123252 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

釣船星野 星裕丸 船上速報&航海日誌!

夜焚剣先イカ

★奈古沖の夜焚ケンサキイカ★

■日本海山陰地方の風物詩、夜焚ケンサキイカ釣。

■無料(手釣)、有料レンタルタックル完備!旅行中の方も、旅の思い出に。もちろん手ぶらでもOKです。

■イカ乗合の定員は、オマツリ防止のため8名様限定とさせていただきます。

☆ケンサキイカ

剣先イカと書きます。
名前のとおり胴の形が剣の先のように細長い形をしています。寿命は1年で、主に九州西岸から日本海西部に分布しています。ケンサキイカは赤褐色の体からアカイカと呼ばれることが多いようです。
また、身の白さから「シロイカ」と呼ばれているところもあります。
ここ奈古の港でも『赤イカ』『白いか』『マイカ』と人それぞれ呼び方が違います。何でだろ?

関東地方ではやはり『アカイカ』と呼ばれているイカがこのケンサキイカになります。
小型の個体は『マルイカ』です。

でも、個人的な意見で、こんなことを書いては叱られるかもしれませんがね。剣先イカ漁をしていて、関東の丸イカとまったく同じ小さいイカが釣れるのです。
大きな剣先と並べてみると、色、触ったときの粘り具合、ドロットした墨、まったく同じなのですが、剣先の『先』の部分、いわゆるエンペラの先っちょが何だか丸いかの方がやや丸みをおびているような気がするんですよね。
地元の先輩漁師に聞いてみたところ「気のせいだろう」という方と「これはダルマイカだよ」と教えてくれた方もいます

奈古沖のトップシーズンは一番暑い頃。
8~9月は漁獲も安定し比較的入手しやすい時期となります。

夏にはイサキ漁も最盛期なのですが、私の場合、あまりの暑さで頭の中がオーバーヒートしてきそうになるので、夜釣のイカが好きなんですよね…というか真夏の漁はイカばかりかも。

したがって夏のおすすめは夜イカかも~・・・

※釣ったイカをクーラーに入れる場合、直接氷がイカに触れないようにしましょう。

 クーラーに入れるときは、クーラーのそこに氷を引き、その上にやや厚手のポリ袋に 入れたイカを置くようにします。


★料金

■恐れ入ります ポイントにより料金が変わります

■シーズン初めの6~7月後半(梅雨時期)は、航程10~15分の近場で、アンカーを入れてのカカリ釣です。
この頃は、胴長30~40cmの大型が中心です。
また、時々、胴の大きさだけで一升瓶くらい。そこからさらに足がはえている超ビックサイズも釣れて驚かされます
この時期の料金が『料金A』です。
料金A
★6~7月シーズン初めの近場かかり釣
※1名様でも出船します
一般 ¥8.000
女性、中学生、高校生 ¥7.000
小学生 ¥5.500

■梅雨も上がり、本格的に熱くなりだすと徐々に航程30~60分の沖に下がりだします。この頃の平均サイズは、胴長25~30cmクラスです。中型の数釣と言ったほうが分かりやすいかな。
もちろん期待の40cオーバーも混じりますよ
この時期の料金が『料金B』です。
料金B

★8~9月グリ~大型漁礁周辺
※1名様でも出船します
一般 ¥10.000
女性、中学生、高校生 ¥8.500
小学生 ¥7.000


■さらにラストシーズンの秋~晩秋には、見島周辺が好漁場となります。サイズは小~大までさまざま。小さいイカに、特大が抱きついてくる時も多々あります。
スルメイカも1~2割混じりだします。
また、時々3キロオーバーのタルイカも乗ってくるので驚かされますよ。
数のほうも良い日に当たるとバリバリ乗りまくり、4~5本角にパーフェクトは当たり前!弁当も食べる暇も無く釣れ続きます。毎日こうだったら良いのですが、そうは問屋は卸してくれないですよね
この時期の料金が『料金C』です。

料金C

★9月~シーズン終了
 原則として4名様から出船
一般 ¥14.000
女性、中学生、高校生 ¥12.000
小学生はベタナギの日のみ ¥10.000


■見島周辺のポイントは、航程90~120分以上とかなり沖合まで北上します。そして、帰港時間も深夜どころか丑三つ時になりますので、小学生を含む小さなお子様は、乗船を見合わせたほうが良いと思います。
この時期の料金が『料金D』です。

料金D

★9月~シーズン終了
4名様より出船します
一般 ¥16.000
女性、中学生、高校生 ¥14.000
小学生 ¥11.000




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.