1334404 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

パウル・クレー

パウル・クレー


 20世紀に活躍した最も独創的な画家のひとり――パウル・クレー展 へ行ってきました。

スイスの画家パウル・クレー
名前だけは聞いたことありましたが、「樹上の処女」という作品が目に入り、何かの本で見た気がして・・気になり行ってきました。

生涯で9600点もの作品を残したそうです。
そのうちの150点ほどが展示されています。

世界劇場 黒い殿様

数年ぶりの美術館。絵画を観るのも、映画を観るのも、あまり変わらないのかもしれません。
何かを感じようとして五感を研ぎ澄ませつつ、受身で居心地良い所を探す。
どういう感想を持つのかはやっぱり自分次第。
今回は久しぶりだったので、とにかく嬉しいひと時でした。

ライオンです、気をつけて! 樹上の処女

記号化された絵、とにかく抽象的な絵、茶目っけのある絵。
微笑ましいものが多い中、「樹上の処女」は一際存在感ありました。
初めての銅版画で、初期の頃の作品だそうです。

鑑賞後、一番気に入った作品のポストカードを買って帰ろうと思ったのですが、「樹上の処女」は売っていなくて、次に気に入った「直線に半円」をチョイスしました。

 直角に半円





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.