000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

片岡球子

片岡球子

index_1_0.jpg 「面構 足利尊氏」

                                  
 片岡球子(1905~2008年)は札幌出身の日本画家。
5月末まで、札幌芸術の森美術館では『開館20周年記念』として、没後初の回顧展を行っている。
大胆な色遣いと、型破りな構成。
個性的な絵画は、幼稚だとかゲテモノとか、いろいろに揶揄されたそうだけれど、なんとなくユーモラスで、ピュアで、たのしい作品が多かった。
信条は「日々勉強」、とてもガンバリ屋さんだったのね。
ビビットな色使いは、晩年までずっと変わることなく、作品からもものすごいエネルギーを感じる。

人物を描いたどの絵でも、着物の模様がかなり細かく描きこまれている。そのデザインは個性的で、何作見ても飽きないのだ。
風景画であっても、手前の木々はデザインされた模様のようで、そのまま布の柄にして使いたい感じ。こういうところは女性らしさかしら。

インパクトある、火山や富士を描いた風景画も良いけれど、私的には「面構(つらがまえ)」というくくりのなかにある作品群がとても好みだ。
「面構 足利尊氏」(1966年)もそのひとつ。いい顔してて、眺めていると親しみが湧いてくる。他にも、日蓮や白隠を描いたものが気に入った。

index_1_1.jpg index_1_6.jpg
「学ぶ子等」1933年       「春の富士(梅)」1988年 
 

学校の先生をしながら、絵の勉強に励んで、病気のとき以外は床には就かなかったという。
ゆっくりのんびりしたためしがない―――とは、なかなか言えない台詞だ。
わたしはゆっくりのんびり、したいもんね。その暇なく、ひたすらに人生103年描き続けたなんてすごい。




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.