4857861 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

気楽に行こう。

冬につけたい香水

冬につけたい香水


寒い冬。
木枯らしが吹いて、木々の葉が落ち、空がちょっと広くなって。
息の白さと、雪の白さに目を細めながら冬を感じる。
生成りのセーターやふわふわのマフラーがあたたかい。
重めの香りや甘めの香りが、なんだかあたたかく感じられます。
一般的な評では、「甘め」「落ち着いた香り」といったものがこれに当てはまるのかな?
ミントやシトラス、オゾン、シプレなどの爽やか系は、ちょっと寒く感じてしまうかも。
逆に、バニラ系やパウダリー系、オリエンタル系などにはうってつけの季節です。
暑い夏や、雨の日には避けていた香水も、この季節にはなんだか心地良かったりします。
酔いにくいので、普段は敬遠していた香水に再チャレンジするのもオススメ。
重ね着で香りがやわらぐので、腰やお腹などにつけるといいですよ。
ピーチやアプリコット、アンバー、サンダルウッドなどがあたたかく感じる香りだと思います。
あたたかい服に、あたたかい香りをつけたいですね☆

クリスマス前には、各ブランドから限定香水や、コフレが発売されるのも魅力。
コフレには小さめの香水が付いている事も少なくありません。
その香水やコスメのイメージに合わせたポーチなんかも付いてたりして。
ただ、コフレはやはり人気があるので、確実に手に入れるには予約が必要な物も。
限定の香水は、ラメ入りだったり、オリジナルを甘めにアレンジした物など、様々。
その年にしか買えない物もあったりするので、チェックしてみるといいかも。
それぞれの個性が出ていて、見るだけでも面白いですよ。

秋冬は、どんな香水でもつけやすく、一番楽しめる季節です。
その中でも、寒い冬だからこそつけたくなる香水が、きっとあるはず。
私がつけたくなる、甘い香りや、ふわっとした重めの香水を挙げてみたいと思います。
他にもきっと、たくさんいい香りがあるはず。
自分の好きな香りを、ゆっくり見つけていってくださいね。(^-^)



・セルジュ・ルタンス「アンボワ バニール」 
ほわっとしたバニラのまあるい香り。
とてもやさしい、包み込むようなバニラの香りが、
フワフワの毛布や、生成りのセーターに包まれているみたいでとても心地よい。
バニラそのものの香りを求めている方にもオススメです。

・エルメス「エリクサー デ メルヴェイユ」 
「オーデメルヴェイユ」とお揃いの、黄色の丸いボトル。
ですが、香りは対照的で、「オーデメルヴェイユ」が辛口でキリッとした香りなのに対し、
こちらはスパイシーですがバニラが効いていて、とても暖かみのある香り。
エルメス独特のスパイシーさがとても素敵で、そんじょそこらのバニラとは一味違います。

・ジル・スチュアート「ヴァニララスト」 
一時期廃盤になったものが復刻。
丸く重厚なボトル。
バニラとココナッツの甘さにフローラルがふわり。
あたたかみのある香り。

・グッチ「グッチ バイ グッチEDP」 
重厚感のあるオリエンタルノート。
ボトルもかなり重量感有りの茶色にゴールド。
甘さとスパイシーさが入り混じった、複雑な香調。
冬場の少し重めのコートによく似合いそうな香り。

・ルイフェロー「フェロー」 
車輪のような、まるでトラピッチェエメラルドのような形のボトル。
甘いアーモンドにバニラ、それにフローラルが重なって、他には無い香りに仕上がっています。
冬の晴れた日につけたい香り。


・カルティエ「デリス ド カルティエ」 
ずっしりした赤いボトルに、氷の彫刻のようなキャップ。
コロンとあたたかみのあるボトルに刻まれた、スケートのエッジでついたかのような溝。
つけてみると、一瞬フルーツが香った後、すぐにアンバーが出てきて、
焦がしたキャラメリゼのような甘さの中に、少しの苦味が。
甘さと苦みのバランスがとてもよく、重い香りの割につけやすいです。
冬に楽しみたい香りの一つですね。
私はなんだか、クリスマスにツリーの横に置きたくなってしまいます(笑)。

・ゲラン「ランスタン ド ゲラン EDP」 
氷で作られたように重厚感のあるボトルとキャップ。
EDTもありますが、冬ならあえてEDPをつけたい。
トップのフルーティさの後に、バニラがずーんと来ます。
このバニラの香り具合が絶妙で、思わず深呼吸したくなります。
前は、ゲランの中では「マホラ」を冬のオススメにしてたんですが、廃番になり(涙)。
こちらも素敵なので、挙げてみました。
ゲランの中でも、わりあいとっつきやすい香りだと思います。

・ランバン「オキシジェン(オキシジン)」 
水色の香水に、パールホワイトのプッシュ部分、青く透明なプッシュボタン。
無駄のない、スッキリとした形のボトル。
とってもクールな外見に、「オキシジェン」(酸素)なぁんて名前なのですが、
騙されちゃぁいけません。チッチッ(* ̄ー ̄)"b"
プッシュしてビックリ。…甘っ!!
シトラス系+バニラです。
系統的には、「レベルドリッチ2」「ファンタジア」などに似てますね。
ミドルからはバニラ+ムスク+サンダルウッドという感じ。
冷たそうな外見と名前からは全く想像もつかない、あたたかい香り。
甘さと清潔感が同居しているような香調。
案外かぶらず、つけやすい香りなので、私のヘビーローテーション香水です。

・ケイトモス「ヴィンテージ」 
ジャスミンとバニラの甘い香りが、ふんわりと漂います。
白のイメージ。
「ジル」と同じ調香師だけあって、やわらかな雰囲気が。
なかなか整った香りです。

・コスモポリタン「ゴースト」 
滑らかな曲線を描いた、水色のスリガラスのボトル。
これまたクールっぽく見えます。なんとなく。
ところがどっこい、これも甘い香りです。
初めてつけた時には驚きました。
『…サツマイモ!!Σ( ̄□ ̄;)』と思いました。
某ネットショップでは、”みずみずしいフルーツの香り”なんて説明でしたが、なんじゃそりゃーっ!?
トップは間違いなくサツマイモです(笑)。
元々やわらかい香りなんですが、ミドルからはバニラが出てきて、丸い香りに。
甘いは甘いでも、バニラとかではなく(入ってはいますが)、サツマイモな感じの甘さです。
焼き芋が恋しくなります。あぁぬくぬく。ほっかほか~。←和菓子党。ゞ( ̄∇ ̄;)関係ないって。
なんだかとっても癒される~。( ̄∀ ̄*) 幸せ♪
芋・蛸(タコ)・南京(カボチャ)は、女性の好物。
アロマテラピーならぬ、サツマイモテラピー?(笑)
自分が楽しむためにつけたくなる香水です。

・バーバリー「ウィークエンド フォーウーマン」 
まさに名前の通り、週末につけよう!という感じの香水です。
メインはピーチかな。
かなり甘めのフルーティフローラル。
これをつけるのは、やっぱり冬ですね。
アイボリーやピンクのセーターなんかに合わせたら。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!
女の子らしい香りです。
バーバリーらしく、大人っぽさと品もある感じで、年齢を問いませんね。
寒い日につけたくなる、あたたかい香りです。

・カルバンクライン「エタニティ」 
言わずと知れた名香です。
これが結構、拡散性が高いので、冬に一番合うと思います。
フワーッとしたやさしいフローラル。
この香調の説明が難しいこと、この上ない。(^^;)
一言で言えば、『品のある、いい香り。他に似た香りが無い』ですね。
「…こんなんじゃ分からんわーっ!ヽ(`Д´)ノ」と言いたくなるような感想なのです。
つけてみれば分かります。ゞ( ̄∇ ̄;)それってどーよ。
天気のいい冬の日につけたくなります。

・アナスイ「アナスイ」 
コスメと同じ、黒い縁取りとキャップのボトルが可愛い♪
薄紫色の香水がとても綺麗。
甘めのパウダリックな香りは、冬につけたいあたたかさ。
ふわふわのセーターにも、大人っぽいコートにもよく似合います。
持続性は高めで、拡散性はほどほど。
結構重めの香りに入るんじゃないのかな?
とても女性らしい香りだと思います。




top羽ピンク
手持ち香水コレクション



HOME桜
気楽に行こう



フレグランス専用BBS



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.