722393 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ママが先生☆自宅学習のススメ

2009.10.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
もうすぐ五年だというのに、いまだに塾を決められず
いくつかの塾の試験を受けたり、話を聞いたりしている状態です。

塾により、カラーが違うのが面白く、なんだかそれを
比較するのが趣味みたいになっちゃいました。

サリーのお会いした方の印象がそのまま塾のカラーに
直結するとは限りませんが、自分なりに感じた塾の印象を
念のため残しておこうと思います。



先日行ったS学園。
ここの公開模試は少々お高いので、いつも塾外生用の
無料のテストを受けます☆

そうするとどうしても、点数は高めに出ます。
当たり前です♪簡単なんだもん♪

あくまでもそういうテストではありますが、今回
比較的いい点数をとれたプチーは、おかげさまで
入塾の勧誘をしていただきました。


ただ、あまりにも「早く通い始めたほうがいい」と入塾を勧められるので
「うちは、最難関校を狙っているわけではありませんから。」
と、言い返してみちゃいました。

つまり、別に早々に塾へ入らなくてもいいはずでしょう?ということを
言いたかったのですが、このサリーの発言がまずかったようで
お相手は少々ムキになった感じで反論なさいました。

これだけの学力があるにもかかわらず、少し余力を残して
ランクを下げた学校を狙う、というのは、ちょっと違う、と
おっしゃいました。
(これだけの学力、というほどの学力じゃありませんが!!!)

間違っている、とはおっしゃいませんでした。

ただ「ちょっと違うかな」とおっしゃいました。


普通は、ジャンプしてようやく手が届くようなところを目指して
必死で頑張っていくものだ、とおっしゃいます。
既に実力の範囲内で、志望校を決めてしまっているのであれば
それは違う、ということです。

今の実力以上のところを目指して、更に、もっともっとと
上を目指すべきだ、というのです。

確かに、上へ上へ、と常に目標を持つことは
サリーも大好きですし、この考え方には大賛成です。

これがバイオリンであれば、こういうアドバイスは
やる気の出るアドバイスですが、志望校選びという
お題でこのようなお話をいただいたことで
なんとなく、違和感がありました。



上へ上へって、なんだろう?
偏差値のことでしょう?


中学選びをする際、に偏差値は、もちろん気になります。
参考にもします。


ですが、プチーの偏差値により、志望校を変えるという発想が
全くなかったので、青天の霹靂と言っていいくらい
びっくりしました。


偏差値が上がったら目標もあげる。
偏差値が下がったら目標もさげる。(これはしないのかな?)



そう多くはない私学の中から、偏差値の幅ごとに
志望校を絞るなんてこと、できるのかしら。

関東地方なら、そういうこともあるのかもしれませんが
関西でそんな学校の決め方をしようと思ったら
校風とか、学校のシステムとか、そういう[偏差値以外の項目]を
考慮するのが難しくなってこないのかしら。

頑張って勉強をして、万が一、自分の目指す学校の偏差値を
軽々超えちゃった、となった時、そこであらためて
「じゃ、次はここ狙おう」なんて、志望校を変えることって
できるもんなのかしら。

そうなったら
「じゃぁ今まで狙っていた学校ってなんだったんだろう?」
って思わないかしら。

その学校は、行きたいから志望校に決めたはずなのに
偏差値が変わったら、行きたい学校も変えるなんてこと
本当にできるのかしら?


プチーには、「絶対通いたい!」と思う学校の試験のみ受けよう、と
話してあります。

滑り止めはナシです。
「ママの時は一校しか受けられなかったのよ!」と強調しておきました。

行きたいと思う学校の試験のみを受け
そこに不合格であれば公立へ行きなさい、と
この間もそんな話をしたばかりです。



ところが、塾で、全く違った視点からとらえた
中学受験についての話をうかがい、戸惑ったのと同時に
世の中の一般的な考え(であろう考え☆)がわかり
とても参考になりました。




今週もう一つ塾の面談があります。
そちらの塾の先生もかなり、はっきりおっしゃる方なので
どんな風におっしゃるか、楽しみです。


塾って、小規模になればなるほど、はっきりものをおっしゃいます♪
大手の方はこちらの出方をうかがい、常に低姿勢です。
どちらの方がいい、とは言えませんけれど
どこの塾にも、いい点、気に入らない点があり
塾選びって難しいなぁ、とあらためて思います☆








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村







最終更新日  2009.10.27 05:44:06
コメント(4) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:志望校選びのアドバイスをいただいたものの   マリールイス さん
なぜか、こちらにおじゃますると、一言言いたくなるのですが・・・。私の経験から、関西で最難関といわれている学校は、男子校女子校共に、校風というか、中の生徒さんは、今どきの進学校にないすばらしさがありますよ。勉強だけしているかたのほうが、たぶんすくないでしょう。クラブ、学校行事、ピアノ、バイオリン、バレエなどのお稽古ごとを、小さい頃から、続けてらっしゃる方も、多いですし、・・・。偏差値で選ぶのでは、ない!ということに、こだわりすぎると、かえって見逃してしまうこともありますよ。長い目でみて今何が必要か柔軟な頭でみなおされたほうがいいのでは、ないでしょうか・・・。最難関受験イコール競争に勝つことということでは、ないということです。学問に王道なし!これからも、頑張ってくださいね。 (2009.10.29 09:44:28)

マリールイスさんへ   プチーの母サリー さん
偏差値で選ぶのが悪いとは思っていませんが
偏差値の話しかなさらない塾には
違和感を感じました。

お稽古をやめるように強く言われたのが
ただ単に気に食わなかっただけかもしれません☆

実際サリー自身も、習い事など全てを四年生になった時点やめてしまい
中学受験のための塾へ通い
再び中学生になってから、またお稽古事を再会しました。
なんら問題はなかったように記憶しているのに
どうしてもプチーのお稽古は
「もったいない」感情からずるずるひきずってしまいます。



マリールイスさんのおっしゃる、いわゆる今時の進学校もあれば
古い伝統を持つ学校もありますし
関西といっても広いですから、学校はたくさんありますよね。
(関東よりは少ないんだろうけれど)

今の時点では、決め付けることなく選んでいけたら、と
まだまだ何もかも曖昧な状態ですが
そのような曖昧な状況で、具体的な学校名も出さずに
あれこれ書くこと自体間違っていた、と
後悔しています。

申し訳ありません。

この記事はなんだか何が言いたいのかわからない記事に
なってしまっていますね。




自分自身偏差値の高い学校へ通っていたつもりです。
沿線に沢山の学校がありましたから
私学の様子がどのようなものかも、ある程度わかっているつもりです。

偏差値の高い学校をけなすつもりはありません。

書き方が悪くてごめんなさい。



常に柔軟に。
気をつけていきたいと思います。
ありがとうございました♪ (2009.10.29 14:36:54)

おはようございます!   スイートパンプキン さん
あくまでも私の意見ですが、塾のアドバイスはほどほどに聞いたほうがいいと思います。全国展開のNや地元では大手の四谷大塚系の塾もS学園と同じようなことを言います。うちは国立しか考えてないし、寮生活しないといけない、ラサールなんて受ける気なんてさらさらないですが、ここを目指すようにうるさく言われます。塾の進学実績をあげるために塾は必死ですよ。セールストークなんでしょうね。勉強ができるプチーちゃんなら、選んだ学校が高偏差値の学校かもしれません。塾の言葉に踊らされずに、親子で納得した学校選びをしていたら、プチーちゃんにとって楽しい学校生活を送れると思います♪  (2009.10.30 10:37:58)

スイートパンプキンさんへ   プチーの母サリー さん
そうなんですね。
塾は、より上のレベルの学校を勧めるのが仕事なんですね。

「こちらのセーター素敵ですよ~」
と店員さんに勧められたくらいの気持ちでいればいいですね♪
(嫌なら当然買いません!)

塾生になれば子供の性格もある程度わかってもらえるし
それなりにいいアドバイスをいただけるかもしれないけれど
サリーは所詮塾外生ですから、そこまで親身なアドバイスを
いただけるわけもありません。

いちいち食って掛からず、流せばよかったんですね☆



サリーもスイートパンプキンさんのように
ある程度、こういう路線で、というのを決めています。

ですがそれが一般的な、一番大勢の人が進む道と
少しずれていたりすると、わかってもらえたり
わかってもらえなかったりするんですよね☆

塾へ行って、ある程度具体的に話をしても
通じない時があります。

このブログに固有名詞を伏せて
書き続けるのは、無理があるんだと気付き始めた今
なんとなくニュアンスを読み取ってくださり
ありがとうございます。





以前他の記事に書いていた個人塾風な塾ですが
ここの塾長さんは、サリーの考えをよく理解してくださり
(少なくともそういうふりはしてくださった)
多分、まずはここへ通うことになりそうです。

大手じゃないのでいい加減なところもあると思いますが
その分、融通もききますし、色々なニーズに
対応できる柔軟さもあったように思います。


今まで考えてもいなかった選択肢でしたが
とりあえず落ち着けそうな場所を見つけられ
ほっとしています。



いつもコメントありがとうございます♪ (2009.10.31 05:34:55)

PR

プロフィール


プチーの母サリー

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

コメント新着

プチーの母サリー@ ばーぶーさんへ ジョージ君、もう高校生だから色々苦悩が…
まるママ5725@ すべきこと、きちんとしてかなくっちゃなぁ 自分から勉強するということは、小学校の…
プチーの母サリー@ pumiさんへ やはりそういうものなんですよね。 「みん…
Pumi@ Re:タトゥーとはつまり刺青(10/23) こんばんは。 私も刺青は、アメリカではも…

お気に入りブログ

夏休みの英語 その5… ☆ナツコ☆さん

★47歳になりました~… bocca*さん

■個別添削受付けてい… -ritsuka-さん

英検準1級に合格し… Qちゃん先生さん

0歳からのバイリン… まるべりーふぃーるどふぉーえばーさん
■ Sky's Room ■ すかいチャンさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.