1361268 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

大いなる駄作「ター… タケ88フミさん

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2006.08.17
XML
カテゴリ:映画

たった今、離婚の成立したジルとマリオン。ふたりのターニングポイントとなったある時々のエピソードを、時間を遡りながら描いていくミステリアスなラブストーリー。

恋人同士とは少し違う夫婦間の関係。肌を重ねあうべきときそうしなかった二度のエピソードは、始まりで嫌がる妻を無理矢理抱いた、夫ジルの行動への伏線となっていきます。
過去に遡ったある時のディナーと、さらに新婚初夜のエピソード。重なりあうべき時そうしなかった、ほんの些細な二つの出来事―。現実でも、小さなすれ違いの積み重ねが、夫婦間に修復不可能な溝を芽生えさせるのかもしれない。
二つ過去に遡った出産の時のエピソードは、女としてはかなり衝撃でした。突然の妊娠異常で、マリオンは未熟児を出産するのですが、支えになるどころか彼はその場から逃げ出してしまう...

やるせないのは、瑞々しい出会いが冒頭の離婚へと至ること。恋の移ろいやすさが虚しくて脆くて、ふたりにはなにが欠けていたのだろう。。思いやりか、一度ずつ犯した過ちか、本当は愛ではなかったのか。
ある一点では上手くいっていても、次の時点でもそうであるとは限らない、人間関係の不安定さに、絶対はなにだと改めて思う。自由な社会になればなるほど離婚が増えるけれど、夫婦関係を保っていくのは、けっこう大変なことなんじゃないだろうか。
自分の結婚生活を、見直してみたりする。

 
†   †   †


監督 フランソワ・オゾン
製作 オリヴィエ・デルボスク 、マルク・ミソニエ
脚本  フランソワ・オゾン
     エマニュエル・ベルンエイム
音楽  フィリップ・ロンビ
出演  ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ  ステファン・フレイス  ジェラルディン・ペラス
    






Last updated  2013.12.29 23:23:18
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.