2010.07.02

2日の雑記

カテゴリ:カテゴリ未分類

どれだけいい加減なんだろうか。
ワールドカップで代表選手が帰ってきて、みんな諸手を上げて大歓迎だった。
出発の時と比べたら雲泥の差だ。

スポーツというのは、勝てばこんなに変わるのかと思うくらいの変化だった。

日本人が好きな展開だったのではないだろうか。
直前までぼろぼろでどうしようもないチームが、何かがきっかけでよみがえる。
そして快進撃が始まるのだが、最終的に、一人の選手が不運を背負ってしまい、後一歩のところで負けてしまうのだ。

優勝したら物語りは台無しになるのだ。次に夢が持てる結末がなければならない。

一般のファンがそういうのはわかる。
でも、マスコミまで同じでいいのだろうか。

岡田監督の最大の決断は、中村選手を切るかどうかだった。
怪我の調子が悪い選手をいつまでも使っていたが、最後の最後でベンチに下げて新しいチームを作ったことだった

これがもっと早い段階だったら、違ったチームになっていたと思う。
直前まで引っ張っていたために急造のチームで大会を迎えることになってしまった。
スコットランドにいたころからの怪我が長引いていたはずだ。直前になればという気持ちはわかるが、ずっと怪我で調子が悪かったのに直前に急によくなると思えない。仮によくなったとしても、ダメだった場合のチーム作りをしておくのが普通の考え方だと思う。

結果は予選リーグ突破で最低限の目標はクリアしたのだろうが、あくまでも急造チームで勝ち上がっただけのことだ。
チーム作りという面では明らかに失敗であって、次に同じ失敗を繰り返さないようにしないと進歩はできない。

たかがスポーツかもしれないが、その場の雰囲気だけで騒いでしまうのを見ていると、4年後も同じことをしてるのだろうと今から想像できる。

物語は同じことを繰り返していたら飽きられてしまうのである。

_________________________________________________________________
Hotmailがサクサク動く! フィッシング詐欺も怖くない
http://o.jp.msn.com/ie8/





TWITTER

Last updated  2010.07.02 16:34:34