1120790 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2006.03.17
XML
カテゴリ:香港映画

  60年代の香港を舞台に、6人の男女の恋の行方をスタイリッシュな映像で綴った恋愛ドラマ。愛を知らない主人公と、彼を愛する女たち。交錯するそれぞれの想いは、雨音にかき消されて行く・・・。


  60年代の青春と恋愛劇、叶わない想いが切なく、出会いと別れを繰り返す彼らに懐かしさを感じました。
ウォン・カーウァイによる、監督2作品目。
初期の頃の作品ですが、大好きな「恋する惑星」「天使の涙」の原型がすでに出来上がっているようでした。
女性的なお洒落な雰囲気はまだ少ないけれど、登場人物たちの生活の暗部や寂しさや身勝手さなど、負の部分に焦点の当てられたこちらには、前作とは違った良さがあります。

欲望の翼

いたるシーンで画面の片隅に映し出される時計。
時間が鍵になって、5人の中に流れているそれが交差することで生まれる何か…それは恋であったり友情であったり。

主人公のひとり退廃的に生きるヨディ(レスリー・チャン)は、ダンサーのミミ(カリーナ・ラウ)とサッカー場で働く女 スー(マギー・チャン)に愛されますが...。
どの恋にも真剣にならず、いらなくなれば捨てるのが彼の生き方。
生みの母を探し求め、義母の束縛で傷ついたぶん、人にも辛く当たってしまうという、どうしようもない男なのです。
演じたレスリー・チャンが不似合いと感じたのは、いい人のイメージが強いからでしょうか。
どれが愛だったのか、どの出会いが真実だったのか。彼の命の時計が止まる時に気付くなんて、あまりに遅すぎました。

ミミとスーに想いを寄せる男がそれぞれ現れて、物語は5つの心の視点ですすんでいきます。
絡みがあるのは5人ですが、アラスジなどで6人と書かれているのは、ラストシーンのみに登場するトニー・レオンのこと。
彼が第6の人物となる予定だったそうですが、続きは作られず、終わりに違和を感じてしまい、すこしもったいないかも。

欲望の翼「スーと彼女に密かに想いを寄せる警官(アンディ・ラウ)」

洒落た音楽、流れるような映像などの斬新さは、当時のままに今も楽しむことができると思います。
語り草となっている映像美、クリストファー・ドイルの撮る幻想的なカメラワークと主人公たちのとても魅惑なショットは、本当に素晴らしいです。ウォン・カーウァイ作品の大半は彼によるもの。

突然アクションで終盤が大きく変わる展開は多少劇的過ぎましたが、後味は悪くないです。
ハッピーにはなれないけど、心地よい倦怠感が残る青春もの恋愛ものとして、なかなかでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

監督・脚本  ウォン・カーウァイ 
製作  ローヴァー・タン 
製作総指揮  アラン・タン  
撮影  クリストファー・ドイル 
美術  ウィリアム・チャン  
出演  レスリー・チャン  カリーナ・ラウ  マギー・チャン  ジャッキー・チュン  トニー・レオン  アンディ・ラウ 







Last updated  2012.01.02 23:55:46
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.