1332835 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2006.03.01
XML
カテゴリ:映画
 出獄したばかりのモーリス(セルジュ・レジアーニ)は仲間のシリアン(ジャン・ポール・ベルモンド)を誘い金庫を破るが、察知していた警察に逮捕されてしまう。ふたりの男の友情と疑心暗鬼が招く悲劇を描く―。 

序盤はいまいちだが、モーリス逮捕後のシリアンのクールな言動で目が離せなくなる。シリアンは”いぬ”かもしれない....そんな疑心暗鬼に陥るモーリスと一緒にハラハラした。
翻弄される刑事や仲間をよそに、飄々とコトを成していくシリアンが実にスマート。 ”いぬ”は誰かーー先の読めない展開には大満足。

裏切られたと思い込んだモーリスが、獄中で知り合った男に、シリアン殺しを依頼していたことで起こる悲劇のどんでん返しが素晴らしい。全編モノクロームの渋い雰囲気のなかで、行動の美学と謳われる監督の才を感じる。デッドエンドが美しいと思える。

タイトルに掛けられた帽子の効果的な使われかたや、街路樹、小道具の数々がたのしい。
「デュロス/Doulos」とは帽子のことで”いぬ”を表す隠語である―
そんな冒頭のテロップからはじまる物語は、フィルムノワールの傑作と呼ぶにふさわしい好編だった 

いぬ2「ジャン・ポール・ベルモンド演じるシリアンとモーリスの恋人」 

製作  カルロ・ポンティ
監督・脚本  ジャン・ピエール・メルヴィル
原作  ピエール・V・スルー
音楽  ポール・ミスラキ
出演  ジャン・ポール・ベルモンド  セルジュ・レジアーニ  ジャン・ドザイ  ファビエンヌ・ダリ  モニク・エネシー  ミシェル・ピコリ  ルネ・ルフェーヴル









Last updated  2016.02.27 12:00:18
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.