1305933 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2006.05.14
XML
カテゴリ:日本映画


  1960年代中頃の四国の田舎町を舞台に、ベンチャーズに憧れ、ロックバンドに情熱を燃やす高校生たちの姿を軽妙でノスタルジックに描いた青春ドラマ。



  これぞ青春! 好きなことに対してひたすら情熱を燃やすのは、高校生が一番の盛り。
泊りがけのキャンプを張ったり、バーで初演奏を披露したり。
子どもにも大人にもできないことができるこの時期は、かけがえのない素晴らしい思い出の数々を残して、過ぎ去っていくのです。
誰にでもある、そんな青春のひとコマをノスタルジックに描きます。


舞台となった60年代、まだ生を受けていない私でさえ、ベンチャーズやビートルズの音楽は馴染み深いです。
♪デケデケデケデ…という快調な低音のリズム。
主人公たけよしが雷にうたれたように突如として夢中になるのも頷けますね。
久しぶりに「パイプライン」を聴きましたがやっぱり良い~


少しずつ増やした仲間たちと、バイトして楽器を買い揃え、練習場所に困りながらも次第に形になっていく。
彼ら‘ロッキング・ホースメン’の頑張りは青春そのものです。
高校三年間に起こる沢山の出来事。それらを巧みな勢いとユーモアで一気に描いた大林監督は、やっぱり巧い。


若き日の浅野忠信もメンバーのひとりとして出演しています。
バンドもやっているそうなので演奏は本物ですよね、きっと。
この頃からあまり変わっていないな~
主演の林泰文は演技も歌も上手いです。
その兄役で尾美としのりも登場。「さびしんぼう」や「時をかける少女」では高校生だった彼が、大人っぽくなって姿を現すと同窓会のようにちょっと感慨深くもありました。

ロックに魅せられた田舎の高校生男子5人の青春物語。
2時間強のドラマでしたが、楽しくてあっという間でした。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

監督  大林宣彦
製作  川島国良 大林恭子 笹井英男 川島國良
脚本  石森史郎
原作  芦原すなお
撮影  宮川一夫 萩原憲治 岩松茂
音楽  久石譲
出演  林泰文 大森嘉之 浅野忠信 永堀剛敏 佐藤真一郎 柴山智加
     岸部一徳 尾美としのり







Last updated  2007.08.29 22:57:04
コメント(7) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.