわけです。短い時間でしたが、また冬にゆっくり来ると行って、北浜まで1時間以上の道のりを歩いて行かれました。ほんとうにうれしい再会でした。


写真は北海道オホーツク浜小清水の海岸にて!













最終更新日  2019年09月17日 13時11分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月05日
テーマ:水芭蕉(2)
カテゴリ:オホーツク

春が来れば思い出す・・・はるかな涛沸湖・・・











歌では「夏が来れば思い出す・・・」で始まりますが、北海道・オホーツクの水芭蕉は春です。


しかも尾瀬のような高地ではなく、水辺の低地に生えています。


その群生地は、本当に広いです。誰が管理しているのかはわかりませんが、広大な群生地です。


森の中に群生地はあります、その森もまた美しいです。


涛沸湖の湖岸に広がる水芭蕉の群生地は、小清水町と網走市の境界にあります。実質網走市ですが・・・。







最終更新日  2019年05月05日 17時28分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月06日
テーマ:流氷(125)
カテゴリ:オホーツク




北海道・オホーツクには例年だと1月の下旬から2月・3月にかけて、ロシアのアムール川から発する流氷が流れ着きます。


この網走市 流氷街道 鱒浦は比較的新しい流氷ウォッチポイントです。


網走の新しい繁華街の駒場からオホーツク海に出る道道を降りると踏切がありますが、その踏切を左折して、数100mいったところにこの流氷街道・鱒浦があります。


ここに流氷が接岸している時の眺めはまさに絶景というしかありません。


ちょっとわかりにくい場所にあるので、見逃しがちですが、素晴らしい流氷ウォッチポイントとして、ぜひ立ち寄ってほしい場所です。







最終更新日  2019年01月06日 17時23分06秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:タイヤ(81)
カテゴリ:オホーツク




12月の後半に滑って車が1回転して、路肩に落ちました。とっても怖い思いをしました。


そのときは前に農家方にトラクターで引き上げてもらいました。本当に助かりました。改めてお礼を申し上げます。


車の修理はあまりしなくても良いような状態で、ちょっと安心!


その後、エンジンオイルの交換に行ったのですが、そのときにタイヤの溝が少なくなっていると言われました。


これはそろそろ交換の時期かなと思い、タイヤの交換に行きました。


今回は(~~;新品でブリジストンのVRXというものです。


履き替えてみるとなかなか快適です。


北海道の冬道は、まさに危険そのものなのでタイヤはしっかりしたものを履かないとという気持ちに改めてなりました!







最終更新日  2019年01月06日 13時44分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月30日
カテゴリ:オホーツク




オホーツクはこのところあまり雪は降っていませんが、今日は風が強くて、そのために雪が舞っています。


この写真は雪が舞う前の写真であまり雪はありませんが・・・この後結構降りました!


それにしても素晴らしい天気に秀峰ですね!







最終更新日  2018年12月30日 18時13分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月18日
カテゴリ:オホーツク




今回は北海道・オホーツク冬の一枚として、大空町女満別メルヘンの丘の夕景を紹介します。


このメルヘンの丘は歴とした農地で農閑期には、小麦・ジャガイモ・ビート(甜菜・砂糖大根)が栽培されています。


それが冬になると一面の雪で農地であることが一見ではわからなくなっています。しかし、ここは農地なのです。


しかし、この景観はみごととしか言いようがありません。最寄りの女満別空港からは10分ぐらいの距離ですが、ここの存在を知らずに先を急いでしまってまだ見たことがないという方もいらっしゃいます。


昼間も見事ですが、夕景もなかなか良いところです。







最終更新日  2018年12月18日 15時52分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月01日
カテゴリ:オホーツク




ここを起点にして続く28.1kmの直線道路・・・!


本当は微妙に曲がってはいるのだけど、ここからは直線にしか見えません!


最近、看板がついて、車の駐車場もできました!


長い直線道路の始まりです。


斜里町の峰浜にある国道からちょっとそれたターニングポイントです!







最終更新日  2018年12月01日 17時38分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月24日
カテゴリ:オホーツク


斜里町でおりなされる雪のある田園風景です。防風林の間隔のある雰囲気が美しいです。







最終更新日  2018年11月24日 19時23分07秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:オホーツク



一面が銀世界に今年の北海道・オホーツク。小清水町にある原生花園の近くで撮影したお気に入りの斜里岳です。


もちろん斜里岳は雪がかぶっています。


前面には放牧された野生の馬が写っています。馬は多分もう直ぐどこかへ移動します。放牧されている馬の最後の風景かも?







最終更新日  2018年11月24日 16時23分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月08日
カテゴリ:オホーツク




2018年9月6日午前3時8分ごろ、北海道胆振地方を震源とする地震が発生しました。北海道の厚真町で震度7の揺れがでて、たくさんの犠牲がおきました。


私の住むオホーツクでは、地震自体の被害はありませんでしたが、その後起きた停電では、大きな被害が生じ、9月7日の夜半になってやっと復旧いたしました。


停電中は、地域の信号が機能せず、交通の状態も大変悪かったです。ラジオを活用し、マスコミの情報は、何とか確保しました。ラジオは大変古いものであったので、なかなか操作がうまくいかず、なかなか手こずりましたが、何とか聞けるようになりました。


同時に、スマートファンやタブレットの充電は難儀しました。自家用車のバッテリーからにUSBの変換する装置をつけていたので、何とかそれで充電はできたのですが、時間がかかりました。


ある時はインターネットの電波がなくなって本当に孤立するかと思いましたが、一晩で復旧しました。その間にたくさんの励ましのメッセージを受けられたのは幸運だったといえるでしょう!


7日の夜も懐中電灯とろうそくのくらしを覚悟していたのですが、妻が「外の電気がついていると・・・」ということがわかり、電源の供給が回復したことが確認できました。こんなにうれしかったことはなかったです。


今では、携帯電話の電話も完全に復旧しています。


おかげでやっと普段の日常生活が確保されました。電気の大切さを改めて痛感いたしました。


全国の皆様には本当にご心配いただきありがとうございました、改めまして御礼を申し上げます。







最終更新日  2018年09月08日 10時17分27秒
コメント(0) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

プロフィール


natsumi_s_58

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

カレンダー

お気に入りブログ

【中古】エレキギタ… New! Mot_tenさん

これは… New! DABESAさん

舞妓遊び こんぴら… 夏織0708さん

鉄道の日 急行志摩号さん

ざっくり hola12さん

コメント新着

フリーページ

カテゴリ

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.