711430 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ママが先生☆自宅学習のススメ

全104件 (104件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

その他

2009.08.25
XML
カテゴリ:その他
8月23日は処暑でした。処暑は二十四節気の一つです。
我が家の歳時記カレンダーには「朝夕は秋の気配が漂う」と
説明してあります。

そして実際、本当にそうなりました。

今朝なんて寒くて思わず窓をしめました。
プチーもまるまって寝ていました。


歳時記カレンダーは



↑こんなカレンダーで、暦に関する沢山の説明がカレンダーの余白ぎっしり
書き込まれています。(だから自分の予定などは書き込めません☆)



かんせんなく(漢字がうまくでませんでした)なんていう日もあり
「ひぐらしが鳴き始める頃」と説明が添えてあります。

それを見ながら「もう随分前から鳴いてるよね」なんてプチーと話をします。

お月さまの形も書いてあるので、「今日は新月か」なんて話もできます。




このカレンダー、来年も絶対買います!
サリーはこういう話にうといので、このカレンダーが無ければ
こんな話は絶対できません!



「暦の上では・・・」なんていう少々ばばくさい話も
普通にできる親子になれたらいいなぁ♪











最終更新日  2009.08.25 05:50:06
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.20
カテゴリ:その他
この夏、高校野球に夢中です♪

きっかけは、地元で馴染みのある学校が久々に
甲子園出場を決めたこと。

プチーが最近野球好きであること。

野球の実況中継を聞きながら状況を想像するのが
意外といいトレーニングになりそうなこと。

などなど、色々あるのですが、最近は家でも車の中でも
ひらすら高校野球の実況中継を、見たり聞いたりしています。



奈良の天理高校と、兵庫の関学の試合があった日は、車で
遠出しないといけない日でしたから、両方の試合を
車中のラジオで聞いていました。

どちらもめちゃめちゃいい試合で
あれで一気に高校野球のフアンになりました。



初めてこのラジオの実況中継を聞き始めた時、野球に疎いサリーは
どちらが勝っているのかもよくわからないような状態で聞いていました。

何が起こっているのか、全然状況がわからないのです。

どよめいたり、歓声があがったりしても、どうしてだかわからない。

不思議な感覚のまま聞き続けていました。




ノーアウトなのか、ツーアウトなのか。
ランナーはいるのかいないのか。

同じヒットでも違ってきます。

そのあたりがやっとわかってきて、おもしろくなってきました。


地元はほとんど負けちゃったので、あとは、知らない学校の応援になりますが
決勝戦まで見守るぞ~♪





テレビ中継を見ながら
「ピッチャー、投げました、打ちました~」
と、ラジオ中継の真似をするのが今、我が家ではやっております。

いつも「投げました、打ちました~」しか言えない私たち・・・。

ラジオの実況中継って、すごいなぁ。

目の前の状況を事細かに説明しながら
「ピッチャー、自然と白い歯がこぼれて・・・」
なんて、慣用表現(?)もさりげなくはさんだりして
実況中継って、一つの立派な技術だなぁ、なんて
感心しています。



ただ一つ残念なのは、テレビとラジオを両方つけた時
時差があること・・・。

ラジオの実況の方が断然おもしろいんだけれど
テレビで映像も見たい。

この両方を実現したくて、テレビとラジオを一緒につけてみたところ
ラジオの方が数秒早いことがわかりました。


テレビの映像ではまだバッターが構えているうちから
カキ~ン、と金属バットで打つ音がラジオから聞こえてきちゃいます・・・。

これじゃやっぱりおもしろくない・・・。




結局家にいる時はテレビをつけて、野球の映像をしっかり頭に焼付け
車の中でラジオを聞くことにしました☆




夏は、プールが一番の楽しみでしたが
楽しみが新たに一つ増えました~♪














最終更新日  2009.08.20 13:49:22
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.07
カテゴリ:その他
ゴールデンウィークが終わっちゃいました。

楽しかったなぁ。お天気がよかった日でも、暑過ぎず
外で遊ぶにはちょうどいい日が多かったように思います♪

プチーは一人っ子ですから、どこかへ遊びに行っても
兄弟で遊ぶということはできませんが
この連休は、大いに体を動かせて、大満足だったと思います。

渋滞に巻き込まれるのが嫌で、ひたすら近場でしのいだ
連休でした。

朝は6時頃から起きだし、7時まで読書。
7時から朝ごはんを食べ、そのあと勉強し
8時半ごろ家を出る、というパターンで
毎日規則正しく遊びに行きました♪

プチーは最近自分の部屋で読書するのが、大好きで
ひたすらお気に入りのシリーズを読み進めています。





プチーは本が好きになってきたみたいです。
先日たまたま手に取った雑誌に、興味深いことが
書かれていました。



外遊び(お友達と)が大好きで、本も大好き。

そんな子は理想的な子のように思いますが
読書と外遊びは、相反する行為なんだそうです。

子供に、両極端な要素を、丁度いいバランスで求める親が多く
それは子供にとっては、実は不自然で、無理難題を押し付けられて
いるようなものだ、という内容でした。



例えば、極度に神経質なきれい好きも困るけど
きちんと、丁度いい程度のお片づけはする、とか。

毎日毎日沢山のお友達を連れて帰ってこられたら
家の中がてんやわんやで困るけど
あまりお友達を呼んでこなかったら心配だから
何日かに一度、丁度いいくらいの人数のお友達が
遊びに来てくれたらいいんだけど、とか。

お友達と遊ぶのが大好きで、学校から帰ってきたら
ランドセルを置いてすぐ遊びに行くような元気な子がいいんだけれど
読書は知識も増やすし、国語力も鍛えるから、是非、本好きな子にも
育って欲しい、とか。


小さい子の場合もそうです。

ママ、ママ、とやたらかまって欲しがられたら面倒だけど
一人遊びばかりされたら、将来引きこもりになりそうで怖い、とか。

集中力をつけて欲しいから、一人遊びの時は邪魔しないようにしてるけど
もっと、まわりのお友達とも遊んだらいいのに、とか。




結局バランスよくいい要素を持っていてくれたらいいんだけれど
これをあまりにも求めすぎるのは、親の身勝手だ、ということです。

いい要素でも、度を越せば、どれも困った要素になりえます。

きれい好きでいて欲しいけれど、何度も何度も手を洗わないと
気がすまない、というのでは本人も気の毒です。

ですが、トイレの後と食事の前くらい手を洗ってよ・・・とも思います。
(プチーは常に極端に手が汚いし、それが全く気にならない・・・)




お友達とも遊んで欲しいし、本もどんどん読んで欲しい。
これもやっぱり、どちらもバランスよく、というのは意外と
難しいようです。

プチーはあいている曜日が限られているため、遊ぶ曜日、というのが
決まっています。その日はお友達と遊ぶのが習慣になってしまっているから
遊んでいますが、もしそうじゃなかったらどうなっていたんだろう?

毎日どの曜日もあいていたら、どんな過ごし方をしたんだろう?
想像もつきません。

積極的に毎日遊びに出て行ったんだろうか?
そうはならなかったかもしれません。
毎日毎日、暗くなるまで帰ってこないような子には
ならなかったんじゃないかしら。

うちは遊ぶ日が限られているから、その日は「思いっきり遊ばなくっちゃ!」と
張り切って遊んでいるのかもしれません。




そう言えば、以前は、外から子供の声が聞こえてきたら
相手が誰かもわからなくても、遊びに出て行ったけれど
最近は、そうでもないなぁ。

家にいる方が快適、なんて思っているのかしら。

大きくなったせいもあるかもしれません。




プチーの行動に何か問題があるとも思っていませんし
お友達と遊ぶのが好きで、本も好き、というのは
充分ありえることだ、と思っています。

ただ、なんとなく

「両極端な要素を両方求めすぎるのは気の毒」

という、その記事の言葉を、覚えておきたいなぁ、と思いました。











にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村






最終更新日  2009.05.07 10:23:38
コメント(1) | コメントを書く
2009.04.23
カテゴリ:その他
もう既に中学受験を体験済みで、いわゆる偏差値の高い中学校へ
お子さんを進学させた親御さんが、サリーのまわりにも
何人かいらっしゃいます。

みなさん、口を揃えて「特になにもやってない」とおっしゃいます。

・特別なことはしていない。
・いろいろなことを体験させてやっただけ。
・栄養状態をよくするため、食事に気を使っただけ。

いっぱい勉強させました、おっしゃる人に、お会いしたことが
ありません。


なんでなんで?
塾ではあんなにいっぱい勉強させられるのに!
大手の塾の宿題の量は半端じゃありません。


いろんな人がいろんなことをおっしゃるから
普段は他人事として、楽しくお聞きしています。



頭のいい子は、テクニック抜きで勉強しても
必ず成績が伸びるから、大丈夫。

逆にテクニックづくしで、中学合格を手にしてしまったら
後から必ず痛い目にあう。(土台が無いから後で総崩れ)


良い脳は、勉強で作るのではなくて
栄養でつくるもの。栄養状態を万全にしておけば大丈夫。


勉強しろしろ、というから子供は勉強したくなくなる。
勉強しろ、なんて言う必要なし。

学校の勉強だけで充分だ!





こうおっしゃる方々のお子さんの進学先は
どの塾にもその中学のためのスペシャルコースがあるような
偏差値がド高い中学校。


ほとんどの場合
「へぇ。すごいなぁ。」
と思います。

そんな人たちいるんだなぁ。
よっぽど優秀なんだろうなぁ。
(カリカリ勉強していない→元々頭がいい)





ですが、悲しいことに、こういう発言を
真に受けられないケースもあります。

「うちなんて、全然勉強させてないのよ~」
なんて言ってるけど、勉強なんてさせていない[ふり]してるだけに
決まってる、なんて、思っちゃうことがあるのです。

本当は見えないところで、めっちゃ必死にやってるんじゃないの?
(見えないところで努力するのは良いことですが
 この場合、ちょっと違う気がするのです)



賢い親の子が賢くても、当たり前のように聞こえます。
必死で勉強して、偏差値の高い学校へ合格しても、やっぱり
当たり前のように聞こえます。

実際は当たり前なんかではありませんが、少なくとも、それほど
インパクトはありません。


一方、勉強なんてほとんどさせずに合格したり
全然賢くない人の子供がとっても賢かったら
衝撃的です!


なんで?どうして?
当然、聞く方も、真剣に話を聞きます。
話す方も、その方が、より楽しいかも?




がり勉させずに賢くする、とか
外遊びで賢くする、とか
そんな話を聞くたび、そのタイトルのインパクトの強さを
利用してるだけだろう、なんて思えて
しら~っとしてきちゃいます。







あぁ、最近ひねてます。
英検前だから気持ちが落ち着かないのかしら。



塾へ入れなきゃ、という焦りと
塾なんか入れたらおしまいだ、という気持ちと
両方一度に押し寄せて、ゆらゆらしっぱなし。

山積みの問題集を前に、これを全部やっていかないと、と
焦る気持ちと、こんなものやらせるのが本当に一番
いいことなのか、と迷う気持ち。


問題集などせずに色々な体験を通して学んだ、というと
なんだか人間的にも素晴らしくて、しかも賢い
優れた人物像を想像します。

一方必死で問題集を解く姿って、いかにも
「私、これだけやらなきゃ、箸にも棒にもかかりません」
と言っているみたいだ・・・。

実際プチーはこれだけやらなきゃ、の類だから
結局やらなきゃいけないんだろうけれど・・・。





昨日はまったく問題集を解かなかったので
今日は昨日の分と今日の分をやっていかないといけません。

崩れつつあるノルマ制を何とか乗り越えていかねば!



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村












最終更新日  2009.04.23 13:30:15
コメント(8) | コメントを書く
2009.04.15
カテゴリ:その他
お友達のお兄ちゃん、サッカーをしています。
サッカー人口はかなり多いらしく、がんばってもがんばっても
レギュラーになれない、となげいておいででした。

具体的に何をがんばってらっしゃるかは全く知らないのですが
週に4,5日練習に通っているそうです。

どうしてもお兄ちゃん中心の生活になってしまうそうです。
でも結局はレギュラーがとれず、その枠に入ることを目指して
今一生懸命練習しているところなんだと思います。

プチーもスポーツを習っていますが、選手になることは最初から
あきらめているようなところがあり、真剣に取り組んだことは
ありません。

プチーにとって体を動かすことは[趣味]ですから
ずっと気軽にやってきました。




そう言えば、サッカーをしている子も、野球をしている子も
毎日のように練習しているんだなぁ。

練習から帰ってきても、真っ暗になるまで家の前で
壁を使って投球練習をしていたりするもんなぁ。



とてもがむしゃらです。でも別に全く悪い印象はありません。
逆に「がんばってるねぇ」なんて、微笑ましくて
応援したくなるくらいです。



それで、ふと思いました。

勉強を毎日毎日必死でがんばっているのと
スポーツを毎日毎日がんばっているのと、どうしてここまで
印象が違うんだろう・・・?



がり勉、という言葉があります。漢字では[我利勉]と書くそうです。

自分の利益のためだけに、必死で勉強すること。
これのどこが悪いんだろう?

もちろん、自分の利益のため[だけ!]となると
悪いようにも聞こえてきます。

ですが、サッカーチームの子供は、他の人のために練習しているの?
チームプレーだから自分の利益はすなわちチームの利益、という
考え方かな?

もっとも、「レギュラーになりたくて練習する」という時点では
少なくとも自分の利益のための練習のように思います。

我利スポです♪




週に4日も塾に通うとなると、どうも「かわいそうに」みたいな
印象が付きまといますが、週に4日もサッカーへ、というと
別になんとも思いません。


何が違うのかな、なんてふと考えてみたところ
子供達自身の印象がちょっと違うのかも、なんて
思いました。(ただの思い付きです)



塾へ通っている子達の態度が悪いわけではないけれど
スポーツをしている(特に地元で野球やサッカーをしている)子供達って
みんな、気持ちよく大きい声で挨拶ができます。

引っ込み思案の子が無理に大きな声を出す必要も
ないかもしれませんが、やっぱり、挨拶がしゃきっとしていると
気持ちがいいものです。


一方、塾へ通う子供達は、そういう礼儀作法を叩き込まれる
機会はありません。

別に普通の子供達なんだけれど、特に感じがいいわけでもありません。


この差かもしれない、なんて思いました♪



だから、かりかり勉強していても、さわやかで元気いっぱいだったら
ただのがり勉じゃなくて、[がり勉マン]になれるんじゃないかしら♪
(スポーツマンをもじってみました)


自分の子供のことをがり勉だと思ったことはありませんが
さわやかながり勉を目指してみようかなぁ、なんて思いました。

教育ママ、とか、親ばか、とか、良くも悪くも使える言葉や
言葉の印象が変わってきている言葉はいくつもありますが
これからは[がり勉]という言葉も、前向きな感じで
使っていけたらいいなぁ、なんて思いました。






実際、最近の子は、何でもかんでもこなす子が増えています。
勉強だけ、なんていう子は減ってるんじゃないかしら。

H学園の土曜日コース(土曜日一日で全教科やってしまいます♪)も
人気があると聞いています。

お稽古事や、放課後の遊びと塾を両立させたい人達が
増えているようです。

今の子供は忙しすぎる、なんてよく言いますが
確かに、遊びに、学びに、いつでもフル稼働です。

でも子供達は自然に、のんびりする時間も確保して
バランスを保っているんじゃないかなぁ、と個人的には
思っています。



サリーも、プチーが何かに熱中しているときは、できる限り
声をかけないことにしています。

例えばプチーが、学校で拾ってきた石をひたすら
虫めがねで観察している時などなど。

何を見てるんだろうねぇ・・・。
プチーの目にはサリーに見えない何かが見えているのか・・・。







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村






最終更新日  2009.04.15 11:27:51
コメント(6) | コメントを書く
2009.04.11
カテゴリ:その他
プチーとサリーは一緒に寝ています。
昨日プチーが
「いつまで一緒に寝るの?」
ときくので、プチーがサリーのことをうっとおしくなるまでは一緒に寝よう
なんて答えましたら
「そしたら、もう一人で寝ていいかな」
なんて言いました!

え?なんで?さみしいけど、うん、でもいいよ。
プチーがそう言うんなら・・・。


別にうっとおしい、というわけではないらしいのですが
最近急に、自立してきたプチーです。

自分の部屋を色々片づけ始め、イスを替えてみたり
カレンダーの位置をかえてみたり、新たに時計を設置してみたり。
わざわざイスに座って机に向かって読書したりしています。
(今まではリビングの床に寝転がって読んでいました)

ランドセルも上着も教科書も、今までは一階に置いていたのですが
全て二階にある自分の部屋に持っていくようになりました。

何もかも二階に持っていくことにより、何かを持ってきわすれれていた
という時、いちいち二階へとりにいかなくてはいけなくなりました。

二階と一階と、活動する場が分散すると、荷物の移動が多くなり
面倒なのですが、せっかく自分の部屋、自分の空間というのを意識しだし
ちょっと成長したようにも思うので、今回の変化は歓迎しています。

つい先日、遅ればせながら読んだ強育論
子離れがいかに必要かということを懇々と説かれていたので
いいタイミングで訪れたプチーの親離れに、こちらもばっちり
対応することができました♪


雛であるプチーががせっかく巣を飛び立とうとしています。
親鳥であるサリーも張り切ってプチーを巣から突き落としてあげなくっちゃ♪


もう四年生だもん、随分お姉さんになったなぁ。








にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村






最終更新日  2009.04.11 13:24:47
コメント(2) | コメントを書く
2009.02.06
カテゴリ:その他
今新年度に向け、お稽古事の調整をしています。

とにかくお稽古を続けていこう。
でも学校の時間割は軒並み六時間になるから、時間がない。

そこで、どうすればいいのかというと
するべきことをするための時間を捻出していくことが大切になってきます。


うちは何しろ一人っ子です。

他の子供たちよりも時間は確実に、絶対に、多くあるはず。

お稽古ごとと勉強を両立できないわけがありません。



そこでプチーと、何を何分でこなしていくか色々実験しながら
朝と放課後の時間の使い方を研究しています。


今朝読んでいた宇宙への秘密の鍵の挿絵を見て
プチーが言いました。

「一日が48時間だったらこのくらい沢山の本、読めるのになぁ・・・」


その挿絵は、本の中に出てくる科学者の部屋の絵でした。
(日本語版の本の挿絵も同じかどうかは、わかりません。
 プチーが読んでいるのはアメリカ版洋書です)

所狭しと本が山積みになっていて、足の踏み場もありません。

ついでにプチーが以前欲しいと言っていたガリレオ温度計
棚の上にのっていました☆

(これ欲しい・・・が再燃)


プチーはこの本全てがその科学者のものだということが信じられず
前にその部屋に住んでいたおじいさんの本かも、なんて言い出しました。

いえいえ、違います!

普通、引っ越す時は、全て荷物を持って出ないといけないんです!
この本は全て、エリック(科学者)のものです!

そして、エリックの一日も24時間。さて、エリックはどうして
こんなに沢山の本を読むことができるのでしょう?




サリーとプチーなりに考えたのですが、これはきっと
読む早さがべらぼうに速いに違いない、という結論に達しました♪

一時間に一冊しか読めなかった頃の一時間と
一時間に二冊も読めるようになってからの一時間では
同じ一時間でも、違ってきます。

一時間を二時間にしたのと同じような感じです♪

読む早さが倍になったら、きっと時間を倍にしたのと同じだよ☆


そのためには練習が必要だから、毎日毎日本を読んでいこう
と、なんだかとってもやる気が出てきました。



本は、当たり前ですが、ただ字を追うだけでは読んだとは言いません。

中身をきちんと理解し、頭の中にその内容を叩き込んでいかないと
いけません。

プチーには
「一度読んだ本はもう、二度と読ませてもらえない、というくらいの
 気持ちで読んでね~。」
とお願いしてあります。

実際は、何度も何度も飽きずに同じ本を読んでいるのですが
もう二度と読めないというくらいの意気込みで、そのたった一度しかない
読むチャンスを充分楽しむように、ということが言いたいのです☆


四年生からは、本格的に中学受験に向けて勉強を始める・・・

・・・・はずでしたが、予定を変更し、今まで通り色々やっていくことに
決めてしまったので、とにかく時間をもっと大切に使っていくしかありません。




ただ去年と大きく違うところは

「もし無理そうだったら、お稽古やめようね」

と、釘をさしてあるところです。


やってもみないうちから、「四年生は忙しくなるから」と
お稽古をやめてしまう必要も無いか、なんて思い
とりあえず、全て続行することに決めたので
こりゃ到底無理だ、と感じた時点で、予定を変更しよう、と
親子ともに納得済みでの新年度スタートです。


今は準備期間として、できる限り
「やる時はやる、でも予定より早く終わった時は、のんびりするぞ~」
と、メリハリのある毎日を過ごせるよう練習中です。







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村


いよいよ、心構えだけは受験生らしくなってきた!






最終更新日  2009.02.06 10:57:25
コメント(2) | コメントを書く
2009.01.06
カテゴリ:その他
今更ですが、あけましておめでとうございます~。

すっかり正月気分が抜けてしまっていたため
今年もよろしくおねがいします、とか
昨年はありがとうございました、とか
な~んにもご挨拶しないまま、いきなりプチーの
帯分数の記事なんて書いちゃいました。(今朝の記事)



去年一年は、あまり他の方のブログをのぞかない一年でした。
のぞいたとしても、コメントを残すことは減りました。

記事を読んで何かを感じ、それをうまく文章にしようと思っても
うまくいかないことが増え、もうあまりコメントを書かなくなりました。

だいたい、しゃべったことも無い人にあれこれ言ったって(書いたって)
真意が伝わるはずも無い、なんてひねくれたことを感じたこともありました。

親身になったつもりでも、実は土足であがりこんじゃっただけ
なんてこともありました。

共感したつもりでも、わかったふりしているだけだった
なんてこともありました。


他人との距離をうまく保つのが難しいのは、インターネットも
実生活も同じことですから、どちらの世界でもまだまだもっと
沢山のことを学んでいきたいなぁ、と思います。


今年は、もうちょっと色々な方々のブログにコメントなんぞ
残して回りたいなぁ、と考えています。




サイトを始めた当初は、もっともっと積極的に色々な人たちと
関わっていたんだったなぁ。

年末年始はご挨拶まわりもしたんだったっけ。


なんだか最近、いろんなことに背中を向けてるなぁ。
もっと前向かなきゃ!





ブログは、誰かに読んでいただくために書いています。
読んでくださってありがとうございます。

今年ももちろん続けていきます。
どうぞこれからもよろしくお願いします。






最終更新日  2009.01.06 11:51:03
コメント(8) | コメントを書く
2008.11.18
カテゴリ:その他
来年2009年1月1日に、うるう秒がある、ということを
新聞の記事で初めて知りました。

こんなの、滅多に無いんだろう、と思いきや、数年に一度の割合で
今までしょっちゅうあったらしい・・・。全然気がつきませんでした。

せっかくなので、この日はテレビをみるか、みられそうにないなら
何か番組の録画をしておこうと思います♪

8時59分59秒の後に、8時59分60秒、が来るそうです☆

8時59分60秒があることにより、8時59分が61秒になる、という
説明を読み、ふと「・・・?」となってしまいました。

60秒まであるから61秒あるってどういうこと?


ゆっくり考えたらわかりましたが、なんだかちょっとややこしいなぁ。

プチーが時間の計算問題で、最後の最後に、1を足したり引いたりして
わけのわからない間違いをする時の、その気持ちがわかりました☆


時間と時刻の問題って難しいなぁ。

プチーにはいいネタになりそうなので、じっくり一緒に考えようと思います♪






最終更新日  2008.11.18 09:52:42
コメント(4) | コメントを書く
2008.11.14
カテゴリ:その他
インターネット上には色々な掲示板やコミュニティーのようなものがあり
塾のこと、私立中学のことに関して、沢山の人が書き込みをしています。

質問する人もいれば、答える人もいたり、それは違う、なんて
反論する人もいたり。



探していたわけではないのですが、たまたま先日、サリーの通っていた
中学校の説明会に行ってきた、と言う人の書き込みを見かけました。

何人かの人がそれについて、それぞれの視点で書き込んでいました。


不思議なことに、サリーから見て、ぴんとくる書き込みは一件も
ありませんでした。

ぴんとくる、という表現自体おかしいのですけれど
「そうそう、ほんと、そうだわ~」と共感できるような
そういう書き込みはありませんでした。

サリーは別にその学校がすばらしい学校だとは
特に思っていませんが、別に悪い学校でもありませんでした。

普通の学校です。

カトリック系でしたから、宗教色が濃く、シスター達の話は
聞く人が聞いたら、わざとらしかったり、偽善者っぽかったり
するかもしれません。

ですが10年も通えば、それが偽善ではないことくらいはわかりました。

だからと言って必要以上に親切、というわけでもありません。
宗教関係の話には深くは踏み込めませんが(サリー自身も
よくわかっていないところの方が多いと思います)
学校自体の方針は決して悪いものではありません。

絶賛するつもりも卑下するつもりもない、という感じですが
明らかに、事実とちょっと違うのでは?と思える情報もあり
自分自身がこういった掲示板を当てにすることの危険性を
再認識しました。

それぞれの人により感じ方が違うから、たとえば学校までの坂道を
「長くて急な坂道」と感じる人もいれば「たいしたことない坂道」と
感じる人もいると思います。

別にわざと間違った情報を、悪気を持って発信してやろう、と
思わなくても、自分の感じたことをそのまま素直に表現するだけで
違うように感じている人にとっては「間違い」のようにうつるかも
しれません。

でもその誤差は、時には計り知れないほどの大きな誤差になるのではないか
と今回感じました。


狙っている学校へ通っている人がうまく身近にいればいいですが
そうとは限りません。

そういう場合でもやはり、インターネットの掲示板だけは
みないでおこう、と思いました。


惑わされそうです。サリーはただでさえフラフラ気持ちが安定しませんから。




そう言えば、プチーの幼稚園選びの時、周りにいる沢山の人たちに
色々聞きました。

同じ幼稚園に対してでも、評価は本当に様々で、評判がいいといわれる
幼稚園のことを「ここは地獄よ」とおっしゃる方もいらっしゃいました。
(その時その幼稚園に通園中のお母さん談)


インターネットの世界に限らず、人の感じ方って本当にそれぞれだし
噂はあてにならないから、きちんと調べこんでいかないといかないなぁ。







最終更新日  2008.11.14 12:36:08
コメント(2) | コメントを書く

全104件 (104件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

PR

プロフィール


プチーの母サリー

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

コメント新着

プチーの母サリー@ ばーぶーさんへ ジョージ君、もう高校生だから色々苦悩が…
まるママ5725@ すべきこと、きちんとしてかなくっちゃなぁ 自分から勉強するということは、小学校の…
プチーの母サリー@ pumiさんへ やはりそういうものなんですよね。 「みん…
Pumi@ Re:タトゥーとはつまり刺青(10/23) こんばんは。 私も刺青は、アメリカではも…

お気に入りブログ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.