000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

ダリ


サルバドール・ダリ

  


道立近代美術館で開催されているダリ展へ、先日足を運びました。
初めて触れたダリは、中学の美術の時間。
これから習う美術とは・・・と教師が黒板に貼り付けた大きなポスターが、ダリの「記憶の持続」。
溶けた時計が異様な存在感で、ずっと記憶に残ることになりました。

創造する多面体ということで、絵画から始まり、著述家、挿絵画家、グラフィックアーティスト、ファッションと、多岐にわたって活躍したダリを観ることができます。

sche_photo11.jpg       a0088600_12265629.jpg
The Image Disappears「イメージが消える」油彩(1938年)


「イメージが消える」など、ダブルイメージといわれる、見方によって表情ががらりと変わる絵画は特に楽しめました。
ダリが一番敬愛していたというフェルメール「窓辺で手紙を読む女」と、ベラスケスの「自画像」が合わさっているそうです。
観れば観るほど、窓に佇む女性の柔らかい円さと、ベラスケスの滑稽さに惹かれた作品でした。

そして、ロビーの関連商品コーナーには、よく街で見かけるチュパチャップスの自動販売機。
なんでこんなところに?・・と思いつつ、帰ってから知ったのですが、このパッケージはダリがデザインしたのだそうです。
Oh!とっても身近なところにもダリ。

665054617_79e792df10.jpg dali07.jpg
「唾液ソファー」1974年(オリジナル作品の再作成2001年    「催淫作用のあるタキシード」オリジナル1936年(レプリカ1970年)


20世紀を代表する、スペインの画家サルバドール・ダリ(1904-1989)。
シュールレアリストで、その写実的な絵は、どれも細かくて正確でした。
超現実的に描かれた非現実的な世界には、不安感を煽るものがいっぱい。
技術がなければ描けない驚くほど精密な絵画と、奇抜で可笑しなデザインと、ダリ本人の存在感を味わった、展覧会でありました。

出口のブースには、「シネマ・ダリ」が放映されていたので鑑賞。
55分間の英字幕で、多分にちんぷんかんぷんでしたが・・動くダリを観るのは初めてです。
出演・脚本を手がけた「アンダルシアの犬」についても知れて嬉しい。
これは早く観なければ。

dali02.jpg







Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.